ウール ワーク トラウザーズの巻

 

 

 

 

こんばんは、牧野です。

 

以前より友人知人から、「これドライボーンズの服じゃない?」「誰々がテレビで着てたよ!」

って連絡をもらったりします。

 

有名人に買って頂いたり、貸したり等、弊社での班中であれば大体は把握しているのですが、
たまに分からない事もあります。

特にドラマで使用する場合は、スタイリストさんも名乗らずに普通に買って頂いたりされているようです。

 

 

 

こんな感じで。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこちらは僕の家ではありません…笑

 

 

皆さんももしテレビや動画、ライブ等観て発見したら教えてください〜

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本題の「ウール ワーク トラウザーズ」の巻です。

 

 

何週間か前に

「ウールトラウザーズ」の巻 を書きましたが、

↑ここをクリックすると以前書いたブログに飛びます

あちらで紹介、比較したトラウザーズとはまた別のシルエットになります。

合わせて読んでもらえるとDry Bones で展開しているウール系パンツが網羅できるかと思います。

 

 

今回紹介する「ワーク トラウザーズ」。

実は以前より沢山の生地で展開してます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

Dobby Corduroy Work Trousers

Nep Print Corduroy Work Trousers

Cotton Satin Work Trousers

Denim Work Trousers

Color Nep Work Trousers

↑各商品名をクリック

 

 

 

以上は現在オンラインでも店頭でも販売している同型番になります。

生地が違うだけでだいぶ雰囲気も変わります。

 

 

 

そして今回紹介するのは2種類。

 

 

まずは、

 

 

 

Homespun Work Trousers

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはこの品番1色のみの展開。

カーキ色になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このパンツの特徴としては、

シンプルなノータックに、太くもなく細くもないシルエット。

ウエストはサスペンダーとシンチバックで調整、またはベルト。

 

になります。

 

 

 

以前紹介しました2型は、

腰から2本づつプリーツが外側に向く、アウトタックのツータックトラウザーズ。

シルエットは腿で膨らみを出し、膝から裾にかけて細くなります。

 

 

続いてタックは入らず、腰元からボリュームを持たせてあるハイバック(ジョッキー)トラウザーズ。

 

でした。

 

 

この2型のトラウザーズと比べると、今回紹介するものが一番細く見えるシルエットになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横から見ても全体的に控えめなボリュームになってます。

 

補足ですが、これはダブル幅3cm。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数値でいうと、

 

自分の身長は168cm、サイズは32インチを穿いてます。

それで計測すると、ワタリ幅34cm(股下)、レングス68cmで裾幅23cm。

 

 

並べると、

 

 

 

 

・ワーク トラウザーズ

ワタリ幅34cm(股下)、裾幅23cm

 

・ツータック トラウザーズ

ワタリ幅35cm(股下)、裾幅23cm

 

・ハイバック(ジョッキー)トラウザーズ

ワタリ幅35cm(股下)、裾幅25cm

 

 

 

 

になります。

ほんのわずかな差寸ですが、穿いてみると大きく異なります。

更に、どのトラウザーズもテーパードがかかっているので、

レングスが長くなるほど裾が少しづつですが細くなっていきます。

 

 

僕で身長168cmのレングス68~70cmくらい。

単純に身長が高い人はもちろんレングスが長くなり、裾が細くなるので

全体的なシルエットが細く見えてくるかもしれません。

これは体型にもよるのでなんとも言えないですし、何が一番良いと言うのもありません。

 

 

僕は当時のワーカーの様な屈強まではいかなくても、ガッチリした雰囲気を出して

トラウザーズを穿きたいと思っているので、敢えて32インチを穿いています。

ジャストで穿くなら、29または30インチです。

 

 

 

 

 

全体像だとこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

Work Trousers

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも1色展開。

ブラウン色になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはダブル幅5cm。

 

ちょっとウールのボリュームがあってダブルにした箇所が膨らんでいますが、

こちらは撮影用に繕っただけなので、プレスを当ててあげれば綺麗になります。

 

 

それとたまにお客様から

「こういうトラウザーズの裾の始末はダブルが良いんですか?」

と言われます。

 

 

そんなことはありません。

 

 

こちらは撮影で着用する際に裾が綺麗に見せられる事と、

ダブルにした時の雰囲気が伝わりやすいかと思いこうしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シングルでも、タタキでも、問題ないです。

裾の長さもそうですが、ご自分のお気に入りを見つけてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に全体像。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はこの辺で!