新作カーコート入荷です♪

こんにちは〜。
名古屋店のプラムです。

福引き大会ガラガラ ポン!も残すところ、あと9日間!!【10/8(月・祝)まで】

なんと、名古屋店は未だ一等賞と二等賞が出ておりませんっ!

せっかくのお祭りイベントなので、どうせなら出て欲しいなぁ、、、。
我こそは!というそこのあなた!!

ぜひぜひ狙いに来て下さいね〜♪

さて、本日もその「ガラガラ ポン!」の盛り上がりを少しだけご紹介♪

120929_ume01.jpg
鐘を持ってナイスポーズをキメて下さったM様。
お連れ様もとっても良い表情!ご協力どうもありがとうございます♪

120929_ume010.jpg
お次はなんと!
ゾロ目デポン!にチャレンジして、2回中2回ゾロ目を出されたA様!
さすが!持ってますね〜。
同じタイミングで偶然来店して下さったI&K様、T様と一緒に大盛り上がりでしたっ!
おめでとうございま〜す♪

そんなA様、I様、T様に大好評だったのが、こちらの新作ファラオ↓です!!
120929_ume03.jpg
DJ-622 Club Coat”GENTS” ?39,900-

厚手のメルトン地なので真冬の防寒着としても充分活躍します。
背中の刺繍も豪華!!

120929_ume04.jpg120929_ume05.jpg
レッドとブラックの2色展開です。
ポケット口の白パイピングが利いてますね〜。

120929_ume06.jpg120929_ume07.jpg
背面。
パイピングに合わせた白のスナップ釦で着心地を調整出来ます。
この着丈でも動きやすい様にサイドベンツになっているのも嬉しいポイントですね!

120929_ume08.jpg120929_ume09.jpg
アップにすると、びっしりと贅沢にチェーンステッチで刺繍してあるのがわかりますね。
裏地はキルティング付きなので本当に暖かいです!!

いかがでしょうか??
カーコートは毎年入荷後即サイズ欠けする人気アイテムなので、気になっている方はお早めにご検討下さい!

それでは、ご来店お待ち致しております!

