2022 NEW YEAR SALE

 

こんばんは!

 

大阪店トミーです。

 

まずはタイトルにもありますNEW YEAR SALE!

Dry Bones各店の新年初売りは1/2(日)11時よりスタートします。

 

※12/31(金),新年1/1(土)はお休みをいただきます。

 

今回冬物以外にも多くのアイテムがお買い得プライスとなり、また数量限定で福袋も販売します。
福袋はもちろん、お値打ち商品も数に限りがありますので早い者勝ち!

 

ぜひお早めにチェックしにいらして下さいね。

 

 

また、本日も新作の入荷がありましたのでご紹介します。


・DAT-404 Fob Chain ”Secret Society”

material:Brass

 

真鍮素材のフォブチェーンの新作です。
チャームにはオリジナルデザインのコインが付きます。

 

ミステリアスなモチーフが刻まれており、表裏で異なるデザインになっているのもポイントです。

クラシカルな装いのアクセントにいかがでしょうか?

 

 

 

さらにこちらも再入荷しました。


DP-691E Army Denim Work Trousers

size:30〜36inch

 

人気のアーミーデニムワークトラウザーズ。
ご好評につき完売していたサイズが再入荷しました。

 

パッチポケットや生成ステッチによる閂留め、背面のシンチバックルが特徴的な一本です。
ゆったりとしたシルエットで動きやすく、ワーク、ミリタリースタイルにはもちろん、
幅広いスタイリングとマッチします。

 

ぜひサイズの揃っているうちにご試着してみて下さい。

 

 

また、年が明けると店頭には次シーズンの新作情報も徐々に届きます。
ぜひいち早く情報もGETしてくださいね。

 

 

 

本日が2021年最後のブログとなりました。
今年もたくさんのお客様にお越しいただき、誠にありがとうございました。
2022年も何卒宜しくお願い致します。

 

1/2(日)からのNEW YEAR SALE、皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております。

それでは良いお年をお迎えください。

Cowichan Sweater 🐟

 

こんにちは! 東京店のtomoです。

いよいよ今年も残す所4日…1年早いですよね。

寒さが厳しくなっていますが、いかがお過ごしですか?

 

先日、ディズニーランドへ連れてってもらいました〜

 

 

 

3人中2人が12月が誕生日。

バースデーシールもいただきました😊

とっても楽しかったです🎵(ロス半端なかったけどw)

 

 

本日ご紹介するのは…私が先日購入したコレ!

 

Cowichan Sweater “SEA BASS” (DK-129)

 

 

 

お魚柄が好きな私が、

ずっとずっと狙っていたんです… WWW

 

 

 

 

カラーは、ブラックとネイビーの2色。

私はブラックとオレンジのコンビがとても好きなので、ブラックを選びましたが、

今の所 ネイビー人気が高いです😊

 

 

 

 

昔は、お魚釣りが好きな旦那さまとか彼氏とかにプレゼントとかもあったのでしょうかね〜

でも私は自分で着ちゃいます😊!

156cmの私は、36(S)サイズをゆったり着ています。

 

素材がウールで 暖かく柔らかいので、お仕事中に着ていても動きやすいです🎵

 

 

 

 

Homespun Work Trousers (DP-819)

Wool Blanket Casquette (DCH-576)

 

パンツもキャスケットもウール素材にすることによって、暖かさ倍増です🌴

 

 

今年の私のブログは、今日が最後になります。

今年も大変お世話になりました🙇

また2022年も宜しくお願い致します🎍

皆さんに会えるのを楽しみにしていまーーーす!

 

 

 

 

 

 

2021師走後半の酒丸。

 

 2021年ももうすぐ終わり。

例年に無く寒い年末で、

このクリスマスはホワイトクリスマスになるところも多いのでは無いでしょうか?

