ガラガラポン!速報 from 福岡店

こんにちは、福岡店のリリーです。
福引大会ガラガラポンがスタートし、早くも三日が経ちました。店頭では鐘の音と共に「大当たり〜」の声が飛び交っております! まだご利用されていない方、ぜひ参加して豪華景品をゲットして下さいね!それでは本日も引き続き、ガラガラポンに参加して頂いたお客様をご紹介します。
 
佐賀からお越しのS様夫妻。
20130430waka1.jpg
この日は新作のボーダー柄のヘンリーネックTシャツ等を購入してガラポンに挑戦! 結果は割引券付きのティッシュでした。元気なお子さんを産んでまた遊びに来て下さい♪ 
 
ハーレーで登場、S様。
20130430waka2.jpg
娘さんを連れて福引きに6回挑戦。S様も結果は割引券付きティッシュでした。また娘さんと一緒にご来店下さい。 
 
こちらもバイカースタイルが決まっているN様。
20130430waka3.jpg 
この日は2回福引に挑戦。結果はステッカー2枚! バイカーらしいテイストのステッカーをチョイス。
 
山口からお越しのK様。
20130430waka4.jpg
ハワイアンシャツがよく似合っていますね。結果は割引券付きのティッシュでしが、次回はお渡ししたダブルスタンプカードをぜひご利用下さいね♪ 
 
久留米のロックンロールバンド、LOVER SOULのドラマー、K様夫妻もガラポンに初挑戦!
20130430waka5.jpg
沢山のティッシュとダブルスタンプカードをゲットしました。次回お買い物の際に是非ご利用下さい♪
M様は籤運が強い妹さんを引き連れてガラポンとゾロメに挑戦!
20130430waka6.jpg
結果は・・・・・・
20130430waka7.jpg
見事、ガラポンで靴、バッグ、ソックスを当て、ゾロメでタオルセットを当てました。M様、もう強運の妹さんは勘弁して下さい(笑)
関西から戻ってきたY様。
20130430waka8.jpg
ゾロメで1振り入魂!!!
結果は・・・・・・
20130430waka9.jpg
惜しい!
20130430waka10.jpg
次回のお買い物でティッシュを使って下さい♪
この様な感じでガラガラポンは盛り上がっております!
 
そして、この期間に合わせ新作も続々と入荷中です。その中からオススメのアイテムを1点ご紹介致します。こちら。
20130430waka11.jpg
DC-594  S/S Classic Henley Neck T-Shirt ¥9,975-(税込)
COLOR:BLUE,OFF WHITE
SIZE:36,38,40
杢生地を使用し古臭く仕上がっています。
 
20130430waka12.jpg
前立てを少し右にオフセットした形が特徴のクラシックなヘンリーネックTシャツです。これは左手での開閉がし易いという1920年代当時のディテールを再現。経年変化により少し色あせた様なメタル素材の猫目釦が付きます。
20130430waka13.jpg
リブ部分は段編みと2重ラインが入る特殊な編み方をしており、絶妙なフィット感を与えると共に、当時のディテールを忠実に再現しています。この細かなディテールをぜひ店頭で確かめて下さい! ワークパンツをサズペンダーで吊り、クラシックなワークスタイルを再現してみてはいかがでしょうか?
 
それでは皆さん、ご来店お待ちしています♪

大盛況☆ガラガラポン!

こんにちは! 大阪店トミーです。
福引き大会ガラガラポン!開始から4日が経ちました☆ 早くも各店で大当たりも出ている様ですね♪
DSCF2938.JPG
DSCF2935.JPG
DSCF2936.JPG
皆さまに楽しんでいただけて嬉しいです!! まだまだ豪華賞品ありますので、まだガラガラされていない方はぜひお時間作っていらしてくださいね〜!!
さて、そんなイベントの最中直営店には続々と夏物新作が入荷しております!
RIMG0024.JPG
DSCF2967.JPG
DS-1970 S/S Butterfly Print B.D. Shirt ?13,440-(税込)
デッドストック生地を使用したボタンダウンシャツです。色とりどりの蝶々が舞っているとても綺麗な柄で、これ一枚でコーディネイトがグッと華やかになりますよ☆ カラーは左からピンク、ホワイト、ブラックの3色展開です。お好みの色をお選び下さい♪
明日はお仕事の方も多いと思いますが、ぜひお仕事帰りガラガラついでに新作も見てあげて下さいね☆
それでは本日はこの辺で。大阪店トミーでした〜!

