「古きを訪ねて新しきを作り、次世代に繋ぐ」その7。

約1ヶ月ぶりのご無沙汰、酒丸でございます。

この1ヶ月で季節は徐々に春に。

会社の入り口に植えてある枝垂れ梅が、

次々に咲いて素晴らしい香りと景観。

もう立春も過ぎたので、春はすぐそこに。

 

 さて、今日はそんな「春の装い」にふさわしいシャツを幾つかご紹介してみましょう。

今日のブログも長いですが、

最後の方に重要なお知らせもあるので最後までしっかり読んでくださいまし。

 

ドライボーンズではこのところ、

定番的に作っているシャンブレーワークシャツ。

といっても1950年代以降のありきたりな形ではなく、

よりマニアックな形に昇華させています。

それがこれ。

イレギュラーポケット シャンブレーワークシャツ。

その名の通りポケットがイレギュラーな形状をしています。

もうちょっと詳しく見てみましょう。

例えば襟近辺の画像。

台襟部分が豪快に伸びてチンストラップとなっています。

これは防寒対策といより、防塵対策。

1940年代くらいまでのワークシャツは、

このチンストラップが付いているワークシャツがけっこうあります。

これは屋外作業をする人前提で作られており、

特に農園で働く人達には重要なパーツでした。

特に西部で砂埃がヒドいエリアも多かったらしく、

第一ボタンまできっちり止めて砂や埃を防いでいたんですね。

また、肌に直接触れる台襟裏には、

このようにスレーキという別布を使うことも多かったのです。

これはまだシャンブレーの打ち込みが甘く、

すぐに擦り切れてしまわないように強い生地が使われていたようです。

チンストラップといえば、

この「チンストラップ付きカバーオール」も、

大きめのチンストラップが付きます。

このカバーオールに付くチンストラップもメインの効能は防塵用。

ただしこのカバーオールは一応レイルローダー(鉄道従業員)用としてデザインしました。

つまり「石炭の防塵」を目的にしていたりするのです。

こういった違い、意外と面白いのです。

さて、名前の由来となったイレギュラーポケットとは…

この写真を見ればわかるように、

胸のポケットが「左右非対称」になっていることを指しています。

ヴィンテージ業界でいうところの「ガチャポケ(ガチャガチャに付いてるポケット)」という意味。

右胸のポケットはペンポケットを兼ねて作っているので、

中央寄りに別体のペンポケットが付きます。

また21世紀の現代でも着易いようにスマホが入れやすく、

落ちにくい大きさにしてみました(スマホを心臓の近くに持ってくると良くないという都市伝説もあるので、敢えて右胸側にしてみた)。

左胸のポケットは三角屋根が特徴的な、通称山型ポケット。

これはヴィンテージでもあまり見かけないレアなパーツで、

ちゃんとマチが付いています。

当時は懐中時計やタバコを入れるポケットして機能していました。

1950年代以降は大量生産体制になってしまったため、

左右対称のポケットにすることで能率を上げて、

コストを下げたのでしょう。

こういった「ガチャポケ」は、

まだ手作り感が残っていた頃の「職業に対応したモノ作り」を証明する貴重な遺産と言えますね。

先日たまたま、こんな写真を発見。

ガチャポケのワークシャツを着るジェームス・ディーン。

山型ポケットでこそ無いものの、見事に非対称型のポケット。

農場で育ったジミーならではの、貴重なショット。

更にドライボーンズでは、

このガチャポケワークシャツにバリエーションを持たせてみました。

戦前の香りが漂う、クラシックな2色のストライプワークシャツ

綺麗なサックスブルーと、オフホワイトの2色です。

このシャツの重要なポイントはココ。

脇線最下部のスリット部分には補強用のピースというパーツが付きます。

このピースには赤耳、つまりセルビッチを使用

つまり「古い力織機で織られた生地」を使用しているのです!

