Eyewear特集

こんにちは。

大阪店わみです。

 

近頃、大阪店近くのハンバーグ屋さんへ、週1ペースで通っています(笑)
すっかり顔も覚えられちゃいました😂

 

 

ハンバーグは色んな美味しいお店を知っているつもりですが、、その中でも一番では?!と思うくらいの美味しさ・・・

 

大阪店から歩いて10分以内にある、LOOP HUMBURGさん。気になる方は場所もお教えしますのでドライボーンズでのお買い物の帰りにでも是非行ってみてくださいね😊

 

本日は先日再入荷したアイウェアをご紹介!
コーディネイトのアクセントとして重要なアイウエア。素材は懐かしいセルロイドを使用。

眼鏡の聖地である福井県鯖江市のセルロイド職人の手によって一つ一つ削り出し磨きをかけた逸品です。

セルロイドは取り扱いが難しい反面弾性があり変形しにくい他、独特の光沢、奥行き美しい色柄があり触り心地が良いのが特徴です。

衝撃に強く、腰が強いので、使っているうちに歪んできたり、曲がったりしにくいという長所も。

 

7枚のコマを組み合わせた丁番はヴィンテージのフレームによく見られ、丈夫でネジが緩みにくくスムーズな開閉が可能です。

 

テンプルについてもうんちくが。

 

アセテートフレームの多くは歪みを防ぐため、メガネのツル「テンプル」部分に金属製の芯が入れられていますが、頑丈なセルロイドフレームは、アセテートフレームに比べて歪みの心配が少なく、芯を入れる必要がありません。

このように芯を入れない製法は「ノー芯製法」と呼ばれ、色合いによっては素材本来の美しさを楽しめます。

 

また、こちらのアイウェアのテンプルは5mm厚。ノー芯の性質上4mmだと折れる可能性があるので5mmになっています。
1mm厚くしたことと、角が丸いので耳へのくい込みが感じにくくなり、より良いかけ心地につながっています。

 

細かい点にも是非ご注目下さい!

商品にはハードケースがついております。

 

そして、こちらの形は、バディ・ホリーがかけていたものともよく似ていますね。

 

わたしもかけてみました。

 

重厚感、インパクトともに💮
エッジが効いていてかっこいい形です!

 

こちらはブラウン。

 

全身コーディネートで見た時にも、パッと眼鏡に目がいってしまうくらいの存在感があると思いませんか?
(もちろんいい意味で!)

 

こちらも再入荷。

 

スタンダードなウェリントン形。
かけやすいながらも個性が光ります。

 

他の販売中のアイウェアも全種類かけ比べてみましたのでご紹介。

 

DEF-003  Eyewear (With Hard Case )

 

レトロなボストン型。
古臭い雰囲気がお好きな方におすすめ。

 

YLはラスト1点です。

 

 

アイウェアシリーズの中では一番フレームが細く、スッキリした形だと思います。
ノーズパッドも唯一のチタン製。

 

BLACKもあります。

 

やや細身のウェリントン形。
シンプルでどんなスタイルにも合わせやすそうです。

 

丈夫で長く使える上質で本物志向なアイウェア。
是非店頭で色々かけ比べてみて下さいね!
それでは本日はこのへんで。

エッジの効いたFASHION GOODS

こんばんは!
名古屋店KARINです。

新作が続々と入荷中ですが、本日はアクセントに取り入れて頂きたい小物の紹介をしたいと思います。
小さくても存在感のある小物は時にコーディネートの主役に。

まずは、

ALL SEEING EYE’S RING

こちらはデットストックのドールアイを使用して製作したオリジナルリング。

素材はシルバー925

サイズは17号,19号,21号

数年ぶりの再入荷ですが、もう残り7つとなりましたので欲しい方はお早めにどうぞ。

エキゾチックな存在感抜群です!

次は冬生地のキャスケット

Wool Nep Casquette

カラーネップの風合いがとてもクラシカルでかっこいいです。

色は秋らしい Brown

軽やかで味わい深い色合いのBeige

そして万能なBlack

そして、こちらのキャスケットには共生地の2タックトラウザーズ

も入荷しています!