ガラガラ ポン!盛り上がっております♪

こんにちは〜。
名古屋店のプラムです。

福引き大会「ガラガラ ポン!」楽しんで頂けてますでしょうか??
おかげさまで名古屋店も沢山のお客様で賑わっております!!

130428_ume01.jpg

130428_ume02.jpg

5/6(月・祝)までの開催となっておりますので、ぜひぜひご参加下さいね!
名古屋店が誇るふたりの看板娘とともに、皆さまのチャレンジお待ちしております!!

さて、本日も夏物の新作がたくさん入荷してきましたので、その中から私のおすすめをご紹介!
こちらです!

130428_ume05.jpg
DS-1972 S/S Italian Collar Shirt “Comedy & Tragedy” ¥15,540-

1950年代のヴィンテージを基に、ツーフェイスがアシンメトリーに刺繍されたイタリアンカラーシャツ!

こちら、本日入荷したばかりなのですが、、、、
沢山のご予約を頂いていたため、すでに在庫状況は、

ピンク
36×1着
38×2着
40×1着

ネイビー
40×1着

と、なっております!
早い者勝ちです!!

気になった方はお近くのドライボーンズ直営店にお問い合わせ下さい!

他にもご紹介したいとっておきの新作がたくさん入荷しているのですが、今日のところはこのへんで!
明日もご来店お待ちしております!!

1ドル紙幣。第9話。

金曜日になりました。酒丸です。
さて、明日から世間的にはゴールデンウィークに突入!
今年は前半と後半に分かれますが、
取り急ぎ前半は全国的に晴れる模様。
行楽シーズンですなっ!
ドライボーンズ各直営店舗でも、毎年恒例の「ガラガラポン!」を開催!
もうやり方を忘れてしまった人や、今回初めてトライする、
という人達の為に動画を貼り付けておきますね。
ちなみにスタートは本日金曜日の11時からです!
沢山のご来店をお待ちしております!

さて、第9話目となった「1ドル紙幣。」の話。
先週のキーワードをココに列記しておく。
「スカル&クロスボーンの海賊旗」
「千里眼」「ヒーリング」
「多から一へ=宝は我々の元に」
「ミイラ」「アフリカ考古学」
「消え去った99%の世界」
「ピラミッド」「メソポタミア」
「地球の回転」「マグマ」
そして、相変わらずこの画像から話を続ける。
dry130426take_1.JPG
1ドル紙幣の裏に描かれた、
「ピラミッドと万物の目のマーク」
取りあえず一旦「目」については置いておくとして…
今回は、前回ちょっと触れた山崎さんの店とアフリカ考古学との関連を見てみる。
1ドル紙幣の裏に描かれているピラミッドは、
世界の七不思議のひとつ、「ギザの大ピラミッド」と呼ばれる遺跡だ。
dry130426take_2.jpg
エジプト第4王朝のファラオである「クフ王」の墳墓、
と言われている。
アフリカのエジプト考古学の説では、
紀元前2500年頃に20年以上かけて建築されたと言われている。
建築当時の大きさは高さ約146m、
底辺の1辺が約230m。
平均2.5tの巨石を270〜280万個積み上げている。
しかも!
底辺の長さの誤差は20cm、方位の誤差も2分前後。
ん?
紀元前2500年頃って…当然クレーンもトラックも無い。
それどころか衣料すらまともな物は無かった筈。
日本に当てはめれば、この頃は縄文時代、貝塚とかの時代。
つまり「稲作すら無い時代」なのだ。
ヨーロッパ文明から考えても、
古代ギリシャ文明から17世紀に至るまでは「天動説」が有力であった。
(これには宗教的な一面も隠されている)
という事は…古代アフリカ文明には、
近代ヨーロッパ文明よりも全く別の、進んだ文明が存在していて、
その後ヨーロッパ諸国が大航海時代を迎えて、
アジアやアメリカを植民地化し始めた頃よりも
「もっともっと高度な文明があった」という事になる。
2.5tの巨石を280万個、20年で積み上げるとはどういう事なのか?
昔は奴隷がピラミッドを作っていたという説も存在していたが、
現在は周辺に村の跡が発見されている。
つまり、ピラミッド建造の専属職人が大量に居た事が判っている。
それでも…
20年×365日=7300日。
1日12時間フルに働いたとして、
7300日×12時間=87600時間。
1時間当たり何個の巨石を運べば作れるのか?
2,800,000個の巨石÷87600時間=約32個。
1時間当たり32個を積み上げるので、1個当たりは…
32個÷60分=0.53個。
つまり、約2分に1個を積み上げる計算になる。
2.5tの巨石を、12時間労働休憩無しで20年間、
約2分に1個積み上げて行く…

