Henley Neck Shirt 入荷しました!

 

こんにちは! 東京店のtomoです。

 

今日も東京は暖かいです。

先日仕事帰りに、目黒川まで行ってきました。

 

 

 

ライトアップはしていなかったものの、桜はとても綺麗でした。

私は立ち止まらず、写真を1枚撮って帰りました。

 

桜が満開後、あっという間に散っていく様は とても潔く感じませんか?

そう思うのは私だけでしょうか…

私も潔い人生を送れたらいいな〜と思っています🌸

 

 

本日ご紹介する商品は、「L/S Henley Neck Shirt」です!

 

 

しっかりとした素材と作りの、長袖ヘンリーネックシャツが入荷してきました。

 

ヘンリーネックは、クルーネックをベースに、首元に前立てとボタンをあしらったものになります。
ヘンリーネックの「ヘンリー」とは地名で、ここで行われていたレガッタ競技の選手の服からきています。

↑ ベージュ

 

 

 

↑ ブラック

 

ヘンリーネックは、クルーネックほどカジュアル過ぎず、シャツほどきっちりとし過ぎない絶妙な感じがいいですよね!

 

 

ボタンをあけることで、男らしく無骨な雰囲気のも出ると思います。
そして、開けるボタンの数は… あなた次第です!笑

 

 

袖口のリブもしっかりしています。

 

 

 

大阪店のインスタからお写真を拝借!

 

吹田店長のサスペンダーとバンダナに合わせているコーディネートも、

わみちゃんのオーバーオールに合わせているコーディネートも、

どちらもかっこいいし、可愛いですよね😊

 

 

36サイズは、女性の方も もたつかず着ていただけるサイズになっていると思います🎵

 

入ってきたばかりですが、動きが良いので、

気になった方は、各店舗へお問い合わせ、ご来店くださいね!

 

ではまた〜👋

 

2021 New T-Shirt!

 

こんにちは!

 

2日続けての登場、名古屋店の梅津です。

 

福岡店のワカスギ氏からのヘルプを受けまして、本日は代打で登場⚾️

 

 

因みに、先日このブログでもお知らせした様に、福岡店は今月末(3/31)までの営業となっております。

 

福岡店からのお知らせ

 

九州近郊の方はぜひ、最後のチャンスに足を運んでみて下さい。

 

 

 

さて、本日は新作のTシャツ × 6型が入荷!

 

一気にご紹介したいと思います。

 

・Print T-Shirt “SQUARE DANCE” (PT-833)
color:YELLOW、WHITE
size:36、38、40、42

 

・Print T-Shirt “SWAMP RATS” (PT-835)
color:NATURAL、WHITE
size:36、38、40、42

 

・Print T-Shirt “THE REAPER OUT” (PT-834)
color:SAND、WHITE
size:36、38、40、42

 

・Print T-Shirt “tom bats” (PT-832)
color:CHARCOAL、WHITE
size:36、38、40、42

 

・Print T-Shirt “DAY OFF” (PT-828)
color:GREEN、WHITE
size:36、38、40、42

 

 ↑ 因みにこのポイズンボトルをモチーフにした物は、名古屋店のKARINによるデザインです。

 

どうぞご贔屓に🙇

 

・Print T-Shirt “DETROIT BOXING CLUB” (PT-836)
color:CHARCOAL、WHITE
size:36、38、40、42

 

 

折角なので、着こなし例をひとつ。

 

 

170cm 65kgで、38サイズを着用しています。

 

Tシャツ1枚でも、画像の様にハットやバンダナをプラスすると、

 

カジュアルになりすぎずに大人らしく着こなせると思います。

 

 

 

 

最後に、まだ入荷はしていないのですが、

 

今シーズンはボクもTシャツのデザインをさせて頂きました!

 

(調べてみたら、なんと7年振りのリリースとなる自分デザイン。

 

しかもそのTシャツ、当時 お客様としてKARINが購入してくれました🙏)

 

 

どちらもご予約受付中!

