最高峰のレタードセーター(自画自賛)。

金曜日になりました。酒丸です。
一気に涼しくなりましたね!
もう朝晩は寒い位なので、ウチは羽毛布団を出しました。
着々と進む「冬への準備」。
さて、本日はそんな日にうってつけの、
スペシャルな新作を御紹介。
このところ数年間連続して作っている、
シェットランドウールを使っての1920〜30年代調セーター
今年もやっと出来上がってきました。
今年はVネックで、よりプレッピーに。
dry121012take_1.jpgdry121012take_2.jpg
ブラック地のセーターに赤いレターという配色と、
マスタード地のセーターにネイビーのレターという配色の、2色展開。
糸は毎年恒例の、あまり脱脂されていない、重量感のあるシェットランドウール
こんなに目が詰まっており、ウール素材の何とも言えない暖かな香りがする。
dry121012take_3.jpg
すでにこの編地だけでも驚嘆レベルなのだが、
今年はちょっと意味深にデコラティヴ
まずはフロントに付くレター。
アップ。
dry121012take_4.JPG
ちょっと光っちゃって見え辛いが(汗)…
一番下に1mm厚のクリーム色がかったフェルトを裁断し、
その上にやはり1mm厚のライトラベンダーのフェルトを挟み込み、
その上にサガラ刺繍(起毛部分)を施し、
更にそのサガラ刺繍の周りを、同色のチェーンステッチで縁取った。
1920年代頃の作り方を再現
恐るべき手間と工賃(汗)。
そしてバックにも、ちょっとしたレターを付けた。
dry121012take_5.jpg
三角形が二つ重なった様な、「六芒星」という形の中に、
かなりリアルで古臭い図案のスカル
この意味がマニアックで…
六芒星とは、イギリスからアメリカを建国しに移住してきた、
1600年代から使われてきた秘密結社の暗号でもある。
そしてその中のスカルは…ご存知KKKのマーク。
白人至上主義を掲げた1920年代のクー・クラックス・クランが儀式で使用したマーク。
こんな感じのレター。
dry121012take_6.jpg
生成り色の、1mm厚のフェルトにフロッキープリント。
しかもユーズド感を出す為に結構乱雑な版下を製作、ラフな表情が出せた。
更に右上腕部にもちょっとしたレターを。
dry121012take_7.jpg
菱形に型抜きしたフェルトの上に、
赤い「13」の文字をやはりフェルトで本縫いで取り付け。
これはまだレターの技術が確立されていない20〜30年代の雰囲気を出してみた。
手作り感があって、個人的に収集しているシリーズ。
この3種類のレター(2色展開)は、バラ売りもしています。
詳しくは店頭にて。
さて、この3つのレター、共通項があるのは解るだろうか?
基本的には1920〜30年代の作り方を踏襲しつつ、
アイビーやプレッピー、トラッドの原点伴った事象を暗に表現している、
六芒星はフリーメイソンスカルはKKK 、そして13はアメリカ建国時の州の数
そう、イギリスから船で新大陸(アメリカ)に辿り着いたプロテスタント達は、
フリーメイソンやKKKとも複雑に絡み合いながら13州の独立を果たしたのだ。
第1次世界大戦が終わり、疲弊した国を建て直す為には、
まず国民が共通の「愛国主義」を掲げる事で、意識を高揚させたのだ。
それが1920年代の工業力強化に繋がり、農場や工場務め以外の職種を産む事になった。
保険外交員や労働組合等、横の繋がりも必要だが一匹狼で仕事をしていく人達。
彼らは戦後、居場所がなくなってしまったので、横の繋がりで自我の確立をしていった。
それが様々な秘密結社や組合を産み、横の繋がりで町や政治を動かす様になっていったのだ。
その典型は…実は「学閥」だった。
特にエリート8大学出身者は同級生や先輩後輩と繋がりを持ち、
様々な新しい仕事を産み出していったのだ。
月賦払い、先物取り引き、土地ころがし、株式相場…
こういった農業や工業とは違う職業が、1920年代に確立していったのだ。
この時代の、そういった事を理解してくると非常に面白い。
100年近く前の事が、すべて「今の時代」に繋がってくるのだ。
ロムニー氏とオバマ氏の舌戦も、根源はここにあるのだ。
だからアメリカンヴィンテージは奥が深い。
最後に、ウチのニット工場さんのマシンをちょい見せ。
dry121012take_8.jpg
ドイツ製の古い高性能編み機、その名も「スリースター」!
このデザイン、そのままT-Sにつかえるほどカッコいい!
ではまた!
ドライボーンズフェイスブックページあります。