そんな事が可能なのか?
(ちなみに私が乗っているバイクは乾燥重量190kg、このバイクの10倍
そこで可能性として出てくるのは…
山崎さんがロンドンで見せてもらったというドラゴン(らしき)のミイラ。
今の文明では説明がつかない「特殊能力を持つ種族」がいたならば。
また、中米のチチェン遺跡の周辺からは、
身長200cmを超す巨人の人骨が多数発見されている。
チチェン遺跡もピラミッドだ。
話は少し飛ぶが、漫画ワンピースでの最初からのポイントは「悪魔の実」
言い換えれば「特殊能力」という事だ。
そしてストーリーの中にもドラゴンが出て来る。
dry130426take_3.jpg
主人公ルフィの父「モンキー・D・ドラゴン」。
海賊とか海軍とかバケモノが出てくるストーリーの中で唯一の「革命家」である。
そしてベガバンク島での研究は、「子供達を巨人にする方法」…。
ドラゴンというイメージの「特殊能力」、
巨人という「動力」「生命力」が、もし古代エジプトにあったとしたら。
いや、無ければピラミッドは作れない筈なのだ。
山崎さんが作った店の一つに「ピンクドラゴン」がある。
dry130426take_4.jpg
地下のカバラでは、タイ料理がおいしかった(もう無い)。
エキゾチックで格好いい店だった。
エキゾチックなドラゴンと言えば、これ!
dry130426take_5.jpg
本当に存在しているドラゴンとは「タツノオトシゴ」という和名の魚。
初期のクリームソーダは、かなりアイビーアイテムが多かった。
1950年代の東海岸では空前のアイビーブームがあり、
それにリーバイスが乗ってピケやスタープレストを発売。
更に日本でそのブームを先取りしたのが「VAN JACKET」であり、
その成功を横目で見ていたのが若き日の山崎さんや伴さんだった。
そんな想いも込めて、今年の春夏物はタツノオトシゴ柄が多い。
dry130426take_6.jpgdry130426take_7.jpg
蛮カラアイビーの必需品、エンブロイダードトラウザース
同じ生地でショーツも展開。
dry130426take_8.jpgdry130426take_9.jpg
尾錠も付いたりして、クラシック。
dry130426take_10.jpgdry130426take_11.jpg
右側にはちょっとした小物が入る隠しポケットもあり。
ちょっとした広告も入ってしまったが(いつもの手口)、
昨今のような混迷の時代に重要な事は「見極める目」だ。
つまり本日のブログ最初の「万物の目」に繋がるのだ。
dry130426take_12.jpg
この紋章は、南米チリの大学のもの。
やはり中央に「万物の目」がある。
「ギザのピラミッド」「南米チリ」といえば…
同じ世界の七不思議である「イースター島のモアイ像」が繋がって来る。
1ドル紙幣の謎を解こうと思っていたら…
「13文字(=13日の金曜日)」、
「獣の数字=666(HPアドレスの接頭詞wwwか?)」、
「海賊」、
「スカル&クロスボーン」、
「ドラゴン」、
更には「ヒーリング」、
「ピラミッド」、「エジプト考古学」…。
色々と繋がってきた。
万物の目を持つ者だけが見えてきた「何か」
気付いてきましたか?
意外とごろごろ転がっている事に。
例えば…少年ジャンプのマークは「海賊旗」
ジャンプを出している会社は「集英社(英知を集める、と書く)」、
「漫画20世紀少年に出て来る友達党の党首は万城目(万物の目?)」。
漫画をちょっと調べただけでこんなにも(笑)
今週はココまで。また来週!

「御洒落ナ着熟シ」のコーナー。

こんにちは〜。
名古屋店のプラムです。

今日は火曜日という事で、「御洒落ナ着熟シ」のコーナー。

名古屋店スタッフ3人それぞれのおすすめコーディネイトをご紹介させて頂きます!

まずはわたくし、プラムのおすすめコーディネイト!

