絶滅危惧種「グランパ シャツ」。

金曜日になりました。酒丸です。
1月の小寒と大寒に挟まれたこの時期、一番寒い。
逆に言えばココを過ぎてしまえば、この先は暖かくなる一方。
後少しの辛抱ですな。
なので後少しを乗り切る為に、
このところのドライボーンズの傾向と対策を(笑)
グランパシャツというモノをご存知?
正確には”GRAND PAPA(グランパパ)SHIRT”とか、
“GRAND DAD(グランダッド)SHIRT”とか、
“GRAND FATHER(グランドファーザー)SHIRT”とか
呼ばれる類いのもの。
いわゆる「ウチのお爺さんが着てたシャツ」という…
「微妙なネーミング」のシャツの事なのだ。
最近、この手を復活させていく事が楽しみのひとつ。
以前は古着屋さんでもほとんど見かける事が無かった。
なので、私はヨーロッパに出張に行った際に購入する事が多かった。
ところがこのところ、ヴィンテージショップでも
「なかなかの高額商品」になりつつある。
1900〜1930年代頃くらいまでのモノが多い様だ。
もう100年位昔の物、という事であり、
文化的にも「絶滅危惧種」である。
例えばこんな感じの物。
dry130118take_1.jpg
特徴としては…
着丈が長く、裾の前合わせがラウンドしたカットになっており、
プルオーバーのものも多い。
そしてスタンドカラーか、別襟が付くものもある。
なので襟のアップ。
dry130118take_2.jpgdry130118take_3.jpg
左はクレリックカラーの様に白い別生地になり、
セパレートの襟にはダブルボタン。
右は共地の襟に金具のドットが付くタイプ。
どちらも20年ほど前に、イギリスで購入。
おそらく1920〜30年代くらいのもの。
これに倣って色々と商品を展開してみた。
まずは…
dry130118take_4.jpg
セパレートの別襟が付くシャツ
身頃と同じ襟と、クレリックカラーになる白地の襟、
2つの襟が付く
裾の前合わせもラウンドさせて、クラシックな雰囲気。
ストライプも敢えて古臭い柄を選んでみた。
そして…
dry130118take_5.jpg
スタンドカラーを活かした、その名も「グランダッドシャツ」
正確にはスタンドカラーよりも細く、寝かせる様なパターン。
なので変に格式張っていない。
よりクラシックなワークスタイルに近い。
更に…
dry130118take_6.jpg
クラシックなラウンドカラーシャツ
1910〜20年代のワークシャツに見られる、
小さなラウンドカラーを装備。
裾の前合わせもラウンドさせて、
敢えて重厚な真鍮ボタンを使ってオールド感を演出。
ヴィンテージではこんなものも見つかる時が有る。
dry130118take_7.jpg
これも一種のグランパシャツ。
スタンドカラーで前身とカフスのみシャツ地を使っている。
身頃はなんとカットソー。
dry130118take_8.jpg
ストライプのシャツ地が、ブザム(イカ胸)状態で貼り付けてある
スランドカラーではあるが、おそらく別襟が付いていた筈。
グランパシャツはイカ胸仕様のものも多い。
なのでこれはお勧め。
dry130118take_9.jpg
プリーテッド グランダッドシャツ
プリーツの入ったイカ胸を付けた、プルオーバータイプ
私も既に購入したが、かなり着回しが効く万能タイプ。
ブリーンラベルでも…
dry130118take_10.jpg
ドビー織りを使用したブザムシャツ
プリーツは無く、ただ単に切り替えてあるので着易い。
グリーンラベルなのでちょっとシャープなシルエット
プルオーパーにも見える前開きがクラシック。
他にワインカラーもあり。
同じくグリーンラベルで…
dry130118take_11.jpg
ホワイトの生地を使ったブザムシャツもある。
ホワイトなので清涼感もあるが、
敢えてワークテイストに気崩すと、白シャツはカッコいい
素材もコットンドビーで表情が有るので、カジュアルにも着られる。
変わり種では…
dry130118take_12.jpg
ブザム部分を大きく裾まで切り替えてみた、
プリントブザムシャツ
デッドストックの生地だった為、いかに効率良く使うか?を考えて切替。
プリントそのものはゴージャスだが、
ブラックのみの展開でちょっとラテン調な感じ。
グランパシャツの中には、
“GRAND PAPA SINGLET”と呼ばれるアイテムも存在する。
dry130118take_13.jpg
シングレットとは、直訳すると「肌着」という意味。
後ろの2つはウール混のメリヤス、
手前はミリタリー物。なんとカフスが付く。
総称するとプルオーバータイプのヘンリーネックの事で、
イギリスでは「WOOLEN VEST(ウーレンベスト)」とも呼ばれる。
dry130118take_14.jpg
ネームにもしっかりと「50% WOOL,50% COTTON」と表示。
これ等のシリーズ、当時は暖かさを追求すればウール混になったのだろうが…
着ているとチクチクして痒くなってくるのだ(これが苦手な日本人は多い筈)。
なので…
dry130118take_15.jpg
見た目のイメージだけ貰い、
クラシックなストライプの鹿の子地のヘンリーネック
前立てにのみ布帛を使う事で、クラシックな感じが出る。
長袖で鹿の子素材、全シーズン対応
もう1種類は…
dry130118take_16.jpg
アシンメトリーな顔をしたヘンリーネック
コチラの素材はコットンのミニ裏毛という素材。
非常に暖かく、伸縮性に優れている
残り僅か(ワタクシは両色とも購入)。
この寒さ、今年はコレでしのいでおり。
そしてこの人も購入してくれた。
dry130118take_17.JPG
ライトニングやクラッチを出版しているエイ出版社の、
今や「お偉いさん」になってしまった松島くん。
まいどあり〜!
1921年のシアーズにはこんなページもあった。
dry130118take_18.jpg
当時はセパレートカラーの襟だけも販売されていた。
当時の襟は芯の部分にセルロイドを使用していたので、
劣化も早かったのだ。
意外な歴史が面白かったりもする。
ではまた来週!