今年最後の私のブログとなりました。

酒丸です。

 

何でも今年は、コロナの影響で全世界的にビジネスが停滞していて…

欲しい時期に欲しいモノが手に入らない人も多いらしいです。

モミの木が手に入らない陽気なアメリカ人が、

仕方ないから家にあるフラミンゴのオモチャで作ったツリー。

フラミンゴがこれだけあれば、

モミの木はいらないなんじゃないかと…(汗)

 

 

 さて。

これだけ寒いので、

メンズの防寒衣料として昔から定評があるピーコートについて、

書いてみようと思います。

 

今年のドライボーンズのピーコートは、

ダブルメルトン素材で2色展開!

 

ダブルメルトンとは、

その名の通りメルトンを二重に貼り合わせているウール生地。

防寒性タップリで撥水性も抜群。

ただでさえ圧縮されているメルトン生地を二重にする事で、

より風が通りにくい。

元々イギリス海軍の制服でも使われていた様に、

冬を代表するオーバーアウター兼、ワークウエアの一種。

手を温められる様に縦に切り込みを入れたマフポケットや、

手袋をした手でも扱いやすい様に大きな前立てボタンを使っています。

今回のドライボーンズでは、

アンカーのレリーフと、

周りに月桂樹が彫られているバージョンを採用。

1930年代くらいまで多く使用されていた雰囲気。

 

ただ、あんまりきっちり作っちゃうと色気がないので…

今回は裏地とパイピングにワインレッドを採用。

脱いだら見えるREDが、男の色気を演出してくれます。

 

冒頭にも書きましたが、今年の冬は例年に無く早く寒くなっています。

外出時にはキッチリ防寒できるアウターを着て、

お出かけしてください(軍物系がオススメです)

 

 

そうそう、お出かけといえば。

コロナウィルスが危険だから外出しない様に、

なんて話もちょろちょろ見聞しますが…

デルタ株と比べて感染力は数倍強いけれども、

毒性は数十分の一になっているらしいオミクロン株。

「オミクロンって、覚えにくい言葉だな~」とか思っていたら…

名前の由来が分かったら俄然わかり易くなりました。

あ、画質が悪くて見辛かったですね(汗)

ギリシャ文字の並びです。

アルファ、ベータ、ガンマ、そして8月に日本でも大流行したデルタ。

そしてなぜだか幾つか吹っ飛ばして、オミクロンになりました。

私も最初は

「尾身会長が苦労してるからオミクロンなのか?

幽霊病床がバレちゃったし…」

とか思っていたんですが…

オミクロンって、

「オー」の小文字でミクロ、という意味なんですね(汗)

ミクロといえば私の連載「ミクロ・コスモス」のミクロですよww

因みにオーの大文字はメガで、オメガ。

そう、メガマウスのメガ。

この写真は今年の夏、うちの地元で見つかったメガマウス。

 

もうコロナの流行は終わるだろうから、

最後の「オメガ」でもよかったんじゃないですかね?

 

 

 そして。

冒頭では「フラミンゴのツリー」をアップしましたが…

実はここでちょいと耳寄りな話を。

毎年年末に某生地屋さんに仕入れに行くんですが…

デッドストックでフラミンゴ柄の輸出用生地が出ました。

大したメーター数は無いんですが、オープンカラーで作る予定。

欲しい方はお早めに。

おそらく2022年4月頃の納期です。

 

また、来年の話をしても鬼が笑わない時期になったと思うんで…

チラ見せ。

来年夏のハワイアン生地。

金魚。

 

小紋柄。

 

コロナ禍もあって相変わらずの少量生産。

早い春をお待ちの皆様、

直営店舗&お取り扱い店様の店頭にて、絶賛予約受付中です。

 

 

では皆さん、メリークリスマス!&良いお年をお迎えくださいまし!

キャスケットまとめ

 

 

こんにちは、営業の上野です!

 

もうすっかり年末ですね。

今年はコロナがすこーし落ち着いたのでクリスマスや忘年会などで町も賑わっているように感じます✨

 

そして、今日はクリスマスイブイブ!