9/29ロカビリーナイトへの…

さて、金曜日になりました。酒丸です。
直営店舗はイベント「ガラガラポン」の真っ最中!
多くのお客様が、レザージャケットやらブーツやらが当たっている様で
我ながら「なんという大盤振る舞い!」と、ちょっとビビっており。
そんな最中、明日の土曜日は盟友DJ コブラの25周年として、
川崎クラブチッタで「ROCKABILLY NITE」が開催!
当然、私もお祝いを兼ねて楽しみにいきます!
ドライボーンズも出店します!お楽しみに!
何を隠そう、ワタクシ酒丸も1980年代に…
新宿ツバキハウスのロカビリーナイトに毎週通っていたクチ。
その頃に出会った多くの友人とは今でも繋がりがあり、
たまには飲んだり遊んだり。
やっぱり、趣味が近いという事で「類は友を呼ぶ」訳だ。
ドライボーンズと言うブランドの根本的な部分の一つに、
この手の文化もあったりするので…
今日はそういった商材を御紹介。
まずは今年の新作、サンダーバード柄ギャバディンジャケット!
dry120928take_1.jpgdry120928take_2.jpg
このデザインは、1950年代中期に流行したデザインをそのまま踏襲。
ドライボーンズとしては15年以上前に作った事がある柄なのだが…
今回は、今のニーズに合わせて多少タイト&シャープに作ってみた。
裏地は当時からあった「フィフティーズらしい下品な配色」。
内ポケットも付けたのでスマートフォンも入れられる〜!
他の色展開もあるので、ココをクリックしてご確認を!
そして同じくギャバジャン、ネッププリント柄
dry120928take_3.jpgdry120928take_4.jpg
実はこの柄も当時に存在していた、結構レアな柄。
そして5、6年前に作ってブラックは完売していたのだが…(他の2色は僅かに在庫アリ)
事務所の引っ越しで原反がちょっと出て来た(笑)
なのでこのタイミングに合わせて僅かに製作。早い者勝ち!
通常のギャバジャンよりちょっと不良っぽくしたかったので、
裾周りは「リブ使い」としてみた(右写真)。
こういった「微妙にレアなディテール」好きなので。
そして今季のシャツの新作、プリーツ入りオープンシャツ!
(ネットショップではまだアップされておらず:汗)
dry120928take_5.jpgdry120928take_6.JPG
これは1950年代というよりも、1930〜40年代のヴィンテージを元に製作。
右側フロントには肩口から裾までプリーツが入り、
左ポケットにもプリーツが入っており、しかもハンドステッチで留めてあるのだ。
なんという手間のかかり方!
一応、ヴィンテージの写真もアップ。
dry120928take_7.JPGdry120928take_8.JPG
なぜこのシャツが1950年代ではなく、1930〜40年代なのか?というと…
まずは縫製が全く違う。
このヴィンテージ、ジャケットを作る工程と同じ様な工程で縫製されている
1950年代にはシャツの量産工程がスッカリ確立した時代なので、
ジャケットライクに作る事は、まず無い。
ヴィンテージの方のポケットを見てもらうと解るが、
ポケット付けのステッチが表面に出てきていないのである。
これはジャケット用の特殊ミシンでなければ作れないポケットなのだ。
アメリカの1930〜40年代、恐るべし。
さて、もう一度貼っておきます!
dry120928take_9.jpg
土曜日の16時からスタート、22時まで!
その後は隣のアティックで2次会!と記載されており。
ん?
こんな事も書かれていた!!
dry120928take_10.jpg
なんと!「ドレスアップ・スペシャル!」!!
じゃあこんなアイテムも紹介!
dry120928take_11.jpgdry120928take_12.jpg
ドライボーンズの新作、ウェブ柄のボウタイ
今までウェブ柄のネクタイウェブ柄のポケットチーフは作っていたのだが…
ボウタイが作れる工場をずっと探していて、今年から初御披露目!
中には「全色買い」した方もいて、ずっと待っていてくれたかと思うと感無量。
こういったボウタイひとつ付けただけで、
オーバーオールを着ていようがワークシャツだろうが、
あっという間に「ドレスアップ」した感じに見える!
しかも金具で引っ掛けるだけの簡単な装着方法なので便利!
では、今日はこんなコテコテのロカビリーで締めます。土曜日、チッタで会いましょう!

ジョニーバーネットトリオ!セットもカッコいい!

DENIMページ、更新!

