古きを訪ねて新しきを作り、次世代に繋ぐ。その39

えーっとまずは…

この九月から十月にかけて関東を襲った大型台風の被害にあった皆様、

お見舞いを申し上げます。

かく言うワタクシも、九月の台風15号で実家が罹災してしまいました。

みんな一丸となって、この国難を乗り超えていきたいと切に願っています。

九月のブログ担当をフッ飛ばしてしまったのは、そのせいです。

楽しみにしてくれていた方、申し訳ない。

なので今回は九月九日に千葉県南を襲った台風15号について、

ちょっと書いておきたいな、と。

 私の実家は、千葉県館山市にある。

この千葉県のゆるキャラ「チーバくん」でいうところの

足首内側~足の甲辺り。

台風15号は、この足から海岸線を上がって大被害を出した。

館山市、南房総市、鋸南町、富津市、君津市、木更津市…。

台風当日、都内にいた私は呑気に仕事をしていた。

台風の雨風は凄かったけれど、

台風の日が持つ独特の「気分の高揚感」も無かったといえば、

嘘になる。

ところが一夜明けて地元勢と連絡をとったら、

大変なことになっていた。

時間が経つにつれ、

徐々に報道からの情報も入り始める。

風と倒木等の影響で道路が寸断されてしまい、

地元に駆け付けることが出来たのは二日後の11日夜。

停電も多く夜は作業も危険だったのでその日は就寝、

次の日からの作業とした。

明くる日。

実家の庭には看板や金属片、

ガラスや植木鉢など様々な物が散乱。

近所から飛んできたらしい。

屋根瓦は至る所に飛んできており、

実家の物置の扉は吹っ飛び、

雨戸は外れ、

母屋のガラスは一箇所が割れていた。

扉や雨戸は木ネジで打ち付け、

割れたガラスにはプラスティックの段ボールで覆いを貼り付けた。

応急処置を終え、市内の様子を見に巡回に出た。

実家から徒歩数分に位置するガソリンスタンド。

支柱がポッキリと折れて、お辞儀してる。

ポンプと派手に衝突してるんで、

しばらく復旧は難しいだろう。

友人が務める会社の近所の墓地。

墓石が薙ぎ倒されてる。

起こせる人員も割けないのだろう、そのまま。

観光地近くに留めてあったキャンピングカー。

ひっくり返ってる。

雨じゃ、こうはならない。

おそらく竜巻だろう。

この現場の近くの、海沿いの三階建建造物。

もう、めちゃくちゃ。

風が入り込む隙間があったのだろう、内部から壁をぶっ壊してる。

手前の電柱も、かしいじゃってる。

国道沿いの食事処。

二階建の屋根裏部屋が、根こそぎ持っていかれてる。

一階まで水浸しで、もう住めない。

そしてこれが、竜巻だろうと思った根拠の写真。

うちの実家方面の数少ない名勝地、崖観音(左端)。

この崖観音がある右側の森の樹木が、薙ぎ倒されてる。

普通、土砂崩れを起こしたりしていれば樹木は一方方向に倒れる。

広葉樹なので枝は四方に広がるから見え方は難しいけれど、

この場所は土砂崩れではなく森が破壊されてる。

そして、樹木が渦を巻くように倒れているように見えるのだ。

台風15号、恐るべし。

何日間か実家で過ごし、同級生や先輩・後輩の助けをしていた。

次の日は「ドライボーンズ30周年パーティ」なので、

東京に戻ろうと車に乗りかけたら…

近所の屋根を修理していた人から

「屋根の上に瓦がたくさん落ちてるぞ。

穴が空いていたらヤバいから、早くチェックした方がいい」

なんて言われた。

脚立を引っ張り出して屋根を見てみると、

大小様々な大きさの瓦の破片が落ちてる。

というより、ウチの屋根に当たって砕け散ったのだろう。

時間が無かったので一旦都内に戻り、

無事に「ドライボーンズ30周年パーティ」を済ませた。

(集まってくれた皆さん、ホントにありがとうございました!!!)

