2022年穀雨の酒丸。

 

 四月二十日の穀雨が過ぎました。

二十四節気の穀雨とは、

「百穀を潤し、芽を出させる雨」の事。

北国ではストーヴをしまい、

東日本では畑に蒔いた種が芽を出し、

西日本では藤の花が咲き始める時期。

私が住んでいるここ館山は、関東でも最南端。

もうすっかり藤の花は満開だし…

何せ畑仕事を急がねば(大汗)

 

という訳で、ひと月くらい前から用意していた、

「2022年の夏野菜配置図」をプリントアウト。

育てたい野菜の種を一通り揃えました。

急ぎの野菜は、苗で代用。

途中、耕運機が壊れたり雨に見舞われたり、

行手を阻むアクシデントも多々ありつつ…

とりあえず完成!

ここからは虫や鳥、雑草との戦いだなぁ…。

 

 

 さて。

そんな時期、

ドライボーンズ直営店では「長袖ハワイアンシャツ」が百花繚乱。

 

ジャケットのインナーとしても映える長袖ハワイアンシャツ、

個人的に大好きなので、

ヴィンテージでも結構コレクションしております。

有名なウクレレとハイビスカス柄。

この柄、なんと14版も使ってプリントされているのです!

1940~50年代のハワイアンシャツのテキスタイル、

脱帽です。

「絵画の様な美しさ」が、

こういったヴィンテージの一番の魅力。

 

ここでちょっと、

ワタクシ酒丸のヴィンテージハワイアンシャツを、

ちょっとひけらかしておきますね(自慢)。

かなりお気に入り、「武蔵屋」のスーベニール物。

赤地に観光地のポストカードのプリント。

 

アサヒビールの販促用。

レーヨンフジエットでこんなシャツを作ってしまえる時代、

素晴らしい!

かなりレアです。

 

パネルプリントの虎、素材はシルク。

これはもう30年近く前に、

サンディエゴのスリフトショップでゲットしたお宝物。

 

こっちはドラゴンのパネルプリント。

ボタンがグリーンになっている辺り、

翡翠をイメージしていてカッコいい。

 

かなり「目の保養」になりましたよね?

 

そこでコイツ。

個人的に真打です!

IOLANIというブランドの、ゴールドフィッシュ柄。

朱色に白抜きの金魚が、実に侘び寂びを感じる逸品

これも30年以上前にアメリカでゲットしたものですが、

その後ヴィンテージでは出逢えていません。

 

 

そこで。

作っちゃいました!

半袖ハワイアンシャツ「ゴールドフィッシュ」

ヴィンテージではレーヨン縮緬なのですが、

今回はレーヨンフジエットで製作。

その方が、縮みが少ないのでグッド。

 

柄のアップ。

色味はヴィンテージにある朱色と…

私の想像でダークグリーン地を用意。

イメージは「淡水」です。

 

この2着、先に挙げたヴィンテージと見比べてみてください。

なんと前身頃とポケット、完璧に柄合わせしてあるのです!

ポケットはともかく、前身頃を柄合わせするのは至難の業。

その仕事自体も職人の技術で大変なのですが…

何せ生地を非常に多く使うのです!

ただ、私は個人的にハワイアンシャツとは、

「絵画の様な美しさ」が一番重要だと考えており…。

ならばフロント部分の柄合わせこそ、

一番重要視すべきだと感じています。

柄が小さい物ならば別に良いんですが、

この柄の様に無地部分が広いテキスタイルは、

柄が合っていると何倍も美しく見えます。

これぞ「映え」!

 

そして個人的なプレーで…

この柄で長袖ハワイアンシャツ「ゴールドフィッシュ」も作っちゃいました。

ただでさえ前身頃の柄合わせで生地を多く使うのに(汗)

先週入荷したばかりなのですが…

もう既に完売してしまった色・サイズもあるとの事。

相変わらずコロナ禍で生産を絞り込んでいるので申し訳ない。

納期も2ヶ月近く遅れちゃって申し訳ない。

でもこれから一生着られる絵画の様な服なんだから、

2ヶ月なんてささやかな焦らしだったはず。

まずは手に入れて、

ひんやりとした素材の質感から確かめてくださいまし。

ではまた。