保温性の高いインナー

こんにちは、名古屋店の梅津です。

 

2019年 初のブログ担当ということで、

 

初売りから一週間が経ちましたが、まずはその時の画像でご挨拶。

2019年もDry Bones 名古屋店をどうぞ宜しくお願い致します!

 

 

さて、これから2月にかけて寒さのピークがくるかと思われますので、

 

今日は「保温性の高いインナー=裏起毛のスウェットシャツ」をご紹介させて頂きます。

 

「アウターは買ったけど、インナーのバリエーションがない、、」なんていう方も、ぜひ参考にしてみて下さいね。

2Tone Sweat Parka.

1950〜60年代のヴィンテージを基に作製した、

 

2トーンカラーのスウェットパーカ。

 

ライダースに合わせたり、春先にはデニムジャケットに合わせたりと、

 

アウターからフード部分を出す事で着こなしに変化がつけられます。

 

フード内側には、リブと同色の天竺生地を貼付け、

 

裏起毛部分が外側に見えない様に配慮しています。

Half Zip Snow Pattern Sweat Shirt.

1950年代のヴィンテージを基に作製した、ハーフジップのスウェットシャツ。

 

ハーフジップで被って着るこの感じが、当時らしくクラシックで気に入っています。

 

こちらも、当時流行した雪柄のプリントで胸部分を切り返した2トーン仕様。

W Gazet Sweat Shirt with S.P.

こちらは1920年代頃のニットに見られる切り替えしを、スウェットシャツで再現。

 

肩部分と、ガゼットと呼ばれるV字型のリブ使いがクラシカルなアクセントになっています。

 

長めの袖リブもいいですね。

 

色違いでGRAYもあります。

どれも裏起毛なので、保温性は抜群。

 

コットンなので肌あたりが優しく、ストレスのない着心地。

 

お洗濯が簡単なのも魅力的です。

 

(※着始めに裏毛がインナーに付くと予想されます。何度か洗濯を重ねれば次第に付かなくなります。)

 

他にも、「このアウターには、どんなインナーを合わせたら良い?」などありましたら、

 

お気軽に店頭スタッフにご相談下さいね!

 

それでは、皆様のご来店お待ちしております。

Leave a Reply