数日後、改めて実家に帰省。

屋根の上をちゃんと見てみると…トタン屋根が穴だらけ。

たまたま同級生が立ち寄ってくれて、穴の応急処置を施してくれた。

屋根に登っての作業なんて、しがない洋服屋には無理。

本当に助けられた。

地元である館山市や南房総市、鋸南町は甚大な被害。

なので「ドライボーンズ30周年パーティ」では、

急遽募金箱を設置させてもらった。

たった一晩なのに意外なほどの金額が集まった。感謝!

また、公的機関の応援にも涙腺が緩んだ。

道中で一番見たのは、停電の復旧で全国から集まる関電工の作業車。

千葉県内のナンバーはもちろん、苫小牧ナンバーまで見た。

北海道に「関東電気工事」という名前の会社があるのも不思議だけど、

嬉しい。

こんな遠くの僻地にまで、工事をしにきてくれている。

自衛隊の車両群も続々と到着。

人命救助や瓦礫処理、倒木除去、給水支援…。

心強い。

被災地から離れて暮らす我々には、できることが限られてくる。

もちろん現地で経済を回してくれることが何よりの復興支援になるんだけど、それもなかなか難しい。

ドライボーンズ各店舗では、

今回の台風についての募金を始めました。

買い物をしたついでに、

ちょっと気にして小銭を入れてくれると嬉しいです。

さてここで…

勇ましい自衛隊の事も書いたので、ちょっと商品のお知らせ。

ドライボーンズでは毎年、

何らかの形で「軍モノ風な装い」を作っており。

今年はたまたま、いろんな形がラインナップ。

なのでざっとご紹介。

まずはN-1デッキジャケット

いつものカーキ色に加え、今年はネイビーもラインナップ。

ヴィンテージ の本物は程度が悪いモノが多く、

グッドコンディションはハイプライス。

ならば一捻り加えてあるドライボーンズはいかがでしょ?

擦り切れやすい袖口やポケットはレザーで補強、

裏地は豹柄という男らしい1着。

そして久しぶりの展開は、

タンカースジャケット後期型、タクシードライバーバージョン

当時フライトジャケットとしても利用されたタンカース、

映画通りのワッペンを纏って復刻。

きっとロバート・デ・ニーロも喜んでいるに違いない。

更に数年ぶりの再入荷となるB-15A

襟ボアは本物のムートンながら、裏地はやっぱり豹柄。

ファスナー押さえやペンシルポケットをわざと2トーンにして、

存在感をアピール。

個人的には一番好きなフライトジャケット。

更に更に!

久しぶりに綺麗なブラウンのウールが出たので、

素材替えのA-2も作ってみた。

ホースハイドだと恐るべきプライスになってしまう昨今のA-2、

ウール素材なら細かなディテールに凝っても大丈夫。

赤裏、赤リブとレアなヴィンテージ を模しつつ、

ジッパーやスナップ、フックなどは王道を選択。

唯一無二なフライトジャケットに変身。

是非店頭にて、袖を通してみてください。

なんてブログ下書きを書き終えたのが十月十日。

その後の十二日にまさかの台風19号襲来。

史上最大の915hPa。

私のスマホに入ってる気圧計は、台風が自宅に一番近付いた瞬間…

965hPaをマーク!

海水温の上昇により、これから毎年襲来してくるかもしれない大型台風。

まずは海水温を下げるためにすべき事

(これが何を意味するのか、「1ドル紙幣に隠された秘密」を読んでいる方なら分かりますよね)

を行いつつ、

自然の猛威をやり過ごせる「しなやかさ」を養いましょう。

追伸:皆さんからのたくさんの募金、本当にありがとうございます。

本来なら一刻も早く被災者に届けたいのですが…

今回の被災について私は、

国や自治体に対して非常に不信感を持ってしまう事が重なり…

一旦持ち帰ってきました。

次点としてボランティア団体や赤十字なども考えたんですが…

これらも私の考え方とかなりズレている部分が多く、

募金を預ける事を取りやめにしました。

現場で復興支援をやっているメンバー達が口を揃えて言うには…

「被災者にとって一番大切なのは、今は現金と時間。

ホントなら困ってる人達一人一人にちょっとづつでもいいから現金を渡してあげたい。

自治体や団体に渡しても、どこにその金が行ってるのか見えてこない。

ホントに困ってる人達は、ずっと困ってるままだよ」

私も今回の被災で痛感しています。

一番困っている人には、ほとんど届いていない。

みんなそれぞれパーソナルな問題を抱えているから、

役所や団体からの一元的な対応では難しい。

ならば、幸か不幸か私は今回被災地出身なので

「私から見てホントに困っちゃってる人」に、

今回の募金を手渡ししたいと思っています。

これは募金を自治体や団体に渡している人を非難するつもりは無く…

せっかくドライボーンズとして集めた募金なら、

私が責任を背負ってベストな使い道を選びたい、

という考えだけです。

納得してもらえれば、嬉しいです。

New Work Shirt

 

