サスペンダースタイル

 

こんにちは、牧野です。

 

本題に入る前に一つ、嬉しかった事をお話します。

 

 

先日、群馬に在住の常連さんからこんな画像が送られてきました。

 

 

 

 

 

農業の雑誌。

この方、農家より農機具全般の修理を引受ける仕事をしてます。

修理と言っても、元どおりに戻すだけではなく、

そのお客様の「痒い所に手が届く」ようなカスタムをし、

「今まで以上のモノにする」事を信念とした姿勢で取り組んでる男。

群馬を拠点としてたけどそれが話題となって、今は全国より相談、依頼の連絡がきて

毎日駆けずり回ってる人気者なんです。

 

 

そんな彼がこの雑誌でこんなコラムを書いているらしく、

そこで僕の事を書いてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに彼が農家の方々に行っている対応と、僕らがするべき事は似ているかもしれない。

中段に「商売の本質」と書いてありますが、この言葉に胸が熱くなる思いをしました。

 

 

そんな彼曰く、

「服屋は服だけを売るのではなく、コーディネートも売るべき!」

「おれは服代じゃなくスタイリスト代としてお金を払ってる気持ちです」

なんてアツーい事言ってくれて、

最近の騒動で実店舗への客足が遠退き、通販サイトに流れて

「店の存在意義を見直さなければ」と思ってる矢先の事でしたので

何だかリアルに嬉しかったのです笑

 

 

 

 

 

さて、ようやくここからが本題!

 

今日はサスペンダーについて。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんはサスペンダーについてどう思ってますか?

 

 

 

最近店頭では、SNSでもハッシュタグやサスペンダーつけた画像を増やしている影響もあり、

「サスペンダーを観に来た」

「サスペンダーボタンが付いたパンツを探している」

等の声を、初めて来られた方々より耳にします。

 

 

20代〜の男女問わず週に5、6人はいます。

この数字が多いか少ないかはわかりませんが、以外と探している方はいるような気がします。

 

 

 

 

そんなサスペンダー、

ちょっと種類と着用画像を羅列します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Robust Suspenders

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2Way Type Stripe Suspenders

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rabbit Ear Suspenders

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rabbit Ear Suspender

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

2Way Type Suspender

 

 










 

 

全5種。

 

夏はTシャツにサスペンダー、シャツにサスペンダースタイルで

サスペンダーの露出を多くしても良いですね。

 

 

 

また、サスペンダーは長さ調節ができます。

実は意外と知られてない?かもしれないので画像付きで説明します。

 

 

 

 

まず、調節金具の裏をめくります。

 

 

 

 

 

 

そうすると2本のツメが出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それをハサミなどの先の尖ったもので押し上げます。

 

 

 

 

 


 

 

 

両方押し上げると、ゴムの先が外れます。

 

 


 

 

 

 

その先をご自身に合う丁度良い長さで切ります。

 

 

 

 

 


 

丁度良いというのは個人差ありますが、

調節金具が胸辺りに来る位置が経験からするとベストではないかと思います。

 

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

おすすめプリントTシャツ

 

こんにちは! 東京店tomoです。

 

梅雨に入り、蒸し暑い日も増えてきましたね。

今 DRY BONESでは、Tシャツが良く売れていっています。

 

 

今日はこの中から私のおすすめのプリントTシャツを紹介します!

 

 

まずは、

デニムに合わせたいこちら!

 

 

Print T-Shirt “OCTOPUS MOBSTER”

 

 

“OCTOPUS MOBSTER”をモチーフにデザインをしたプリントTシャツです。

 

1920年代から続く、イタリアンマフィアの「業務」を、
タコのイラストを使って表現した風刺画をモチーフにしています。

悪そうなタコが洒落ています。

 

 

 

私は、これからの暑い時期でも快適に履いていただける

 

Budget Waist Over-alls

 

に合わせてみました。

 

こちらのパンツは、
8オンスのコットンとリネンを合わせた薄手でのセルビッジ付きデニムで、

柔らかみがありリネン(麻)が混紡されたシャリ感のあるデッドストック生地を使っています。

コーディネイトでは、頭に赤のバンダナを巻きましたが、

男性なら、首元に巻くと良いのでは〜と思います。

 

 

次にご紹介するのは、

 

 

 

 

Print T-Shirt “GOD FATHER”

 

 

 

 

 

 

「ゴッドファーザー」をモチーフにデザインしたプリントTシャツです。

生地には柔らかくて肌触りの良いコットン天竺を使用。

こちらのTシャツには、

 

Black Slim Pants

 

を合わせて、少しROCKな雰囲気をイメージしてコーディネイトしてみました。

 

小物の ウォレットチェーン、ブレスレット、指輪を同じ素材(ここではブラス)

にすると統一感が出てかっこいいです。

 

 

 

プリントTシャツなのですが、どんどんサイズ欠けもしてきているので、

気になる柄があるようでしたら、お急ぎくださいね!!