今年は土曜日がクリスマスなのでお出かけされる方が多いでしょうか〜🎄🍗

 

暖かくして楽しいクリスマス&年末を過ごしてくださいね😃

 

 

さて、先日 DCH-578 Homespun Ear Flap Hunting Capが入荷し

今期冬物の帽子は全て入荷しました。(Ear Flap Huntingの詳細はKARINのブログを見てくださいね〜🔍)

 

 

帽子は防寒にはモチロン⛄️ コーディネートのポイントにも欠かせないアイテム

 

その日の洋服に合わせ、ハットにしたり キャスケットにしたり

違う色柄のものをいくつか持っているととっても便利です🎩

 

キャスケット1つにしても色々な色・柄のものがあるので迷ってしまいますよね〜😔

ということで、今時期にピッタリなウールのキャスケットを柄別にご紹介したいと思います。

 

 

まずは迷ったらこれ! シンプルで使い勝手の良いホームスパン

 

ホームスパンの名の通り「家庭で紡がれた」様なざっくりとした温かみのある生地感が魅力。

クラシカルな雰囲気でとっても合わせやすいです。

 

DCH-560 ブラウン・グレーの2色展開。

トラウザースも作成しているのでセットでの着用もできます。

 

DCH-555 すごーく左と似ていますが 柄の細かさ、生地の触り心地が若干違います。

ぜひ店頭で違いを見てみてくださいね😃

 

 

次は人気のネップ

 

DCH-573 黒地にさりげな〜く白・グレーのネップが飛んでいます

 

DCH-575 白黒の糸で織った生地に(パッと見グレーです)ストライプ状にピンク・オレンジのネップが入っています

 

DCH-552 ブラック・ブラウン・ベージュの3色展開。

ピンクやオレンジなど明るいカラーのネップ、トラウザースも作成しているのでセットでの着用もできます。

 

ネップは比較的柄が細かいものが多いので、ガラガラしすぎずコーディネートの邪魔になりません。

 

 

次は秋冬の生地によく見られるヘリンボーン

ヘリンボーンとは、見た目が開いた魚の骨に似ていることから「ニシンの骨(Herring bone)」

と呼ばれてる模様の名称。

 

DCH-572 こちらはスナッピーキャップ。キャスケットに比べ少し大きいデザイン。

サイズが58、60と選べます。赤みが強めのブラウンで滑らかな生地感

 

DCH-577 こちらは少し黄色の強めなブラウン、ザクっとした生地感です。

 

DCH-544 明るめなグレーのお色。

ダークトーンのコーディネートが多くなりがちな今時期に差し色としても⭕️

 

DCH-558 ブラウンのようなグレーのようなムラサキのような?色々なお色が混ざっている珍しいカラー
 

模様が大きいもの、細かいもの様々ですが

どれもザックリとした暖かみのある見た目で秋冬にピッタリです。

 

 

次はストライプ

ワークな雰囲気の漂うストライプ柄

 

DCH-571 こちらはスナッピーキャップ。キャスケットに比べ少し大きいデザイン。

サイズが58、60と選べます。ネイビーに白と黄色のチョークストライプ

 

DCH-574 左と同じ生地の色違い。黒地に白と赤のチョークストライプ。

 

DCH-540 ネイビー地に白のチョークストライプ。細かく規則正しいストライプです。

DCH-541 ネイビー地にランダムに白ストライプが入っています。

同じ色でもストライプの入り方でだいぶ印象がかわります。

 

 

そして最後はポップなボーダー柄


DCH-576 厚手のブランケット生地を使用したキャスケット

グレーに青・赤のボーダーがランダムに入っており(柄の出方に個体差があります。)

グレー部分にはカラフルなネップも飛んでます

 

 

以上です!

他にもコットン生地のキャスケットもありますが今回はウールをメインにご紹介しました🐏

 

お値段も手頃なので、プレゼントにもオススメです🎁

ぜひ、店頭でご覧になってくださいね〜!

 

それではみなさま楽しいクリスマスを〜👋

 

 

アウターの着まわし

こんにちは!大阪店わみです。


今年も残すところあと10日を切っちゃいましたね・・・!
皆様はどんな一年でしたか?