告知!!

どーも、東京店のすどんです。
今日はちょっとばかし告知がありプラムさんの代打で参上しました!
その告知とはこちら!!!
su_116_1.png

DryBones東京店は今年で開店16周年を迎えます。これも皆様のおかげです!
日頃の感謝の気持ちを込めて、美味しい日本酒を振舞い&ご来店頂いた方全員にノベルティグッズをプレゼント致します。
無くなり次第終了ですので、ご来店はお早めに!
そして、約10年間東京店を支えてきたTAMが2月から本社勤務になる為、この日を以て東京店を卒業します。
イベント当日が東京店勤務最終日になりますので、是非、顔を見にきて下さいね!
そしてそして、昨年の11月に行われたロックンロールイベント『BLACK LEATHER RIOT』にも出演した、
“FES JUNKIE’S”が登場します!こちらもお楽しみに〜。
日本酒を飲みながらショッピングが出来る、ドライボーンズならではのイベントです。
皆様お誘い合わせの上、是非ご来店下さい☆

振る舞い酒&ノベルティグッズプレゼントはオープンから始め、無くなり次第終了。
FESJUNKIE’Sの演奏は、昼過ぎ・夕方辺りに行う予定です!
また、当日は盛夏商品のサンプル画像を用意して、先行予約会も行う予定です。

Facebookにて、『東京店開店16周年&TAM東京店卒業式』のイベントページを作成しました!
イベント当日まで様々な情報を発信していきますので、是非”参加”ボタンを押してチェックしてくださいね!
『東京店開店16周年&TAM東京店卒業式』

大好評!デッドストック生地の総柄シャツ!

こんにちは〜。
名古屋店のプラムです。

新年会シーズンですね〜。

自分も先日行ってきました↓。

130114_ume08.jpg
味噌煮込みといえば、山本屋本店!
とっても美味しかったです♪

さて、現在ドライボーンズでは春物新作の入荷ラッシュ!

昨日大阪店のトミーくんも紹介していましたが、、、
ドライボーンズの十八番である「デッドストック生地を使用した総柄シャツ」が入荷してきているので、売り切れる前にご紹介!