こんにちは! 東京店のtomoです。

 

この間まで半袖だったのに一気に涼しくなり、ジャケットがいる季節になってきましたね。

 

今日はジャケットの中に着ていただける 新作のワークシャツのご紹介です。

 

Herringbone Work Shirt

 

 

カラーは、Gray と Light Brownの2色。

サイズは、36 / 38 / 40 の3サイズをご用意しています。

 

 

Light Brown

 

 

Gray

 

 

ワークシャツは、

鉱夫や農夫などが作業中に着用することを目的として作られたシャツなので 無骨な印象を受けます。

そこが女の私から見ると、とても男っぽさを感じるシャツだなーと思っています。

 

 

 

生地はコットン100%の生地を使用。

ヘリンボーン織の生地が、光の反射によって光沢感が出て とても素敵です。

 

 

 

先日の東京店のインスタ @drybones_tokyo に掲載したこちらの写真では、

 

私は Melange Wool Drapers Vest  Army Denim Work Trousers を合わせて、

牧野店長は、”Wool Frisco Jeens” を合わせてコーディネートしてみました。

 

コーディネートの参考にしてみて下さいね。

 

毎日インスタもアップしています!

是非覗いてみて下さーい!

 

 

新作続々入荷中!!

こんにちは!
大阪店わみです。

 

先週末から、台風により東海〜関東、東北各地で大変なことになっていますね・・。
皆さんの住んでいる地域は大丈夫でしたか?

関西はこれといった被害もなく過ぎ去っていったのですが、やはり無事で何もないのが一番ですね・・・!!

台風が過ぎてからでしょうか、本格的に秋が来て、一気に寒くなってきた気がします!!

・・・ガラガラポンも終了!

たくさんのご参加ありがとうございました‼️

金券の有効期限は1ヶ月ですので、お持ちの方は是非使ってくださいね🎵

 

そして、先週はかなりたくさんの入荷がありました!

いくつかご紹介させて頂きます。
(Web Shopには随時掲載予定!)

まず一つ目。

 

Wool Frisco Jeens

SIZE : 30,32,34

COLOR : CHARCOAL,GREEN

 

新型のパンツです!
1950年代から、デニムジーンズとは別の潮流としてワークウエアとして存在していたもの。

 

少し調べてみたのですが、CAN’T BUST’EM(キャント バステム)社のものがヴィンテージ界でも有名だそうで・・・。

CAN’T BUST’EM(キャント バステム)は1889年頃にエローサー・ハイマン社が立ち上げたワークブランド。

名前の通り、CAN’T BUST’EM(絶対に破れない)がキャッチコピーのワークブランドだったみたいです。

1946年にLEEに買収されるも、その後もLee フリスコジーンズという名で販売されていたとのこと。

レアで、玉数は多くないアイテムだそうです!

少し脱線してしまいましたが・・・💦

ヴィンテージではコットン素材が主流のようですが、ドライボーンズではウール素材で製作。

ツイルのような生地で、ウールですが、ゴワつきがなくスマートな印象です。

特徴は、L字型のポケット!

サスペンダーボタンも付いています。

裏はヘリンボーンの生地を使用。

見えないところにもこだわりがみられます。

フロントジッパー&ドットボタンで、着脱も楽です。

後ろポケットの内側にはドライボーンズオリジナルのユニオンチケットがひっそりと。

実はこちらに描かれた絵と文字にもしっかりと意味があるんです。

詳しくはスタッフに聞いてみてくださいね✨笑

(私も最近知ったのですが、おお・・・!となりました!!☺️

 

着用するとこんな感じ。

 

ワークパンツの無骨さもありながら、スラックスの印象も持ち合わせた雰囲気です。

ウールということもあり、これからの季節に重宝しますね!

週末入荷してきたばかりですが、グリーンの34は残り1点!

