冬にもおすすめなストール

こんにちは。

大阪店わみです。
最近、餃子作り熱がまたあがってきております・・・(笑)
夜な夜な包んでおります。一度に50個単位で作ってしまうので冷凍庫が餃子でパンパン・・・。
無心になれるところがハマるポイントです(笑)そんでもって食べると美味しい!
あれ?なんか最近ぽっちゃりしてきたな・・・と感じたら、餃子食べ過ぎたんやろうな・・・と思っておいてください😂
さてさて、本日は、冬も活躍するストールをご紹介します。

ペイズリー柄、ダイヤ柄のジャカード織りのストール。

1950年代に実在したヴィンテージを基にドライボーンズがアレンジ、当時の雰囲気を再現しています。

素材には柔らかな肌触りのキュプラを使用。

ペイズリー柄は、GLAY,MUSTARD,RED
ダイヤ柄は、BLUE,BLACK,LAVENDER
光沢感が綺麗で、どの色もそれぞれ色気がありますね。
マフラーのようにアウターの上から巻くのも充分素敵なのですが、
冬は、長袖シャツの襟元にスカーフを仕込むのが、お洒落に見えておすすめです!
ワインカラーのレーヨンシャツの中に、グレーのストールをイン。
デニムジャケットを羽織る定番のコーディネートも、落ち着いた大人の雰囲気になります。
ネイビーのスタッズシャツには、反対色のマスタードを合わせてピリッと。
グリーンのストライプのワークシャツには、レッドのストールを合わせてクリスマスを意識。
ハットのパイピングの色も合わせてみました。
このように、アウターとの間に挟むのも、簡単ですがお洒落です。
マフラーでも使えるテクニックですよ♪
他にも、オールシーズン使えるこちらも人気。
「3H」とは、手紡ぎ(Hand spin)、手染め(Hand dye)、手織り(Hand weave)の意味。
東南アジアに位置するラオスで一枚一枚丁寧に作られています。
生地幅や織り方、糸の太さ、染色等、全てオーダーして製作したオリジナル生地を使用しています。
ハンドメイドならではの不均一で温かみのある優しい生地感が特徴的です。

Argyle Scarf

シンプルで使い勝手の良いスカーフ。 両サイドには1950年代のヴィンテージに見られるアーガイル柄の刺繍を施し、巻いた際のアクセントになっています。

素材には柔らかく肌触りの良いレーヨンブロードを使用。 レーヨン独特の上品な光沢感があり、巻くだけでカジュアルなコーディネイトをワンランクアップさせてくれます。

いかがだったでしょうか?
マフラーと違い、室内でもコーディネートの一部として楽しめるストールは、一枚持っておくと便利ですよ♪
また、性別やサイズを問わないアイテムですので、贈り物にも最適です!
クリスマスプレゼントにも是非。
ラッピングも承っております。
オリジナルのハンカチやバンダナを包装紙代わりに使い、プラスワンのサプライズプレゼントにするのが好評です!
それでは、またお会いしましょう!

Horse Shoe Ring & Bracelet

こんにちは。
福岡店の植田です。
12月に入り、2019年も残り僅かとなりました。1日が過ぎてしまうのがとても早く感じます。
新年に向けて忙しくなる時期ですので、風邪にはくれぐれも気をつけて過してくださいね。
 
本日は、
 

 
ホース(馬)のデザインをあしらったアクセサリーをご紹介致します。

 

まずは、リングの紹介です。
 

 
Left : Horseshoe Ring
https://www.dry-bones.com/product/horseshoe-ring
Right : Brass Horse Shoe Ring
https://www.dry-bones.com/product/brass-horse-shoe-ring
左側はシルバー素材を使用したホースシューリングです。様々なスタイルに取り入れやすい人気の定番アイテムです。
右側はブラス素材を使用したホースシューリングです。磨いて光沢を出したり、敢えて酸化させてくすませたりと
お好みの風合いで身につけていただけます。
SIZE : 15, 17, 19, 21, 23
 

 
指にはもちろん、写真のようにバンダナの留め具として使用することでコーディネートのアクセントにもなります。
 
次に
 

 
ブレスレットのご紹介です。
 

 
Brass Horse Shoe Ring
https://www.dry-bones.com/product/brass-horse-shoe-ring
ブラス(真鍮)素材を使用したブレスレットです。馬具の一種である「ハミ」をモチーフとした遊び心のある1品となっています。燻し加工を施したブラスを使用している為、最初からヴィンテージのような味のある風合いが楽しめます。
 