火曜日なのにこんにちは。酒丸です。
今日の都内は涼しい〜!
もうすっかり秋の便り、という感じ。
なのでワタクシからも秋のジーンズページ更新、のお知らせをば。
ネット上の事柄(サーバの移動とか色々)がだんだんと落ち着いてきて…
やっと従来からのページを少しづつ改良中。
そんな中、急ぎで進めておきたかったデニムページが
一応、ラインナップ出来てきたので御紹介。
まずはDP-510
バックストラップ付き、サスペンダー用ボタン付きの20世紀初頭タイプ
dry120925take_1.jpg
オーバーサイズをベルトで絞って穿いている様なシルエット。
詳しくは品番をクリック。
次はCDP-555
ロックバンド「ギターウルフ」とのコラボジーンズ。
dry120925take_2.jpg
ワタリから裾口までほとんど絞られていないシルエット。
ブーツがよく似合うシルエットとも言える。
詳しくは品番をクリック。
そしてDP-580
一番細身のブルージーンズ。
dry120925take_3.jpg
ロッカーテイスト漂う、細身のファイブポケット
リーバイスで言えば…ピケの911に近いシルエット。
詳しくは品番をクリック。
そして一昨年デビューの、DP-560
dry120925take_4.jpg
一番「スタンダード且つスタイリッシュ」な形
リーバイス66タイプに、限りなく近いシルエット
詳しくは品番をクリック。
そしてついに今年、新作として御披露目!DP-530
dry120925take_5.jpg
私自身が最近「1950年代よりも古い物」に関心が行っている為に作ってみた、
XXやAくらいのワタリにちょっと膝下までテーパードした、新しい「古い感じに見える」シルエット。
ジーンズというよりも「トラウザース」的な形を目指してみた。
詳しくは品番をクリック。
ドライボーンズはこの手のジーンズを作り始めて、早20年近く経った。
この間、業界内外でも色々な事が起こり、
ある事は進化し、ある事は退化し…変化してきた。
縫製、デニム、意匠、ブランド、エトセトラエトセトラ。
ちょっと面白いブログを見つけたので貼り付けておく。
http://d.hatena.ne.jp/IDA-10/20100809/1281370303
サンフランシスコ在住の日本人であるブロガーが、
地元サンフランシスコのデニムショップに、
ドライボーンズのかなり初期のジーンズを修理依頼したときの話。
アメリカ人に「初期モデル」とか言われる位、
長い事続けてきたんだな〜、と我ながら感心(笑)
そうそう、一応説明しておくと…(自分宛の覚え書きでもある)
現時点での寿司耳14oz.ジーンズは、全部で5品番ラインナップされている。
品番順に書くと…
DP-510
DP-530
CDP-555(先頭に「C」が付くのはカスタムモデルの略)
DP-560
DP-580
となる。
この順番は…ズバリ、「ワタリの太さ」。
ウチのスタッフですら知らない事だったりしたので、逆にオイラがビックリ。
随分昔に教えた気がするんだけど、忘れてしまっている者もいるようなので書いておく。
そしてポケットステッチは、ジェットジーンズ以外はコレを参照。
dry120925take_6.jpg
Life誌で「世界の100人」に選ばれた唯一の日本人、葛飾北斎
彼が晩年描いた「甲州三坂水面」をイメージ。
世界に羽ばたけますように。
ちなみに…
穿いていくとこんな感じにする事も可能。
dry120925take_7.jpg
もう、まるでヴィンテージ(写真をクリックすると大きくなります)。
本当はデニムジャケットも紹介ページを作りたいのだが…
dry120925take_8.jpgdry120925take_9.jpg
サードタイプセカンドタイプも、それなりにこだわって生産継続中。
アームホールを細くしたり、肩甲骨の稼動域を大きくしたり、
細かい部分を「着易く、カッコ良く」作っております
それはまた今度。ではまた!

重宝するアイテム

こんにちは、福岡店のリリーです。
ここ数日は前年に比べとても涼しく、過ごしやすい気候が続いていますね♪
(去年は10月にも関わらず暑くかったので、シャツを脱ぎTシャツ1枚になってた覚えがあります。。。)
これだけ涼しくなれば、重ね着をしてお洒落を楽しみたいっ!
という気分になりますよね!(先日の大阪店マトン君と同じ)
そこで、本日のお勧めアイテムをご紹介したいのですが…
その前に、
現在直営店で開催中の『福引大会ガラガラポン!』の盛り上がりを皆様にお伝えします!
 
2012.9.25_2.jpg
  
先ずは、熊本からご家族でお越しのI様。
可愛いお子様を抱くので、洗濯のできるジャケットをご購入。
小さなお子様がいる方には、カジュアルにコーディネイトが楽しめる
こちらのジャケットがお勧めです↓
https://www.dry-bones.com/netshop/DJ/DJ627/dj627_1.htm
またご家族で遊びに来て下さいね♪
 
2012.9.25_6.jpg
 
娘さんとご来店のS様。
見事サングラスを引き当てました!!!
おめでとうございます、とってもお似合いですよ♪
またのご来店お待ちしております!
 
2012.9.25_5.jpg
 
前回は「ゾロメ・デ・ポン!」でモアイ像のペンダントトップを当てたH様。
今回もサングラスを引き当てました!強運の持ち主ですね。
またのご来店をお待ちしております♪
  
2012.9.25.jpg
 
以前、レザージャケットを引き当てた事のあるT様。
ワークベストがとってもお似合いです♪
着用アイテムはこちら→ https://www.dry-bones.com/netshop/DV/DV043/dv043_1.htm
在庫が少なくなりましたので、気になる方はお早めに☆
 
2012.9.25_3.jpgのサムネイル画像
 
ロックンロール スタイルがお好きなJ様。
福引きをする前に、手を合わせお祈りしてるところをパチリ♪
ネップのスーツは入荷次第ご連絡しますね!
 