他も在庫少なくなってきています。

気になる方はお早めに!!

 

そして2つめ。

White Bosom Shirt

クラシックなブザムシャツ。

サスペンダーとの相性がとても良いです!!

SIZE : 36(S),38(M),40(L)

定番な白シャツですが、フロントのデザインが効いています。

ボウタイを合わせたり、3つボタンのジャケットのインナーにも。

生地も、全くの無地というわけではなく、細かい織り柄が入っています。

洗濯を重ねるごとにクタッとした良い雰囲気が出そうですね。とてもかっこよくなりそうです・・・!!

 

白シャツつながりで、こちらも再入荷。

Triplets B.D. Shirt

SIZE : 36(S),38(M),40(L)

シンプルなボタンダウンシャツ。

アイビースタイルにはもちろん、首元にバンダナを巻いてワークテイストな雰囲気にしたり、タイドアップしてみたり、

色々なスタイルに使える万能な一枚。

ボタンはシェルボタンを使用。

オックスフォード生地。しっかりしていて扱いやすさも◎

 

他にもまだご紹介できていないシャツも店頭にあります!!

これから入荷予定の今季用アイテムも控えていますので、楽しみにしていてくだいね🎵

 

それでは今日はこのへんで!!

使えるベスト

 

 

こんにちは!

営業の上野です。

 

本日は新作のベストを紹介します。

 

まずは、こちら

DV-101 Melange Wool Drapers Vest

 

メランジウールを使用したオッドベスト

霜降り調(メランジェ)のムラ感がある生地がクラシカルな雰囲気を醸し出しています。

背面も同系色なのでカジュアルなコーディネートにも合わせやすく着回しがききそうです。

 

 

 

お次はこちら

DV-098 Boa-liner Vest

 

60年代頃のヴィンテージを基にしたボアライナーベスト

実際のヴィンテージにはポケットが付いていないので

ポケットを付けたり、動きやすいように脇を切り替えたりとこだわった作りです。

内側がブラウンのボアになっているので防寒にも◎

 

 

 

「ベスト」と一言で言っても、フォーマルなものやワークテイストなもの、襟付きのもの

など様々な形があり、色や柄もたくさんあります。(写真は一部なので店頭には他にもありますよ〜📷)

※オンラインショップに未掲載の商品もあります。今しばらくお待ち下さい😣

 

 

↑こんな感じに、シャツやアウターにプラスするだけで

シンプルなコーディネートのアクセントになったり、モチロン防寒にももってこいのアイテム⛄️

アウターからチラッと見えるも良し⭕️ 脱いでなお良し😀 1枚足すだけでオシャレ度が倍増します!!

 

 

 

ベストは合わせ方がわかんない、着たことないという方!

いつも着てるよ!という方も

種類やサイズもたくさん揃っていますのでこの機会にぜひご試着してみて下さいね🎵

 

 

ではこのへんで

 

 

新作シャツのご紹介

こんちには。
福岡店の植田です。

 

本日新作のシャツが入荷しましたので、ご紹介致します。

先ずは

Print Open Shirt “SPUTNIK”
https://www.dry-bones.com/product/print-open-shirt-sputnik

デッドストック生地を使用した総柄のオープンカラーシャツ。
生地には吸湿性に優れたコットン100%のものを使用している為、汗をかく季節にも快適に着用して頂けます。
COLOR : WHITE , MINT
SIZE : 36, 38, 40, 42

 

1950年代後半に打ち上げられた人類初の人工衛星「スプートニク」を想わせるようなスペイシーな
プリントがインパクト抜群です。

襟はカーブの美しいロングタイプを採用し、第一釦を開けた際により大きく襟が開く様に見え
ネックレスとの相性も抜群です。

 

1950年代のアメリカの大量生産時代特有の仕様である「右前高・左後高」になっている脇線の縫製や猫目釦の使用等、当時のヴィンテージシャツに見られるディテールを忠実に再現しています。

こちらがミントになります。

次に

Gingham Check Open Shirt
https://www.dry-bones.com/product/gingham-check-open-shirt
1950年代のヴィンテージを基にデザインしたオープンシャツです。