 

こちらもぜひご贔屓に🙌

 

宜しくお願い致します〜🙇

雑誌「KAWASAKI MEGURO K3」

 

こんにちは、名古屋店の梅津です。

 

 

ファッションとは全く関係ないのですが、、、

 

先日 いま話題の映画を見に行ってきました。

 

 

内容は相変わらずよく理解できなかったのですが、解説動画とか見まくってなんとなーく分かったつもりでいます。

 

詳しい方いらっしゃいましたら、誰か教えてください🙏

 

 

 

さて、本日は「雑誌掲載」がありましたのでお知らせさせて頂きます!

 

 

昨日 発売の雑誌「KAWASAKI MEGURO K3」。

 

半世紀ぶりに新車発売で話題の“メグロ”のムック本です。

 

 

「STREET BIKERS official site」

http://sutobai.com/category/newarrivals

 

 

その中「DAYS OF 60’s」と題した、MEGURO K3に似合うファッションとしてのジージャン特集に、

 

DryBonesのデニムジャケット×2型が掲載されております。

 

 

 

折角なので少しディテールもご紹介。

 

まずは大きく掲載して頂いているコチラ。

 

・3rd Type Denim Jacket
material:13.5oz DENIM

size:40(その他のサイズはご予約受付中)

 

1960sヴィンテージを元にデザインした、所謂“サードタイプ”のデニムジャケット。

 

ヴィンテージよりも身幅やアームホールをすっきりとさせ、

 

美しいシルエットが出るようにアレンジしています。

 

 

タイトなシルエットですが、動きやすいように肩部分にはアクションプリーツを採用。

 

これによってかなり動きやすくなっています!

 

 

更に! 内側にゴムを配しており、肩のアクションプリーツが開きっぱなしにならず、

 

キレイなバックスタイルを保つように計算されています。

 

(ちょっと文字では伝えづらいのですが、、試着して頂ければ伝わると思いますので是非店頭で!)

 

 

そして、襟はスナップボタンによるボタンダウン仕様。

 

 

バイク乗りの方にも嬉しい仕様のサードに仕上がっております。

 

 

そしてもうひと型。

 

・2nd Type Denim Jacket

material:13.5oz DENIM

size:40、42

 

1950年代に登場した“セカンド”タイプのヴィンテージを元に作成したデニムジャケット。

 

画像は自分の私物なので、ちょっと経年変化で色落ちしてます。

 

 

セカンドタイプはちょうど今朝ウチのお店の「インスタグラム」にスタイリングをアップしたので、

 

その着用画像を参考にしてみて下さい。

 

(ディテールは上の品名に貼ってあるリンク先を参照)

 

「Instagram」

アカウント名:drybones_nagoya

https://www.instagram.com/drybones_nagoya/

(今一番情報が早いのはインスタですので、フォローして頂けると嬉しいです)

 

 

 

雑誌「KAWASAKI MEGURO K3」は既に発売中ですので、

 

見かけたらぜひチェックしてみて下さいね👀

 

 

 

 

そういえば、映画といえばもう1本。

 

 

1週間限定で東映の公式YOUTUBEチャンネルにて配信中(〜3/27)との事で、

 

話題になっていた「BURST CITY」。

 

10代の頃に衝撃を受けた映画だったので、約20年振りに見直してみました。

 

 

冒頭のエヴァ同様、こちらも未だによく理解できないシーンはありましたが、

 

久々に見てもやっぱり最高!!

 

春夏におすすめのパンツ

こんにちは、大阪店わみです。

先日お家のヒヤシンスが満開となりました〜
部屋の中もとっても良い香り!


しかし、みんな倒れてしまうのは何故だったのか(重み?)


これはひどい😂

かわいそうだったので、途中からは切って花だけ別で生けました(笑)

球根を土に植えれば、来年からも花が楽しめるのだそう。
植え替えにもチャレンジしてみます!(土いじりなんて小学生ぶり・・・

さて、かなり暖かくなり、お昼間は長袖シャツ1枚でもいけるくらいの陽気になってきました!