う〜ん、なんて贅沢なワークウェア…。

そして、

これは前立てプラケットの最下部。

今のシャツから比べると非常に面倒な作りをしていますが、

当時はシャツをボトムに入れて着る事が当たり前だったので、

最下部には装飾が少ない方が着易かったに違いありません。

今は裾を出して着る人も多いのですが、

逆にこの部分がアクセントとなって人の目を惹きつけます。

更にボタンは金属製の非常にクラシックなボタンを採用

3本ラインと星がプレスされ、

その上からラッカーを錆止めとして塗っています。

何度も何度も洗濯していくと、

このラッカーが良い感じに経年変化していきます。

ぜひ着込んで楽しんでください。

 

この2型以外にも、春に向けてたくさんのワークシャツを取り揃えております!

例えば薄手のデニムでガチャポケだったり、

杢シャンブレーでボタンダウンカラーだったり。

2トーンでガチャポケだったり、

 

2色のウォバッシュでラウンドカラーだったり。

1920年代のスポーツシャツと呼ばれるオープンカラーのシャンブレーだったり、

ネイビーの杢シャンブレーでショールカラーだったり。

他にも新作が次々に入荷してきております。

このブログを見ている女性の方も多いと思うので書き添えておきますが…

「ワークシャツをバレンタインデーにチョコと一緒にもらう」なんて、

男として仕事を頑張りたくなっちゃいますよね〜(というコマーシャル)。

 

あ、ちなみに私は…

この「morinagaガトーショコラ」が大好きです(去年も書いたな)

 

さて。

ここからが冒頭に書いた「重要なお知らせ」。

年末に入荷して大人気となった、

ドット柄バンダナクロス柄バンダナ

どちらも猛スピードで売れており完売間近となりましたが、

今まではネイビーの1色しかありませんでした。

ところがやっと!

どちらの柄もレッドが登場します!

速ければ今週末には入荷予定(予定は未定)!

ご予約承っております!!

ではまた!

 

本日のおすすめ!

こんにちは!

大阪店トミーです。

 

まずは今週直営店に入荷するアイテムをご紹介します。

 

こちら!
(写真上から)
DS-2334 Tattersall Check Open Shirt ¥13,800+TAX
DS-2332 Stripe B.D. Work Shirt “OWEN” ¥13,800+TAX
DS-2333 Round Collar Stripe Work Shirt ¥13,800+TAX

 

春らしい色使いのシャツが届きました♪
トリコロールカラーが華やかなチェック柄(オープンカラー)とストライプ柄(ラウンドカラー)はコーディネイトのアクセントにもぴったりです。
ブルーとホワイトの配色が爽やかな印象のワークシャツは合わせるアイテムによってカジュアルにもスタイリッシュにも着こなせますね!

 

もちろん着こなし次第で年間を通してお使いいただけます。

 

また全店に入荷次第、コーディネイト等でご紹介させていただきますね!
※東京店には入荷済み、福岡店には明日2/9(木)、大阪店と名古屋店には明後日2/10(金)入荷予定です。

 

 

この様に直営店にはすでに春物入荷が始まっており、ご来店いただくお客様も春物を気にされる方を多くお見かけする様になりました。
少量生産や多数のご予約により、中には早期完売が予想される物もあるので、気になるアイテムはお早めのチェックがおすすめです!

 

 

それでは、本日のおすすめコーディネイトのご紹介です。
春におすすめのアイテムを使いましたので、春物のお買い物のご参考になればと思います。

 

大阪店スタッフ 吹田(身長180cm,体重63kg)

 

オリジナルのレーヨンギャバジャン地を使用したスポーツジャケットをメインにコーディネイトしました。
シンプルながら見返しや胸ポケットのプリーツ部分をホワイトで切り替えた2トーン仕様が目を惹きます。
インナーに柄物シャツやハワイアンシャツを着ても良いですね♪

 

50’sテイストなアイテムですが、オーバーオールやワークトラウザーズ等とも好相性なのでぜひお試しください。

 

★着用アイテム★
ジャケット(着用サイズ38)
シャツ(着用サイズ38)

 

大阪店スタッフ 吹田(身長180cm,体重63kg)

 

やはりホワイトを取り入れるとグッと春らしくなりますね。
全体をブルーとホワイトでまとめ、キャスケットとブーツはブラウンを使って落ち着いた雰囲気にしてみました。
ジャケットは薄手なので、冬にはシャツ感覚でインナー使い、夏場の冷房対策など使えるシーズンが長く重宝すること間違い無しです!