130423_ume01.jpg
※モデル身長 170cm 60kg (普段シャツやジャケットは36、パンツは30を着用)

「今回のプラムのおすすめは、新作のリネンジャケットを使用した春らしいコーディネイト。
お馴染みの5ポケットタイプのジーンズではなくデニム地のトラウザースとストールを合わせ、クラシックな雰囲気にしてみました。
清涼感のあるリネン素材は夏でも着用可能なので、今から大活躍するおすすめアイテムです。」

DJ-644 Volstead Label Pleats Linen Jacket ¥24,990-(着用サイズ 36)
DS-1929 Chambray Regular Collar Shirt ¥13,440-(着用サイズ 36)
DP-469 Denim Work Trousers ¥16,590-(着用サイズ 30)
DSHC-024 Gore Slip-on Shoes ¥39,900-(着用サイズ 7)
DN-228 Stripe Scarf ¥8,295-

このリネンジャケット、実際に購入して最近よく着ているのですが、何にでも合わせやすくとっても重宝しております。おすすめです。

さて、お次はANNAさんのおすすめコーディネイト!

130423_ume02.jpeg
※モデル身長 170cm 60kg (普段シャツやジャケットは36、パンツは30を着用)

「今回のANNAのオススメは、新作のショールカラーのベストとリネンのショートパンツを使用したコーディネイトです。
モノトーンを基調に落ち着いた色味でまとめる事で幼くなりがちなショートパンツを大人っぽい印象にまとめてみました。
リネン素材のショートパンツは通気性が良く、カジュアルからリゾーティなスタイルにも合わせやすく、これからの時期大活躍してくれそうです。
ベストの素材もコットンリネンを使用しているので清涼感があり、春夏の重ね着スタイルに重宝しますよ。」

DV-049 Shawl Collar Vest ¥16,590-(着用サイズ 36)
DS-1996 Skull Print Regular Collar Shirt ¥13,440-(着用サイズ 36)
DP-465 Linen Bush Shorts ¥13,440-(着用サイズ 30)
DSHC-008 Gillie Half Boots ¥39,690-(着用サイズ 7)

ANNAさんらしい、モノトーンなコーディネイトですね。
因みにこのスカル柄のシャツ、どうやら東京店にある38サイズがラストの1着のようです。
欲しい方は、お近くの直営店にお電話を!

最後は最年少スタッフ ありさのおすすめコーディネイトです!

130423_ume03.jpg

「今回のありさのオススメは、新作の花柄ショートパンツを取り入れたコーディネイトです。
大胆な花柄に黒のジャケットを合わせてかっちりとした印象に仕上げました。
ココナッツ色のストローハットで涼しげな印象をプラスしています。」

DJ-642 Contemporary JK ¥35,490-
DS-1908 Check Regular Collar Shirt ¥13,440-
DP-464 Flower Print Shorts ¥13,440-
DCH-309 Twisted Straw Gambler Hat ¥8,925-
DSHC-024 Gore Slip-on Shoes ¥39,900-