本日はこれからの春夏にむけて一押しのボトムスをご紹介致します。

Linen Two Tack Trousers

color : MUSTARD,BLUE,BROWN,BLACK
size : 30,32,34,36



ベーシックなブラック、ブラウン
絶妙なカラーがコーディネートのアクセントにもってこいな、マスタード、ブルー

リネン100%で通気性◎
ざっくりとしたリネンならではの涼しげな質感。

通年履けるデニムやコットン素材のパンツも勿論良いのですが、
素材でさらっと季節感を演出する、ってお洒落だな〜大人だな〜〜って思います。

ドライボーンズの2タックパンツは、通常のデニムのインチよりやや大きめなサイズ感。
(このパンツだと、32インチで大体ウエスト88cmくらい)

私は今回大きめに32インチを穿いてみました。
普段のドライボーンズのパンツなら常に最小サイズを穿いています(28or30インチ)
実際の自分のウエストから言うとおそらく20cmほど大きいと思います。

この形のパンツは、ゆったりとしたシルエットが特徴なのですが、
大きめサイズを選ぶことで更にワイドなシルエットに!
このくらい大胆でもかっこいいと思います!




このサイズをベルトで締めるとかなりシワが寄ってしまうので、ここはサスペンダー一択で。

個人的にゆったりシルエットのパンツはベルトよりサスペンダーが好みです。
(気づいたらサスペンダー5本も持ってましたが、まだ欲しい配色のもあります笑)

ベルトで合わせるとこんな感じ。


そして、断然細ベルト(Lizard Emboss Belt)が、おすすめ。


在庫状況ですが、カラーとサイズによってはラスト1のものもいくつか。
気になる方は是非お早めに。
お問い合わせもお待ちしております。

全体のスタイリング。





市松柄の鯉口に夏用ハットで、レトロな雰囲気に。
チョコミントな色合いです。

カンカン帽に下駄や雪駄などを合わせると更にコテコテになりそう!
(好きですがね!)

もう一つのおすすめはこちら。

High Back Chambray Work Trousers

size : 30,32,34




コットン100%のシャンブレー生地を使用した、ハイバックのトラウザーズ。
かなり薄手でさらっとした生地!でもコットン100なのでお家で洗濯可能。

明るめのブルーの色も春夏らしくて◎


この後ろ姿がなんといってもかっこいい。
ベルトループも備えてありますが、この後ろ姿を綺麗に見せつけたい(笑)ので、
こちらも私はサスペンダー派!

この形もドライボーンズでは毎シーズン生地違いでリリースされる定番型なのですが、
前の秋冬シーズンにこちらと全く同じ形のウールのトラウザーズを初めて購入。
そしてこのシルエットにハマりました!

(ほどよくゆったり、でも綺麗なシルエット、太すぎずバランスが良いので低身長でも穿きやすい、
そしてやっぱりハイバックのヴィンテージど真ん中!!なディティール!)

なので同じ形の春夏ものも欲しいな・・・と検討中です。
(さっきのツータックも捨て難い・・・)

全体スタイリング。



30年代頃の避暑地のギャング、という裏テーマです(笑)




石がついた、ごっついリングも憧れ!

同じく薄手の春夏向けアウター、First Type Budget Pleats Jacketを羽織ると




こんなカジュアルな雰囲気でも着られます。



こちらはTシャツと。

是非先取りで、春夏におすすめのパンツをチェックしてみてください!
では本日はこのへんで。

Jean Engineering

こんにちは!