2012.9.25_4.jpg
 
最後はこの方!福岡で活動中の若手芸人、入江真潮様。
なんとスカジャンを引き当てましたーっ!!!
早速着用頂きご満悦なところをパチリ♪
今後も衣装選びのお手伝いをさせて下さいね♪
 
と、こんな感じで福岡店は盛り上がっています!
『福引大会ガラガラポン!』は10/8(月)まで開催しております。
豪華景品が当たる!(ハズレなし)とてもお得な福引大会です。
まだ参加されてない方は、ぜひ挑戦してみて下さいね!
 
 
そして、
ここからは私リリーのお勧めアイテムをご紹介をさせて頂きます!
 
2012.9.25_7.jpg
DV-044 Check Tweed Vest ¥23,800 (税込¥24,990)
 
今回ご紹介したいのは『ベスト』。
タイトルで書いたように、これからの季節にとっても重宝するアイテムです。
上の写真の様にシャツとのレイヤードは勿論、
下の写真の様にジャケットのインナーに着るだけでコーディネイトの表情が豊かになります。
また、保温性のあるベストは、寒い冬場にインナーとしても大変重宝します。
 
2012.9.25_8.jpg
 
今季も数多くのベストをリリースしていますので、
ぜひ店頭でチェックしてみて下さいね♪
雲野住店ではジャケットのカテゴリーからチェックする事ができます。
こちら→https://www.dry-bones.com/netshop/netshop_new/category/jacket.htm
 
本日はこの辺で。
 
 
 

This week’s “CRIME STORY !!”

日曜日なのにこんばんは。酒丸です。
金曜日のブログで「土日は快晴」とか書いていたクセに…
ウソをついた形になってしまいました。ゴメンナサイ(汗)
当方も昭島にてハーレーイベントだったのですが…散々だった模様。
(先に書いておきます。クラブハーレーの皆様、松島くん、有り難うございました!)
オイラに至っては…
土曜のウチにマッハを整備しておいたにも関わらず、
ガレージから1センチも動かせませんでした(涙)
なので本日は書きたかった「チョイネタ」をアップ。
実は今季の新作シャツの中に、ずっと作りたかったデザインがある。
まずはヴィンテージの写真を。
dry120923take_1.jpg
1950年代、ごく一部のミュージシャンが着ていたデザイン
斜め(スランティング)に切り替えが入っているシャツはたまに見かけるが、
基本的には左右対称であり、この様にアシンメトリー(左右比対称)は珍しい
このデザインをオリジナルレーヨンネップ生地で再現。
dry120923take_2.jpgdry120923take_3.jpg
スランティング・プルオーバーシャツ
ヴィンテージの斜め切替をアップで。
dry120923take_4.jpg
そして今回の新作の切替部分。
dry120923take_5.jpgdry120923take_6.jpg
かなりいい感じ〜!
何故このデザインが作りたかったのか?というと…
1987〜8年頃に「CRIME STORY(クライム・ストーリー)」というテレビドラマ(アメリカ)があった。
シカゴからラスベガスへと縄張りを移していくイタリア系のチンピラであるルカという主人公と、
それを追いかけていくトレロ刑事、という構図のクライム系ドラマ。
当時WOWOWで放送されたので、見ていた人も多いと思う。
私はこのドラマに思いっきりハマってしまった。
この頃、町のレンタルビデオ屋でアメリカドラマを借りまくっていた私。
「ルーツ」(黒人が奴隷として連れてこられてアメリカで幾世代も生活していく物語)、
「アメリカ」(アメリカがソ連の支配下になり、社会主義となった中で自由の為に戦う物語)、
「V」(トカゲっぽい宇宙人に侵略される物語:ハショリ過ぎ)、等々。
それらのドラマの作り込みが面白かったのだが…
当然「クライムストーリー」も凄かった!
出てくる悪役の自宅は、有名な1950年代の建築物であり、
家具もサンフランシスコの有名なミッドセンチュリー系のショップがリースし、
出てくる自動車やファッションも「コテコテな」くらい、フィフティーズなのだ!
その物語の中、悪者の頭領であるルカの、
使いっ走りのような「ホールマン」という登場人物がいた。
途中、愛想を尽かしてホールマンはチンピラから転身、
何故かラスベガスでロカビリーシンガーになっていた(笑)
その時、ステージで着ていたシャツこそ、
このスランティング・プルオーバーシャツなのだ!
なんだか一人で熱くなって書いている様な気がする…(汗)
こんな曲で毎回、ドラマが始まるのだ。