カラフルな花柄ショーツを大人っぽくコーディネイトしてくれました♪
こちらも在庫僅少なので、気になっている方はお早めの方が良いですよ〜。

いかがでしたでしょうか??
お買い物の際の参考にして頂けると嬉しいです。

それでは、ご来店お待ち致しております〜♪

1ドル紙幣。第8話。

1週間の御無沙汰でした。酒丸です。
もうすっかり春、そしてたまには夏の様な気温。
これからどんどん暑くなってきますね〜。
夏物のデザインが好きな私としては嬉しい限り。
が、実は我々繊維業界は今が秋冬物企画・展示会の真っ盛り。
ドライボーンズの秋冬物展示会も、毎年4月に行なっていたのですが…
諸事情があり、今年は5月に変更。
関係者の皆様、よろしくです!
さて、では先週の続きから。
先週はこんな感じの「意味深な文章」で締めくくってみた。
『1ドル紙幣の中にラテン語で書かれている内容にカブって来る。
ピラミッドの上には13文字で「ANNUIT COEPTIS(神は我らの企てに与したまえ)」
ピラミッドの下には「NOVUS ORDO SECLORUM(時代の新秩序)」
そして鷲がくわえたリボンには、
やはり13文字で「E PLURIBUS UNUM(多から一へ)」
そして第6話で書いたオールドロジャーの海賊旗。
ルフィが憧れているのは、
大昔に海軍によって処刑されたといわれる「ゴール・D・ロジャー」。
オールドに「G」を付けて続けて読めば「ゴール・ド・ロジャー」。
そして少年ジャンプのマークは海賊。
クリームソーダのマークはドクロ&クロスボーン。
ドライボーンズも語源はもちろん「ドクロ」。』
ここまで。
この箇所をあまり広げる事は今後も無いと思うので…
一旦整理する為に今回だけはこの部分を広げておこうと思う。
まずはこの本の表紙。
dry130419take_1.jpgdry130419take_2.jpg
左が表紙、右が裏表紙。
クリームソーダの山崎さんが2009年に出版した、自叙伝的な内容。
裏表紙にはクリームソーダのネームである「スカル&クロスボーン」が描かれており、
このマークは先にも書いた様に海賊旗でもあり、
フリーメイソンの元でもある団体。
そして表紙には書籍のタイトルである「宝はいつも足元に」
この書籍の内容に、実に興味深い箇所がある。
まず…
20p〜21pにかけて、祖母の事を書いている。
ここには「おばあさんは今でいうところのヒーラーだった。」とある。
いわゆる「ヒーリング」治療が出来る人物であったらしい。
ヒーリングとは超常現象や超能力、霊能者などと言われる場合も多い。
が、私見ではいわゆる「千里眼」というモノなのだと思う。
つまり状況把握や空間分析能力が一般の人よりも格段に優れている、と思うのだ。
事実、山崎さんも多くの「奇跡の様な仕事」をしてきた結果、
多くの影響力を与える人物になっていった。
そういった意味でも「千里眼」的な部分が有ったのだと思う。
そして何より…
このタイトルが、改めて見直してみると実に意味深なのだ。
「宝はいつも足元に」とは…
「足元」とは自分自身が立っている「位置」を示している筈。
「宝」とは古くから日本では、
「他からの頂き物」「多からの頂き物」という意味から「たから」と読む。
つまり『「多から」はいつも「足元(自分の位置=1)」に』
とも解釈出来る。
これは…
1ドル紙幣の裏に13文字で書かれている
「E PLURIBUS UNUM(多から一へ)」と同じ意味なのでは?
そして更に興味深い発見が有った。
ソレがこの書籍。
dry130419take_3.jpg
山崎さんと交流が深い森永博志さんが1999年に発行した、
山崎さんの事を書いた「やるだけやっちまえ!」。
実はこの本、今週の展示会ウィーク中、展示会廻りついでに、
ぶらりと寄った原宿の「Jack’s」でたまたま古本を購入。
Jack’sの佐藤さん(通称サトピー、私と同い年)も山崎さんに影響を受けた一人であり、
店内には膨大な量のヴィンテージウエアとともに、
オールドクリームソーダグッズも扱っている。
あ、ちなみにドライボーンズの商品も展開してくれております。
サトピーの店でも売れているシャツはコレ!
dry130419take_4.jpgdry130419take_5.jpg
左胸に鮫のエラの様なデザインを持った、フィフティーズ独特なデザインのオープンシャツ
絶賛販売中!
ちょっと脱線してしまった(汗)。
この本、そんな流れなのでまだ始めの方しか読んでいないのだが…
この中にも実に興味深い記述が有った。
28pから「ドラゴンミイラ:1993」というタイトルで、
ピンクドラゴンという店舗の名の由来となった「竜のミイラ」の事が書かれている。
1903年にヴァン・パエッツ探検隊(考古学)がアフリカのアルジェリアで
「ドラゴンといわれている<エイリアンのような>ミイラ」を発見、
そのミイラはコレクター(子孫らしき人)に受け継がれ、
その人がたまたまヴィヴィアンの同級生の叔父にあたる人物で、
色々と動いてその「実体」を見せてもらったらしい。
山崎さんはそのコレクターに「これは本物ですか?」と質問。
するとコレクターは、
「古代には我々の想像もつかない世界が有った。あらゆる事がこの世界で起こったのだ。
我々が、今現実だなんて思っている事は、かつてあった事の1%にも満たない。
生物についても、人間の営みについてもいえる。
パエッツは消え去ったとされる99%の側の世界を見ようとした。
そして、これを発見した。」と答えたらしい。
さて、ここで一旦「1ドル紙幣」に戻る。
一ドル紙幣の裏側にはピラミッド、その上には万物の目が描かれている。
dry130419take_6.JPG
ピラミッドがあるのはアフリカ大陸のエジプト。
ドラゴンミイラが見つかったのもアフリカ大陸のアルジェリア。
星マークを付けておいた。
dry130419take_7.jpg
近代のアフリカ考古学は、
ヨーロッパ人による探検で多くの物を見つけているのだ(詳しくは次週)。
そして、ピラミッドと言えばこのバンド!
dry130419take_8.JPG
昨晩、代官山ユニットにてツアーファイナルを行なったギターウルフ!
いつもステージ上に観客を上げ「人間ピラミッド」を作っていた!
dry130419take_9.jpg
今回のアルバムは「野獣バイブレーター」!
彼らとコラボレイトしたジェットジーンズも、
ツアーと共に反響が大きい。
dry130419take_10.jpgdry130419take_11.jpg
ドライボーンズオリジナル寿司耳デニムを使用した、
世界を駆けるロックンロールバンドギターウルフとのコラボジーンズ、
その名も「ジェットジーンズ」
現在、在庫は豊富にあります!
dry130419take_12.JPG
そしてしかも、ツアー名は「ツアーマグマ!」!!!
「早えーーー!地球の回転が猛烈だ」マグマ、マグマ、マグマーーー!!!
これは、セイジ氏と長い付き合いがある私には判る。
彼は彼なりに、最近の多発する地震に「何か」を感じているのだ。
でなければ曲名に「メソポタミアロンリー」なんて浮かんで来ない筈だ。
さて、今回はここまで。
大きく逸れた、と感じている方も多いかもしれない。
が、今回の第8話は、今後の事を書いていく上で非常に重要なのだ。
キーワードは…
「スカル&クロスボーンの海賊旗」
「千里眼」「ヒーリング」
「多から一へ=宝は我々の元に」
「ミイラ」「アフリカ考古学」
「消え去った99%の世界」
「ピラミッド」「メソポタミア」
「地球の回転」「マグマ」
といったところ。
次週はこれらのキーワードを元に書いていこうと思っております。
お楽しみに!

