裾の始末

 

こんにちは、牧野です。

 

 

皆さんはパンツの裾始末について、どうお考えですか?

僕はそのパンツのシルエットの太さや、生地の厚み

(厚手か薄手か)、素材感で考えます。

 

そこには着丈の長さも関係してきますね。

そう考えると意外に奥が深く、ちょっと悩みどころでもあります。

ですがここで正しい選択をすれば、パンツ本来のシルエットを綺麗に保ち、

ご自身の体型もよく見せられることができます。

 

そうなると洋服選びも楽しくなってきますね!

 

 

ということで、今日はカジュアルなパンツでよく使う仕上げ方の

「たたき縫い」についてお話しします。

 

まずどう言う仕上げ方のことを言うのかご説明します。

 

 

 

 

見た目はこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

パンツの裾より少し上にステッチ(縫い線)が入ります。

ジーンズでも同じようにステッチが入るのはご存知だと思いますが、

ジーンズだと8mm〜1cm幅で入れるのが定番。

もっともチェーンステッチミシン(ユニオンスペシャル等)だと通常の設定は1cm幅までしかできないので…..。

 

 

 

そしてこのパンツのステッチ幅は4cm。

 

ジーンズに比べてだいぶ大きく取りました。

 

 

 

 

ここがたたき縫いの面白いところ!

 

そう、はじめに書いたように、裾幅やパンツのシルエット、生地の厚みで

いろいろステッチ幅を変えることが出来ます。

 

ではなぜ、そこまでステッチ幅を変えることをするのか。

 

それはパンツを合わせた、こちらの全体像をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

こちらのパンツは、裾幅が26cm前後になり、

DryBonesの中でも一番太いワークパンツになります。

 

生地感はそこまで薄くないのですが、ヘリンボーン織だからか、

パイプドステムのシルエットなのもあってか、しなやかで柔らかい印象。

 

そこでステッチ幅が重要!

ステッチを広くとることで内側に折り畳まれた生地が重みの役割となります。

そうすると歩行時に裾のバタつくパンツを落ち着かせられ、静止時も重みがある事で

シルエットがストンと落ちて綺麗に見せられることができます。

 

さらにセンタープレスが入ったパンツだと、丈の長さも足の甲にかかるかかからないか位が

プレスラインが綺麗に見せられます。

 

ちなみに僕は常連さんからしばしば着丈が「短い」と言われますが….w

 

ですが、そんな秘訣が含まれているのでした。

 

 

 

次はこちら、グルカトラウザーズ。

 

こちらはしっかりとした生地で、裾幅はやや太め。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




 

こちらも同じ4cm幅で仕上げました。

 

先程と同じステッチ幅ですが、どちらもシッカリとした印象が出ますよね。

そう、男らしく無骨な雰囲気も備わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてこちらはフリスコジーンズ

 

こちらもやや太めなシルエットではありますが、

先ほどの2本よりも裾幅が落ち着き、生地のハリもあるので

 

 

 

 

 

 

ここは2.5cmで。

 

 

 

 

 

 

 

最後に41カーキ

 

 

こちらは紹介したパンツの中でも一番細い?

スッキリしたシルエットで、生地感も堅めですが、

あえて無骨さを出したかったので、

 

 

 

 

 

 

漢の5cm!!

 

 

 

 

 

 

かなり男前な感じ。

 

 

 

そしてそんな男前なパンツのステッチ幅を利用し、裾を折り曲げてみる!

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとチノパンのイメージを覆すような雰囲気とコーディネイトが楽しめます。

 

これからの季節、こんな感じでアレンジして穿いてみるのもおすすめです。

 

 

 



 

と、こんな話をスタッフがお手伝いできればと思います。

 

それでは。