 

 

 

 

最後におまけ…

東京店の1点物のご紹介です。

 

 

 

 

1970’s Cat Ring (silver 925)

sizeは、22 です。

 

 

 

 

お目目がエメラルド色で可愛いです。

 

 

 

サイズが合えば、私が本当に欲しいリングです😊

 

1点物なので、気になる方は 是非 東京店(03-5488-5688) までご連絡下さいね!

お待ちしております。

 

 

裾の始末

 

こんにちは、牧野です。

 

 

皆さんはパンツの裾始末について、どうお考えですか?

僕はそのパンツのシルエットの太さや、生地の厚み

(厚手か薄手か)、素材感で考えます。

 

そこには着丈の長さも関係してきますね。

そう考えると意外に奥が深く、ちょっと悩みどころでもあります。

ですがここで正しい選択をすれば、パンツ本来のシルエットを綺麗に保ち、

ご自身の体型もよく見せられることができます。

 

そうなると洋服選びも楽しくなってきますね!

 

 

ということで、今日はカジュアルなパンツでよく使う仕上げ方の

「たたき縫い」についてお話しします。

 

まずどう言う仕上げ方のことを言うのかご説明します。

 

 

 

 

見た目はこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

パンツの裾より少し上にステッチ(縫い線)が入ります。

ジーンズでも同じようにステッチが入るのはご存知だと思いますが、

ジーンズだと8mm〜1cm幅で入れるのが定番。

もっともチェーンステッチミシン(ユニオンスペシャル等)だと通常の設定は1cm幅までしかできないので…..。

 

 

 

そしてこのパンツのステッチ幅は4cm。

 

ジーンズに比べてだいぶ大きく取りました。

 

 

 

 

ここがたたき縫いの面白いところ!

 

そう、はじめに書いたように、裾幅やパンツのシルエット、生地の厚みで

いろいろステッチ幅を変えることが出来ます。

 

ではなぜ、そこまでステッチ幅を変えることをするのか。

 

それはパンツを合わせた、こちらの全体像をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

こちらのパンツは、裾幅が26cm前後になり、

DryBonesの中でも一番太いワークパンツになります。

 

生地感はそこまで薄くないのですが、ヘリンボーン織だからか、

パイプドステムのシルエットなのもあってか、しなやかで柔らかい印象。

 

そこでステッチ幅が重要!

ステッチを広くとることで内側に折り畳まれた生地が重みの役割となります。

そうすると歩行時に裾のバタつくパンツを落ち着かせられ、静止時も重みがある事で

シルエットがストンと落ちて綺麗に見せられることができます。

 

さらにセンタープレスが入ったパンツだと、丈の長さも足の甲にかかるかかからないか位が

プレスラインが綺麗に見せられます。

 

ちなみに僕は常連さんからしばしば着丈が「短い」と言われますが….w

 

ですが、そんな秘訣が含まれているのでした。

 

 

 

次はこちら、グルカトラウザーズ。

 

こちらはしっかりとした生地で、裾幅はやや太め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

こちらも同じ4cm幅で仕上げました。

 

先程と同じステッチ幅ですが、どちらもシッカリとした印象が出ますよね。

そう、男らしく無骨な雰囲気も備わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてこちらはフリスコジーンズ

 

こちらもやや太めなシルエットではありますが、

先ほどの2本よりも裾幅が落ち着き、生地のハリもあるので

 

 

 

 

 

 

ここは2.5cmで。

 

 

 

 

 

 

 

最後に41カーキ

 

 

こちらは紹介したパンツの中でも一番細い?

スッキリしたシルエットで、生地感も堅めですが、

あえて無骨さを出したかったので、

 

 

 

 

 

 

漢の5cm!!

 

 

 

 

 

 

かなり男前な感じ。

 

 

 

そしてそんな男前なパンツのステッチ幅を利用し、裾を折り曲げてみる!