今週の御洒落者from東京店

どーも!東京店のすどんです。
だんだん涼しくなってきたと思ったら、今日は気温が上がって暑くなりましたね〜。
明日からはまた気温が下がるみたいなので嬉しいです!
早く寒くなって秋冬のお洒落を楽しみたいものです。
さてさて、今日は『お洒落者の日』
先日、行われた福引大会ガラガラポン!に遊びに来て頂いたお客様をご紹介致します!
su_1011_1.png
su_1011_2.png
su_1011_3.png
su_1011_4.png
su_1011_5.png
su_1011_6.png
su_1011_8.png
su_1011_9.png
su_1011_10.png
su_1011_11.jpg.png
みなさん、いい顔していますね〜♪
撮影ご協力ありがとうございました!!
イベントは終わりましたが、随時、写真を撮らせて頂ける方募集中です!
新作も続々入荷中なので遊びに来て下さいね〜。

タフミより最新情報 ♪

社接を御覧のみなさま、こんにちは!
ご無沙汰しております、タフミです☆
今週はワタクシの当番ですが、時すでに水曜日・・・(汗)
急ぎ足で、オススメ情報をお伝え致しますね!
な、なんと!!!
昨夜からドライボーンズ東京店にて、
酒丸氏の古物コレクションを展示販売しております〜!!!
20121010.JPG
TIKIやSKULLモノが多くを占めますが、
Mug、Bottle、Glass、S&P、アクセサリー・・・などなど、
古物好きにはたまらないラインナップとなっております☆
はっきり言ってしまいますと、御覧にならないと損しちゃいます!!!
見るだけでもウキウキしますよ☆
タフミも欲しいものがいくつも出来てしまいました。。。
週末にでもこっそり買いに行こうと思っています(笑)
ワタクシのオススメはここらへんでしょうか・・・・・
201210102.JPG
201210101.JPG
それぞれ1点ものとなっておりますので、急いでお出掛け下さいませ!
東京店へは遠くて行けないよ〜と思われた貴方、
もうひとつHOTニュースがあります!!!

大好評で幕を閉じました「福引大会ガラガラポン!」最終日の翌日、
そうそれは昨日10/9(火)のことなのですが・・・
な、なんと新作のシャツが8種類も本社に届きました〜!!!
201210105.JPG
すでに各店へ送り込みましたので、福岡店以外は到着しているはず☆
(福岡店は明日到着致します☆)
ここ最近は予約完売サイズも続出しているので、まずはお店へGO!です!
いろいろ着比べてみて、お似合いのものをお選び下さいね☆
と言った訳でして、本日はこのへんで。
またお会いしましょう!ごきげんようです☆
☆オマケ☆
本日レモンさんに頂いたアメリカン・ドンパッチ&グミ。
もうすぐハロウィンですね ♪♪♪
201210104.jpg

「御洒落ナ着熟シ」更新 & 出店イベントのお知らせ!

こんにちは〜。
名古屋店のプラムです。

大好評のうちに昨日幕を閉じた、福引き大会 「ガラガラ ポン!」楽しんで頂けましたでしょうか??

そして、お持ちの方も多いであろうコチラ↓のお得なスペシャルクーポンチケット!
121009_ume08.jpg
本日から使用可能となっておりますので、ぜひぜひ使いに来て下さいね〜!!

さて、今日は火曜日!という事で、名古屋店の「御洒落ナ着熟シ」ページを更新しました♪
121009_ume01.jpg
今回も、名古屋店スタッフがそれぞれのおすすめコーディネイトをご紹介させて頂いております。

その中でも、わたくしのおすすめアイテムがこちら↓!
121009_ume02.jpg121009_ume03.jpg
DK-086 Mohair Argyle V-Neck Sweater ¥24,990-
モヘアのVネックセーター!
なかでもわたくしのおすすめは上の画像でも着用しているこちら↓のレッド!
121009_ume04.jpg
秋冬のコーディネイトはどうしても暗くなりがちなので、インナーにこのくらい明るい色が欲しいところですよね!
保温性も高く、全然チクチクしないので着心地もばっちり!

121009_ume05.jpg121009_ume06.jpg
袖と後ろは無地なので、落ち着いた大人っぽい雰囲気です。
色・サイズによってはもうすでに完売間近なので、気になる方はお早めに!
10月も中盤に入りだいぶん肌寒くなって来たので、冬支度にはぴったりの時期ですよ♪

そして、最後にもうひとつだけお知らせがあります!