130114_ume01.jpg
130114_ume02.jpg

130114_ume03.jpg

DS-1966 Cat Print B.D. Shirt ¥12,390-

にゃんこの総柄プリント!
入荷前から予約殺到だったため、もうほんの数着しかありません、、、。

130114_ume04.jpg
130114_ume05.jpg

130114_ume06.jpg

DS-1969 Flower Print B.D. Shirt ¥12,390-

こちらも人気のフラワープリント!
ポッケの柄合わせもばっちり。

先にも書きましたが、これらのシャツはデッドストック生地を使用しているため、生地の都合上どうしても少量生産になってしまいます。

もちろん、同じ生地が見つからない限りは再生産も不可能なので、気になった方はお早めにお近くのドライボーンズ直営店までお問い合わせ下さい。

それでは、今週一週間はわたくしプラムが社接を担当しますので、どうぞ宜しくお願い致します♪

新作シャツのご紹介&お知らせ

こんにちは!

大阪店トミーです。

皆さま3連休いかがお過ごしですか??
現在直営店で開催中のウィンターセールも本日をいれて
残すところあと2日となりました!

おかげ様で大変ご好評いただき嬉しい限りです☆
かなり在庫の少なくなっている物もありますので
今日と明日は皆さまお誘い合わせの上Dry Bones直営店へ
ぜひいらしてくださいね〜♪

さて本日は、入荷したての春夏物のシャツを紹介したいと思います!

こちらです↓↓↓↓↓↓
ds1965_02.gifds1965_01.gif
DS-1965 L/S Animal Print B.D. Shirt (税込¥12,390)

ドライボーンズお得意のデッドストック生地を使ったボタンダウンシャツです☆
何の柄かよーく見てみると・・・

ds1965_06.gif
様々な動物達のシルエットが全体にプリントされた存在感のあるデザイン!
もちろんポケットの柄合わせもピッタリ!職人技です♪

ボタンダウンシャツはカジュアルにもドレッシーにも使えるのでとても便利です。
またコットンクロスの素材は着心地が良く、年中着ていただけるので季節毎に着回しが
効いて1着持っておかれると重宝しますよ☆

春のお出かけにこんなコーディネイトはいかがでしょうか??
DSCF2290.JPG

他にも柄物シャツの新作がたくさん入荷しておりますので
セールでお得にお買い物のついでに一足早く春物新作をチェックしにいらしてくださいね♪

そしてそして!
2012秋-大阪募集ビラ.jpg

現在Dry Bones大阪店では販売スタッフを募集しております。
やる気があれば未経験でもOKです!

お問い合わせは

Dry Bones大阪店
TEL:06-6531-1298
MAIL:fukita@www.dry-bones.com
担当:吹田

上記までお願い致します。
興味のある方、お問い合わせだけでも大歓迎です!

それでは皆さま、1週間お付き合いいただきありがとうございました♪
明日からは名古屋店プラムさんの登場です!お楽しみに〜☆

大阪店トミーでした!

雑誌掲載のお知らせ☆

こんにちは〜!

大阪店トミーです。

今日から3連休ですね♪
皆さまもう予定はお決まりですか??

トミーは先日のお休みに学生時代ぶりに京都は伏見稲荷大社に行ってきました!
お天気も良く、散歩がてら歩いているととてもすがすがしかったです☆
DSC_0375.jpg

DSC_0379.jpg

すごい数の鳥居ですよね。
いつ見ても圧巻です!お正月も過ぎたので人は少なかったですが、やはりさすがは京都、外国人観光客の方がたくさんおられました!
京都に行かれた際はぜひ行ってみて下さい☆きっと鳥居の数に驚かれると思います(笑)

そしてこの連休、お出かけコースの中にDry Bonesを入れていただけると嬉しいです!
ご家族で、お友達同士で、はたまたお一人でぶらっとぜひお立ち寄り下さいね☆

お待ちしています!

さて本日は、雑誌掲載のお知らせをさせていただきます。
1/10発売の『昭和40年男』に掲載していただきました!