個人的今年のハイライトのひとつは、映画をたくさん見るようになったことです!


画像のものがベストってわけでもないのですが、新旧本当に色々見ましたね!
映画館にもかなり通いましたし(多い時は月に10回行ってました)
DVDでも色々みたので、おそらく1年で100本くらいは見たのではないかと思います。
(内容忘れてるのも多いですが😂
来年こそは日本のヤクザ映画を色々見たいと思ってます。笑

映画好きな方いらっしゃいましたら、是非映画のお話もさせていただきたいです〜🎵


さて本日はアウターの着まわしについて。
冬本番になりアウターが主役の季節になってきましたね!
アウターについては数多く持つものではないので、色々着まわしがきくというのが重要かと思います。

まずはこちら

Chesterfield Coat


size : 36(S),38(M),40(L)


19世紀にチェスターフィールド伯爵が着ていた事が由来とされているコート。
元々はフォーマルなスタイルのコートとして着ていた事から、上品で洗練された雰囲気が漂う一着に仕上がっています。

素材はウール100%のメルトン生地で、着心地がとても柔らかなのが特徴です。

パッと見、とってもクラシックでかっちりとしたこちら。
スーツの上物としてはもちろんですが、
カジュアルダウンしての着こなしもできます!!



デニムオンデニムのスタイルに合わせるとこんなかんじ。
ハットや革靴といった、かっちりとした小物を持ってくることでカジュアルに寄りすぎずまとまりが出ます。



ちなみにコートを脱ぐと雰囲気激変。デニムの王道アメカジ。

また、細身で長めのシルエットなので、エドワードジャケット風な使い方も◎




イメージはこんな感じのテッズファッション。

私はリボンタイに、ハットを合わせて。



(テッズとはちょっと違う感じになっちゃっいましたがwリーゼントしたら完璧ですかね・・・笑)

あっ!足元は先日再入荷のあったこの靴がぴったりでした・・・!😂



シャツは、白シャツではなく、サイコロ柄のウエスタンシャツで遊んでみました🎶



ポケット口、上襟のベルベット切り替えもポイントです。


お次はこちら


color : BLACK,GRAY


size : 36(S),38(M),40(L)




1940年代頃のヴィンテージのディテールをベースに作製したトリプルステッチのカラーが特徴的なハーフコート。

ネップ入りウールの混紡のツイード生地を使用。

表情のあるざっくりとした質感やフロント、袖タブに革のクルミボタン、チェンジポケットがクラシカルな印象を与えます。

裏地はキルティング入り。



重厚感のある見た目とは裏腹に、軽い着心地!


普段のお仕事用のスーツの上にでも羽織っていただけるようなデザインですが、
もちろんカジュアルにも幅広く対応できます。





ボトムスはジーンズ、トップスはシャツにベスト、ワークジャケットと、
重ね着をおもいっきり楽しめるコーディネート。




50s調なアーガイルのニットに、これまたロカビリーなツータックトラウザーズ&細ベルトのコーディネートにさらっと羽織っても。



コートを脱ぐと、こんなスタイル。
私は全くの無意識だったのですがお客様いわく、「ネオロカビリーが流行った時を彷彿させるスタイル」だそうです😂
勉強になります〜!!


他にもまだまだアウターはたくさんあるのですが、
きりがないのでこのへんで💦


各店インスタグラムでも日々いろいろなコーディネートを掲載しています!
同じアイテムでも店舗ごとに合わせ方や雰囲気が全く異なることもあるので、是非全店見くらべて参考にしてみてください⭐️






それでは本日はこのへんで!
また来年お目にかかります!