来週末の10/20(土)、ドライボーンズとしてこちら↓の音楽イベントに出店致します!
121009_ume09.jpg
ROCKABILLY,R&R系の老舗レーベルのOn the Hill Recordsさんが毎月開催しているイベント”Rhythm Bound”のスペシャルバージョンです!
会場は名古屋市中区金山のCLUB SARU
ドライボーンズ名古屋店近くの上前津駅から2駅の距離なので、お買い物帰りに遊びにいくのもおすすめです。

また、普段時間が合わなくて直営店にはなかなか行けない、、もしくは行った事がないという方も、この機会にぜひ遊びにいらして下さい!

他にもレディースのお店と楽器屋さんが出店されるそうなので、色々と見ているだけでも楽しめると思います。

ドライボーンズからは、わたくしプラムと本社タフミさんのライブ大好きコンビが参加します♪
興味のある方はぜひ遊びにいらして下さいね〜!

ガラガラポン! from 大阪

こんにちは!
大阪店トミーです。
今日も大阪は快晴!風が涼しくてとても清々しいです。
来週も関西は良いお天気の様ですね☆
皆さま3連休はいかがお過ごしでしょうか?
ドライボーンズをお出かけのコースにいれていただけると
嬉しいです♪
ぜひ遊びにいらして下さいね!
さて、おかげさまで各直営店で大変盛り上がっている
ガラガラポン!ですが・・・
本日を含めて残り2日となりました!!
まだガラガラを回されていないという方はお急ぎ下さいね〜。
まだまだ豪華賞品ゲットのチャンスあります!
本日は大阪店にお越しいただきガラガラポン!を楽しんでいただいた
お客様をご紹介させていただきます。
まずはこちらの方
K様.jpg
プレゼント選びでご来店いただいたK様。
プレゼントのチョイスをお手伝いをさせていただき
ガラガラ…なんと大当たり!
ブーツをゲットされました☆
プレゼントも喜んでいただけたとの事で嬉しいです!
またぜひいらして下さいね。
お次はこの方
S様.jpg
お見事!サングラスをゲットされたS様。
おめでとうございます!
ポーズも素敵ですね☆
また楽しいお話お聞かせ下さい。
さてお次は
DSCF1382.JPG
高校時代からのご友人同士U様(左)とF様(右)。
この日は難波にて知り合いのライブに参戦との事。
U様、ゲットされたステッカー、目立つところに貼りまくっちゃって下さい!
お次はこの方
DSCF1383.JPG
お久しぶりにご来店くださったというN様。
見事にストラップ獲得です☆
また関西へお越しの際はぜひお立ち寄り下さいね!
ラストはこちらの方々
DSCF1388.JPG
大勢で遊びに来ていただいたO様御一行です。
いつも元気なお嬢さん☆
大阪店がとても明るく賑やかになります!
いつもありがとうございます☆
また皆さま揃って遊びにいらしてください。
いかがでしたか?
皆さま素敵な笑顔ありがとうございました♪
各店でも大当たり続出のこちらのイベント、明日10/8(月)までとなっております。
気になられていた商品がある、秋冬新作見てみたいなという方は
この期間がおすすめです!
もれなくお楽しみが付きますよ☆
連休最終日はお近くのドライボーンズ直営店まで♪
お待ちしております!
それでは本日はこの辺で。
大阪店トミーでした!