 

大阪店トミーです。

 

今日はドライボーンズの定番ジーンズとして展開している、
「Jean Engineering」についてご紹介します。

 

しばらくの間、サイズ欠けしていたモデルもあり、お待ちかねだったお客様には大変お待たせ致しました。

 

size:28inch〜36inch

 

まずは定番のレギュラーストレートのDP-562W。
1950年代に多く見られたボックスシルエットで、服装のスタイルを問わず
幅広いコーディネイトに合わせ易い普遍的人気のある一本です。

 

size:28inch〜36inch

 

お次はタイトストレートタイプのDP-582W。
DP-582Wと比べて細身のすっきりとしたシルエットが特徴で、股上も比較的浅めとなっています。
スタイリッシュな印象なので、台襟シャツにタイドアップし、ジャケットスタイルなどとも好相性の一本です。

 

size:28inch〜34inch

 

シリーズの中で最もゆったりとしたワークテイストの強いDP-532W。
こちらのモデルにのみ、サスペンダーボタンとシンチバックルを採用し、
より古臭く、無骨さのある一本です。

 

上記3品番、使用デニムは13.5ozの赤耳デニムで、全てワンウォッシュ済みとなります。

 

それぞれに異なる魅力があるので、ぜひお好みに合わせてサイズの揃っているうちに
ご試着しにいらしてくださいね。

 

さて、ここからは直営店からお知らせです。

 

ドライボーンズ春の風物詩でもあるビッグイベント。

 

『福引大会ガラガラポン!』

 

今年の開催日時は4/17(土)〜5/9(日)です!

 

ルールのおさらい・・・

 

期間中、¥10,000買い上げ毎に福引きにチャレンジ。
出た玉の色に応じて豪華賞品をプレゼント!

 

さらに、¥30,000お買い上げ毎にダイスゲームにチャレンジ。
3つのサイコロを振って、見事ゾロ目が揃うと更に豪華な賞品が当たります!!

 

どちらのゲームもハズレなし、必ず何かしらが当たるお得な内容となっています。

 

そして、イベントに向けて明日3/20(土)より、お買い物いただいた方には

 

 

お会計額に応じた福引券を先行でプレゼントします。
上記期間中にお持ちいただくと枚数分福引きが出来ます。

 

新作入荷が続いている今、ぜひ狙っていたアイテムと一緒に福引券もゲットしてくださいね。

 

それでは今週末も皆さまのご来店をお待ちしています。

2021弥生の酒丸。

 

 2021年の3月も半ば。

約ひと月半のご無沙汰となりました、酒丸でございます。

 

実はこの間、ワタクシは自分の人生史上一番の大きな変化がありました。

 

2月の半ばに引っ越したのです!

 

30年以上住んだ世田谷区からの引っ越し。

18歳の高卒で都内のデパートに就職してから、早37年という歳月が流れ…

生まれ故郷の千葉県館山市にUターン移住しました。

 

その事についての詳細はワタクシのインスタにて色々とアップしてきましたが…

こちらのブログでもタイミングを見計らって記していこうと思います。

 

 

さて。

 

移住してから毎日が色々と新鮮。

特に…朝が早くなりました。

 

原因は彼。

そう、鶯(うぐいす)。

毎朝、鶯の声で起こされるんです。

「ホー、ホーホーホー…ホケキョッ!」という鳴き声の連発で目が覚めます。

風情がある。

が、この鶯という鳥はなかなか姿を見せない。

でも「うぐいす色」はとっても有名。

ん?

さっきの写真のウグイスとは、かなり色が違いますよね?

むしろこっちに近い。

そう、メジロ。

この鳥は綺麗だし可愛いし、よく見かけるので大好きな鳥。

もしかしたら先人は、

見つけにくいウグイスとメジロを取り違えていたのかもしれないですね。

 

 

 

そんな訳で…今回の弥生の酒丸ブログは「とある鳥」について。

 

私は、ヴィンテージ界の中で憧れの「鳥」がいます。

それはこれ。

コンドル。

別名を「ハゲタカ」とか「ハゲワシ」と言ったりしますが…

実はハゲタカとハゲワシ、コンドルはかなりややこしい関係性。

ハゲワシとは、ヨーロッパやアジア、アフリカに生息するタカ科の屍肉を食べる鳥。

ハゲタカとは、新大陸つまり南北アメリカに生息するタカ科の屍肉を食べる鳥で、

別名コンドル。

つまり、コンドルというハゲタカはアメリカ大陸にしか生息していない。

頭がハゲているのは、屍肉を食べるかららしい。

屍体に頭をツッ込んで食べるので、羽毛が付いていると不衛生になるかららしい。

(更に、高地に住んでいるので無毛な事で強い紫外線の殺菌効果があるらしい)

 

そしてそして。

なぜ「ヴィンテージ界の憧れの存在」なのか?というと…

そう、このシャツの存在があるからなのです!