 

新作!Homespun Ear Flap Hunting Cap

こんばんは!名古屋店KARINです。

先日のお休みは三重県の伊勢と鳥羽へ旅行に行ってきました。

天気も良く、景色も綺麗で良い気分転換になりました。

大好きな牡蠣も堪能😊
ただ、今年は不作の年らしく焼きガキは食べれず凹

生ガキも例年より高騰していました。

さて、今週は今年最後(?)の新作ラッシュでした。

本日のコーディネートには昨日のブログにも紹介があった新作のレザーショルダーバック
(DBG-022  Cow Leather Shoulder Bag)を取り入れてみました。

そして本日ご紹介する

Homespun Ear Flap Hunting Cap(DCH-578)

も装着。

イヤーフラップ付きのハンチング帽は久々の入荷ですね⭐️

生地はざっくりとした粗い目の織りが特徴的なホームスパンの生地です。

Wool100%の温かみのあるチャコール色。

サイズは58㎝と60㎝から選べます。

 

装着するとこんな感じです。

通常時はイヤーフラップがトップにスナップボタンで固定されています。

 

スナップボタンを外す事で耳当てになります。

顎下で留めれば風で飛ぶ心配もなく、冷たい冷気を遮り防寒する事が出来ます。

明日からかなり寒くなるそうです!
皆さん防寒対策をしっかりして体調にはお気をつけ下さい⭐️

       

新作レザーバッグ

 

 

 

 

 

こんばんは、牧野です

 

 

先日のブログで、今年最後の入荷かも?
なんて煽ってましたが、入荷は続きました〜

そんな本日も新作入荷。

 

 

DryBonesとしては珍しい、バッグ、それもレザーバッグです!

 

 

 

DBG-022  Cow Leather Shoulder Bag

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色は、ナチュラル、ブラック。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蓋は、そのまま背中側まで繋ぎ目のない一枚革を使用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たっぷりとオイルを含ませ、しっとりとした3mm厚の柔らかな革質に、深みのある艶やかな肌触り。

 

サイズは、ヨコ40cm  タテ23cm  マチ9cm 。

A4サイズがすんなりと入るサイズですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小ぶりに見えてしっかり入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少しわかりづらいですが、内側にB5サイズが入るくらいのポケットがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは入荷数量が少なく、当然ながらも全てハンドメイドで行っている為、

次回の入荷も間隔が開くかと思いますので、気になる方はお早めにご連絡ください。

 

 

 

 

それではこの辺で。

 

 

 

 

 

New Shoes!

 

こんにちは、名古屋店の梅津です。

 

先日、名古屋駅の地下街にある老舗のカレースタンドに行ってきました。

 

 

昭和51年開業の「タンドゥール」さん。

 

カレーとサラダと飲み物のみ、というシンプルなメニュー構成で、注文してから1分くらいでこのカレーポットが出てきます。

 

ノスタルジックでありながらスパイス感のある独特のカレーで、ファンが多いのも納得なお店でした🍛

 

 

 

さて、Xmasと年末がすぐそこまで迫ってきておりますが、

 

みなさま、「自分へのご褒美」はもう購入されましたでしょうか??

 

 

自分もこのチャンスにベスパのパーツを、、、と企んでおります。

(どなたかスモール用のサドルシートと台座を売りたい方いませんか⁉️)

 

 

 

今日は、そんな「自分へのご褒美」にぴったりのスペシャルなアイテムが本社に到着!

 

との情報を得ましたので、早速ご紹介させて頂きます。

 

・Saddle Oxford(DSHC-029)
color:BLACK、BROWN

size:6 1/2〜9
https://www.dry-bones.com/product/saddle-oxford

 

 

1950年代ヴィンテージのディテールを取り入れたサドルシューズ。

 

暫くの間サイズ欠けしておりましたが、ついに各サイズ入荷してきました。

 

 

といっても、ご時勢柄かなりの少量生産なので、買い逃した方はお早めにご連絡下さい。

 

 

コバが2段になった通称「ダブルコバ」の仕様がフィフティーズらしくて良いですね。

 

 

 

 

・Brothel Creepers“JOE”(DSHC-045)
color:BLACK、WHITE
size:6 1/2〜9

https://www.dry-bones.com/product/brothel-creepers-joe

 

 

DryBonesがオリジナルで作成したラバーソールシューズ。

 

