Vintage Tie

 

みなさん今晩は、牧野です。

 

 

以前こちらのブログで、私が育てている「モンステラ」について書きました。

当面2つの目標がありまして、一つは天井まで這わせること、

もう一つは、幹の高い場所から伸びたつるを、水耕栽培方式で無事地面まで育てること。

 

でした。

 

そこを踏まえて、今回の経過報告がこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

今年初めての新葉!
やはり春は芽吹く季節!

 

部屋の中なので、寒い冬も暖かいのですが、そう言うことでは葉は育たないんですね〜

 

そして次はつる!

 

 

 

 

 

 

 

 

螺旋状になった部分のつるは、このヤクルト的な容器の中に水を張り、
育ったら結んだ紐を下ろしてを繰り返し行って成長した証になります。

 

この方式で容器を挿したつる5本、すべてが順調に伸びています!

そのうちの2本はもう地面間近!!着地まであとすこし!

 

 

乞うご期待!

 

 

 

 

 

 

…ということで、いよいよ本題へ移ります。

 

 

 

現在、直営3店舗にて「Vintage Tie」を販売しております。

 

2021年夏頃から秋物新作と合わせられたらと揃え、

お客様にあれこれとご提案をし、始めはポツポツでしたが、

インスタに掲載したりで次第に大勢の目に触れるようになり、追加で何度か仕入れたりして今に至ります。

 

こちら、今までは昔からこの年代が好きなコレクターや、ミュージシャン等々

一部の方々で好まれてたアイテムでした。

 

ですが今、再度見直して

この我々が作るジャンルにも合わせたら格好良いな、と思いラインナップしました。

本当は以前のようにオリジナルでレアな柄を作って行きたいところですが、

いろいろな問題にぶち当るので、今はヴィンテージを揃えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィンテージはヴィンテージでした出せないアジがあるので良いですね。

かれこれ7,80年前のモノになるので、色褪せやシミ等多少のダメージはあるモノもありますが、

それも含めて楽しんでもらえたらと思います。

 

 

 

 

ちなみにどのネクタイもアメリカ1940年代後期〜1950年代のものになります。

 

今日はその一部を、着用画像と物撮りでご紹介していきます。

 

この時代のアメリカ製品はどれも個性的で、

ネクタイに限らず想像力や裕福さ、力強さが物品を通して如実に表れていますよね!

 

 

そんな時代に魅せられて、かれこれ約四半世紀この仕事に携わっている事を誇りに思います。

 

 

 

そんな思いがうまく表現できてれば良いですが、

いろいろなコーディネートでネクタイを合わせてみましたのでご覧ください。

 

 

 

まずこちらのネクタイ。

こちらは50年代頭頃かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

年代に合わせ、デニムジャケットを上に羽織り、

ホームスパン地のベストを挟む。

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

まだこの時期、日中は暖かい日差しが出てますが、

夜になると一気に冷え込みます。

そんな時期は脱着が出来、更に手荷物にもあまりかさばらない

ベストがお勧めです。

 

 

このネクタイ、両剣先にポイントでデザインが施されてます。

 

こうした場合、重なる剣をずらし、タイバーで留めると

小剣のデザインがチラリと見える様になります。

 

そしてノット下のポイントも見える様に結び方はウィンザー・ノットにしています。

この時代のタイは使用されてる糸番手も高く、織も細かいので

ウインザーにしてもノットがコンパクトにできます。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

続いてアーガイルブルゾンとの組み合わせ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使用したネクタイはこちら。

 

織り模様が美しく、色も当時ならではの淡いオレンジ。

 

 

 

 

 

 

 

シャンブレーシャツに合わせるとこんな感じ。

 

ワークシャツでもネクタイの長さとノットの大きさ次第でカチッと合います。

 

 

 

 


 

 

 

 

こちらもシャンブレーシャツですが、上にコーデュロイジャケットを羽織り

先ほどと同じくホームスパンベストで味付けしました。

 

 

 

 

 

 

 

使ってるネクタイはこちら。

 

ポップでかわいい!

 

 

 

 

 

 

 

 

次は革ジャンに挑戦!

 

 

 

 

 

 

 

 

使ってるネクタイはこちら。

 

実物を見ると、このグリーンというか、ブルーというかの

色が鮮やかすぎて額に入れて飾っておきたい程の美しさ。

 

この想像力と漲る生産力に脱帽です。

 

 

 

 

 

 

 

そして最後に夫婦タイドアップ!w

 

ユニフォームかの様に白シャツ、サスペンダーで合わせ

別柄のタイで愉しむ!

 

 

 

 

 

 

 

こんな日もあって良いですね!

 

 

 




 

ネクタイについては各店でお聞きください。

今回掲載されてる商品は全て東京店にございます。

 

 

それでは!