Color Nep Two Tack Trousers

1950年代のヴィンテージトラウザーズを彷彿させるカラーネップの入ったウール素材のトラウザーズです。

色は同じくBrown、Beige、Blackの三色展開。
size:30, 32, 34, 36

コーディネートのアクセントにも。
パンツと揃えて被れば上級者なお洒落コーディネートに。

是非取り入れてみて下さいね!

それではまたお会いしましょう。

2020長月の酒丸、その2。

 九月。

長月二回目の登場となりました、酒丸です。

このシルバーウィークを越してから、一気に涼しくなりましたね。

過ごし易い。

 

が、台風が増えてくるのが怖いです。

 

特に私達千葉県南生まれにとっては、2019年9月9日の台風はトラウマになってしまっており…。

 

ちょっとその事について、ここで書かせてください。

 

 

 2019年9月初旬。

飲み友達十数人と共に、千葉県館山市の「沖ノ島」という観光スポットに遊びに行った。

私が幼い頃から遊びに行っていた島で、磯遊びが楽しい!

 

近年は温暖化が進んだからなのか、それとも色んな道具が良くなったからからなのか…

熱帯魚がたくさん、見られる!

ルリスズメだったり…

クマノミだったり。

 

そんな磯遊びを満喫した後、私の実家に皆が集まってのBBQ。

後輩からサザエの差し入れがあったりして、スーパー楽しい。

ところが、天気が急変。

BBQが台無しになる程の豪雨になってしまい、途中で切り上げて東京に戻った。

 

 

そして9月8日。

超巨大化した台風15号が、ジワジワと千葉県に近付いてきた。

我々千葉県南に住んでいる人達は、先人から言われていたことがある。

「東京湾を駆け上がる台風には気を付けろ」

 

東京湾を駆け上がる台風になる、という事は …

我々の地元はこの地図で言うと台風の右側になる、という事。

こうなると太平洋の湿った空気を巻き上げながらの北上になるので、物凄い雨風になるのだ。

 

案の定、経験した事が無いほどの雨と風!

 

しかもこの時間帯(夜中の2時前後)、おそらく館山最南端の布良漁港辺りで竜巻が発生。

この竜巻は布良から西岬、館山、南無谷、岩井袋と次々に襲い、各集落を壊滅的にしていった。

 

 

この夜が明けて…

千葉県はこんな状況。

東京湾沿いの集落はことごとく停電。

電柱が折れ、高圧電線が倒れ、電線が切れまくった。

 

数日間の停電は当たり前、中には復旧まで2週間以上かかった地域もあった。

 

私は台風が去って館山道が開通して、すぐに帰省した。

すると…

実家の庭はこんな事になってた。

大き目の植木鉢も倒れ、どこの家の物かもわからない鉄板などの大物が無数に飛んできていた。

近所の家からたくさんの瓦がふっ飛んできて、実家の屋根にも着弾。

何十カ所もトタン屋根に穴が空いてしまった。

この穴から雨水が天井裏に通り、各部屋はシミだらけでビショビショ。

とりあえず屋根に登って防水テープで応急処置。

 

 

市内のパトロールに向かった。

 

実家から徒歩数分のガソリンスタンド。

屋根の支柱が風で折られ、ポンプに直撃。

 

市内の見晴らしの良い場所にある墓地。

墓石がたくさん、倒されていた。

割れちゃっていて、ご先祖様にも申し訳ない。

 

寿司屋。

二階の客間が屋根ごと持っていかれてる。

その後、この場所は更地になっちゃった。

 

そんな現状を見て…

地元の役所勤めの同級生とも話し、

まずは屋根の応急処置に使うブルーシートなどを知り合いから送ってもらう事にした。

 

早速SNSを使って告知。

多くの友人知人から、たくさんのブルーシートを送ってもらった。

その際は、本当にありがとうございました。

 

 

画して千葉県内の多くの住宅は、ブルーシートで覆われた被災地と化した。

その数、実に80,000棟以上。

台風直後は、多くのマスコミが押し寄せて被害を報道。

だからこそブルーシートが集まったという事実もあるだろう。

 