適度に軽い履き心地で、歩きやすいと好評です。

 

こちらもほぼ完売状態でしたが、各サイズ入荷しました。

 

 

トゥにはメダリオン、羽根下からチラリとのぞく真っ赤なライニングも色気があります。

 

 

 

・Engineer Boots(DSHC-041)
color:BLACK

size:6 1/2〜8 1/2

https://www.dry-bones.com/product/engineer-boots

 

 

光沢のある肉厚なカウハイドを使用したエンジニアブーツ。

 

トゥにスチールなしのシャープなシルエット。

 

こちらは特に少量の生産となりますので、気になる方はお近くの直営店にお問い合わせ下さい☎️📩

 

 

シャフトをやや細めに設定しているので、ジーンズをブーツアウトしてもキレイなシルエット。

 

 

靴以外にも色々と入荷してきた様ですが、今日のところは靴のみご紹介させて頂きました。

 

今週の金曜日(12/17)から店頭に並びますので、ぜひ試着しに来て下さいね👞

 

今年も あと2週間!

 

皆様にお会い出来るのを楽しみにしています!

(因みに12/31、1/1は例年通り店休日の予定)

 

 

新作シャンブレーシャツとドレスアイテム

こんにちは!

大阪店わみです。

あーっという間に12月も半ば!
先週水曜日はたまたまお休みだったので、どうしても行きたかったライブへ。
前売りが即完売してしまうという悲劇だったのですが、なんとか当日で入れました!ラッキー😭


毎年恒例のロックンロールエクスプレス(キングブラザーズ、ニートビーツ、50回転ズのスリーマン)
めいいっぱい楽しんできました⭐️


ライブハウスの入り口にも毎年恒例のクリスマスツリーが。
すっかり年末だなぁとしみじみしてしまいますが、
ドライボーンズでは季節問わず使えるアイテムがコンスタントに入荷中💫

年中使えるといっても過言ではないシャンブレーシャツが先週も入荷しました🎵

Irregular Pocket Chambray Work Shirt


SIZE : 36(S),38(M),40(L),42(XL)




左右非対称のポケット、通称「ガチャポケ」仕様のシャンブレーワークシャツ。
今までにも数あるワークシャツをリリースしておりますが、なんといってもこちらは生地感が120点💮
これぞシャンブレーといったざっくり感のある生地です。


フシのある感じや織による自然なムラが味があっていいですね!


マチ付き左ポケット


裾のマチ部分には赤耳付きの生地が。



シンプルに着るのはもちろん



個人的にはワークシャツをドレスアイテムでアレンジするのが大好きです。


スラックスと合わせると、デニムにワークシャツといったスタイルとは違う、かしこまった雰囲気になりますよね!

年末年始のイベントごとは、普段のカジュアルなスタイルから少しドレスアップしてみてはどうでしょうか?

というわけでこちらのコーディネートで使用したドレス用の小物もご紹介させてください🎵

ネクタイ、タイピンはもちろんのこと。
私が密かに溺愛しているアイテムはカラークリップ!



ネクタイの結び目を持ち上げて立体的に見せてくれるアイテムですが、
付けた時に襟元のさりげなくキラッと光る感じがたまりません。

今でさえ使っている方は少ないですが、これを付けていると、おっ!と思ってしまいますね。
本当にちょっとした小さい小物ですが、あるとなしでは雰囲気が大きく変わりますよ◎
ぐっとクラシカルな雰囲気を作ってくれます。

ネクタイは

Seven Fold Neck Tie “LOZENGE”



シルク生地を使用した「ローゼンヂ(ひし形)」柄のネクタイです。
1920年代、アメリカのイタリア系マフィアにも愛された7フォールド・ネクタイ、イタリア語でいうセッテ・ピエゲと呼びます。

 



芯が入っておらず、一枚のシルクの布を贅沢に折り畳んで作っていので、とってもしなやかで結びやすい!
これに慣れてしまうと芯入りのものが結びにくく思えるくらいです。

“OVAL”

 


