Work Item

こんにちは。
福岡店の植田です。
 

連日テレビ等ではコロナウィルスの話題が多いですね
ライブやイベント等の中止や延期、外出の自粛など生活に大きな影響を与えています。
マスク、手洗いうがいや消毒の徹底を行って下さいね。
最近では、外出を避けるため遠方などのお客様から通販の問い合わせが増えてきております。
 
直営店4店舗では、商品の詳細や通販などの問い合わせも承っております。
 
◯ドライボーンズ東京店
TEL : 03-5458-5688
instagram : @drybones_tokyo
◯ドライボーンズ大阪店
TEL : 06-6531-1298
instagram : @drybones_osaka
◯ドライボーンズ名古屋店
TEL : 052-242-4298
instagram : @drybones_nagoya
◯ドライボーンズ福岡店
TEL : 092-752-4298
instagram : @drybones_fukuoka
 
是非、お近くの直営店にご連絡下さいませ。
 

今回は、こちらのワークスタイルで着用しているワークアイテムのご紹介です。
 

 
まずはキャスケットです。
 

 
Wabash Casquette (近日中にオンラインショップ掲載予定)
生地はCotton 100%のウォバッシュを使用。
ワークスタイルでも人気高いウォバッシュ生地で、コーディネートのアクセントに活躍します。
 
こちらの商品は、共生地でジャケット、ベスト、パンツを製作してます。
・Wabash Cover All
https://www.dry-bones.com/product/wabash-cover-all
・Wabash Work Vest
https://www.dry-bones.com/product/wabash-work-vest
・Wabash Painter Pants
https://www.dry-bones.com/product/wabash-painter-pants
 
上記のアイテムは残り僅かですのでお早めに。
 
次にジャケットです。
 

 

 
Simpler First Type Pleats Jacket
https://www.dry-bones.com/product/simpler-first-type-pleats-jacket
 
第二次世界大戦中の物資統制でシンプルにせざるを得なかった、1940年代中期にのみ存在した幻のリーバイスを模して作成。
生地は12ozのデニムを使用しており、丈夫でありながらアタリ等の「アジ」を早く楽しめるのが特徴です。
SIZE : 36 , 42
 
次にベストです。
 

 

 

Denim Work Vest
https://www.dry-bones.com/product/denim-work-vest-2
 
1920年代、レイルローダー(鉄道作業員)達が着ていたワークジャケットのディテールを取り入れたワークベストです。
胸のパッチポケットはペン挿しとウォッチ収納の役割を担い、入れた懐中時計が落ちにくい様に工夫されたステッチングが特徴的です。
SIZE : 36, 38
 
次にパンツです。
 

 

 

41KHAKI TYPE Trousers
https://www.dry-bones.com/product/41khaki-type-trousers-3
 
1940年代にアメリカ軍が採用した通称「41カーキ」と呼ばれるヴィンテージトラウザースを基にした一本。
丈夫な綿のツイル生地で元々19世紀中頃に英仏の軍隊の制服などにも使われた生地で、現在でもワークウェアを始め様々な衣服に使用されています。
SIZE : 30, 32, 34, 36
 

 
オリーブは32サイズのみです。
 

 

今回ご紹介したアイテムは全て、ご自宅でのお洗濯が可能で、着方次第では通年を通して着用することも出来ます。
是非店頭でチェックしてみて下さい。
 
また、今週も春夏物新作が入荷しますので、こちらのチェックも忘れずに。
 
 
それではこの辺りで。