「今週ノ御洒落者 名古屋編。」

こんにちは〜!

名古屋店ANNAです!そろそろ名前を覚えて頂けたでしょうか・・・?

本日は木曜恒例「今週ノ御洒落者」を名古屋店よりお送りしまーす。

まずはこの方!
130418_anna01.jpg
ロックな雰囲気の漂うN様!革ジャンがとても良い感じに育ってきていますね!
パンツと豹柄ブーツの組み合わせもかっこいいです。
御自身でバンドもされているとの事、ぜひライブを見てみたいです!!

お次はこの方!
130418_anna02.jpg
さくらんぼのシャツがキュートなO様!ジャケットの色を抑えて可愛くなりすぎず、
サドルシューズと合わせて大人っぽい着こなしにまとめているのが流石です!

そして最後はこの方!
130418_anna03.jpg
御洒落者常連のI様!いつも違った雰囲気の着こなしをされていてとってもセンスの良い方です!
全身ドライボーンズで、黒を基調にかっこいい着こなしですね〜。
そして去年即完売した豹柄の短パンを着用されています!

今年も完売必至の新作柄物の短パンはこちら!
dp464_00.jpg
北欧調の花柄がインパクト大!
コーディネイトのアクセントにこれからの季節大活躍してくれそうです。

そしてタツノオトシゴ柄が可愛いこちら!
dp460_00.jpg
同じ刺繍のポロシャツや、同じ柄のリバーシブルのベストも入荷していますよ〜!
ぜひお店に見に来て下さいね!

無地の新色も入って来ていますよ〜!
dp441_04.jpg
とっても鮮やかで綺麗な赤なんです。
本日こちらのショーツお買上げのお客様がとても良い色だとおっしゃってくださいました!

サイズが無くなる前にお早めにご来店下さいね〜!

お待ちしております!

それではまた〜!

ホームページリニューアル!とスタッフ募集!

こんにちは〜。
名古屋店のプラムです。

この社接をチェックして下さっている方はもうお気づきかと思いますが、、、

ドライボーンズのホームページをリニューアル致しました〜!!!

130414_ume01.jpg
細かい部分はこれから徐々に修正を加えていく予定ですので、お楽しみに♪

トップページ右上の「ONLINE-SHOP」にカーソルを合わせるとライン(Label)別に商品が見られる様になっておりますので、ぜひチェックしてみて下さいね♪

さて、本日も新作が入荷しておりますのでご紹介させて頂きます!
130414_ume03.jpg130414_ume04.jpg
DS-1973 Native Print Italian Collar Shirt ¥13,440-

ハワイアンネイティブ調のエキゾチックなプリント生地を使用したイタリアンカラーシャツ!
ストローハットやリネンのパンツといったリゾーティなアイテムとの相性バッチリです!!

オンラインショップにもじきにアップされるかと思いますので、少々お待ちください。
各直営店にはすでに入荷しておりますので、気になる方はお問い合わせ下さいね!

最後に告知を一つ!

現在ドライボーンズ名古屋店では、販売スタッフを募集しております!
土日出勤可能な方!
週2〜3日からでもOKです!
130414_ume02.jpg

お問い合わせは、電話かメール、名古屋店店頭にて担当 梅津まで!

電話→ 052-242-4298
メール→ umetsu@www.dry-bones.com

未経験者でも全然大丈夫ですので、ご応募お待ちしてます!