SKMBT_C36013011115350.jpg
SKMBT_C36013011115360.jpg
今回は巳年に因んで蛇革を使った財布を紹介させていただいています。
先週酒姫さんもブログで紹介されていましたね☆

他にもベルトウォレットコード名刺入れ等の蛇革アイテムが充実しておりますので
気になる方はぜひチェックしてみてください。
雑誌の方も、金運アップの秘密も綴られているのでぜひ読んでみてくださいね♪

それでは本日はこの辺で失礼致します。

皆さま良い連休をお過ごし下さい☆
大阪店トミーでした!

心にも優しい、梅春物。

今年2回目のブログは、1が三つ並ぶ日となりました。
酒丸です。
この1/11、実はずっと昨年から待っていたのですよ〜!
その理由は…
せっかくなのでもったいつけて最後に書く様にします(笑)
本日は…
梅春物として入荷して来た商品を元に、
「手紡ぎ」についてお話しさせてもらいます。
ドライボーンズとしては…
基本的に「懐古趣味」な紳士洋品店を目指しているので、
古っぽいモノツクリに根差した商品展開をしている。
この「古っぽい」とか「クラシック」とか、
「懐古趣味」とかという捉え方は、十人十色。
私くらいの年代であれば、1950年代〜70年代は充分に古臭い。
が、ウチの店で働いている20代の若者とかだと、
1980年代くらいまで充分にクラシックらしい。
私は元々「古道具屋」をやっていたので、
古い物に関しての造詣は一般人よりもあると思っている。
古道具の世界では100年以上経っている物がアンティークとか骨董とか呼ばれる。
50年くらいならば、まだ「ジャンク」「古道具」のレベル。
これは今の情報化の時代に、もしかしたらそぐわないのかも。
どんどん「新しくて便利なモノ」が開発されて売り出される現代。
例えばT型フォードとかは、もう100年位前のものだからアンティーク。
でも、1955年のベルエアだって充分にクラッシックカーであり、
1980年代の2ドアスポーツセダンとかも
「古くてカッコいいなぁ」なんて思う様になって来た。
(今の車はカーナビ、ハイブリッド、自動制御とかだから)
さて、「古臭い物」についての考え方は十人十色という事を書いた。
では、殆どの人が共通して「古くて良い物」と認識出来る物とはなんだろう?
それはおそらく「ハンドメイドの物」であり、
なおかつ「現代にまで残り続けている物」という事になる。
産業革命で様々な機械が発明され、
動力を人間の手足以外に求めて作られたものが「工業製品」であり、
逆に人間の手足だけで作られたものが「ハンドメイド」。
衣料に関して言えば「手縫い」の物はやはりクラシック感がある。
という事は「オーダーメイド」は懐古趣味だ。
が、これは「手縫いの技術が継承」されていて初めて本物といえるだろう。
(オーダーメイドといっても、採寸後はすべてミシンで縫っている場合がほとんど)
では衣料の中でも「縫製」ではなく「素材」についてはどうか?
猛烈に縦落ちするデニムもセルビッチ無しのものはシャトル織機で織られているので、
いわばハイテクノロジー工業製品という事になる(一般論)。
セルビッチが付いている物は基本的に旧式力織機で織られており、
アナログながらも工業製品だ。
では「クラシック」に該当するものは?と問われれば…
やはり「手織り」であろう。
織機というマシーンではなく、「鶴の恩返し」に出てくる様な「高機」などの
織り機を使って織ったもの。
これは先日紹介した、ハリスツイードなどが含まれる。
dry130111take_1.jpgdry130111take_2.jpg
ネームの写真を見てもらえれば解る様に、
「HAND WOVEN」と記されている。
直訳すれば「手織り」という事だ。
手織りという伝統的技術を、英国政府が守って国の産業としている
この考え方は素晴らしい事だと思う。
そして更に言えば「手紡ぎ」