 

このシャツが掲載されているのは、みんな大好き「My Freedamn! 6」!

 

 

このコンドル柄シャツは、

幻の「Star of Hollywood」ブランドの5柄しかないテキスタイルのひとつ。

タランチュラ、ガラガラヘビ、干し首、マッド、そしてこのコンドルの5柄のみ。

全て毒々しい意匠で、しかもプルオーバーのみ。

もっと言えば…この5柄のうち、コットン素材なのはこのコンドルだけ。

恐らく私見ではスターオブハリウッドの5柄の中でもこのコンドルが、ダントツでレア。

私はもう40年近くヴィンテージ業界に足を突っ込んでますが…

このコンドルは、今までに2回しか見た事がない。

それくらいレア。

 

ヴィンテージファンなら、一生のうち一度くらいは所有してみたい!ですよね?

プルオーバー・オープンカラーシャツ「コンドル」!

しかも長袖バージョン!

本物は半袖しか無いはずなので、長袖はドライボーンズ謹製のみ(今のところ)。

 

色はピンク地と…

オフホワイト地の2色展開。

 

屍肉を貪るコンドルよろしく、頭蓋骨の上に乗ってます。

テキスタイルデザインはオリジナルに忠実に。

 

プルオーバーの為、独特のスリットが入ります。

ここも忠実に再現。

 

背面のテキスタイルは、茫漠とした砂漠。

テキサスやアリゾナ、アルゼンチンやチリを彷彿とさせる雰囲気。

 

そして図に乗って、前開きバージョンも作成。

もう少ししたら、半袖も入荷予定。

お楽しみに。

 

 

 

さて、ここからはいつものコロナ関連。

このブログを書いているのは3/18木曜日。

前日の3/17には、都内のコロナ感染者が久しぶりに409人と一ヶ月ぶりの大台越えらしい。

 

大半の人は不便でうんざりするくらい、行動を抑制してる。

飲食店も20時までの営業なら、ほとんど売上になっていないだろう。

なのに20時以降営業している店にはペナルティ。

戦前の憲兵みたい。

なのに、

補助金は大幅に遅れていて今年に入ってから入金されていない店舗の方が多いらしい。

そしてそう言った負の連鎖は我々アパレルにもじわじわ来ている。

でも前年比50%以上にならなければ補助や助成、給付は一切無し。

箸にも棒にも掛からない。

 

この409人の内訳のうち…

200人規模のクラスターが病院で発生している(正式発表は隠されてる?)

409人のうち約半分は病院でのクラスター。

ここに対して対策しない限り、人数は増え続ける。

飲食店を締めていったりアパレルなどの小売をいじめても、なんの意味もない。

日本の腐敗政治屋や緑の狸都知事、追随する間抜けな隣県知事達…

豆腐の角に頭をぶつけてから、コンドルに喰われろ

 

 

鳥についての追記。

移住したのは自分の実家。

片付けるのが、とにかく大変(現在進行形)。。

 

でもそんな中でも面白いモノが見つかったりする。

スカジャンみたいな柄の大皿を発見!

ウグイスでもメジロでもコンドルでも無く、タカ!!

縁起物が見つかったので、良い事が起こりそう!

 

 

ではまた来月!

新作のアニマル柄シャツ“Tuck in or Tuck out”

こんばんは!