さて、最終日がわたくしプラムでなんだか申し訳ありませんが、
本日で名古屋店 新スタッフANNA姐さんの社接担当は一旦終了!

明日からは、これまた元名古屋店スタッフのガーヒーくんが登場です!
お楽しみに〜♪

夏用ジャケット!

こんにちは〜。
名古屋店のプラムです。

本日も新作が入荷して参りましたのでご紹介致します。

まずはこちら!
130413_ume01.jpg
DC-588 Cut & Sewn Jacket ¥15,540-

カットソー地で作製した三つボタンジャケット。
通気性の良い鹿の子生地を使用しているので、蒸し暑い夏場でも着用可能!
夏場でも長袖を愛用されている方にもおすすめです!

こちらは好評につきすでに在庫僅少なので、気になった方はお早めにご連絡くださいね!

そして、共生地を使用したこちらも入荷しております!
130413_ume07.jpg
DC-587 Polo Shirt “SEA HORSE” ¥9,975-

春夏の定番アイテム、ポロシャツ!
今期は胸にタツノオトシゴの刺繍を施し、ドライボーンズらしい遊び心のある一着に仕上がっております!

明日からまた気温も上がるみたいなので、半袖が着られる季節ももうすぐかもしれませんね。
みなさま、夏の準備はお早めに!暑くなってからでは遅いですよ〜。

《おまけ》
名古屋店の顧客様が働いていらっしゃる「鯱市」さんに行って来ました〜。
130413_ume04.jpg130413_ume05.jpg
名古屋人ならみんな大好き味噌煮込みの「山本屋本店」さんが作る「カレー煮込みうどん」!
とっても美味しかったです♪

ドライボーンズ名古屋店のすぐ近くなので、みなさまぜひ行ってみて下さいね〜!

1ドル紙幣。第7話。

さて、12日の金曜日になりました。酒丸です。
惜しい。1日違い(笑)
今日から改めて今までのブログの続きをちょこっと書いていきます。
が、タイトルが長くて面倒なので、もう「1ドル紙幣。」という事にします。
すでに1ドル紙幣から遠ざかっているにも拘らず(汗)…。
では、先週書いたように、
「1920年代と秘密結社」についての途中報告をば。
まず見てもらいたいのは、
この1921年のSEARS ROEBUCKのカタログから。
dry130412take_10.jpg
1921年のこの通販カタログには、
メンズアクセサリーのページに色々な「秘密結社」のチャーム(ペンダントヘッド)が並んでいる。
フリーメイソンはもちろんの事、
インディペンデント・オブ・オッドフェローズ、
ナイツ・テンペラー、
ナイツ・オブ・ピューティアー等々。
シアーズローバックのカタログは、当時から基本的に普通に家庭に届けられていた。
という事は普通に「通販」できるのである。
これは、今で言う日本直販はおろか、
楽天やアマゾンと何も違わない。
インターネットを使って発注するのか、
電話で注文するのか、
カタログに付いている葉書で注文するのか、
くらいの差しか無いのだ。
つまり、私が言いたいのは…
「別にフリーメイソンメンバーじゃなくてもフリーメイソンのチャームは手に入る」
という事だ。
殆どの人は…
「秘密結社」なんてネーミングが付いているのであれば、
何か秘密の怪しげな儀式があって、
ソレを通過出来た者にしか入会できない、
というイメージを持っているであろう。
ところが、少なくとも1920年代にはそういう事では無かった、という事が判る。
それはどういう事か?というと…
むしろ「労働組合」とか、
もっと平たく言えば「横の繋がり」的なモノだったのだと思う。
それが良く分かる資料がある。
まずはコレを見て欲しい。
dry130412take_3.jpg
秘密結社のメンバーでも無ければ、
沖縄でサトウキビ畑で働いている青年でもない。
ドライボーンズ東京店で働くガーヒー君である。
彼が着ているオーバーオールは、
1920〜30年代の労働着をイメージして作った

dry130412take_4.jpg
左右非対称のポケット等、随所に個性がある。
これは「様々な業務に特化した労働着」を作っていた1920年代の特徴
やっと追加生産も上がってきたのだが、
相変わらずデッドストックの生地しか使っていないので
少量生産。お早めに
そしてこのシリーズには、袋地にこんなチケットが付く。
dry130412take_5.jpg
当時のヴィンテージ(およそ1970年代くらいまで)のワークウェアには
かなりの確率でこういった「ユニオンチケット」が付けられている。
(ユニオンチケットについては、以前ワタクシがライトニング誌の連載「傾奇物」で書いているので、
詳しくはココをクリック!→「その六十一 ユニオンチケットについてのあれこれ。」
そしてもう1着紹介。
dry130412take_6.jpg
やはり1920〜30年代頃に流行したプリーテッドデニムジャケットを、
ドライボーンズらしく「麻素材」で表現