 
Brass Horse Shoe Bracelet
https://www.dry-bones.com/product/brass-horse-shoe-bracelet
ブラス(真鍮)素材を使用したブレスレットです。ホースシュー(蹄鉄)を型取ったパーツを繋げた遊び心のある1品となっています。

 


 
Brass Horse Shoe Ring と Brass Horse Shoe Braceletを組み合わせてみました。
同じブラス素材で合わせることにより統一感がでます。また、古くからホースシューは幸運のお守り(ラッキーチャーム)として捉えられていますので、組み合わせることでさらに縁起が良くなりそうですね。

 

今回ご紹介した商品の他にも店内には様々なリングやブレスレットなどのアクセサリーを豊富に取り揃えております。
是非店頭でチェックしてみて下さい。

 

それではこの辺りで。Horse Shoe Ring & Bracelet

New arrival shirt!

こんにちは、名古屋店の梅津です。

 

本日は、ドレスライクな新作シャツが入荷しましたのでご紹介させて頂きます。

 

Blue Stripe Barrymore Collar Shirt

size:36、38、40、42

 

 

通称“バリモアカラー”と呼ばれるロングポイントのドレスシャツ。

ブルーのストライプ地にシングルカフスなので、普段使いもしやすいデザイン。

 

マーティン・スコセッシ監督によるマフィア映画「goodfellas」にもその特徴的な襟型を見る事が出来ます。

 

 

 

 

Code Lane Classic Regular Collar Shirt

size:36、38、40

 

 

カフスボタン専用のレギュラーカラーシャツ。

表情のあるコードレーン生地で、カジュアルなスタイリングにも取り入れやすく、普段使いにもおすすめです。

カフスボタンをお持ちの方、持ってないけどしてみたい方、いかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

Blue Stripe Bosom Shirt
size:36、38、40、42

 

ブザム部分を切り返したレギュラーカラーシャツ。

 

ブルーのストライプ地で、ワークスタイルにも合わせやすいデザインになっています。

 

裾脇にはクラシカルな五角形のピース付き。

 

Red Stripe Band Collar Shirt
size:36、38、40

 

クラシカルな雰囲気のバンドカラーシャツ。

 

フラップ付きの角張ったポケット、襟にはチンストラップ付きで上品なワークスタイルにぴったり。

 

サスペンダーが良く合います。

 

 

 

他にも新作たくさん入荷しておりますので、ぜひ店頭にチェックしに来て下さいね!

名古屋店忘年会 & Sparkle Eyes Skull Ring

こんばんは!名古屋店KARINです。

ついに12月に突入!忘年会シーズン到来ですね〜。

先日名古屋店も武内社長と梅津店長と忘年会でした🍻

 

今回の忘年会はDryBones名古屋店の近くの名古屋コーチンのお店に行って来ました。

 

名古屋名物に舌鼓を打ち、お酒を飲みながらデザイナーでもある社長から直々にこれから入荷する商品の詳しい話しを聞いたりと、とても貴重な時間でした。

 

店頭ではお客様にもそういった今後リリースされる商品の詳細やサンプルの写真をお見せできますので、是非店頭スタッフにお尋ね下さい。

 

 

そんな席で、偶然にも3人の指輪がお揃いだったので記念にパチリ📷✨

 

 

 

チーム感強めです! 笑

 

 

 

 

 

ということで、本日はそんな3人がはめていた

Sparkle Eyes Skull Ring

をご紹介。

 

 

個人的にもお気に入りでほぼ毎日付けているリングです。

1930年代頃から存在したヴィンテージの世界でも大変希少で人気の高いスカル&ボーンズ モチーフのリングを再現して製作。

 

Sparkle Eyes Skull Ring SILVER

 

 

目玉部分に埋め込まれたジルコニアの輝きがが何とも妖艶なリングです。

 

ぐるっと1周装飾が施され、どの角度から見ても抜かりが有りません。

 

 

 

 

こちらは素材違いの、

 

Sparkle Eyes Skull Ring BRASS

ブラス素材には緑色のジルコニアが妖しく輝きます。

 

サイズも#15, #17, #19, #21, #23
と幅広く、この時期はクリスマスプレゼントとしてもおすすめです。

私も#15のサイズを人差し指にはめているので、男女お揃いにしたり、かっこいいデザインが好きな女性の方にも良いと思います。

 

 

 

 

 

そして、先日入荷したばかりの

2 Face Mystery Ring

1950’sを代表するアイコンであり、現在でも根強い人気を誇る 「TWO FACE」をモチーフにしたリング。


フェイスの部分がクルっと回転し、1つのリングで2つの”顔”を楽しめるギミックになっています。

 

こちらも入荷してからかなり人気です!

