最近見た映画から。

こんにちは、大阪店わみです!

以前から育てているヒヤシンスですが、少しづつ咲いてきました!



ピンク色の子が一番乗りに開いてきています。

しかしこの球根、確か青色って書いてた気が・・(笑)


咲いてから実は違った!ってのもあるんですかね😅
他の子の開花も楽しみです。

さて本日も映画ネタシリーズで参りたいと思います。
(最近のペースだと1ヶ月DVDで10〜20本は見ていると思います)

先週に見たこちらから


ジョニー・デップ主演、1933年アメリカの大恐慌時代に暗躍した実在の銀行強盗、ジョン・デリンジャーの半生を描いた物語。

1930年代の街の雰囲気、ファッション、車も楽しめる映画だと思います。
(当時の銃にまでこだわっているそうです)



フォードをはじめ、いろいろな車種の旧車が登場しているみたいです。
(詳しくはわからないのですが。。。)


夏のスーツスタイル!


見張り役もオシャレすぎ。正装で銀行強盗って素敵です・・・


新聞記者もみんなハット。


前のブリムをぐっと下げてかぶるのが最高に渋いです。


ピークドラペルのダブルのスリーピース!


襟が毛皮のゴージャスなコート。
(ドライボーンズも以前このタイプのコート、リリースしてましたね!)



囚人服のシャツ(ブラックシャンブレーっぽい、映像で見ると、パンツもブラックシャンブレーっぽいことがわかります)
に、合わせているのは看守から奪ってきたハット、キャメルのレザージャケット、コート。
ありあわせのはずなのにかっこよすぎて、劇中の中でも個人的に好きなコーディネートでした。


見ていただくとわかる通り、劇中に登場する男性のほとんどが被っているハット。

ドライボーンズにもよく似た形のものがこちら!



color : BLACK,BROWN,CHARCOAL
size : 58.60


クラウンの高さは約10cm、ブリム幅6cm、リボン幅4cm


誰にでもオススメできる、被りやすくバランスの良いハットです。


ブリムの端は折り返さずに切りベリになっているので、ブリムの形を変えやすくなっているのが特徴。
お好みでフロント部分を下げると、より一層クラシックなスタイルに。
パブリックエネミーズに登場するような、古き良き時代のギャングスタイルにもバッチリはまります。


 


 



(ギャング感を意識したコーディネートです!笑)
 


 
そして、ベストとのコーディネートもよく目に入ります。


 



 
ワークベストとはまた違った、クラシックな形。


 
こちらも、よく似たタイプのものがあります◎


 

color  : BLACK,BROWN
size : 36(S),38(M),40(L)


 
生地はネップの入ったウールを基調とした混紡素材を使用。
背中はコットンの切り替えで、重ね着時にもごわつきのないように配慮されています。


 
まだまだ温度変化が激しいこの時期、1枚だけでもあると便利なベスト。


 
クラシックなスタイリングにはもちろん、


 
 


カジュアルなデニムスタイルとも相性抜群です!


 


 


ぜひチェックしてみてください!


ラストシーンの手前でジョンが被っているカンカン帽のスタイルも本当に格好良い!


 
 


 


カンカン帽×水色のシャツ。
 
 

Straw Boater Hat





Irregular Pocket Chambray Work shirt



これで真似っこできそうです・・・!笑
もうちょっと暖かくなったらぜひやりたいですね!



パンツは白系でした。そしてやっぱりサスペンダースタイルも多く見られます。


ラストシーンもカンカン帽。スタンダードな白シャツにワイン系のネクタイ、
(パンツはベージュ系)



渋くてかっこいいのに真似しやすいスタイルも多く、参考になるな〜と終始見てしまう1本でした!


映画の真似っこスタイル、自己満足だとしてもテンションが上がりそうですよね!もっと色々研究してみようと思います。

皆さんもぜひおすすめの映画、教えて下さい!☺️


では本日はこのへんで!