コートについて。

本日も登場、酒丸でございます!
各地域とも良い天気のようで、何より!
続々と「ガラガラポン!」のアタリ報告が来ております!
そんな中、あまりカジュアルではない「コート」の話しを。
今年のコート、結構カッコいいのだ。
まずはナイロン素材のバルカラーコート
dry121007take_1.jpgdry121007take_2.jpg
左側はワイン(というか茶色)、秋らしい色。
右側はブラック、冠婚葬祭にも使える。
BAL COLLAR(バル・カラー)とは、いわゆる和製英語のステンカラーの事。
形も極めて一般的で、TPOをあまり選ばない。
このコートの素材はナイロンタフタ。
軽くて撥水性が良いため、ちょっとした小雨くらいならへっちゃら。
一番上の釦には…
dry121007take_3.jpg
レザーのクルミ釦を採用。
台襟も付いているので、襟も落ち着いた形に収まる。
そして一番のセールスポイントはココ!
dry121007take_4.jpgdry121007take_5.jpg
左側の写真が裏ボアを装着している時の写真、
右側は裏ボアを外して、1枚になった時の写真。
ボアには綺麗な発色の袖裏が付く。
寒い日には裏ボアを付けてスーツの上から着るも良し、
ちょっと暖かい日ならボアを外して持って歩くのも軽量で楽。
その持って歩く時とかは、どうしても内側が見えてしまう。
でも大丈夫。
何とこのコート、ナイロン素材なのに、ほとんどの箇所を「折り伏せ縫い」にしている。
織り伏せ縫いとは、1本針のミシンで手仕事に近い縫い方をする方法。
丁寧で綺麗なのだが、アイロンをずっとかけながら縫わなければならない為、
非常に手間がかかるので縫製工場さんは嫌がる。
ましてやナイロンなのでアイロンの温度を気にしながら縫わないと、
溶けてしまうのだ。
ウチの縫製工場さんは職人気質な人が多く、了承してくれた。
かくしてこの「一見、何でも無い様な普通に見えるコート」は、
見る人が見れば「うおっ、すげー手間ひま掛けたコート」に出来た。
そして全く同じデザインで、千鳥格子バージョン
dry121007take_6.jpg
これは1950〜60年代の有名コートブランド「LONDON FOG」でも作られていた物に近い感じ。
なのでちょっと個性を出すべく、第一釦だけ遊んで…
dry121007take_7.jpg
焼き付け塗装のアンカー柄メタル釦を採用。
軍物っぽい感じになった。
素材はコットンツイルで、やはりコートに必要な撥水性がある(ナイロンほどではないが)。
上記のナイロンと同様、ボアの取り外しが可能。
dry121007take_8.jpg
非常に小さなジッパーで裾から反対側の裾まで1本で繋がっているため、
着脱が楽。
しかもちゃんとボアをパイピングしているので、噛んだりする事が少ない。
dry121007take_9.jpgdry121007take_10.jpg
左側がボア装着時の写真、
右側がボアを取り外した時の写真。
こちらの場合は、ボアを取り外した時に色気のある袖裏が出るようにした。
紳士服は脱いだ時にも色気が有る事が、望ましい
3連休中に、仕事用のコートを選ぶのも良いのでは?
しかも、カジュアルにも着回せるのでお得。
さて、本日のお色気拾い物写真は、コレ!
dry121007take_11.jpg
紳士服の裏側にも色気があるならば、樹木に色気が有っても良いではないか!
ではまた!

重ね着提案型ダウンジャケット。

何と初めての、1日で本人が2回のブログ更新。酒丸です。
週末が3連休になるという事もあるのですが…
当然3連休なので本社業務は私以外は休みです。
(デザイナーは休日に仕事がしたい)
なので、連休が入ると当方ネットショップである雲野住店への
新作アップも遅れがちになってしまいます。
なので、最近入荷したんだけど
「まだネットショップにはアップされていない新作」
も御紹介しておこうかな、と。
(ネットショップユーザーの方は、もうしばらくお待ちくださいませ)
特にこのアウター、バイク乗りの人は必見
どうしても紹介しておきたかった、今季一押しのアウター、
それがこのオーバーアナザーダウンジャケット。
スリーサイズあって、¥69,300。
dry121006take_1.jpg
オーバーアナザージャケットとは…
「重ね着している様に見えるジャケット」ということ。
その名の通り、ブラックのダウンジャケットの上から、
ブラックレザーのベストを重ね着している様に見える。
インポートブランドでも昔から似たような感じのデザインはあったのだが、
どうも細部の作りがチープだったので、着辛かった。
ならば自分で納得出来るダウンジャケットを作ってしまおう、と。
まず襟まわり。
dry121006take_2.jpg
ダウンジャケット部分に使用しているジッパーは、
ビスロンジッパーと呼ばれる軽量なプラスティック製。
引手にはバー&ボールチェーンにして、
グローヴをしていても開閉が楽な物を採用。
中のダウンパックはダウン85%、スモールフェザー15%の混率。
軽くて温かい。
また、表面の素材はナイロンの高密度タフタを使用。
撥水性も高い。
そして、スタンドカラーにする事で防寒性もアップ。
dry121006take_3.jpg
そのスタンドカラーを開けると、
首に直接当たる部分には黒のベルベットを使用
温かいし、汚れも目立ちにくい。
そして袖口。
dry121006take_4.jpg
輪編み(!)で編み立てられた袖口リブは、
軍物と同じ様に二段編みにして、フィット感をアップ。
また、チャコールとグレーの糸を引き揃えで編み立てたため、
ここも汚れが目立たない様にした。
そして肝腎のレザー。
dry121006take_5.jpg
クリックすると別枠でポップアップウィンドウが出るので、
大きくして見ていただきたい。
肉厚且つ柔軟なカウレザー、肌理も細かい。
(レザーには個体差が有るのでご了承を)
そして胸ポケット。
dry121006take_6.jpg
チケットポケットとしても使えるポケットにはジッパーを使用。
モノが落ちにくい作り。
ジッパーのアップ。
dry121006take_7.jpg
クラシックなチェーンジッパーはWALDES製。
そして…
dry121006take_8.jpg
ハンドウォームポケットは両玉縁仕様。
中の袋地は起毛してあり、温かい。
バイカーはもちろん、タウンユースでも大活躍のこの1着。
敢えてブラックのみ。
dry121006take_10.jpg
もう1ヶ月となったブラックレザーライオット&ドライボーンズ23周年、
前売りチケットはイープラスさんの他、ドライボーンズ代官山店でも販売中!
さて、そろそろ着替えて、出発!
dry121006take_9.jpg
ではまた!

