Cowichan Sweater

こんにちは!

大阪店わみです。

 

芸術の秋、ということで、最近はたくさん映画を借りて見たり、
欲しかったレコードを買ったりと、充実しております〜

 

最近見て特に気に入った映画は、バッファロー’66
クリスティーナ・リッチが可愛すぎます・・・
(ヴィンセント・ギャロのかっこよさ、ストーリーも音楽ももちろん、いい!)

 

思わずテレビの画面を撮ってしまった、大好きなシーン↓

 

是非みなさんもおすすめ映画など、教えて下さい〜

 

さて、秋も深まり夜はかなり寒くなりましたね!
夜のお出かけなら、冬本番!なアイテムも着られそうです。

 

本日は冬ならではのアイテム、カウチンセーターをご紹介します⭐️

 

まずはこちら!
OFF WHITE

 

MUSTARD

 

size : 36(S),38(M),40(L)

 

1950年代のヴィンテージを元に製作したカウチンセーター。
背面にはモーターサイクル、前身頃にはモーターサイクル関連するモチーフをデザイン。

当時も多数のデザインが存在した、人気モチーフ。

 


(これめちゃくちゃそっくり・・・

素材には高品質なシェットランドウールを使用。

寒冷地で育った羊の毛は太く、保温性が高いのが特徴です。

太い番手の毛糸を使い、ザックリと編んだ編み地は見た目にも暖かく、冬のコーディネイトを華やかに演出します。

 

バイク好きな方はもちろん、そうでない方にも!
襟元のVのデザインや、ポケットのフラッグのような市松模様もポイントになっています。
オフホワイトは、暗くなりがちな冬のコーディネートでも重宝しそうです。

 

MUSTARD36は在庫僅少、MUSTARD40はラスト1着ですので気になる方はお早めに!

 

そしてもう一型!

 

BLACK

 

GRAY

 

size : 36(S),38(M),40(L)

 

こちらも、1950年代のヴィンテージを元に製作。

 

当時も子供用のカウチンにロケットモチーフのものが。
色違いのパターンも出ていたみたいです。

 

先ほどのモータサイクル柄のものと同じ、上質なシェットランドウールで編まれており、品質のよさは折り紙付き!

 

フロントジップのスライダーにはドライボーンズの刻印が入ったオリジナルの物を使用し、細部のディテールにまで拘った一着です。
(モータサイクル柄も同様のジップ)

 

暖かさは試着して頂くとよくわかるのですが、羽織った瞬間からポカポカします(笑)
(なので寒がりな私は毎年欲しくなってしまうんです😂)

 

さて、コーディネート編です♪

 

シャツor オーバーオールにさらっとカウチンを羽織りました。
季節的にも、すぐに着て出かけられるコーディネートです。

 

黒ベースのカウチンには、鮮やかな色のシャツが映えます◎
ボトムはデニムを合わせている写真が多いですが、チノパンや、ワーク、ミリタリー系のパンツとも相性抜群です。

 

 

寒くなる時期を想定して、トミー店長はシャツにベストを重ね着。
私はシャツにGジャンを重ね着し、その上からカウチンを着用。
シャツにカウチンだけでも暖かいのですが、その間にベストやジャケットを入れると更に防寒性アップ。
特に、Gジャンを間に入れたコーディネートは、風を通しにくいので真冬にも!
 
 

 

ニットはざっくり大きめで着てもかわいいアイテムなので、カウチンセーターは女性にもおすすめです!
個人的には、↑のコーディネートのようにウールのチェックスカートと合わせるのがお気に入り。
メンズアイテムでもかなり可愛い雰囲気で着られますよ♪
 

 

そして何よりかっこいいのがバックスタイル!
 

 

 

 

 
背中にどーん!
 
やっぱり実際に着ると背中の迫力がすごいです。
街中ですれ違ったら思わず二度見しちゃうレベルのかっこよさ⭐️
 
 

 

特別な冬ならではのアイテム、是非店頭でも試してみてくださいね〜
それでは今日はこのへんで😊