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとチノパンのイメージを覆すような雰囲気とコーディネイトが楽しめます。

 

これからの季節、こんな感じでアレンジして穿いてみるのもおすすめです。

 

 

 



 

と、こんな話をスタッフがお手伝いできればと思います。

 

それでは。

 

 

 

 

Hat Pin

 

こんばんは。東京店のtomoです。

日に日に暑くなってきていますね。

 

本日は「Hat Pin」のご紹介です。

 

ALL SEEING EYE’S Hat Pin

 

 

ハットピンは、元々 帽子が落ちたり風で飛ばされないように

ピンやクリップで帽子とシャツ・ブラウスの襟に留めておくものなのですが、

今は、帽子やジャケット、シャツの装飾として用いたりする事が多いと思います。

 

 

 

 

ALL SEEING EYE(万物を見通す目)をモチーフにしたハットピンです。

ALL SEEING EYEとは、アメリカの1ドル紙幣やフリーメイソンに代表される秘密結社など、

様々な分野でシンボルとして使用されているミステリアスなモチーフです。

 

本体はBRASSになっており、瞳の部分には美しく輝きのあるジルコニアが埋め込まれていて、

立体感と共に高級感のあるデザインに仕上がっています。

 

個人的に、こういうミステリアスな感じの物が大好きです。

 

 

 

 

Straw Boater Hat

 

 

 

Serbia Wool Hat “YORK”

 

 

 

 

 

ハットのリボンの結び目あたりに付けてみました。

 

 

そしてこちらは、スーツの胸元に。

 

一味違う雰囲気になりますよね。

他の人と違うお洒落を楽しみたい方に 是非着けていただきたいです。

 

 

そして最後に、東京店に置いてある1点物の商品をご紹介します。

 

 

陶器のオブジェになります。

柔らかなフォルムがなんとも言えない癒しに感じるのは私だけでしょうか。笑

 

縦28cm、横30cm

 

手前にくぼみがあるので、灰皿なのかなと思いますが、
真ん中のくぼみに物が置けるようになっているので、小物入れになると思います。

 

気になる方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡下さいね。

 

この他1点物の商品が多数ありますので、

これからも少しずつ紹介していけたらと思っています😊

 

 

 

ネコ好き必見!

 

今日は新作のボウリングシャツのご紹介をしたいと思います。

 

タイトル通り、「ネコ好き」には特に気に入ってもらえる柄

 

ではないでしょうか!

 

では、さっそくこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうでしょう!

 

「KATTENSTOET」とは“カッテンストゥッツ” と読み、

 

オランダ語で「ネコのお祭り」と言う意味合いがあります。

 

まあ、何が書いてあるかよりも、こう言うのはデザインと雰囲気、

 

そしてボウリングシャツは配色が大切ですよね。

 

 

 

色は先ほどご紹介した、グレーにレッドの配色、

 

そしてこちら、ミントにチョコレートの配色の2色展開。

 

 

 

 

 

 

 

 

デザインは当時のボウリングシャツでも見られる技法のフロッキープリント。

 

洗っていくうちにプリントの起毛が剥がれて変色していく経年変化が楽しめます。

 

もちろん素材はコットンなので、心配いりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはグレーを着用。

 

 

 

 

 

 

 

 

色落ちたジーンズとの相性は良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリスコ ジーンズ

こんにちは。

2019 秋冬でも好評だった、「フリスコ ジーンズ」を

この夏コットンツイル地に落とし込み再登場!

今日はこちらのモデルをご紹介します。

まずこちらの名称と型、ヴィンテージ好きな方ならご存知の通り、

そちらのモデルを踏襲しております。

長きに渡り、作業着として「働く男」の〝足〟を守り続けてきたパンツだけあって

シルエットやディテールは機能的且つ、現代でも通用するデザイン。

デイリーウェアとして重宝しそうな1本です。

色はベージュとブラックの2色展開、

サイズは30,32,34,36 inch の4サイズ。

こちらはベージュ。

太からず細からずの丁度良い、ワタリから裾にかけてのシルエッット。

フロントポケットはL型の通称「Lポケ」。

そして40’s頃の古い年代の製品のみに見られるシンチバックを装着。

こちらを付ける事でグッと古臭さが出ます。

フロントはスナップボタンとファスナー仕様、

この辺りは60年代頃の製品に忠実。

ボタンフライが慣れない方は是非試してください。

脱ぎ履きし易いですよ。

次はブラック。

こちらはサスペンダーで。

シルエットの美しさや股上の深さ、腰回りのシルエット等、

全てがうまく組み合わさり、足長効果もありそうですね。

全体的に見ると、




こんな感じになります。

生地は薄くてもしっかりコシのあるコットンツイル、

夏でも快適に過ごせることを約束します。

また、個人的な感想ですが、普段よりもワンサイズ大きいものを選ぶと

このパンツの持つ雰囲気が良く出るかと思います。

ですが体型は個人差ありますので、やはり店頭で試して頂くのがベストですね。

ちなみにこちら、自分は32インチを穿いてます。

(普段ジーンズは29~30インチ)




最後にこちらのフリスコジーンズという名称、

元は「Frisko Jeens」と書きます。

どちらの単語も造語だと思いますがどういう意味なんでしょう?