ところがその一カ月後の台風19号で話題は長野や福島に移ってしまい、

千葉県はほとんど報道されなくなってしまった。

報道が無い=もう復興した、ではないのに。

 

80,000棟以上が被災してしまっているのに、

大工さんや瓦屋さんなど修理が出来る専門職の人達は数百軒、

到底足りる訳が無い。

 

次に私は、店で集めた募金を一番有効に使ってくれる団体を見つけ出してどんどん送金していった。

それが房総復興ブースターだ。

募金で集まった現金で千葉県以外からの職人さん達を集め、

交通費と宿泊費を負担して仕事をしてもらうという画期的なシステムだった。

 

この団体は200万円以上の集金をして、約300軒近い修繕を行った。

素晴らしい機動力。

 

その頃、うちの実家にもやっと役所から検分の人が来てくれた。

被害状況をチェックし、補助金へと繋げてもらう大切な行事。

台風被害から約2カ月くらい経った11月初旬だった。

内心「遅い!」とは思っていたけれど…

ウチの実家はこの時点では無人、人が住んでいる家を優先した方が良いに決まってる。

 

ところが…

検分が11月の初旬で、罹災ゴミの受付終了が11月下旬という連絡があった。

おいおい、そりゃ無いだろ!

検分されなきゃ補助金の出方が判らないから部屋の中がカビだらけになっても待っていたのに、

修繕の業者も決められない(圧倒的な不足)ウチにゴミの持ち込みも受けてくれないなんて。

きっとたくさんのブルーシートも行き場を失うだろう、と思っていた。

 

 

年が明けて2020年の正月。

やっと屋根の修理を受けてくれる業者が見つかった。

後輩の会社を通して、板金屋さんを手配出来た。

 

ところが。

1月から始まったコロナ禍で、千葉県内の工事が次々に遅れ出した。

業者が遠方から来られない事態がアチコチで発生、

4月の緊急事態宣言で工事そのものがほぼストップしてしまった。

 

ウチの屋根は…「なんとか4月中には」という話が、5月中になり。

6月中になり、7月中になった。

そして7月の最終週、やっと修理完了!

業者の皆さん、そして後輩の会社、ありがとう!

新品のトタン屋根、嬉しいよ!

 

屋根が新しくなったので、やっと室内の修繕も始められる。

コロナの影響もあってウチの会社もリモートワークが発達させてきたので、

追々は館山に住めるように、自分でリフォームしていこう、と考えた。

 

だからこそ気になった、罹災ゴミの出し方。

調べてみると…なんと今年の11月30日で手数料の減免終了。

あと二カ月しか無い(汗)

自治体は…

80,000棟の罹災だったり、

大工の圧倒的不足だったり、

コロナの影響による人の移動規制だったり…全く考慮してくれない。

 

当然、あの時私が友人・知人から送ってもらったブルーシートについても同じ。

それを思うと胸が痛い。

 

そうしたら…こんな告知が出てきた。

私の予想では…クレームも多かったんだと思う。

本来の平常時ならばブルーシートは建築資材、

ただの家庭用ゴミとは分けなきゃいけないから処理も高額なのだ。

そんな最中、たまたま知り合いの知り合いが、

使い終わったブルーシートでバッグを作ってる!との情報が。

 

これに乗らない手はない、と思い、直接連絡を取って仕入れの交渉。

無事に入荷となった。

まずはランドリーバッグ。

すごく大きい。

口の幅が90センチ近く、深さは50センチ以上。

かなりな量の洗濯物が入ります。

 

そしてこんな風にネームが付いている。

この「SUN&RICE」さんが、このバッグを企画製造販売している団体。

プリントネームには…

「UNTIL ALL THE BLUESHEETS ON OUR ROOFS BECOME BLUE SKY…AGAIN」

簡単に訳すと…

「私達の屋根の全てのブルーシートが、再びブルースカイになるまで」みたいな感じ。

正に私の想いと一致。

 

なので「相乗り」させてもらう事にして、ドライボーンズネームも付けてもらった。

トートバッグもあり。

内側もチェック。

#3000のしっかりしたブルーシートなので、裁断後のロックミシンも不要。

しっかり縫われてます!