名古屋店KARINです。
暖かくなりましたね。
先日のお休みは久々に1日バイクでゆったりと走って来たのですが、早咲きの桜がもう開花し始めていて春を感じました🌸

先日入荷した

Open Shirt “LEOPARD”(DS-2591)& Open Shirt “ZEBRA”(DS-2590)

今の時期の気候に丁度なレザージャケットにもぴったりなシャツです。

レーヨン100%の生地でサラッとした肌触りが気持ちが良いです。

先日の東京店牧野店長のブログ新作入荷とサイズ選びの件でも紹介されていたのですが、

今日はこちらのシャツで“Tuck in or Tuck out”の着こなしをご紹介します。

Tuck in 

とは、シャツの裾をボトムの中に入れる着方の事で、

逆にシャツを外に出すのが
Tuck out
です。

タックインはハードルが高い!と言われる事があるのですが、全然そんな事はありません。

足長効果も有りますし、太めのパンツと合わせるととても上品に纏まります。

 

まずは、

Gurkha Trousers

(DP-803)

Open Shirt “LEOPARD”

(DS-2591)

を合わせたコーディネイト。

オリーブ色のパンツにクリーム色のレオパード柄でサファリ感強めなコーディネイトになりました。笑

特にGurkha Trousersはストラップの付いたアジャスターベルトが特徴なのでタックインで着こなしを楽しんで頂きたいパンツなのですが、タックアウトで着るとチノパンっぽい雰囲気でも着れます。

どちらの組み合わせもかっこいいので是非試して頂きたいです。

こちらは裾を出して。
デニムとハットでシンプルに。

落ち着いたブラウンカラー。
ヒョウ柄といえばな1着です。

女性には、シルエットが綺麗に見えるタックインの着こなしがオススメです👌
レオパード柄にはブラックの配色が合いますね◎


お次は

 Open Shirt “ZEBRA”DS-2590)



男らしいタックアウト&タックインの着こなし。

どちらもデニムのコーディネイトですが、

裾を入れるか入れないかで印象が変わります。

 


近ずいてよく見てもらうと分かるのですが、ポケットや前の合わせもしっかり柄合わせがしてあるんです!

アニマル柄はハットとの相性も抜群です✨

普段の着こなしに飽きたら是非お試し下さい。

それではまたお会いしましょう!

鯉口シャツ特集

こんにちは!

 

大阪店トミーです。

 

今日は久しぶりに自分の趣味のお話でも少しさせていただこうと思います。
音楽の話題はよくお客様とも店頭でさせていただくのですが、
中でも共通の趣味としても多い楽器やギター関連のお話。

 

多少かじっていた程度なので、詳しいお客様が多く日々勉強になります。

 

きっかけは中学一年生の頃、兄が持っていたカセットテープを聞いた日でした。
(先日入荷したカセットテープ柄シャツを見て思い出しました!)

中身はTHE BLUE HEATS♪(確かSUPER BESTだったと思います)

 

自分はもちろん兄も世代ではないのですが、当時かなりの衝撃を受けたのを未だに覚えています。
そのうち聞いているだけでは物足らず、年頃なのか周りでギターを始める友人も出てきた事から夢中で練習しました。
小遣いをコツコツと貯めて自転車で隣町の楽器屋さんに何度も通った思い出があります。

 

そして高校生の時にSTRAY CATSを聴き、ネオロカにハマるといったコースです。

アルバイトで必死に貯めたお金で当時買ったのがこちら。

 

全く知識もないまま、見た目だけに惚れ込んで入手したGRETSCH 6136SL。
今でも大切に持っています。

上手くもなければ知識も乏しいですが、20年近く変わらず好きな物なので、
またお好きな方は色々と教えてくださいね。

 

先日実家で昔(15年くらい前)の写真が発掘されたので小さく貼っておきますw
ご笑覧くださいw

 

 

さて!そんな事はさておき、本題に参りましょう。

タイトルにある通り、今日は鯉口シャツをピックアップしてご紹介します!