 

 

 

この他のアクセサリーも、他のお店には売っていない個性的なデザインの物が沢山揃っていますので、是非一度見に来て下さいね♪

それではまたお会いしましょう!

スーツと小道具を愉しむ。

 

 

 

待望の新作スーツが出来上がりました。

 

 

 

型はダブルブレストに襟がピークドラペルのジャケット、

トラウザーズはツータックのインタックの仕様、そしてハイバック。

 

 

DJ-1075   W Breast English Drape Suit 

になります。

 

 

 

 

 

 

 

色はチャコールグレーになり、

近くで見ると同系色でストライプが入ります。

 

 

特筆すべきは、ジャケットのウエストが絞られるのに対し、トラウザーズはず太いシルエット。

1930年代から40年代にかけて盛んに作られたスーツは

優雅で男らしい体型を誇張させたシルエットが特徴になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じになります。

 

ベストを脱いで、ブレイシーズのみでトラウザーズを吊っている画像も
撮ればよかったと今になって後悔してます…。

 

このトラウザーズのシルエットが上画像からも判る様に、

横から見たシルエットが、たっぷりとしたドレープ感が出て素晴らしいんです。

これは英国仕立てでよく見られるタックが内側を向く「インタック」ならではのシルエット。

 

 

 

 

 

 

 

 

正面から見るとタックが立つような形になる為、

先程とは異なる印象になるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

 


 

 

バックスタイルもスッキリとした印象。

こちらもベストを脱いで、ハイバック仕様のトラウザーズをお見せしたかった…。

 

 

なお、こちらは今週末には各直営店に並びます。(東京店は入荷済み)

オンラインへの掲載はもうしばらくお待ちください。

 

 

 

 

さて、こういったスーツに合わせて用いる、ネクタイやタイバー、カラークリップ、カフスなどの

「小道具」にも気を使ってみるのも楽しいです。

 

 

 

 

 

こちらは

 

Piercing Tie Bar “SWORD”

 

 

剣の形をしたタイバーになります。

 

普通のタイバー同様、シャツのフロントボタンの間に固定してネクタイを抑えるのですが、

 

 

 

 

 

 

 

こちらは真ん中から挟み込み、少しネクタイ生地を浮かせて使うと

生地に刺さった様なギミックが楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは当時の広告。

 

 

 

 

 

 

良い時代ですね。

 

 

 

 

 

さて、次はカラークリップ。

 

その名の通り、両襟に棒状のものをはめ込み、

ネクタイを起き上がらせる道具です。

 

 

 

Collar Clip

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこのシャツは

 

Dobby Barrymore Collar Shirt

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見、ドレスシャツとしてスーツにしか合わない様にも見えますが、

 

以外にもカジュアルスタイルにも落とし込めます。

 

最近、こういったドレスシャツのような襟型のデザインも

Dry Bones ではデイリーに着れるシャツとして、

生地の素材や風合いを変えて提案しています。

 

今までブロード(平織り)の純白と黒のみの展開だったのが、

織り柄が入ったものや、シャンブレーだったりとバリエーションが増えてきました。

僕は最近、カバーオールやデニムジャケットに合わせたりもしています。

 

 

 

こちらはカバーオールにバリモアカラーシャツ。

 

つげで出来た般若のカフス(東京店のみ販売)がよく合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

また、ワークシャツにネクタイを締めるたりするのも

コーディネイトの幅が広がり、新たな発見ができるのも楽しみの一つとなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは店頭でお会いしましょう。

 

牧野 

 

 

 

温度調節に役立つベスト。

福岡店のワカスギです。
今年は全国的に暖冬傾向があり、冬服の着方も例年と違うように思います。
しかし、ここ数日は一気に気温も下がり綿入りのジャケットを持ち出すが、昼間は意外と温かかったり。。。
真冬なのにどのくらい着込んで出かけたらよいのか迷ってしまいますね。
今後もこういった気温差が予測できますので、自分はインナーで温度調節するのが一番の対策だと考えます。
 
本日はその温度調節ができるインナーをご紹介したいと思います。
 
 
 

50s系アウターを代表するカーコート。
シャツやスウェットの上にざっくりと羽織るイメージですが、
ジャケットを脱ぐと寒いのでベストがあると重宝します。
また見た目の印象もグッとお洒落感がでますね。