アメグラに想いを馳せて。

金曜日になりました。酒丸です。
ドライボーンズ各店舗のイベント「ガラガラポン!」も佳境に入って来ており、
続々と大アタリが出てきていますね!
皆さんの「引きの強さ」にちょっとタジタジとなっております。
この3連休、多くの人がいらしてくれると思いますが…
そんな中、早速入荷した新作を御紹介。
やっと入荷した、クラブジャケット「ジェンツ」
dry121005take_1.jpgdry121005take_2.jpg
左の写真はレッドの表側、
右の写真はブラックの後ろ側。
裾にはドット釦が付いたベントが付き、
ウエスト位置にもドット釦が付いたタブで調節が出来る様になっている。
いわゆる「カー・コート」と言われる種類のジャケット、
こういったデザインのモノがなぜカーコートと呼ばれるのか?
疑問に思う人もいると思うのでちょっと説明。
この手のジャケットは、1950年代の若者の間で流行した。
1950年代の若者は、
国が裕福になってきて自動車が各家庭でも持てる様になってきた時代。
だが「スピードを求める若者」には、当時の自動車はちょっと手が出なかった。
パパが1台持ってはいるものの…
それはあくまで家族用の自動車であり、
若者が自由に遊べる自動車では無かった。
そこで古い中古車を探し出して、
自分達でエンジンを積み替えたり、
外装を変更したりして個性やスピードを競ったのだ。
1950年代当時、金をあまり使えない若者でも買える自動車とは…
もう「鉄くず」に近くなってきていた1930年代以前の、
「流行遅れ」の自動車、つまりT型フォード等を筆頭にした
「古臭い中古車」だったのだ。
特に1920年代前半位までの自動車は、まだ開発途中であり、
フォード社が安く大量に作っていたので「最軽量化」されていた。
新しい自動車の様に内部もそれほど複雑では無く、
そして一番のポイントは「幌付き(屋根無し)自動車」
つまり「PHEATON(フェートン)」と呼ばれる安価な物だったのだ。
その為、夜な夜なスピード競争をするには…「寒い!」のだった。
その為、着丈を長くして腿まで覆う事が出来る着丈が望ましく、
リブ編み立てのヘチマ襟で、極寒の時はその襟を立てて運転
すきま風も入ってくる自動車なので、袖にもリブを付けて防寒対策をしていたのだ。
当時のカーコートは、この有名な本にもたくさん掲載されており。
dry121005take_3.jpg
タナカリンタロウ氏の「My Freedamn! 6」。
この書籍の227pに…
dry121005take_4.jpg
まだ「PENNY’S」というブランドネーム(この後、JCPennyとなる)の頃の
カーコートが掲載されている。
ご存知の様にPENNY’Sとは、今でいう廉価な百貨店ブランドの一種。
そんなブランドでもこの形を出していたという事は、
いかに当時、この手の形が大流行したか解る。
なので当時の雰囲気を残したモノツクリをしてみた。
まず袖。
dry121005take_5.jpg
ウールでゴツく編み立てたリブは、折り返して縫製。
風の侵入を阻んでくれる。
ちょっと特殊な編み方で、ボディの地色が下に出てくるように表情を変えてみた。
また、左袖にだけジッパー付きポケットを配置。
dry121005take_6.jpg
ポケット口にはパイピングを挟み込んで視認性を上げてある
ジッパーには昔ながらのチェーンが付いたWALDESを使用。
そして内側。
dry121005take_7.jpg
ゴールドサテンに肉厚のキルティングで防寒性もばっちり
脇の下には「月形布」という、当時でいう「汗留め機能」のコットン生地が付く。
特にカリフォルニアの様に夜と昼の温度差が激しいエリアでは、
Tシャツの上からこのジャケットを羽織る、というコーディネイトも多かった。
(日本ではなかなか出来ない着こなし:気候的に)
映画「アメリカングラフィティ」の中でも、こんな着こなしが出てくる。
悪役として出てくる「ファラオ団」がそうだ。
このジャケットは、この映画から「ファラオジャケット」とも呼ばれる
そんな背景を持つこのジャケットなので…
背中の刺繍で「意味」を持たせた。
背刺繍の原画を初公開。
dry121005take_8.jpg
このデザイン画は私がイラレで描いた絵。
1920年代調の紳士(シルクハットに鼻眼鏡)のバックには、
1950年代調のスペイシーな自動車を描いた。
実はこのデザイン、「円」と「多角形」だけで構成された「記号に近い絵」なのである。
こういった絵は「ピクトグラム」と呼ばれており、
「記号化された標識」などで使われる絵なのだ。
ピクトグラムとは…
東京オリンピックの際に一般に知られる様になった視覚記号の一種。
東京オリンピックは、
世界初の「アルファベットを日常使っていない国でのオリンピック開催」だったので、
日本語表記の案内板だと外国人には解らないし、
英語表記の案内板だと日本人が解らない。
双方を考慮した結果、「絵だけで意味が分かる様にした記号」で、
案内板を作る事になったのだった。
それが世の中に広く認知されてきたのが1970年代
つまり、今のドライボーンズがテーマとして掲げている
「205070」を、背中の刺繍で表現してみたのだ。
その原画を、刺繍で表現。
dry121005take_9.jpg
1950年代のカークラブコート同様に、
ぐりぐりのチェーンステッチで表現(すごい針数!)。
個人的には…
ビンテージではあまり見かけないレッドを、
ちょっとオーバーサイズで着たりするが好みなのだが…
多くのお客様から事前に予約が入っていた事も有り、
実は残り僅かでございます(汗)
この3連休で確実にサイズ欠けや色欠けが起こりそうなので、
早目にお求め下さいまし!
今日の拾い物写真は、こんな感じでどうでしょう。
dry121005take_10.jpg
フェートンよりもちょっとだけ新しい、1930年代くらいの自動車に捕まる美女
ナイスな構図!
ではまた〜!