 

★着用アイテム★
ジャケット(着用サイズ38)
シャツ(着用サイズ38)
ベスト(着用サイズ38)
パンツ(着用サイズ30)

 

 

 

「今年の春は何を着ようかな〜」と、季節の変わり目は特にコーディネイトを考えるのが楽しくなりますね♪
ぜひ、季節を先取りしたお洒落をお楽しみ下さい!

 

それでは本日はこの辺で。

Gentsの身だしなみ

 

こんにちは、牧野です。

 

本題の前に少しだけお話します。

 

昨日すどんも書いておりました、東京店20周年記念の振る舞い酒、

自分も参加してきました。

たくさんのお客様に支えられてのこの20周年、
あの場に来られた方はもちろん、来れなかった方のお顔も思い出し、
感謝感謝と深く思うばかりでした。

話は少し変わりますが、実は私、牧野、

この東京店のオープニングスタッフとして入社したのです。

その間、東京店には10年ちょっと、その後はその実績を生かしつつ

本社で営業や企画等を担当させてもらっております。

そして昨年よりまた直営店の方へ少しずつですが復帰をしております。

 

なので私もドライボーンズで20年、、、!!!

早いっす笑

今後、お店でまた見かけることも多くなってくると思いますが

その時は是非またよろしくお願いします。

 

代官山の街は変わっても、ドライボーンズは変わらず鎮座しております。

 

 

 

 

さて、掲題の「紳士の身だしなみ」といえばこちら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DZJ-041  Marble Comb /1,800+tax

コームです。

みなさんお待たせしました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

持ち手の所にプリントされるブランドロゴの上には

ブランド理念である、
「古きを訪ねて新しきを作り、次世代に繋ぐ」と印字されます。

 

是非、ポマードと一緒にどうぞ!

また、バレンタインではポマードとセットにしたらGents 諸君は喜びますよ!

 

 
それではよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

ラッピングアイデア

こんにちは!ANNAです!
2月と言えば・・・バレンタインデー!
というわけで本日はバレンタインにちなんでラッピング特集!

もちろんバレンタイン以外にも使えるアイデアですよ♪
ブログ読者の男性の皆様は、奥様や恋人にこのブログを見せて、さりげな〜くアピールしておきましょう!

 


ラッピングその1  〜バンダナ編〜

左奥から
Bandanna COW BOYBandanna“CROSS”

Bandanna“DOT”

こちらはドライボーンズでは定番のラッピング方法なのですが、
包装用紙の代わりにバンダナで包んでしまうという物!
プレゼントの包みが実はプレゼントという逆の発想!
バンダナは男女問わず使えるのでプレゼントにはピッタリですよ〜!

 

 

 

ラッピングその2  〜ボウタイ編〜


Bow Tie Small Pattern
一見普通のプレゼントに見えますが、箱に巻いてあるリボンが実は”ボウタイ(蝶ネクタイ)”なのです。
くるっと巻いてボウタイに付属の金具フックを留めるだけなのでとっても簡単。
ドライボーンズのボウタイは全てシルク!00%なので、高級感のあるラッピングになりますよ。

 

 

 

ラッピングその3〜ソックス編〜


Snowflake Jacquard Socks

Border Socks

これは靴下自体のラッピング方法なのですが、見て下さい!ハート型!
試行錯誤して完成した時には、天才かと思いました・・・
バレンタインは甘い物が苦手な彼にこんなプレゼントはいかがでしょうか?
この可愛いラッピングは、女性がもらっても嬉しいと思うので、来月やってくるホワイトデーに使うのもおススメです!