デル シャノン ランナウェイ 投稿者 waffenvolks
なんでこのドラマはDVDが出ないんだろう(涙)
で、実はここからは宣伝(というか協力)。
今週末の9/29土曜日は、川崎クラブチッタにて
久々のロカビリーナイト!
dry120923take_7.jpg
ワタクシ酒丸の、もう30年近い友人であるDJ コブラの25周年記念
なんとフードコートにはベイカーバウンス
ドライボーンズも出店
久しぶりの友人も沢山集まりそうなので、今から楽しみ〜!

大物、当たってます♪

こんにちは〜。
名古屋店のプラムです。

大好評の福引き大会「ガラガラ ポン!」も残すところあと16日!
各店でも大当たりが続々と出始めていますね〜。

まだ参加されていない方はぜひお店に遊びにいらして下さいね!

さて、今日は名古屋店のラッキーな方々をご紹介です!

120922_ume01.jpg
バイク好きのI様は見事サングラスをGET!
似合ってますね〜!
撮影ご協力ありがとうございます♪

120922_ume02.jpg
お次は大物!
U様はなんと以前から狙われていたブーツをGET!
おめでとうございま〜す!!!

最後に、続々と入荷中の秋冬物の新作の中からワタクシのおすすめをご紹介させて頂きます。

名古屋店の「御洒落ナ着熟シ」ページでも紹介させて頂いてるコチラ!
120922_ume03.jpg

DC-578 Shawl Collar Sweat Shirt ?13,440-

ショールカラーがクラシックなスウェット。
裏毛なので肌触りが良く、今の時季にぴったりです!

120922_ume04.gif120922_ume05.gif
ボディカラーはデニムのステッチ色と同じイエローとオレンジの2色展開なので、ジーンズなどにもばっちり。

120922_ume06.gif120922_ume07.gif
生地感も杢がかった表情で、いい雰囲気です!

台襟シャツと合わせてセーターっぽく着ても良し、もちろんラフに一枚で着てもばっちり決まります!

いかがですか??
秋冬物も徐々にサイズ欠けしてきているので、気になる方はお早めに!