まだ「綿」や「毛」の状態の繊維を、人間の手だけでスピンさせて
糸にしていく事を「手紡ぎ」という。
また、色をつける際に化学染料を使うのではなく、
自然界にある動植物や鉱物だけで、しかも人間の手だけで染めていくもの。
こういったものを「手染め」という。
人間の手に染料が付いても害が無い。
こういった「布の文化」を繋いでいく事が出来たら、もっと素晴らしい。
たまたま、数年前に知り合った生地屋さんに面白い事をしている人がいる。
日本を含め、多くの先進国で失われてしまった
「手織り」「手紡ぎ」「手染め」を、発展途上国であるラオスで復活させているのだ。
「手(HAND)が3つで3H」というネーミングにしてみた。
人件費は日本の30分の1、社会的なインフラも整っていない。
しかも社会主義国。
が、なにより棉花栽培に「農薬」を使っていない。
だから身体に優しい
という事は、きっと心にも優しい筈。
dry130111take_3.jpg
この帽子の素材は、ラオスで作ったインディゴ染め平織。
名付けて「3H キャスケット」
素材のアップ。
dry130111take_4.jpg
紺色の糸が藍染め、白い糸は晒(色を入れていない綿)。
手紡ぎなので糸の太さも場所によってまちまち
この風合いが工業製品として進化して初めて、
縦落ちデニムとなるのだ。
実は最近、藍(インディゴ)以外にも多くの染料を扱える様になって来た。
これが一覧表。
dry130111take_5.jpg
藍は酸化する事で染まっていくので、空気に触れさせる回数によって
色の濃さが変わっていく。この表では3段階ある。
他にも赤く染めるラック(カイガラムシという、柑橘類に付く害虫。この虫から採れる染料は衣類以外にもチョコレート等に使われる有益なもの)、
グレーや黒に使うタイコクタン(黒檀の一種。軽く染めればグレーになり、高温で茹でる事で黒に近付く)、
茶系色にはマホガニー(白髪染めやレザーの染色にも使われる)、
黄色や緑色にはジャックフルーツ(実は世界最大の果実。染めには幹の芯を使用)等々。
これらの天然染料を混合したり順番に染め分けしたりして、
様々な色を出していくのだ。
やっと出来上がってきたレインボウストライプのストール
dry130111take_6.jpg
首に巻くと、手紡ぎの柔らかさが心地よい。
また天然染料なので微妙に色が変化する。
(一応、ドライボーンズなので寿司耳にしてみた:笑)
また、「絣(ネップ)」の技術も有るという事だったので、
今回初めてタテ糸にもヨコ糸にも絣を入れて、
ちょっとフィフティーズ風にもしてみた。
dry130111take_8.jpg
3Hのネップストール
これぞ手工芸とクラシックの融合!
こんな指示書で良く作れたな…(汗)
dry130111take_9.jpg
インディゴメインの紺色は、白いシャツなどに色が移ってしまうのでご注意
それも「天然染料」の面白さだけれど。
dry130111take_10.JPG
ライトニングの元編集長、小池くんもお買い上げ。
ここの編集の人達、やっぱり「鼻が効く」というか。
毎月大量の品物を見ているだけあって、
「良いもの」を見分ける能力が備わっていますな。
このシリーズ、もっと深く勉強していきたいので、沢山売れてくれると嬉しい。
しかも、発展途上国の人達の技術向上と賃金向上にも役立っています。
つまり「フェアトレード」という事だ。
さて、本日1/11から…
実は個人的に楽しみにしていたドラマの第2部がついに始まる!
dry130111take_11.jpg
WOWOWで始まる「ボードウオークエンパイア2」!!
マーチンスコセッシが監督総指揮の、1920年代禁酒法時代のノワールドラマ!
昨年の春に第1部が終わり、やっと第2部が完成!
いや〜、早く続きが見たい!
(特にWOWOWからは見返りとかありません:汗)
ではまた!