 

ドライボーンズでは長年定期的にリリースしており、根強いファンの方が多いアイテムの一つです。
古くから職人さんの作業着や祭り事などで愛され、ノスタルジックな雰囲気漂うシャツです。

他とは一味違ったシャツをお探しの方は必見です。

 

まずは王道のこちら。

DS-2348 鯉口シャツ”無地”
color:Black,White
size:小(S),中(M),大(L),特大(XL)

 

潔さを感じる黒と白の無地。
鯉口シャツといえば、なカラーリングです。
カンカン帽に麻のスラックス、雪駄なんかを合わせると粋ですね。

リピートしていただく方も多い不動の人気商品です。

 

お次は

DS-2564 鯉口シャツ”CHAMBRAY”
color:Blue
size:小(S),中(M),大(L),特大(XL)

 

爽やかなブルーのシャンブレー素材を使用。
ジャパニーズワークウェアとして相性ぴったりですね。
上記の様な和テイストな着こなしも良いですが、カジュアルにデニムパンツや
チノパンとの組み合わせもおすすめです。

 

シンプルな無地以外にももちろんあります。

 

DS-2545 鯉口シャツ”桜”
color:Red
size:小(S),中(M),大(L),特大(XL)

 

華やかでこれからの季節にうってつけな桜柄や、

 

 

DS-2578 鯉口シャツ”骸骨”
color:生成
size:小(S),中(M),大(L),特大(XL)

 

シルクハットにボウタイを締めたクラシックな骸骨柄など。

 

ドライボーンズらしい遊び心溢れる柄が目を惹きます。

 

 

そして最後に新作!


DS-2592 鯉口シャツ”市松”
color:Gray,Green
size:小(S),中(M),大(L),特大(XL)

 

アメリカンダイナーの床やドラッグレースのフラッグ、はたまた某人気漫画をも連想させる市松模様。
一枚で着ても充分な存在感があります。

 

もっと季節が進むとショートパンツにスニーカーやサンダルでもいいですね!

 

 

いかがでしょうか?
シンプルから個性派までさまざまラインナップしています。

 

 

ぜひ店頭でご覧になってみて下さいね。

それでは本日はこの辺で。

もうすぐホワイトデー🍭

 

こんにちは! 営業の上野です。

 

もうすぐホワイトデーですね🍭

お返しなんていらないよっ!!本当にいらないよっ!! とは言っても

もらったら嬉しいのがホワイトデーですよね笑

 

 

本日は来たる14日!ホワイトデーのお返しに

リーズナブルで男女問わない、そして「おっ オシャレじゃん!」

と思われるようなオススメの小物をご紹介します!

 

 

 

まずはピアス


種類もたくさんあります。

1個づつの販売なので片耳だけでも、左右違うのをつけても可愛いです⭐️🌛

 

 

 

お次はブレスレット

DAS-392 Silver Western Bangle

細めでつけやすく、お手持ちのアクセサリーと合わせて重ね付けなどにも


他にも、細めの革ブレスレット (DBM-110 Shackle Leather Wrist Band

ブラスブレスレッドDAT-354 Brass Bracelet with PlateDAT-353 Brass Bracelet

などお値段はリーズナブルだけど高級感のある高見えアイテムです。

 

 

 


アクセサリーはあんまりなぁ、、 という方にはコンチョバンダナがオススメです。

コンチョはお好きなヒモやゴムを通して、アクセサリーや髪を結ぶのに使ったり

バンダナリングのように使用するのもいいですね!

 

 

バンダナは首に巻いたり、ハンカチに使ったり、何枚持っていても便利です。

 

 

 

お次は靴下

コットン100%で肌触りもよく、しっかりとした厚めの生地感ではき心地抜群!

カラフルでとっても可愛いので女性にも喜ばれそうです🌈

 

サイズはフリーサイズで約24cm~約28cmまで対応

伸縮性がありフィットするので女性でも問題なくはけます!
私も毎日はいています(靴サイズ24㎝👠)

 

毎シーズン新作の靴下を製作し、同じ柄を再生産しないのでコレクターも多い人気アイテムです!

 

 

 


洋服は着方の好みもありサイズ選びが難しいので、プレゼントにはサイズの問わない物がオススメ🍎

お菓子などにプラスしたり、恋人・ご夫婦・お友達とお揃いで買ったり

リーズナブルなお値段でも高見えアイテムがたくさんあるので是非見に来てくださいね。

プレゼント包装もバッチリ可愛くできますよ〜🎁

 

 

ホワイトデーや歓送迎会、卒業や入学、入社など多い季節ですので

ちょっとしたプレゼントにも当店をお役立てください。

 

 

ご相談も遠慮なくスタッフまで😃

それではまた〜

 

新作入荷とサイズ選びの件

 

 

 

 

こんにちは、東京店の牧野です。

 

 

 

待望の新作が入荷!