COLOR : RED , BEIGE
SIZE : 36, 38, 40, 42

細かなギンガムチェック柄の生地を使用。
ギンガムチェック柄は様々なスタイルに取り入れやすく、 コーディネートの幅が広がります。

 

1950年代のアメリカの大量生産時代特有の仕様である「右前高・左後高」になっている脇線の縫製や猫目釦の使用等
当時のヴィンテージシャツに見られるディテールを忠実に再現しています。

こちらがレッドになります。

どちらの商品もロールアップしたジーンズにサドルシューズなどを合わせたオールディーズなスタイリングや、2タックパンツにローファーなどを合わせた50’sテイストなスタイルとの相性は抜群です。

今回ご紹介した商品の他にも店頭には新作が入荷してますので
是非チェックしてみて下さい。

それでは、この辺りで。

秋に着たい♦︎アーガイル

こんばんは!名古屋店KARINです。


先日、出張で東海地方に来ていた営業の上野さんと名古屋チームで閉店後に飲みに行ってきました〜🍺

お店はDryBones名古屋店もお世話になっている矢場町の『ごはんとお酒 イエゴリコ』さん

料理がとっても美味しくて居心地が良いお店なので、お酒が進んじゃいました♪

もちろん食べて飲んでばかりでなく、楽しくお仕事の話しもしましたよ〜!

先日30周年を迎えたばかりですが、これからのDryBonesもどうぞ末永くよろしくお願いします☆

さて、本日はタイトルにもある通り、『秋に着たいアーガイル』商品の紹介をしたいと思います。

DryBonesの得意とする50’sアイテムの中でも根強い人気の『アーガイル』。

昨日の吹田さんのブログでも紹介された

ダイヤ型の本蛇革が施されたバイカーウィレット

を始め、沢山のアーガイルやダイヤ柄のアイテムがあります。

まず始めは、入荷早々問い合わせが殺到した

Border Argyle Gabardine Jacket

1950年代にアメリカで大流行したヴィンテージのジャケットをベースに製作したギャバジンジャケット。

当時のヴィンテージの中でもアーガイル柄の物は人気が高く、コレクターアイテムとなっている柄を基に生地から再現。

強撚糸を用いたレーヨンギャバジン生地を使用している為、 独特な艶感とシャリ感があり、大人の色気を感じさせてくれる仕上がりとなっています。 また、肌触りが良く柔らかな着心地も特徴です。

裏地にもダイヤ柄を配したキュプラ素材を使用していたりと細かい部分にも拘りが見られる上質なジャケットです。

サイズは36(S),38(M),40(L),42(XL)

次は、長袖のオープンシャツ

Lozenge 2tone Open Shirt

1950年代のヴィンテージを基にデザイン。

アーガイルをイメージしたひし形の刺繍を施した2トーン配色のオープンシャツです。

こちらも肌触りの良いオリジナルレーヨンブロードを使用しています。

WINE×WHITE          

BLACK×PINK

の2色展開。

サイズは36(S),38(M),40(L),42(XL)

です。

そして、合わせてコーディネートしたアーガイルのベルト。

Argyle Combination Belt

色はBLACK×PINK
       BLACK×WHITE
       WINE

の三色。

サイズは31.33.35.37インチ

アーガイルが腰回りのアクセントになります。

次は

Jacquard Sweater “LOZENGE”

1950年代に実在したヴィンテージセーターを基に製作。

総アーガイル柄がインパクト大です!

素材はウールとアクリルの混紡素材を使用しているので、着心地が良くチクチクしません。

シンプルなアウターに合わせてもアーガイル柄が際立ちます。

1枚で着てもお洒落です。

CHARCOAL
BROWN

の2色展開

サイズは36(S),38(M),40(L)

です。

最後は、コーディネートの仕上げに。

Argyle Scarf

シンプルで使い勝手の良いスカーフ。
両サイドには1950年代のヴィンテージに見られるアーガイル柄の刺繍を施し、巻いた際のアクセントになっています。

素材には柔らかく肌触りの良いレーヨンブロードを使用。 レーヨン独特の上品な光沢感があり、巻くだけでカジュアルなコーディネイトをワンランクアップさせてくれます。

裏返せばDryBonesタグのシンプルなバージョンも。

この秋、クラシカルなアーガイルモチーフを取り入れてみてはいかがでしょうか?