 
 

今年のバレンタインデーは私も出勤日になっているので、
来てくれるお客様にチョコレートを用意しておこうかな。
・・・チロルチョコでも許して下さいね(笑)
もちろんチョコレートの差し入れもどしどしお待ちしております!
それではまた〜!

雑誌掲載&本日のオススメ

こんにちは!

大阪店トミーです。

 

今日はまず雑誌掲載をお知らせ致します。
『Lightning 17年3月号』
東京のショップ紹介ページに掲載していただきました♪
現在東京店で開催中のヴィンテージレザージャケットフェアについても記載されています。
酒丸所有のヴィンテージアイテムの数々はONLINE SHOPでもチェック、ご購入が可能となっています。
カテゴリー最下段の「VINTAGE CLOTHING」からぜひご覧下さい。
もちろん各店舗へのお取り寄せも承ります。
ご興味のある方は店頭スタッフまでお気軽にお尋ね下さい。

 

そしてこちらも!
『別冊Lightning エイジングオブレザージャケット』
こちらでは実際にスタッフが愛用中のレザージャケットの経年変化をお披露目!
不動の人気のモーターサイクルジャケット。
ONLINE SHOPはこちら
綺麗なキャメル色の発色と柔らかい質感が魅力のスエードジャケット。
ONLINE SHOPはこちら。 (残り僅かです!)
ぜひどちらも書店でチェックしてみて下さいね!

 

 

さて、今回はレザージャケットがたくさん雑誌で紹介されたので、関連して本日はレザーアイテムをおすすめしたいと思います。

 

本日のオススメはこちら!
 
1920〜30年代頃に実在したヴィンテージベストを基に製作しました。
合わせ方次第で長いシーズン着用が出来、タウンユースからツーリングシーンまで幅広くお使いいただけます。
 
素材には上質なカウハイドを使用。
元々柔らかい革を使用している為、着始めからよく身体に馴染んでくれます。
 
着込む毎に生まれる経年変化も楽しみですね♪
 
 
カラーはブラックとキャメルの二色展開。
どちらも合わせやすく、カジュアルな着こなしや無骨な雰囲気など、様々なコーディネイトで着回していただけます。
 
 
 
裏地にはワインレッドのストライプ柄がアクセントとなったキュプラ素材を使用しています。
高級感があり、ベストを脱いだ際にちらりと見えるさりげないポイントに♪
 
 
 
ジッパーにもこだわっています。
WALDES社製コの字留めジッパーを採用し、エンド部分はハトメで留めたタイプとなっています。
 
これはジッパーが開発され始めた初期の物を再現しており、ベストの年代に合わせたクラシカルな作りとなっています。
 
 
 
ウエストの両サイドにはアジャストベルトが付き、着用時のフィット感を調節出来るだけでなく、尾錠にもやはりアールデコ調の刻印を施すことでクラシックな雰囲気に調和させています。
 
細かいパーツ選びにもこだわりを感じていただける一着ですよ♪
 
 
 
もう少し暖かくなったら、こんなコーディネイトはいかがでしょうか?
 
 
ジョニーキャップやエンジニアブーツとの相性が抜群です。
今回はボーダー柄のカットソーをインナーに選びましたが、シャンブレーシャツや柄物シャツなどもおすすめです。
ぜひ色々と組み合わせてみて下さいね!
 
 
★着用アイテム★
 

 

最後にお知らせ!
本日2/1(水)より、Dry Bones直営店ではFINAL SALEを開催しております!
冬物がお得に買える最後のチャンスですので、春物入荷が始まった今、どちらも見られるチャンスですよ〜♪

 

ぜひご来店下さいね!
 
 

 

それでは本日はこの辺で。