“PAISLEY”

 


とあり、柄は全てで3種類。


どれも渋めのカラーが絶妙で、カジュアルスタイルにも、お仕事などのスーツスタイルにも万能に使えます。


Rhine Tie Bar




ラインストーンのタイピンも華やか◎
おそろいのカフリンクスもあります。
いぶした真鍮カラーで、ゴールド系、シルバー系のどちらにも合わせやすいところも嬉しいです。



今回ご紹介したドレスアイテムは、サイズを問わないので贈り物としてもおすすめですよ🎁


それでは本日はこのへんで。
また一気に寒くなったので暖かくしてお過ごし下さい!!

2021師走前半の酒丸。

 

 今年もあっという間に師走…(汗)

年々時間経過が速くなっている気がしている、酒丸です。

 

私が住んでいる千葉県最南端の館山市では、

天気が良ければパキッと富士山が見える風光明媚なところ。

ただ、この綺麗な富士山が見える為にはいくつかの条件があって…

空気が綺麗に澄んでいて、雲が無い瞬間が大切。

館山では秋から冬にかけて「大西」と呼ばれる強風が吹きます。

その風と快晴が重なると、これが見られるのです。

雨だと「ほぼ台風」になるんで大変ですが…(汗)

もしこちらに遊びにくる時があったら、気にして見ておいて下さい。

溜息が漏れるくらい、綺麗です。

 

 

そして近況報告。

年末も近いので、

先延ばししてきていたリフォームの続きを細々と進めております。

厄介だったのが、これ。

風呂場の窓の、外枠に付いてるルーバー的な物体。

先にも書いたように、千葉県南は風が強くて有名な地域。

この風が、タチが悪い事に塩分を含んでいるのです(3方向が海)。

なので外に面しているプラスティック製品は、

すぐに塩害で劣化していきます。

特にうちの風呂場の外側は、

空き地に面していたので大西の直撃を数十年間受け続けてきました。

ところがこの夏、その空き地が売れて家が建つ事になり…

非常に見栄えが悪い(汗)

 

なので貼り替えようと思ったんですが…

素材の名前が分からないから検索出来ない(涙)

「窓 外枠 ルーバー」などで検索しても、

出てくるのは自動車の外装パーツばかり。

仕方ないので写メを近所のホームセンターに持っていって見せたら、

一発で判明。

「マドミラン」という名前だそうで。

おそらく、日本人の95%の人は知らないでしょうね…。

しかも、耐久年数は「4~6年」らしく、

ウチみたいに塩害もあるところだと、

2年ごとに変えなきゃいけないようなアイテムらしい。

 

そりゃ~バリバリになるわけだ。

たぶん、もう25年は付けっぱなし。

 

なので、全部割って(塩害でパリパリになってた)、

両面テープ部分には百均で買ったスクレイバーを突っ込んで剥がし、

その後にジッポオイルを垂らして雑巾掛けして接着剤も取り…

新たに新品を貼りました!

ああ、美しい…(自画自賛)。

今年の作業も、これでひと段落。

あとは大掃除を残すのみ。

 

 

さて。

先日、直営店舗に久しぶりに立ちまして…感じた事を書いておきます。

まずはこの写真を。

ジャン。

ドライボーンズの今年の秋冬は、ウールのトラウザーズが大充実!

型違いや色違いも合わせると、おそらく15~18種類近くある様です。

 

定番で長い事作り続けているウールトラウザーズですが、

この様に平置きになっていると、

興味が湧かねばスルーしてしまいがち。

なのでいくつかある形の中からひとつだけ、

クローズアップして紹介してみようと思います。

 

今回ピックアップしたのは、この品番。

DP-819、ホームスパン・ワークトラウザーズ。

ノータックながらゆったりとした渡り幅で、

裾に向かって徐々にテーパードしている定番的なシルエット。

 

素材はホームスパンツイード。

デッドストックで見つけたウール生地なので、この色1色のみの展開。

カーキ色の地に、イエローやオレンジ、グリーンなど綺麗な色糸のネップが飛んでいる

温かみのある色。

 