それでは、ご来店お待ちしてます♪

キワモノのスポーツジャケット。

 金曜になりました、こんにちは。酒丸です。
この土日は全国的に快晴らしいですな!
ワタクシも日曜日は「イベント出店」いたします。
それは末尾にちょこっと書きます。
まずは続々と入荷してくる新作を紹介。
本日はゴリゴリの逸品を紹介です。
まずは前から見た感じをアップ。
dry120921take_1.jpgdry120921take_2.jpg
コーデュロイのスポーツジャケット
イメージとしては…
ヴィンテージでたまに出てくるボーイスカウトのヤツを思い浮かべてもらえれば。
そして今回も付属パーツに細かいコダワリを持ってみた。
dry120921take_3.jpgdry120921take_4.jpg
胸のポケットジッパーと、フロントジッパーは共にWALDESを使用。
しかも久々にブラスバージョンとしてみた。
当然、上部のジッパー止めは「コの字止め」
フロントジッパー最下部はアールデコ柄を採用。
かなり古臭く装ってみた。
dry120921take_5.JPG
袖口のカフスボタンは尿素釦を使用。
戦前から軍関係でも使用されていた形で、
クロス掛け専用の釦穴。
ガチガチにクロス掛けされており、こういった部分に手間を感じる。
そして何といってもポイントは後ろの刺繍!
全体図。
dry120921take_6.JPG
悪そうなネコの周りに月桂樹を配置、
今季のテーマである「205070」をはためかせたパッチを装備。
そしてその下には…
「CAT☆CHPEN☆NY」と刺繍してみた。
dry120921take_7.JPG
グリグリにチェーン刺繍されている。
この「CAT☆CHPEN☆NY」という刺繍、
ちゃんと読めた方はいるだろうか?
実は…ちょっと「切り方」で遊んでみたのだ。
最初に「CAT」と入っていてパッチにもネコを描いてみた。
最後には「NY」と入っているのでニューヨークのグループっぽく見える。
本当は☆で切る所を換えただけなのだ。
本来書いてある言葉は「CATCH☆PENNY」。
直訳すれば「小銭を掴め」という感じだが、
俗語で「際物(キワモノ)」とか「安ピカの」とか、という意味。
傾奇物を連載しているという意味での「際物」、
久しぶりのブラスジッパーを使用での「安ピカ」と掛けてみた。
こういった「言葉遊び」を、楽しんで貰えたら本望である。
さて、今度の日曜日は…
dry120921take_8.jpg
クラブハーレー主催のバイクイベント、
「クラブハーレーガレージ」に出店!
本家のブログでもドライボーンズが紹介されております。
まぁ、私自身はハーレー乗りではないんですが…(汗)
実際にはハーレー乗りの友人が多い事もあり、
また、今までハーレーに乗っていた人がマッハに乗り換えする事も多いのだ。
そういった意味での合縁奇縁、楽しみましょう。
当日の会場では…こんな感じの女性、待ってます(笑)
dry120921take_9.jpg
リンダ、っていう名前らしい(笑)
ではまた!

ガラガラポン! from 福岡店

こんにちは。福岡店のリリーです。
ガラガラポンが始まり、早いものでもう1週間になりますね。
皆さん、楽しんで頂けていますか?
店頭では豪華景品が次々と当選しています!
まだ挑戦していない方は10/8(月)までの開催ですので、ぜひ挑戦しに来て下さいね。
 
 
さて、月曜日に福岡店からガラポンの状況をお伝え致しましたが、
本日も福岡店よりガラポンの盛り上がりを皆さんにお伝え致します。
2012.9.20waka_1.jpgのサムネイル画像
まずはS様ご家族。
いつもMUBECをご愛用頂きありがとうございます。
また家族揃って遊びに来て下さい。
 
2012.9.20waka_2.jpg
続いては、前回ベルトを当てたT様。
髪もバッチリとキマっております。
今回の結果はポケットティッシュ(クーポン券付き)でした。
クーポン券はもうすぐ入荷するスーツに是非ご利用下さいね♪
 
2012.9.20waka_3.jpg
続いてはドライボーンズ愛用歴15年以上!のO様。
結果は見事サングラスをゲット!!!
おめでとうございます。
またのご来店をお待ちしております♪
 
2012.9.20waka_4.jpg
最後に、素敵なT様カップルもガラガラに挑戦!
いつもご友人のお誕生日プレゼントのドライボーンズを使って頂きありがとうございます!
また遊びに来て下さいね♪
 
ガラガラポン!は10/8(月)まで開催中です!
また、新作アイテムも随時入荷中しております!
素敵な景品が当たる!大変お得な福引き大会ですので、ぜひお店に足を運んで下さいね♪
 
 
 
ここで、本日のリリーのお勧め商品のご紹介。
本日はコチラ!
2012.9.20waka_5.png
2012.9.20waka_7.pngのサムネイル画像
2012.9.20waka_6.png
DJ-608 Corduroy Sports Jacket
背中のワッペンと刺繍がインパクト大!のコーデュロイジャケットです。
鮮やかなレッドと落ち着いた色合いのグレーの2色展開で。
これからの時期はTシャツやシャツの上から羽織るアウターとして、
冬場にはコートのインナーとして幅広い着こなしに対応ができる1着です。
是非これからの季節、皆さんのワードローブに加えてみてはいかがでしょうか?
それでは本日はこの辺で。

「ガラガラ ポン!」開催中!!