特徴としては…
dry130412take_7.jpg
激しく劣化したかのように見える月桂樹にワンスターのドットボタン(しかも2本爪)、
そして、
dry130412take_8.jpg
ポケットにやはり2本爪のリベットを用いてみた。
19世紀にヤコブ・デイビスが特許を取った「リベット」打ち。
これをジーンズにつけたのが、当時のリーバイ・ストラウス
どちらも名前から判るように、ユダヤエリアの出身
そしてこのジャケットにも…
dry130412take_9.jpg
やはりユニオンチケットを付けてみた。
ドライボーンズとしては、
「古臭さ」を演出する為の手段としてユニオンチケットを付けている。
が、当時なぜ「労働着にユニオンチケット」だったのか?
を考えてみる必要がある。
もちろん当時も販売戦略の一環ではあったのだが…
むしろチケットが付いている労働着を着ている「連帯感」が重要だったのではないか?と考えている。
時代背景は1920年代。
ヨーロッパで1914年に起こった第一次世界大戦は、
ドイツやオスマン帝国等による同盟国側と、
イギリスやフランス、ロシアで纏まった連合国側とに分かれ、
更にその連合国側にアメリカや日本、イタリアも加担して、
ヨーロッパ中を火の海にした世界最初の大戦があった。
アメリカ本土は戦場にならなかったものの、
ヨーロッパに派兵された兵士は産業革命以降の近代化した武器で激しく疲弊した。
更に、やはり産業革命以降の医学の発達によって、
今まで確実に死に至ってしまったような大怪我でも、生き延びる事になった。
戦争が終わって兵隊の任務が終わり、
怪我で満足に働けないような身体になっていても、
「横の繋がり」があれば、なんとかメシが喰えるという時代になってきた。
それまでは「肉体労働」としての農作業をこなさない限り、
餓死してしまうような世界だったのが、
産業革命以降の工業の発達によって第2次産業が伸びてきたのだ。
戦争から帰ってきたら、居場所が無くなっていた人も大勢いた筈だ。
しかも、戦火から逃れてアメリカに「新天地」を求めてやってきたヨーロッパ人も沢山いた。
更には、南北戦争後に南部から解放された黒人も工業に転職。
そういった人達が「自分の存在意義」を自ら見出す為にも、
「何かの繋がり」が欲しかったのだ。
それは労働組合だったり、
人種毎のコミュニティであったり、
出身国別の集まりであったり、
宗教別の教えの元だったり。
そんな中の一部に「秘密結社」もあったのだ。
これはワタクシのコレクションの一部。
dry130412take_12.jpg
ナイツ・オブ・ピューティアーのチャーム(おそらく1930年代)。
浄土真宗のオイラが持っているのもおかしな話なのだが、
実は誰でも「横の繋がり」が重要なのだ(結果として古着屋で私が買えた)。
実はこのチャームの裏側に「恐ろしくも面白い仕掛け」があるのだが、
それはまた、いつかの機会にお見せしようと思う。
ここで、先週の6.5話に繋がって来るのだが…
ワンピースにおける「麦わらの一味」は、
基本的には「多種雑多な人種構成」である。
作者が単行本内で「ルフィはブラジル人のイメージ、
ゾロは日本人、サンジはフランス人…」と、
ほぼ全員の「国籍のイメージ」を挙げている。
これは…
dry130412take_1.jpgdry130412take_2.jpg
1ドル紙幣の中にラテン語で書かれている内容にカブって来る。
ピラミッドの上には13文字で「ANNUIT COEPTIS(神は我らの企てに与したまえ)」、
ピラミッドの下には「NOVUS ORDO SECLORUM(時代の新秩序)」、
そして鷲がくわえたリボンには、
やはり13文字で「E PLURIBUS UNUM(多から一へ)」
そして第6話で書いたオールドロジャーの海賊旗
ルフィが憧れているのは、
大昔に海軍によって処刑されたといわれる「ゴール・D・ロジャー」。
オールに「G」を付けて続けて読めば「ゴール・ド・ロジャー」。
そして少年ジャンプのマークは海賊。
クリームソーダのマークはドクロ&クロスボーン。
ドライボーンズも語源はもちろん「ドクロ」
今週はここまで!

1 2