フロントスタイル。

脇線から斜めに上がるスラッシュポケットの他に、

チノパンの様にコインポケットが付きます。

しかも、両玉縁。

手間が掛かっています。

第一ボタンは刻み柄が入った1920年代調のナットボタン

サスペンダーボタンには力が掛かる為、打ち込みのタックボタンを使用しています。

ラスティな加工がされている1スター&月桂樹の、クラシックなボタン。

 

バックスタイル。

左右対称に付く、ピスポケット。

ここも両玉縁、手が掛かっています。

ベルト部分は敢えてセンター割りに。

こうする事で、ウエスト調整ができる様になっています。

ウエストを後ちょっと出したい、なんて時には、

このセンター割の中に予備分の生地が折り込まれているので、引き出す事が出来ます。

そしてその上から、特徴的なバックストラップ。

1920年代頃までのボトムには、かなりの確率でバックストライプが付いていました。

本来はベルトループがまだ少ない時代なので、

このバックストラップでウエストの調節を行っていたのです。

バックルは、真鍮の無垢素材を折り曲げて作られている当時と同じモノを使用。

ビビるくらい古臭い。

 

ワークトラウザーズという名前のボトムなので、

その名の通りワークウエアとして穿いて欲しいアイテム。

もちろんウールの3つボタンジャケットや、ツイードのアンコンジャケットなどでも良いのですが…

せっかく「ワーク」と付いているので、デニム感覚でのコーディネイトがよろしいかと

(実際、デニムジーンズが登場する前は、冬のワークウエアとはこういったパンツでした)。

 

例えばこの写真。

一番左端の人は、似た感じのトラウザーズ。

ブーツにインしたツイードトラウザーズ、

ガンベルトにバンダナチーフ、ビーバーハットで西部開拓的な感じ。

サスペンダーとガンベルトの両用が、技を使っていてオシャレさん。

 

後ろの人。

やはり似寄り色のウールトラウザーズに、

ブラウンダックのセカンドタイププリーツジャケット。

キャスケットがボトムと似た素材なのも、技あり。

 

ちょっと写真が見つからなかったので、参考になる映画を。

和名は「怒りの葡萄」、本題「THE GRAPES OF WRATH」

1940年に映画化された小説で、

1930年代大恐慌化での貧困農家と資本家を描いた名作です。

この当時の衣装が、実にリアル(当たり前)で、カッコいい。

オーバーオール(=小作人の象徴)にブラックジャケット(パーティー用一張羅)とか、

ツイードトラウザーズにカバーオールとか、普通に出てきます。

カラーで見たい映画のひとつ。

着こなしの参考にして見て下さい(内容はヘビーだけど)。

 

 

さて。

ドライボーンズのウールトラウザーズはワーク系だけではありません。

例えばこれ。

DP-813 ネップツイード素材の、

ハリウッドベルト・2タックトラウザーズ。

1950年代に一世を風靡した、アウトタック。

合わせるジャケットはナッソーやギャバジャンが定番ですが、

太さがあるボトムなので私はデニムジャケット、特にセカンドタイプがオススメです。

着丈の短さや時代背景など、当時の人っぽい感じ。

 

そしてこんなバージョンも。

DP-812 1910’S ジョッキートラウザーズ。

その名の通り1910年代調の、

馬に乗る時に穿いていた様なトラウザーズ。

ハイバックになっている事も特徴的。

ウエスタン調のポケットステッチも入って美しい仕上がり。

こちらは個人的にはレザージャケットと合わせる事で、

素材感のギャップが素敵な逸品。

もちろんコットンのデニムやハンティングジャケットなどとも、

相性が良いです。

 

冒頭にも書きましたが、今年はウールトラウザーズが大充実!

必ずお気に入りになる1本が見つかるはずです。

ぜひ店頭にて、試着してみて下さい。

 

先程の富士山。

夕方の姿はこんなです。

凛々しい!

 

ではまた!

1 2