そして、店頭で現在開催中の福引き大会も10/14(月)で終了です!

駆け込み福引きお待ちしてます!

それでは、またお会いしましょう☆

Leather Wallet

こんにちは!

 

大阪店トミーです。

 

10月に入り朝晩はかなり涼しくなり、秋らしくなりましたね。

 

大好評のこちらのイベント↓↓↓
『福引大会ガラガラポン!』

 

こちらもいよいよ今週の3連休、10/14(月)までとなりました!

 

毎年楽しみにご参加いただく方、今回初めてチャレンジしていただく方など
皆さまに楽しんでいただけるイベントです♪

 

各店まだまだ豪華賞品がありますので、ぜひご参加くださいね!

 

さて、それでは本日のおすすめアイテムのご紹介です。

 

今回はDry Bonesが長年作り続け、常に人気の高い「ウォレット」に注目してみたいと思います。

 

まずはこちら。
 
 

 

表面にダイヤ型の本蛇革をインレイしたバイカーウィレット。
今あるウォレットの中で最もロングセラーの一品です。
 

 

 
本蛇革を使用してる為一つ一つ柄が異なるのもまた愛着が湧きますね。
使用するにつれて飴色がかった風合いになるので、牛革と共に経年変化が楽しめます。

 

 
 
 
内側はカードもたくさん収納出来、使い勝手もGOOD!

 

 
蛇革のデザインに合わせて、ウォレットチェーンも蛇モチーフにしてみてはいかがでしょうか??
 
 

 

チェーンはコチラ→Wallet Chain “SNAKE” 
 
 

 

お次はこちら。
 
 
ペイズリー柄の型押しレザーを使用したトラッカーウォレット。
ブラックとチョコの2色展開です。
フラップ中央にはラインストーンのスタッズを施し、さりげないアクセントとなっています。

 

立体的なエンボス加工されたレザーで、財布に存在感を与えていますね。
チェーンを繋ぐキータブにも同デザインのレザーを使用し統一感があります。

 

内側の小銭入れのジッパーにはユニバーサルを採用。
テープ部分も古臭いカーキ色にする事で、見た目にアクセントを効かせました。

 

こちらは真鍮製のウォレットチェーンもセットとなります。

 

お次はこちら。
Kip Wallet “TRI-COLOR” 

 

3色のトリプルカラーで製作したロングウォレット。
シンプルな見た目ながら、中を開くと全く異なる配色という、遊び心に溢れた一品です。

 

毎日使う物だからこそ、個性的なアイテムがいいですね♪

 

表革には滑らかな手触りと独特なシボ感のあるキップレザーを使用。
まるで長年使い込んだ様な風合いが魅力です。

 

ご好評につきしばらくカラーを欠かしていましたが、先日の再入荷で全色揃いましたので、
お好みのカラーをお選びくださいね。

 

最後はこちら。

 

こちらもシンプルながら、表面のリザード(トカゲ)の型押しや内側の2トーン仕様が
目を惹く一品。

 

どちらの色をメインにするかで全く印象が変わりますね!
カード入れも段違いでカラーを変え、インパクトを持たせています。
また、各カード入れの口をカーブさせる事でカードが出し入れし易く、
デザイン、機能性共に優れています。

 

こちらは同素材、同配色でベルトもありますので、セットでのカラーコーディネイトも楽しめます。

 

いかがでしょうか?

 

お洒落でこだわりの詰まったウォレットはプレゼントとしてもおすすめです。

 

現在たくさんの種類のウォレットが揃っていますので、ぜひお気に入りの一品を見つけにいらして下さいね。

 

それでは本日はこの辺で。

New Sweat Shirt

こんにちは!

大阪店トミーです。

 

今日は店頭でもご希望の多かった新作カットソーのご紹介です。

 

こちら。

 

DC-690 W Gazet Sweat Shirt(オンラインショップには近日up予定です。)
color:OATMEAL、GRAY
size:36〜42

 

これからのシーズンにぴったりなスウェットシャツ。
使い勝手が良く、プレーンで飽きのこないデザインは長年愛用したいアイテムですね!

