新作ニット!

 

こんにちは、牧野です。

 

先日、名古屋店KARIN氏のブログでも紹介があったこちら。

 

Cowichan Sweater “MOTORCYCLIST”

 

入荷があった先週末より、さっそく各地で反響がありました。

まずはいつもお世話になっております、

札幌のディーラー「BABE-RUTH」でも、

 

 

 

 

 

個人のInstagramより画像を拝借。

いつもありがとうございます!

 

 

 

そして東京店では、

英国二輪旧車好きならご存知の方も多いかと思いますが、この方

 

イギリスよりちょうど一時帰国されたタイミングで良かったです。

ちなみに愛車、TRIUMPH Speed Twin と同色!!

 

 

 

 

 

 

 

 

と、カナダ発祥のカウチンセーターですが、50年代のアメリカで大流行し

様々なパターンモチーフで編まれ、幅広い層に愛され続けています。

 

Dry Bonesでも、まだ販売している、アストロノーツパイレーツの他にも

フィッシュ、ウルフ、ベアなどの動物系から、

ダンスやスクーター柄と50sヴィンテージを踏襲したモチーフから、

ルチャリブレ柄やクモの巣、国芳の蛸等のいわゆる「酒丸ワールド系」を繰り出してきました。

 

最近インスタで、個人でアップした画像へ「drybones_tokyo」のハッシュタグを付けてくれる

外国人の方が多いのですが、それを見ていると興味深い!

 

「酒丸ワールド系」のカウチンを着た若い子が時々写っているんです。

「国芳の蛸」を着て誇らしげだったり。

 

こうして文化は継承されていくのかと思うと、感慨深いものがありますね。

 

我々も欧米のカルチャーを同じように着て学び、楽しんで来たのですが、

DryBonesも30年続けているとそのカルチャーの一部となっていました。

 

この外国の(日本の)若い子たちが「なんで蛸なんだろう?」などと疑問を持ち、

カウチンの歴史へ遡り、アメリカ50sを通り、そして80、90年代の日本をたどって

DryBonesの語り手となってもらえれば、ブランドとして大成功と言えるのかもしれません。

 

 

それはさておき、本日も同じ シェットランド ニット を使ったカーディガンが

本社に入荷したそうです。

 

 

 

 

Lettered Cardigan“TWO FACE”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらもカウチン同様、50年代のファッションを象徴するアイテムの一つですね。

カタチはカーディガンですが、カウチンと変わらぬ肉厚感は

冬でもアウターとして活躍できる頼もしさがあります。

また、インナーとして着れば、より温かさを感じる事でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に話は変わりますが、

 

先日 酒丸氏がこちらのブログ で書きました、

 

「千葉県台風災害支援募金」は、

 

直営全店、引き続き設置しております。

 

こちらもどうぞ宜しくお願いいたします。