ガラガラ ポン!残り4日!!

こんにちは〜。
名古屋店のプラムです。

福引き大会「ガラガラ ポン!」も残すところあと4日!ですっ!
120913_ume05.jpg

どうやら最後の3連休も今のところ天気は大丈夫のようですね〜。
(名古屋の予報のみでスミマセン、、)
121004_ume08.png
残りものには福がある、、かも!?なので、ぜひぜひこの3連休はお近くのドライボーンズへ!
皆様のご参加お待ちしてますね〜♪

さて、今日も「ガラガラ ポン!」に参加頂いた素敵なお客様をご紹介させて頂きます!

121004_ume01.jpg
静岡から来て下さっている M様ファミリー!
なんとなんと、革靴が大当たりっ!!
大切に履いて下さいね♪

121004_ume02.jpg
「ガラガラ ポン!」に初挑戦して下さったO様。
雰囲気ありますね〜。
またいつでもお気軽に遊びにいらして下さいね!

さて、いつもの様にここでわたくしのおすすめ商品コマーシャルタイム。
今日は、上の画像にもちらっと写り込んでいるマネキン君着用のこちらです↓!

121004_ume03.jpg
DJ-609 Leather Combi Coat ?39,900-

レザーとウールケンピの2トーンになったコート。
大人っぽいですね〜。
色気ありますね〜。

121004_ume04.jpg121004_ume05.jpg
グレーとブラックの2色展開。
僕はブラックが欲しいです。

121004_ume06.jpg121004_ume07.jpg
袖口にもレザーのアジャスターがついてアクセントになっています。
ストライプの裏地も色気があってかっこよいです。

スーツなどの上からも着られるデザインなので、お洒落着としてはもちろん!
パーティー 〜 仕事 〜 夜遊びにまで大活躍間違いなしの万能コートです♪

いかがでしょうか??
気になった方はぜひこの3連休に見にいらして下さいね〜!
ご来店お待ち致しております♪

1 2