 

但し、あくまで屋根の補修で使われていたブルーシート。

ところどころに破れや汚れもあるかもしれません。

それはそれで

「ちょっと転んで擦り傷がついちゃった利かん坊」

くらいに愛おしく思っておいてください。

ランドリーバッグは¥4,500+消費税、

トートバッグは¥2,700+消費税。

SUN&RICEさんより割高にはなりますが、ドライボーンズ直営店舗のみで販売します。

オンラインショップにも並びません(商品の性格上)。

 

 

 

ウチの田舎の80,000棟の家々からブルーシートが無くなり、ブルースカイになります様に。

Denim Western Shirt

こんにちは!東京店のtomoです。

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、

本当に涼しく、日も早く暮れるようになりましたね。

代官山でも彼岸花が咲いていました。

今日ご紹介するのは、私も大好き

「DS-2570  Denim Western Shirt」です!

Size : 36 /38 /40

1950年代頃のヴィンテージを基にデザイン。

フロントヨークやポケットフラップ、カフス部分のパール釦等、細かな部分も忠実に再現しています。

生地はライトオンスのデニム生地を使用。

比較的薄手なので軽やかで柔らかな着心地です。

肩のヨークがウエスタンシャツの特徴ですよね!

普通のデニムシャツにはない切り返しが、カッコよさを演出しているように思います。

ウエスタンシャツのボタンにはスナップボタンを使用しています。

落馬などの事故があった時に片手で引っ張れば

簡単に脱げるように設計されたのが始まりらしいです。

パール素材のスナップがデニムにとても映えています。

着用や洗濯を繰り返す事で色落ちしていき、

ステッチやパール釦との色のコントラストが楽しめ、着る度に違った表情が楽しめると思います。

一枚での着用はもちろん、レイヤード次第でオールシーズン着用できます。

私は、

Type “A-2” Jacket

と合わせてみました!

・Serbia Wool Hat “YORK”

・Cross Stitch 13/4inch Belt

・Color Nep Two Tack Trousers

このウエスタンシャツは、コンパクトなシルエットなので

ボトムの太さや種類を問わず合わせやすく、

春先、秋口から冬と3シーズン着やすいアイテムです。

そして、とても好評なレーヨン素材のこちらのシャツも

サイズも揃って再入荷しました!

・Embroidered Open Shirt “WESTERN”

color : Black / White

size: 36/ 38/ 40 /42

合わせてご検討くださいね😊

皆さんからのお問い合わせ、ご来店をお待ちしています!

1万円お買い上げごとに御参加いただける

GARA-GARA PON(福引大会)も絶賛開催中です〜😊

アウター完売間近

こんにちは。
スタッフの植田です。

 

最近は、朝晩が冷えこむようになり秋らしい気候になりました。
それに合わせたかのように、店内では秋冬の新作が続々入荷しています。
入荷してくる商品の中には既に完売間近の商品が出てきています。

 

本日は、完売間近になっているアウターをご紹介します。

 

まずは、
 

 
DJ-1105 Reversible Quilting Jacket
https://www.dry-bones.com/product/reversible-quilting-jacket
1950年代のスキージャケットを元に製作したリバーシブルタイプのブルゾンです。
こちらは、少量生産になります。
COLOR : TIGER STRIPE/BLACK , TIGER STRIPE/WINE
SIZE : 36(S), 38(M), 40(L), 42(XL)
 

 


 

 

表面はタイガーストライプ生地を使用。
 

 


 
裏面は無地のシャンタン生地を使用。
ダイヤ柄のキルティングも無地ながらエッジが効いていてお洒落です。
 

 

 
タイガーストライプ側のポケットにはチェーンファスナーを使用し
手袋をつけたままでも開閉がしやすくなっています。
 

 
最大の特徴としてはどちらの面でもフードが出せるので(使わない時はボタンで収納)
実用的に使用も出来、ファッションのアクセントとしてもコーディネートを楽む事が出来ます。
 

 
薄手のキルティングなので、冬はコートやジャケットのインナーとしてもご使用出来ます。
また、普段使いにはもちろん、汚れにくく撥水性もある素材なのでアウトドアにも向いています。

 