 

今日はシャツ3型。

 

 

 

まず、レーヨンオープンシャツではアニマル柄。

 

1940年代後期〜1950年代を彷彿とさせる、
ドライボーンズの代表的なロングポイントの襟型。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この時代の大胆なデザインと色使いが、しなやかさなレーヨン生地にプリントされ、
エキゾチックな雰囲気と色気を醸し出します。

 

 

 

 

 

 

早速着てみます。

 

 

 

 

イエロー系

 

 

 

 

 

 

レーヨン素材にプリントすると、コットンよりも淡く

濃淡が柔らかくなり、品良い印象になるかと思います。

 

 

 

「アニマル柄は品良くさらっと羽織る」

これ大事ですね!

 

 

 

 

続いてブラウン系、

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、プリント色のトーンが近いので、

より上品な雰囲気が出てるかと思います。

コーディネートを同系色で合わせると綺麗にまとまりますね。

 

 

 

 

 

 

 

そしてゼブラ柄。

大柄なゼブラのボディパターンは、アメリカン・フィフティーズと言う

時代の力強さを表現するのに相応しい雰囲気で仕上がってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして3点目は酒丸節な柄!

 

カセットテープ!

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはポップに着てもらえたらと思い、

丁度スクーターで作業に来ていた営業の上野が着用!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん、VESPAとの相性抜群!

スクーターの年代的にもカセットテープはタイムリーですね〜

 

 

 

柄の拡大。

 

 

 

 

 




 

 

 

 

 

さて、新作の紹介はここまで。

 

 

最後にサイズ感について。

私は普段、ジャケット、シャツは36 Sサイズ、

ボトムは29、30インチがジャストです。

 

 

 

ですが、レーヨンシャツは38 Mサイズを選んだりする時もあります。

「ドライボーンズのはたまに縮んでるものもあるから」というのは置いといて、、、笑

 

 

「少し余裕をもたせて」着る、みたいな感覚です。

 

特にレーヨンは先述のとおり、しなやかな素材なので

ジャストで着るよりもたっぷりとさせて着た方が

生地からなる光沢感やドレープ感がとても良い雰囲気なのです。

 

 

 

以下の画像は38Mサイズを着用してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにはじめの方で着てたヒョウ柄は36 Sサイズになります。

私の場合、36サイズだとオープンシャツの着丈は丁度良く、

パンツの外に出して着る場合だと36サイズを選びます。

逆にタックインして着る場合だと、上記の「余裕をもたせて着る」事もできます。

 

 

 

 

 

 

 

次はボトムになります。

「シルエットを太くみせた方が格好の良いボトム」というのがあります。

 

 

特にシンチバックとサスペンダーボタンが備わってるトラウザーズは

そう言うシルエットがベストだと思います。

 

 

 

何故ならそのモチーフとしたトラウザーズは、当時作業着として使われていたもの。

動きやすくなくてはならない、そして今のようにサイズが豊富ではなかった為

ユーザーは大は小を兼ねる様な選び方をしていたのかもしれません。

 

 

 

“少し大きめのトラウザーズをサスペンダーで吊る”

 

 

 

これが1920年代〜40年代の文献でよく見かける当時の「ワークスタイル」です。

 

 

 

 

 

そんな着方を見習って、ホームスパンのトラウザーズを32インチで穿く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが30インチだと、こうはいきません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはブラックシャンブレーのハイバックトラウザーズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

 

 

こんな感じになります。

 

 

 

これはそれぞれの体型による個人差があるので、

全ての方に通用する事ではないかもしれませんが、

サイズ選びのヒントとしてお役に立てれば良いかなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

それでは。

1 2