今週の御洒落者 from 福岡店

 
 
こんにちは、福岡店のリリーです。
本日は木曜日恒例の「御洒落者」を福岡店よりご紹介致します。
 
まずトップバッターは、久留米からお越しのK様。
282911_461028000599676_1695854530_n.jpg
 
ニットベストに紺ブレ、細身のストレートジーンズにローファーを合わせるといったトラディショナルな着こなしがカッコ良いですね☆ また、スクークマフラーの巻き方もラフで御洒落です♪
★着用商品★
■DCH-353 Felt Gambler Hat ¥14,490-
https://www.dry-bones.com/netshop/DCH/DCH353/dch353_1.htm
■DJ-624 Swing Blazer ¥44,940-
https://www.dry-bones.com/netshop/DJ/DJ624/dj624_1.htm
■DP-560W 寿司耳 Denim 5Pocket Pants ¥20,790-
https://www.dry-bones.com/netshop/DENIM/DP560W/dp560w.html
■DN-207 2Tone School Stripe Muffler ¥7,875-
https://www.dry-bones.com/netshop/DN/DN207/dn207_1.htm
  
 
2人目はドライボーンズのシャツをダウンベストと上手くコーディネイトしたY様。
281597_461423117226831_274788297_n.jpg 
今回もY様好みのシャツが見つかって良かったです。
この日購入したシャツの着こなしも楽しみにしています。
★着用商品★
■DS-1909 Glen Check Work Shirt ¥13,440-
https://www.dry-bones.com/netshop/DS/DS1909/ds1909_1.htm
 
 
3人目は佐賀よりお越しのS様。
156231_459927517376391_1019783702_n.jpg
全身Dry Bonesでのご来店ありがとうございます♪
初めてキャスケットに挑戦という事でしたが、とてもお似合いです!
次回は違った素材や色にも挑戦して下さいね。
★着用商品★
■DCH-331 Kemp Casquette ¥6,930-
https://www.dry-bones.com/netshop/DCH/DCH331/dch331_1.htm
■DN-210 Cashmere Blend Muffler ¥5,775-
https://www.dry-bones.com/netshop/DN/DN210/dn210_1.htm
■CDP-555W  Jet G Jeans ¥20,790-
https://www.dry-bones.com/netshop/DENIM/CDP555W/cdp555w.html
 
 
4人目は今年沖縄から福岡へ引っ越してきたY様。
60760_460710947298048_750982566_n.jpg
いつも独特な雰囲気が格好良いお客様です。
この日は彼女さんにクリスマスプレゼントを買ってもらっていました。
仲がよさそうな感じが伝わりました。
★着用商品★
■DN-208 School Muffler ¥6,195-
https://www.dry-bones.com/netshop/DN/DN208/dn208_1.htm
■DC-582 Snow Flake Jaquard Cardigan ¥14,700-
https://www.dry-bones.com/netshop/DC/DC582/dc582_1.htm
 
 
5人目は熊本は天草から久々のご来店のI様。
165053_463152743720535_1735674513_n.jpg
個人的に15年程前に50sの事を色々と教えて頂いた大先輩です。
インナーのシャツの色と足元のローファーがコーディネイトのアクセントになっていますね。
現在は御洒落な50sスタイルのFoods Bar「Lip-Stick」を営んでおり、
天草に旅行で行かれた方はぜひお立寄り下さいね。
Foods Bar Lip-Stick→http://www.mapion.co.jp/phonebook/M01014/43215/24330241864/
雨の中ご来店ありがとうございました。
★着用商品★
■DCT-117 Cloth Casquette ¥4,095-
https://www.dry-bones.com/netshop/DCT/DCT117/dct117_1.htm
■DSE-387 Sunglass ¥4,725-
https://www.dry-bones.com/netshop/DSE/DSE387/dse387_1.htm
 
 
6人目は久留米よりお越しのKENTAROCK様。
8839_460338594001950_1739872813_n.jpg
 
購入したばかりのコートを早速着て頂きました。
とてもお似合いですね♪
★着用商品★
■DCH-331 Kemp Casquette ¥6,930-
https://www.dry-bones.com/netshop/DCH/DCH331/dch331_1.htm
■DJ-609 Leather Combination Coat ¥39,900-
https://www.dry-bones.com/netshop/DJ/DJ609/dj609_1.htm
 
 
最後はいつもクールな50sスタイルがトレードマークのT様。
46421_461424330560043_1368272637_n.jpg
 
先日購入頂いたライダースが似合っています。
今後このライダースが、どのように育っていくか非常に楽しみですね。
★着用商品★
■DL-037 Motorcycle Jacket ¥149,100-
https://www.dry-bones.com/netshop/DL/DL037S/dl037_1.htm
■DN-208 School Muffler ¥6,195-
https://www.dry-bones.com/netshop/DN/DN208/dn208_1.htm
 
ご協力頂いた皆様、ありがとうございました☆
またのご来店お待ちしております!
 