 

カラーはグレーとオートミール。
どちらも合わせやすく、古臭い雰囲気が良いですね。

 

デニムとの相性も抜群です。
ヴィンテージスウェットに見られるガゼットや針抜きリブなど、細部にまでこだわって製作しています。

 

シンプルなアイテムだからこそ、こういったディテールに注目したいですね。

 

DC-691 W Gazet Sweat Parka(オンラインショップには近日up予定です。)
color:OATMEAL、GRAY
size:36〜40

 

こちらも根強い人気があるスウェットパーカ。

 

こちらのグレーはガゼットとポケット、リブをブラックで切り替えた2トーンとなっています。

 

お好みに合わせてお選びください。

 

着心地の良いコットン素材のスウェットはこれからの時期に重宝すること間違いなしです。

 

ぜひサイズ、カラーの揃っているうちにチェックしにいらして下さいね。

 

それでは本日はこの辺で。

アウター2型入荷

お待たせしました。





本日入荷したアウター2型は多くの予約を頂き、

既に店頭で販売する枚数が限られてしまっております。

各直営店にお問い合わせ、

もしくはオンライン、各ディーラー様にお急ぎください。

Border Argyle Gabardine Jacket

サックスとブラック。

サックスは水色をくすませた感じの、着古した様な雰囲気のある色合いに仕上がっています。

デニムにも、ウール、レーヨン2タックパンツにも似合います。

眺めているだけでも楽しめそうです。

ブラックは言わずとも万能な配色。

こちらは在庫僅少です。

そして新型、

Shawl Collar Blanket Jacket

こちらはこの配色のみ。

数量もごく僅か。

気になる方、現状各店に実物はあります。

着丈が長めのジャケットで、これから活躍しそうです。

New Arrival!

こんにちは、名古屋店の梅津です。

気づけばもう、10月!

あっという間に年末になってそうでコワイですね〜💦

 

皆さま冬支度はお早めに⛄️

 

 

さて、本日も新作のご紹介を。

 

・Hand Stitch Open Shirt

・Wool Color-nep Two Tack Trousers

 

長年作り続けている、プレーンなレーヨン生地のオープンカラーシャツ。

 

ちょうど同じタイミングで相性抜群なツータックパンツも入荷してきましたので、合わせて着用してみました。

 

・Hand Stitch Open Shirt

color:WHITE、BLACK、WINE、MINT 、PINK
size:36〜42

 

カラーバリエーション豊富で、サイズも42(XL)まで作製しています。

 

襟とポケットフラップには同色のハンドステッチ入り。

 

・Wool Color-nep Two Tack Trousers

color:BROWN

size:30、32、34、36

 

温かみのあるカラーネップ入りのウール地を使用したツータックパンツ。

 

1950sのヴィンテージを基にした、ゆったりとしたドレープ感のあるシルエット。

 

 

 

 

・10’s Color Nep Jacket
・10’s Color Nep Trousers

お次ぎはこちらのセットアップ。

 

ジャケットの方は一足先に入荷していたのですが、共地のトラウザースも入荷しました!

 

・10’s Color Nep Jacket

color:BLACK
size:36、38、40

浅めのVゾーンに裾の大きくラウンドしたカットがクラシカル。

※こちらは既に残り僅かですので、セットアップにしたい方はお早めにご連絡下さい。

 

・10’s Color Nep Trousers

color:BLACK
size:30、32、34

 

1910年代頃のヴィンテージを基にしたハイバック仕様。

 

ベルトループも付いていますが、サスペンダーで吊った際にもキレイなシルエットが出る様になっています。

 

 

 

 

・Collar Boa Chesterfield Coat

color:OLIVE
size:38、40

クラシカルなチェスターフィールドコート。

 

襟ボアを配し、インパクトがありながら品格のある1着。

 

バックベルトが付いているのでウェスト位置が高く見え、スタイル良く見せる事が出来ます。

 

 

 

週末にはこの他にも新作が入荷する予定ですので、ぜひ店頭に足を運んで下さいね。

 

 

今なら福引き大会も開催しております↓🔔

 

 

こちらのイベントも早いもので、

 

来週末 10/14(月・祝)までとなっております!

 

 

名古屋店ではなんと先日、見事レザージャケットを当てた方がいらっしゃいました🎊

 

 

これはウラヤマシィ〜ですね😊

 

 

新作も沢山入荷しておりますので、既に回された方も

 

ぜひ2回目のチャレンジお待ちしております!

1 2 3 4 182