次に、
 

 
DJ-1087 Solid Car Coat “PHARAOHS”
https://www.dry-bones.com/product/solid-car-coat-pharaohs
映画「アメリカングラフィティー」の劇中に登場したチームカーコートを忠実に再現し作成。
50年代、自分で改造した自動車で夜な夜な街を流したり草レースをする文化があり、
クラブジャケット的要素を持って着られたのが、別名カーコートとも呼ばれるジャケット。
 

 
COLOR : BLACK , CHACOL(完売)
SIZE : 36×ラスト1着 , 42×残り2着
 
ウールツイードの混紡生地を使用し、保温性があり、しっかりとした仕上がりです。
 

 

 
ワッペンのアップです。
まずファラオとは、紀元前からエジプト地域を支配していた王族あり、有名なツタンカーメンは、
頭にコブラが付いています。
このコブラの模様を『PHARAOHS』のフォントに落とし込んでサガラ刺繍のワッペンにして
背中に取り付けたのが、ジョージ・ルーカスチームの衣装担当だったのだ(という設定です)。
デザイナー自ら劇中のシーンを幾度となく見直し、ワッペンの位置など細部にまで研究して出来た逸品です。
 
ぜひ、サイズが合う方は早めの検討をお願いします。
 
今回ご紹介した商品の他にも完売間近の商品がございますので、是非SNSや店頭での
チェックをお願いいたします。
 
こちらのイベントも、連日盛大に盛り上がっております。
 

先日福岡店では、初めてご参加された方がなんと30%OFF金券を引き当てられました。
誰にでもチャンスがありますので、是非チャレンジしてみてください。
 
 
それでは、この辺りで。

Coats & Jackets.

こんにちは、名古屋店の梅津です。

 

なかなか商品のアップが追いついていませんが💦 店頭には日々、秋冬の新作が沢山入荷しております。

 

 

こちらのブログでアップする前に売り切れてしまうアイテムもありますので、

 

ぜひお近くの直営店の店頭、もしくは各店舗のInstagramをチェックしてみて下さい。

 

東京店

@drybones_tokyo

 

名古屋店

@drybones_nagoya

 

大阪店

@drybones_osaka

 

福岡店

@drybones_fukuoka

 

 

それでは本日も、アップしきれていない新作をご紹介していきたいと思います。

 

・Herringbone Jockey Jacket
size:36、38、40

 

ヴィンテージの乗馬ジャケットを基に作成。

 

大きくラウンドした裾のカーブに、狭めのVゾーン。

 

 

柔らかくて、着心地も良いです。

 

・Color Nep Semi-chesterfield Coat
size:36、38、40

 

クラシカルなセミ・チェスターフィールドコート。

冬のスーツスタイルやジャケットスタイルに欠かせないアイテムですね。

 

 

こちらも柔らかい着心地です。

 

 

 

 

 

・Nep Tweed Half Coat

color:GRAY、BLACK
size:36、38、40

1940s頃のヴィンテージを基に作成した、ネップのハーフコート。

 

画像のようにジージャンの上からカジュアルにカーコートっぽくも着れますし。

 

もちろんスーツスタイルのコートにも使えます。

 

 

BLACKもあります。↓

 

 

 

 

・Nep Print Corduroy Casquette
size:FREE

 

ネップがプリントされたコーデュロイ生地のキャスケット。

 

深みと表情のある生地感で、おすすめです。

 

 

こちらは共生地でジャケット、ベストもあります。↓

 

 

 

 

最後に、洋服だけでなく、こんなアイテムも入荷しております。

久々の新作ステッカー。

 

Tシャツでも好評だった6種類のデザインが入荷しております。

 

 

 

 

ONLINE-SHOPに掲載されていない商品でも、各直営店舗にご連絡頂ければ代引き通販が可能です。

(クレジットカードも使用可。)

 

 

気になるアイテムありましたら、

 

「Instagram、またはFacebookのメッセージ」もしくは「お電話」にてご連絡下さい。

 

東京店

03-5458-5688

 

名古屋店

052-242-4298

 

大阪店

06-6531-1298

 

福岡店

092-752-4298

 

 

 

それでは、今週もご来店お待ちしております!