Friscoはサンフランシスコの略称と聞きますがスペルが違いますよね。

この謎はこの名前を知った時からずっと解決できずに今に至ります。

誰か知ってたら教えてください….。

夏に似合うパンツ

 

こんにちは。

本日も新作の紹介を致します。

「夏に似合うパンツ」ということですが、

ショートパンツではなく、夏もバシッとキメていただきたく

こちらのパンツをご紹介!

 

 

 

 

そう、ご存知な方も多いと思いますが

Lee が50年代に産み出した傑作、「WESTERNER」モデルを限りなく踏襲した

コットンサテン生地の5ポケットパンツになります。

 

 

 

 

 

現代にも通じる美しいシルエットが、今でも絶対的人気であるポイントの

一つであることは間違いありませんね。

今回、ドライボーンズで新たに引き起こしたパターンはヴィンテージをも

凌駕するほどの出来栄えではないかと思います。

 

 

 

 

 

細身でありながら腰から膝にかけては、やや膨らみを持たせ、

膝から裾は極端にタイトにはさせず、ブーツが綺麗に納まるくらいの余裕がある幅を保ってます。

適度な細さで、適度な生地の厚み、そしてサテンの持つ光沢さが揃っての「ウエスターナー」ですね。

細身のシルエットに自信がない方には特にオススメします。

また、個人的にはヒップのバランスが好きなんです。

ジーンズ(Levi’s を基にしたモデル)よりもポケット位置が外側に付き、

ポケットの大きさもやや細め。さらに股ぐりの傾斜が緩いこと。

通常のジーンズは腰回り、尻の肉がシッカリ付いてるとカッコよく、

マーロン・ブランドのように男らしいシルエットが出来あがる訳ですが、

自分の場合、貧相で余ってしまって馴染むまでに時間がかかるんです。

 

 

 

 

 

そんな、いつもと違うこちらのパンツ。

是非是非、体験して頂きたい一本です。

 


 

こんなところの意匠も踏襲。

コーディネートしてみました。

 

 

 

トーンを合わせて着てみると、どことなくウエスタン感が出ますよね。

イメージはワイルドワンに出てくる保安官です。白黒映画ですが笑

 

 

 

 

 

 

黒もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

また、

 

S/S Print Open Shirt “SQUARE and NEP”

 

 

Panama Hat “YORK”

 

を合わせると、たちまち夏モード。

 

 


 

 

こんな感じで万能な一本です。

是非。

 

 

 

 

綿と麻のシャツ

 

 

こんにちは、新作商品のご紹介をします。

 

 

DS-2561 S/S Ombre Check Open Shirt

 

 

只今、各店店頭でご覧になれます。(各店にて通販可能)

オンラインはもうしばらくお待ちください。

 

ブラック着用

 

 

 

 

 

 

レッド着用

 

 

 

 

生地アップ

素材はタイトル通り、綿58%、麻42%の混紡。
着用した感想は、

軽く、風通しが良く、生地のザラ感が心地よいです。

色も綿100%に比べると、麻のフェード感が出ていて

趣のあるヴィンテージ感が楽しめそうです。

 

 

 

 

 

 

色落ち始めたジーンズとの組み合わせは間違いないですね。

また、これからの季節、実用的にもアクセントにも

バンダナは必須ですね。

今現在、4柄2色で選べます。

リンク貼ったので詳細は製品名をクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

Bandanna“DOT”

 

 

 

 

 

 

Bandanna“CROSS”

 

 

 

 

 

 

 


Bandanna “PIN STRIPE”





 

 

Bandanna “HORSE SHOE”

 


 

オススメ夏のアイテム

 

こんにちは! 東京店tomoです。

 

東京は、緊急事態宣言が今月末まで延長になりましたね。

あともう少し…頑張りましょう!

