再入荷しました

 

お待たせしました。

 

 

昨年より生産する度に、即「完売」というジャケット。

こちらの3回目の生産分が入荷してきました。

 

 Western Style Satin Jacket

 

 

 

 

 

今回もたくさんの予約が入りましたが、

店頭にもごく少量、並んでます。

取り急ぎ、今現在 東京店には 36,38,40,42 の各サイズ揃ってます。

 

この週末で在庫状況が大きく変わると思いますので、

気になる方は直営店、もしくは各ディーラーへお問い合わせください。

 

オンラインはもうしばらくお待ちください。

 

 

 

 

 

 

そしてこちらも発売より早6年が経過した今でも、

変わらぬ安定な好評ぶりを博しているデニムパンツ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Gold Rush Waist Over-alls

 

 

 

 

1849年、いわゆるフォーティーナイナーズたちが向かった

カリフォルニアの金採掘場から見つかったとされる作業着がルーツ。

 

 

 

 

当時のものはサスペンダー釦のみで、ベルトループは現代のニーズに合わせて装着。

ポケットはジーンズと呼ばれるものと比べて口が広く、

作業着として実用性重視な作りとなってます。

ワタリはやや広めで、殆どテーパードはなく、ブーツも難なく覆えます。

 

ちなみにこちらは3年着用したものになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

腰にはシンチバックが付き、V型に切れ込みが入ります。

ヒップポケットは右側のみのシンプルな作り。

 

また、ヨークからポケット右上に向かって2本のステッチがそのまま走ってポケットを縫っていたり、

左右ヨークの縫い合わせがズレていたり、当時のラフな生産体制も汲み取りちゃんと縫製してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縫われているステッチは全て20番手オフホワイトを使用。

この色になるとグッとワーク感が出ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生地は12oz セルビッヂデニム、年中穿きやすい生地厚だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コインポケット裏にもセルビッヂ、

フロントポケット裏地にはユニオンチケットが貼付されています。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

そして

このパンツに合わせるジャケットとして作られた、

 

 

 

Gold Rush Work Jacket

 

 

もあります。

 

 

こちらをセットアップで着用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じでフロンティア・ワークスタイル、

または前述のウエスタン・スタイルを気軽に楽しんでみてください。

 

 

ありがとうございました。