 

平日も福引きガラガラ出来ますよ〜🔔

 

 

明日からガラガラポン開始!

こんにちは!

大阪店トミーです。

 

本日はまずお知らせから。

 

『2020秋の福引大会ガラガラポン!』
いよいよ明日の4連休からスタートです!

 

期間中¥10,000お買い上げ毎に福引きに挑戦していただき、出た玉の色に応じて豪華景品が当たります。

 

さらに¥30,000お買い上げ毎に挑戦できる「ゾロメ・デ・ポン」
三つのダイスを振り、見事ゾロメが揃うと更に豪華景品をGET!

 

毎年楽しみにしていただいているお客様が多く、盛り上がるイベントです。
今回初めての方もぜひ、チャレンジしにいらしてくださいね。

 

あらかじめお渡ししている福引券をお持ちの方は、すでに枚数分のチャレンジが出来ますので、
どしどし持ってきてください!

 

また、残念ながら開催を見送った前回大会(春)の福引券をお持ちの方はその分も今回有効となりますので、
ぜひご持参ください。

 

さて、それでは本日のおすすめアイテムのご紹介です。
先週からご紹介が追いつかないほど多数の新作入荷が続いておりますが、
その中で特にご好評ですでにサイズ欠けしそうな物をピックアップしてみます。

 

まずはこちら。
DJ-1011 Shawl Collar Norfolk Jacket
color:Black,Wine
size:36,38,40

 

1930年代頃のヴィンテージジャケットを基に製作。
当時狩猟の際などに着用されたデザインを再現しています。

 

大振りのショールカラーと、腰のベルトがとてもクラシックな雰囲気ですね。
軽い着心地なので、着こなし次第で長いシーズン愛用出来そうです。

 

タイドアップしてフェルハットやトラウザーズを合わせた紳士的な着こなしはもちろん、
オーバーオールやペインターパンツ、ワークブーツなどと合わせたカジュアルなスタイリングもおすすめです。

 

お次はこちら。
DJ-1097 Crazy Submarine Jacket
size:36,38,40

 

久しぶりのリリースとなるクレイジーパターンアウター!
人気のサブマリンジャケットとしての登場です。

 

全6色のウール素材を使い、釦まで色を変えたこだわりの一着。

 

前後左右でそれぞれ違った印象になる、ドライボーンズらしい遊び心溢れるアイテムです。
パーツ毎に色を変えていますが、隣り合う配色や全体のバランス、またトーンも落ち着いた色を使っているので
コーディネイトし易く、ダークトーンが多くなりがちな季節に重宝しますね。

 

本日ご紹介した2型のアウター。
入荷間も無いですがすでにかなりのスピードで在庫が減ってきています!

 

このブログはもちろん、各店のInstagram等をご覧になって気になられていた方は
ぜひお早めにお近くの直営店までお問い合わせください。

 

・東京店:drybones_tokyo
                  03-5458-5688
・名古屋店:drybones_nagoya
                     052-242-4298
・大阪店:drybones_osaka
                  06-6531-1298
・福岡店:drybones_fukuoka
                  092-752-4298

 

その他にもたくさんの新作ジャケットが入荷しています。
ぜひ4連休はDry Bonesへ!

 

福引大会もお楽しみに♪

 

それでは本日はこの辺で。

2020長月の酒丸。

 九月。

長月となりました。

酒丸です。

 

 

九月の別名は「長月」。

この由来は「夜長月」が長月になったらしいとも、「長雨月」が長月になったとも言われており。

先月と比べて、俄然過ごし易くなってきましたね。

 

 

実はワタクシ、今実家のリフォームを行っていまして…

台所を片付けていたら、こんなモノが出てきました。

アメリカ軍のカラトリーセット。

何故こんなモノが実家にあるんだろう?

(ウチの父は、子供達には内緒でアメリカ軍の兵士だったのか?)