 
そして春物新作の入荷のお知らせです。
ピクチャ 3.png
 
現在春物新作が徐々に入荷してきております!
サイズによっては早くも完売するといったアイテムも出てきております。
近くにお店がある方は、早めに店頭でチェックして下さいね♪
またネットではこちらで新作を随時更新しております。
ぜひチェックして下さいね。
https://www.dry-bones.com/netshop/netshop.html
 
 

使えるカットソー達♪

こんばんは!

大阪店トミーです。

今日の大阪は昼間ここ最近の中ではあたたかかったですね☆
気温は大きく変わらなくても日差しがあるかどうかでかなり
体感温度が違うものなんですね♪

しかし朝晩との気温差が激しいので皆さま体調管理には
十分お気をつけください。

さて本日は、タイトルにもある様にそんな気温差がある時の
温度調節に特に役立つカットソー達を紹介したいと思います!

dc580_02.gifdc580_01.gif
まずはベロア素材のイタリアンカラーシャツです。
触り心地がとても滑らかでサラサラしています☆
ベロア素材は柔らかく、しわになりにくいのでインナーとして
とてもおすすめな素材です!
またビンテージシャツに多く見られる猫目ボタンを使用する事で
古臭い仕上がとなっております。

dc579_02.gifdc579_01.gif

同じ素材でレースアップタイプもあります!
襟の形だけでなくブラックとの切替え方も変えているので
また違った印象ですね。
レース部分のアイレットには金属の鳩目を使用しているので
丈夫で長く着ていただける1着です。
テーラードジャケット等と合わせて少し大人っぽいコーディネイトに
おすすめですよ☆

お次はコチラ!
dc583_02.gifdc583_01.gif
ジャカード編みで表現された、雪柄が特徴的なオープンシャツです。
コットン素材なので着心地抜群。お手入れが楽なのも嬉しいポイントです!
冬はインナーにしてコーディネイトのアクセントに、春になれば柄を強調して
1枚での着用もおすすめ♪
シーズンをまたいでお使いいただけるのでとても便利ですよ☆

dc582_02.gifdc582_01.gif
こちらは共生地を使ったカーディガンタイプです。
シャツと重ね着をしてナロータイを締め、チノパン等に合わせたプレッピーな
着こなしやオープンカラーシャツにロールアップジーンズと合わせた50’s調の
コーディネイトまでお使いいただけます☆
またラフにTシャツの上から羽織っても素敵ですね!

お次はバイカーの方必見!
dc573_02-1.gifdc573_01-1.gif
一見シンプルなスウェットシャツですが、細かいディテールが盛り込まれた優れものなんです☆
脇部分に施されたリブで身体にフィットする構造になっており、レザージャケットやタイトな
アウターを着た際に中でごわつかない仕組みになっているのです!
また肩の部分は生地を二重にしてあるので、ハンガーで干しても肩が伸びにくい
特徴があります。
一度このフィット感を確かめにお店でご試着されてみて下さい♪
こちらはコットン素材のミニ裏毛を使用しているので、薄手なのに
高い防寒性と保温性を持たせてくれます。
もちろんバイカーの方以外にもシンプルなデザインを活かしてフランネルシャツの
インナーとしてやベスト等との重ね着もおすすめです。

いかがでしたか??
どのカットソーも3シーズンで着ていただけるとても便利なものばかりです☆

さらになんと!!

本日紹介させていただいた商品は全て、現在直営店で開催されているウィンターセール対象商品となっております。
着回しが効いてお得♪30%OFFで更にお得です!!

気になられた方はこの機会にぜひゲットしちゃって下さいね〜☆

それでは本日はこの辺で!

大阪店トミーでした!

御洒落ナ着熟シ更新。

皆さまこんにちは!