□Wool Fedora Hat
https://www.dry-bones.com/product/wool-fedora-hat-2
□Windowpane Check Open Shirt
https://www.dry-bones.com/product/windowpane-check-open-shirt-2
□Corduroy Work Vest
https://www.dry-bones.com/product/corduroy-work-vest
□Tweed Pharaoh Jacket
https://www.dry-bones.com/product/tweed-pharaoh-jacket-3

 
 
 
 

男らしいワーク系のヴィンテージスタイル。
メルトンスポーツジャケットにはシャンブレー素材のシャツが好相性。
取り入れるならワーク系のベストでウール素材のモノが冬場は重宝する。
薄らと入ったオンブレチェックがコーディネイトのアクセントに。

□Beaver Hat “CHESAPEAKE”
https://www.dry-bones.com/product/beaver-hat-chesapeake-2
□Check Vest
https://www.dry-bones.com/product/check-vest
□Heather Chambray Work Shirt
https://www.dry-bones.com/product/heather-chambray-work-shirt
□Melton Sport Jacket
https://www.dry-bones.com/product/melton-sport-jacket
 
 
 
 

タンカースを取り入れた王道のアメカジスタイル。
起毛された暖かいネルシャツには、相性の良いデニム素材のベストを。
デニム素材のベストは通年使えるアイテムですので、活躍すること間違いなし。

□Corduroy Casquette
https://www.dry-bones.com/product/corduroy-casquette
□Flannel Ombre Check Open Shirt
https://www.dry-bones.com/product/flannel-ombre-check-open-shirt
□Denim Work Vest
https://www.dry-bones.com/product/denim-work-vest-2
□Tankers Jacket
https://www.dry-bones.com/product/tankers-jacket
 
 
 
 

ミリタリーアイテムを取り入れたアメカジスタイル。
ウール素材のタイプ”A-2″ジャケットは裏地がキュプラ素材の為、冬場は保温性のあるインナーが必須。
ライナーにボアを配置したベストは保温性が高く、薄手のシャツでも十分に温かい。

10oz Denim Work Cap
https://www.dry-bones.com/product/10oz-denim-work-cap
B.D. Work Chambray Shirt “OWEN”
https://www.dry-bones.com/product/b-d-work-chambray-shirt-owen-2
Boa-liner Vest
https://www.dry-bones.com/product/boa-liner-vest
Type “A-2” Jacket
https://www.dry-bones.com/product/type-a-2-jacket

 
 
 
 
暑くなったらジャケットを脱ぐ、またはベストを脱いでその時の気温に合わせて調節するといった感じ。
この様に温度調節にはベストが重宝するんです。
他にも数多くのベストをラインナップしておりますので、是非店頭でチェックして下さいね!

Tweed Pharaoh Jacket

こんにちは!

大阪店トミーです。

 

寒い日が続いていますね!

 

いよいよ今年も残すところ一ヶ月を切りました。
皆さま風邪などひかず、元気に年末年始をお迎えくださいね♪

 

さて、今日はそんな寒い時期におすすめのアウターをご紹介します。

 

こちら!
color:BLACK,BROWN,OLIVE
size:36,38,40

 

ドライボーンズの冬アウターといえばこちらを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

 

毎年人気のファラオジャケット(カーコート)です。

 

今年はブラック、ブラウン、オリーブの3色を展開しています。

 

1950年代、若者の間で生まれたhot rod文化に取り入れられたカーコート。
それぞれのチーム名などを刺繍やパッチで飾り、カスタムカーを駆る、、、。

 

想像しただけでかっこいい文化ですね♪

 

そしてファラオジャケットと呼ばれる所以でもある『American Graffiti』
ブログを書いていてまた久しぶりに観たくなりました。

 

素材はウールツイード。
ざっくりとした生地感で見た目にも温かみがあり、古臭い印象に仕上がっています。

 

襟と袖口にはホワイトとレッドがアクセントになったリブを配置。
シンプルながら存在感があります。

 

もちろん裏地はキルティング加工しており防寒性をアップ。

 

当時の不良らしく、オープンカラーシャツにジーンズで合わせるのはもちろん、

 

スウェットシャツを合わせたカジュアルな組み合わせや、

 

ワークベストなどとも相性が良いです。

 

また、別売りのシニールやパッチでカスタムしてみるのも良いですね!

 

ご好評につきサイズ、カラーによっては残りわずかとなっていますので、
気になる方はお早めにお近くの直営店、またはオンラインショップでチェックしてくださいね。

 

それでは本日はこの辺で。