こんにちは〜、名古屋店のプラムです。

ドライボーンズ全直営店で開催中の福引き大会「ガラガラ ポン!」楽しんで頂けてますでしょうか??

まだ参加されていない方はぜひお店に遊びにいらして下さいね♪

もちろん2度目3度目の挑戦もお待ちしてますよ〜!

さて、今日はこのガラガラ ポン!の熱気を少しだけ皆様にお伝えしますね!

120916_ume01.jpg
新作の豹柄ブーツをお買上げでガラポン参戦のY様。
勢い良くガラガラして下さいました!

120916_ume02.jpg
いつもドライボーンズをバッチリ着こなして下さっているI様。
素敵な笑顔ありがとうございます!

120916_ume03.jpg
以前のゾロ目でポン!でゾロ目を出されているY様。
今回は残念でしたね!
またの挑戦お待ちしてますよ〜!!

ここでワタクシプラムによる「ガラガラ ポン!期間中に購入されると、とってもお得なおすすめ商品」をご紹介!

それはコチラです↓!
120916_ume04.jpg
120916_ume05.jpg120916_ume06.jpg

DL-037 Motorcycle Jacket ¥149,100-

昨年大好評で早期完売したこちらの革ジャン。
新たに今年生産したブラスバージョンもかなり数が少なくなってきております!

そして、今ならなんと!
ガラガラ ポン!14回ゾロ目でポン!に4回もチャレンジすることが出来ますよ〜!!

もしかしたら、革ジャン買って革ジャンが当たるかも!?

気になっていた方は、ぜひこのガラガラ ポン!期間中の購入をおすすめします!