大阪店トミーです。

年末は大阪でも雪のちらつく日が何度かありましたが
今年に入ってからは比較的良いお天気が続いております☆

風は冷たいですが、冬の晴れの日は空気が澄んでいて気持ちが良いですね♪

さて本日は火曜日恒例『御洒落ナ着熟シ』の更新日です!
今回はマトンさんと私トミーがそれぞれ違った印象のジャケットスタイルを
紹介させていただいております。

ジャケット好きな方も、これからチャレンジしてみようかなという方も
ぜひ一度覗いてみて下さい。(写真をクリックでページへジャンプします)
DSCF2133.jpeg

お買い物の参考になれば嬉しいです♪

本日はその中からトミーおすすめのジャケットを紹介させていただきます!

コチラですどうぞ!!
↓↓↓↓↓↓↓↓
dj611_00.jpg
DJ-611 Contemporary Jacket (税込¥34,440)
上の写真でトミーが着用してるコンテンポラリージャケットです。
上質な張りと光沢があるシルクシャンタンを使用しているため、ジャケット全体がとても上品な印象ですよ☆
また上襟部と胸ポケット口のベロアの切替しで見た目にもアクセントが効いていてかっこいいです!
dj611_09.gif
裏地はストライプ柄で、レストラン等で脱いだ時にチラッと見えるとオシャレですよね〜♪

dj611_06.gif

dj611_07.gif
チェンジポケットや袖口の本切羽など、クラシカル且つ手間のかかった仕上がりとなっています。

スラックスからジーンズまで幅広く合わせていただけるジャケットは1着あるととても便利ですよ☆
気になられた方はぜひお近くの直営店、取扱店までお問い合わせ下さい。

それでは本日はこの辺で失礼致します。

大阪店トミーでした!

新作入荷情報♪

こんにちは!

大阪店トミーです。
一週間お付き合いお願い致します!

先日までのお正月の雰囲気も落ち着き、街もいつもの日常に
戻りつつありますね。

皆さまはどんなお正月を過ごされましたか??

トミーは31日の仕事納めの後、友人達と飲み明かし
新年を迎えました♪
そのまま京都の八坂神社へ初詣に☆
(酔っぱらってすっかり写真を撮り忘れてしまいました。。すみません。。)

改めまして皆さま本年も宜しくお願い致します☆

さて!本日は直営店に入荷したてホヤホヤの商品の中からトミーおすすめの
1品を紹介させていただきます。

コチラです↓↓↓↓↓↓↓
dj633_00.jpg
DJ-633 Volstead Label Work Jacket (税込¥22,890)
1920年代のワークジャケットを基にした12ozのデニムジャケットです。
まず印象的なのはやはり左胸のポケットですよね☆

通称ガチャポケと呼ばれるこちらのポケットは当時、まだ「ワークウェア」という概念が
確立されていなかった時代にそれぞれの職業で使い勝手が良い様にポケットの大きさを変えたり付ける角度を変えたりした事に由来します。
デザイン的にもインパクトがあってかっこいいですね♪

他にもポケット内部のユニオンチケットやメタル素材のチェンジボタン等
古臭く、ワークウェアらしいディテールが盛り込まれています!

スクリーンショット 2013-01-06 17.55.02.png

大阪店ではこんな感じにコーディネイトしてみました☆
DSCF2253.JPG
同じ12ozデニムを使ったダブルニーワークトラウザーズと合わせて男らしいワークスタイルに!
こちらのパンツも入荷したての新作です♪(雲野住店でのアップはもう少々お待ち下さい。)

もちろんチノパンやミリタリーパンツとの組合わせもおすすめ!
色々なアイテムとのコーディネイトが楽しめるこちらのワークジャケット
気になられた方はぜひお近くの直営店までお問い合わせ下さいませ♪

そしてそして!!
165872_526809940670641_772770186_n.png

只今直営店ではウィンターセール開催中です!
おかげさまで新年早々たくさんのお客様にお越しいただきとても嬉しいです☆

かなり在庫が少なくなってきた物もあるので、まだチェックされていない方は
お時間見つけてぜひ遊びにいらしてくださいね〜!
お待ちしてます♪

それでは本日はこの辺で!

大阪店トミーでした!

1 2 3