なのでドライボーンズ東京店に並べてみました。

3点セットで¥3,000+消費税。

こんなアイテムもちょこちょこ並べてますので、店頭を覗いてみて下さい。

直営店舗間ならば取り寄せも可能です。

 

 

 

 さて。

そんな秋、夜も長くなっていくこれからの時期に着たくなるアイテムと言えばデニム。

それまでは暑過ぎて、ジージャンの事とかあんまり考えられませんでした…。

もう夕方にはすっかり涼しくなってきたので、俄然羽織り物が活躍する時期。

 

 

 そこで今回はちょっと趣向を変えて…

「羽織り物」の変わり種をご紹介。

カブる羽織り物!

一番有名なアイテムは、これ。

U.S.ARMYのプルオーバービッグポケットデニムシャツ。

第一次世界大戦から太平洋戦争くらいまで使用されていたユーティリティジャケット。

稀にPWと大きく描かれ、戦争捕虜のユニフォームになっている事もあり。

 

そしてこのヴィンテージと同時期に、民間の「BOSS」というブランドで…

こんな襟付きのでニムプルオーバージャケットが作られていたのです。

こんなネーム。

かっこいい。

 

このボスというブランドはロサンジェルスのワークブランドで、創業はなんと1889年。

カリフォルニアのゴールドラッシュ(1849年)で一山当てようと考えたのでしょう。

魁であったLEVI’Sが馬でジーンズをひっぱっているネームならば、

ボスはそれよりもっと強いイメージで「象がひっぱっている」デザイン(笑)

 

なので…

もしこんなボスの「かぶり羽織りモノ」を、

当時のLEVI’Sが意趣返しで生産していたらどうなったのか?

というSF的なでザインで作ってみました。

 

それがこれ、デニム・プルオーバージャケット!

 

リーバイスが手掛けていたら、という設定なので…

当然、力が掛かる前開き部分やポケットはリヴェット留め。

 

プルオーバーというデザイン上、ボタンに意匠を設けた方が雰囲気が出るので…

UNION MADEと刻印された20ミリ幅のボタン。

これも古臭さの演出。

 

 

 

時代は下って1950年代後半~1960年代。

アメリカは東海岸からアイビーブームが流行し始め、多くのブランドがその波に乗ろうとしました。

大きなストア系ブランドも乗っていて…

J.C.PENNEYもこんなホワイトツイルでジージャンを作ってます。

1960年代くらいになってくると、LEVI’Sは既に557の形になってしまうので…

このJ.C.PENNEYの様な、いわゆるセカンド型プリーツジャケットはもう生産していない。

この事が残念なので…

このアイビーブームをちょっと深堀。

 

 この1950年代後期に東海岸で発生したアイビーブームとは、

当時のインテリジェンスな若者達による「懐古復興ブーム」でもあります。

なよっとしたスタイルではなく、昔の質実剛健なスタイルに戻るべし!という流れでした。

その「1950年代後期の若者が唱える、昔の質実剛健なスタイル」とは、

イコール「1920年代頃の、アイビー文化(8大学)華やかなりし懐古趣味的なスタイル」な訳です。

だからこそチノパンにバックストラップをつけてわざと古臭くしてみたり、

労働着として着られていたボタンダウンシャツが復興したりしたのです。

 

ならば、もしLEVI’Sが懐古趣味を復興させたら…

557のサードスタイルではなく、506のファーストに違いない。

というSF的な発想で作ってみたジャケットがこちら!

生成り、というよりほとんど「ブロンド」に近い色味のデニムを使用した、ファースト型ジャケット

 

せっかくの懐古趣味復興なので、Tバックスタイルでバックストラップ付き!(これがないと意味が無い)

 

生地の接写。

写真を見てもらえれば分かる通り、物凄くザラザラした表情のムラ糸デニム

これこそ1920年代復興の様な、生地の風合い。

 

 

更に図に乗って…

生地を変えてセカンドタイプも作ってみる。

ブラックデニムのセカンドタイプジャケット

生成りやインディゴデニムとは違い、グッとクールに見える懐古趣味

 

後ろ姿を見てもらえれば分かる様に、細腹という脇身頃を装備。

徐々に立体裁断化してきたLEVI’Sの歴史も垣間見られる。

 

ネームはレザーではなく生地にプリントされた、実に古臭い懐古趣味的な物を使用。

1930年代のLEVISにも、そんなレアなスタイルが。

今やお宝レベルのヴィンテージ、213。

 

 

 

そんなマニアックな深掘りが多数見受けられるドライボーンズの2020年秋冬コレクション。

明日からこんなイベントを開催します!

