2021師走後半の酒丸。

 

 2021年ももうすぐ終わり。

例年に無く寒い年末で、

このクリスマスはホワイトクリスマスになるところも多いのでは無いでしょうか?

今年最後の私のブログとなりました。

酒丸です。

 

何でも今年は、コロナの影響で全世界的にビジネスが停滞していて…

欲しい時期に欲しいモノが手に入らない人も多いらしいです。

モミの木が手に入らない陽気なアメリカ人が、

仕方ないから家にあるフラミンゴのオモチャで作ったツリー。

フラミンゴがこれだけあれば、

モミの木はいらないなんじゃないかと…(汗)

 

 

 さて。

これだけ寒いので、

メンズの防寒衣料として昔から定評があるピーコートについて、

書いてみようと思います。

 

今年のドライボーンズのピーコートは、

ダブルメルトン素材で2色展開!

 

ダブルメルトンとは、

その名の通りメルトンを二重に貼り合わせているウール生地。

防寒性タップリで撥水性も抜群。

ただでさえ圧縮されているメルトン生地を二重にする事で、

より風が通りにくい。

元々イギリス海軍の制服でも使われていた様に、

冬を代表するオーバーアウター兼、ワークウエアの一種。

手を温められる様に縦に切り込みを入れたマフポケットや、

手袋をした手でも扱いやすい様に大きな前立てボタンを使っています。

今回のドライボーンズでは、

アンカーのレリーフと、

周りに月桂樹が彫られているバージョンを採用。

1930年代くらいまで多く使用されていた雰囲気。

 

ただ、あんまりきっちり作っちゃうと色気がないので…

今回は裏地とパイピングにワインレッドを採用。

脱いだら見えるREDが、男の色気を演出してくれます。

 

冒頭にも書きましたが、今年の冬は例年に無く早く寒くなっています。

外出時にはキッチリ防寒できるアウターを着て、

お出かけしてください(軍物系がオススメです)

 

 

そうそう、お出かけといえば。

コロナウィルスが危険だから外出しない様に、

なんて話もちょろちょろ見聞しますが…

デルタ株と比べて感染力は数倍強いけれども、

毒性は数十分の一になっているらしいオミクロン株。

「オミクロンって、覚えにくい言葉だな~」とか思っていたら…

名前の由来が分かったら俄然わかり易くなりました。

あ、画質が悪くて見辛かったですね(汗)

ギリシャ文字の並びです。

アルファ、ベータ、ガンマ、そして8月に日本でも大流行したデルタ。

そしてなぜだか幾つか吹っ飛ばして、オミクロンになりました。

私も最初は

「尾身会長が苦労してるからオミクロンなのか?

幽霊病床がバレちゃったし…」

とか思っていたんですが…

オミクロンって、

「オー」の小文字でミクロ、という意味なんですね(汗)

ミクロといえば私の連載「ミクロ・コスモス」のミクロですよww

因みにオーの大文字はメガで、オメガ。

そう、メガマウスのメガ。

この写真は今年の夏、うちの地元で見つかったメガマウス。

 

もうコロナの流行は終わるだろうから、

最後の「オメガ」でもよかったんじゃないですかね?

 

 

 そして。

冒頭では「フラミンゴのツリー」をアップしましたが…

実はここでちょいと耳寄りな話を。

毎年年末に某生地屋さんに仕入れに行くんですが…

デッドストックでフラミンゴ柄の輸出用生地が出ました。

大したメーター数は無いんですが、オープンカラーで作る予定。

欲しい方はお早めに。

おそらく2022年4月頃の納期です。

 

また、来年の話をしても鬼が笑わない時期になったと思うんで…

チラ見せ。

来年夏のハワイアン生地。

金魚。

 

小紋柄。

 

コロナ禍もあって相変わらずの少量生産。

早い春をお待ちの皆様、

直営店舗&お取り扱い店様の店頭にて、絶賛予約受付中です。

 

 

では皆さん、メリークリスマス!&良いお年をお迎えくださいまし!