もちろん他にも秋冬物の新作がたくさん入荷しておりますので、ぜひぜひお店にチェックしにいらして下さいね!
それでは、ご来店お待ち致しております〜♪

3本線はスポーティの証。

 今日は土曜日ですが、こんにちは。酒丸です。
直営店舗はガラガラポンで盛り上がっている様で…
ブログアップもままならない模様。
なので勝手に私がアップしようと思います。
そして本日は…
アイビー調アイテムにおける「3本線の謎」について考察。
誰も気付いていないかもしれないし、
みんな知っている事なのかもしれないが…
一つの研究題材として、歴史を追ってみた。
今から紹介する3つのアイテムは、
どれもアメリカの古い物からデザインソースをいただいた。
その共通項は「3本ライン」。
それらを紹介しつつ、一つの推測を書き出してみる。
まずはストライプニットキャップ
dry120915take_1.jpg
別名ウオッチキャップともいうこの手のニットキャップ。
本来は軍で使用されていた帽子。
寒い地域での塹壕の中から、敵を見つけ出してシュートする為に作られた。
第一次世界大戦頃には存在していたと云われている。
そんな経歴を持つこういったニットキャップに、
「装飾性」があるラインや図柄が入って来たのは1920年代
スキーやトレッキング等、冬の「スポーツ」の小道具として進化した。
まずココで重要な事は「1920年代のスポーツ」という部分。
次はソックス。
dry120915take_2.jpg
いわゆる「アイビーソックス」と呼ばれるもの。
これは1920年代にアイビーリーガー達が自分の大学を誇りとして、
スクールカラーのラインが入ったソックスを履いていた。
今の日本だとコーディネイトで色を選びたいので、
全5色展開としてみた。
dry120915take_3.jpg
こんな感じで3本、ラインを入れてみた。
しかも「畦編み」にする事で足首回りに適度なフィット感が得られ、
ずるずるとだらしなく見える事がない。
そして配色に関して当時の文献や資料を見てみると…
中央のラインのみ白、というバージョンが多い。
なのでそれに倣って作ってみた。
但し…
当時の物は大半がソリッドカラーであり、
無難な白やアイボリーが圧倒的に多い。
なのでドライボーンズとしては…
dry120915take_4.jpg
実に数種類の太さや色の糸を使って「杢調」にしてみた。
こうする事でアイビーの代表であるローファーやサドルオックスフォード等の革靴にも合うし、
スニーカーにも楽々コーディネイト出来る。
当然、ワークブーツやエンジニアブーツにも合わせ易く
結果として「万能タイプ」のソックスとなった。
このソックスの項でのキーワードは「アイビーリーガーのスクールカラー」
あ、ついでですが…
dry120915take_5.jpg
こんな感じにイレギュラーに並んだアーガイルのソックスも発売中。
もうブラックは完売しました。
他の色も後僅か。
さて、最後に紹介する3本ラインは…
ジップアップジャケット
dry120915take_6.jpg
チャコール地にイエロー、オフホワイト、レッドの3本ライン。
もう1色は
dry120915take_7.jpg
同じくチャコール地にミントブルー、オフホワイト、カーキの3本ライン。
ソックスと同様、中央のラインに白を配置。
dry120915take_8.jpg
ちょっとしたアピールをしておくと…
ドライボーンズオリジナルのジッパースライダー!
1950年代のコンマーを意識して製作。
意外とこういったパーツは雰囲気作りに重要。
こういったリブ付きジャケットは、
1950年代に東海岸を発祥として流行、
瞬く間に全米で流行した。
基本的なネーミングは「スポーツジャケット」
大手通販デパートのシアーズやワード等でも様々な素材や柄があり、
リーバイスもリブにラインが入った「スポーツジャケット」を出していた。
このジャケットでのキーワードは「東海岸のスポーツジャケット」
さて、これで3つのアイテムを紹介出来た。
そしてそれぞれにキーワードがある。
ニットキャップは「1920年代のスポーツ」、
ソックスは「アイビーリーガーのスクールカラー」、
ジャケットは「東海岸のスポーツジャケット」。
昨日のブログにも書いた様に、私は最近「1920年代」をお勉強中。
この1920年代は1950年代とかなり類似している。
それは何故か?
まず…
1920年代とは産業革命後、様々な事柄が機械化された。
そして第一次世界大戦が終わり、世の中の人々があくせく働かなくても良い時代になった。
なので仕事よりも余暇を重要視し始める。
(機械化されるまでは生きる為に働き通しの生活だった)
なのでスポーツをしたり、スポーツ観戦をしにいったりするようになった時代。
そして東海岸に住んでいた中流階級の家庭は、我が子を良い大学に入れようと頑張った。
良い大学に入れば、それが誇りとなった。
そんな中でもアイビーリーガーは全米の憧れとなり、
そこの生徒達は挙って「アイビーファッション」に心血を注いだのだ。
1920年代はアイビーやスポーツ(観戦を含む)がトレンドになった時代なのだ。
その後、株価の大暴落が起こり1920年代は終わる。
世界では共産化や独裁政治の問題から新たな火種が起こり始め、
ついに1939年に第二次世界大戦が勃発。
1945年に終戦した時には、戦地になっていないアメリカの一人勝ち状態となった。
1920年代に青春を謳歌した世代が、より大きな夢を見て1950年代を迎える。
より工業が効率化していき、
ラジオからテレビへ、自動車から飛行機へと時代が変化していった。
1600年代に東海岸へ到達した最初のイギリス系アメリカ人が、
1950年代には西海岸はおろか、太平洋やアジアにまで覇権を伸ばしたのだ。
東海岸のエリート文化であるアイビーを西海岸のスポーツウエアとし、
1960年代には日本にも輸出を果たしていった。
3本ラインで有名になったアディダスは1960年代のドイツで大きく成長した。
日本とドイツは共に第二次世界大戦の敗戦国。
きっとなにかの共通項が存在している筈。
こういった歴史が、ファッションアイテムを見ているだけで垣間見えてくる。
だからこそヴィンテージの追求とモノツクリでの反映が、面白い。
又少しづつ、勉強の途中経過を報告する様にします。
さて、冒頭にも書きましたが…
ドライボーンズ直営4店舗では現在、ガラガラポンという福引大会を開催中。
是非是非覗いてみてください。
「懐古趣味紳士洋品店」として、
1920年代のアメリカから、
1970年代の日本の商店街の雰囲気まで幅広く押さえております。
こんな風に覗いてみてもいいですよん。
dry120915take_9.jpg
きっとアナタにストライクな服がある筈!

1 2 3