2020年、秋のガラガラポン!

豪華景品を取り揃え、今回もハズレなし!

是非お越し下さいまし!

2tone Shirt “IRREGULAR DOT”

 

 

 

こんにちは! 営業の上野です。

 

やっと厳しい暑さも落ち着き🔥

快適に過ごせる気候になってきました🍁

 

Tシャツ➕シャツ1枚くらいが丁度いい今!!

これ1枚でバシッとキマるオススメシャツが入荷しました。

 

 

はい、こちら! ジャジャン!

 

50年代のVINTAGEアイテムの中でもなかなかお目にかかれない幻のシャツを基に作成。

 

キング・オブ・ロックンロール、エルヴィス・プレスリーが

1956年発売のファーストアルバムのジャケット写真で着用したことから

「エルヴィスドット」と呼ばれ、今なお人々を惹きつけてやまないデザイン。

 

今回はそんなエルヴィスドットの中でもスーパーレアな2トーンデザインを基に2型作成しました。

 

まずはこちらオープンシャツ

DS-2568 L/S Print Open Shirt “IRREGULAR DOT”

 

前後のドット柄と袖・襟の黒地が良いバランスです。

ポケットの柄合わせもバッチリ。

 

 

 

お次はプルオーバー


DS-2567 2tone Pullover Shirt “IRREGULAR DOT”

 

プルオーバーは背面はシンプルに黒のみ、胸ポケットの黒い切り替えがポイントになっています。

 

 

 

サラッと1枚で着用しても存在感バッチリ👍

もちろん、ジャケットと合わせて さりげなくチラッと柄を見せても◎


淡めのPINK・MINTカラーがコーディネートの邪魔をせず
様々なアイテムと合わせやすいです。

そして肌触りのよいレーヨン素材でオールシーズン活躍間違いなし!

 

 

ぜひ店頭でご覧になってくださいね。

それではご来店お待ちしております😀

 

 

 

Reversible Quilting Jacket“TIGER STRIPE”

こんばんは。
名古屋店KARINです。
日が落ちるとやっと涼しくなってきましたね。

お店には秋冬物が続々と入荷しています。

本日はそんな中から新作の

Reversible Quilting Jacket

のご紹介をしたいと思います。

こちらは60年代初頭のアウトドアジャケットを基に作成したリバーシブルタイプのブルゾンです。


カジュアルなデザインで

裏は無地なのでコーディネートに取り入れやすく、とても使い勝手が良いです。

色は着用したWINE。


 

そしてBLACKの2色展開。

表地はどちらも TIGER STRIPEです。

無地の面とポケットの仕様も変わっているのにも注目!

迷彩柄面のポケットは全てZIPタイプになっています。

 BLACK色の着用です!

 

 

薄手のキルティングなので、冬はコートやジャケットのインナーとしても使用出来ます。

裏地のダイヤ柄のキルティングも無地ながらエッジが効いていてお洒落ですね。

サイズは36(S),38(M),40(L),42(XL)まで有ります。

そして最大の特徴としてはどちらの面でもフードが出せるので(使わない時はボタンで収納)

実用的に使用も出来て、ファッションのアクセントとしてもコーディネートを楽む事が出来ます。

普段使いにはもちろん。
汚れにくく撥水性もある素材なのでアウトドアにも向いています。

    

そして、そして、お待たせしました!
今週末からついに恒例の福引大会がスタートします。

現在店頭でお買い物して頂いたお客様に福引券を配布中です。

春の福引大会はコロナの影響で中止になりましたが、その時にお配りした福引券も使用可能ですので是非お持ちください!

期間中ももちろん購入金額に合わせてその場で福引きが出来ます!

今回も豪〜華な景品を用意しています

期間は9/19(土)~10/18(日)まで!
11:00~20:00各店舗にて開催しております。

最近では珍しいクラシカルな木製の福引き抽選器を是非回しに来てくださいね🌟

沢山のご参加お待ちしております!

1 2