 

前回も作ったものなどを載せましたが、

今回もお家時間で作ったものを少しご紹介!(しつこいかな 笑)

シフォンケーキと餃子とマスクです。

手作りマスクは、ネットで作り方を検索して、家にある材料で作りました。

紐を長めにして耳の後ろに垂れ下がるデザインで作りました。

基本を基にして好きな形にアレンジして作るのも楽しいですよね〜

 

 

 

 

今日ご紹介する商品は、これからの季節に活躍する商品、

かつ、今お買い得になっている商品です!

 

 

 

DSE-484  Sunglasses (With Soft Case )

 

カラーは、

 

 


の3色になっています。

 

これから日差しが強くなってくるので、 

UVカット機能付きで紫外線対策として使っていただけるこちらのサングラスは、

日中のお出かけや車の運転時、

バイクなどに乗る際などの風よけにもなる為ツーリング時にもお勧めです。

 

縁が細く、華奢なデザインになっているので、女性の方にもオススメです。

私は、GOLD.BEIGE/BROWNを愛用しています。

こちらの商品は、今なら30%OFFです。

 

 

次にご紹介する商品は、

 

DCH-525 Summer Raffia Beret

 

 

今販売しているカラーは、

 

 

BLACK

 

 

 

NAVY

 

2色になります。

 

内側には、サイズを調節出来るアジャスター付きです。

 

 

 

ラフィア素材で通気性が良く、蒸し暑い夏場でも快適な被り心地です。

 

こちらも今なら30%OFFです!

 

 

 

サングラスの「GOLD.BEIGE/BROWN」と、

サマーベレーの「 BLACK」を着用してみました。

 

男性はもちろん、女性の方にもお使い出来る商品になっていると思います。

 

次の日曜日、5/10は母の日ですね。

記念日や誕生日プレゼントにとてもいいと思います😊

 

外出自粛の時期ですが、自粛解除されたらすぐに使えるように

お安くなっている今、先取りしてみてはいかがでしょうか?

 

それではまた😊

NEW OPEN SHIRT !!

こんにちは!東京店のtomoです。

外出自粛命令が出ていて、お家に居ることが多くなってきていますよね。

私がお家にいる時は、映画を見たり、簡単なお菓子作りをしたりしています。

皆さんはどうやって過ごしているのかとても興味があります。

機会があったら聞いてみたいなー。

本日は新しいオープンシャツが入荷して来たので、そのご紹介です。

DS-2560  Print Open Shirt “SQUARE and NEP”

Charcoal

Light Gray

カラーは、Charcoal と Light Grayの2色。

サイズは、36, 38, 40, 42になっています。

1950年代に流行したテキスタイルパターンを基に製作したオープンシャツです。

当時はカーテンやソファなどの家具から

ジャケット、シャツ、ネクタイなどのファッションアイテムまで幅広く用いられました。

1950年代のアメリカの大量生産時代特有の仕様である「右前高・左後高」になっている脇線の縫製で、

当時のヴィンテージシャツに見られるディテールを忠実に再現しています。

素材はコットン100%生地を使用。

凹凸のあるざっくりとした生地感で肌への密着を防ぎ、清涼感のある着心地なので、これからどんどん暑くなる季節にぴったりです。

ボタンは、半円型の可愛い脚付きシャンクボタンが使われています。

光の反射でキラッとなるところがいいですよね。

今回Charcoalを、太めのブラウンのペインターパンツに

ブラックのサスペンダー、ボーラーハットを合わせてみました。

DP-778 Herringbone Painter Pants

DSH-047 2Way Type Suspender

DCH-400 Bowler Felt Hat

DSE-492 Sunglass(With Soft Case)

DSE-494 Sunglass(With Hard Case)

シャツにとても合うと思うサングラスも一緒にご紹介させていただきました。

※掲載商品は全て、各直営店からの代引き通販が可能です。
 
気になるものがありましたら、是非お近くの直営店にご連絡下さい!
 
5/6までは、
 
・1万円以上のご注文で送料無料。
 
・代引き手数料無料。
 
です。
 
※インスタグラム等、各SNSのダイレクトメッセージでも御注文承っております。
 

お家で過ごす時間も

少しでも自分の心地よいお洋服で過ごしていただければと思います。

そのお手伝いが出来ればと日々思っています。

私や東京店、Dry Bonesを気遣ってお電話やメッセージを下さるお客様、

本当にありがとうございます。

こちらが元気をあげなければいけない所なのに、沢山の元気や勇気をいただいてます。

皆さんと一緒に乗り越え、

また逢えるのを楽しみにして毎日過ごして行きたいと思っています。

1 2 3 4 17