TWO FACE!!

こんにちは!
福岡店の生田です。
ここ数日で一気に夏本番になりましたね。
夏は露出が増える分、小物使いが重要になってくる季節。
今回はその夏の必需品であるアクセサリーを数点ご紹介致します。
先ずはこちら!

 

 

 

DAS-309 Brass Two Face Frame Ring

1950’sを代表するアイコンであり、
現在でも根強い人気を誇る TWO FACE をモチーフにしたリングです。
真鍮の台座にアクリル樹脂で TWO FACE を埋め込んであります。
ブラックの背景に浮かび上がる TWO FACE がミステリアスな雰囲気を演出します。

 

そしてこの中に埋め込まれたTWO FACEはピアスでも販売しています。

 

DAS-379 Two Face Pierce

 

存在感のあるピアスは、1つ耳につけるだけでもインパクト大です。

 

 

TWO FACE モチーフのリングをもう一つ紹介します。

 

 

 

DAS-307 Brass Two Face Ring

 

こちらは先程紹介したものよりシンプルですが、
TWO FACEの面積が大きい分インパクトがありますね。
その表情も一目でハッキリと分ります。

 

 

ここでTWO FACE繋がりのアイテムをご紹介します。

 

DS-2345 Bowling Shirt “C and T”

ボーリングシャツをベースに、
背中にTWO FACEのデザインがフロッキープリントで施されています。
文字部分の”Comedy and Tragedy”は、”喜劇と悲劇”を示しています。
元々、この「TWO FACE」とは、 今から約2500年ほど前、
ギリシャのアテネで世界初の演劇用劇場が出来たとき、
世界で初めての演劇ということで、一人の役者が顔に面を付けて複数の役を演じ、
それが起源でマークのデザインとして使われるようになったと云われています。
正確には”Comedy and Tragedy”(喜劇と悲劇)といい、
その存在は15世紀のハーレクイン(道化師)へと受け継がれてゆきます。
こういった背景があるのも魅力の一つですね。
様々なTWO FACEのアイテムを取り入れ、
統一感のあるコーディネートを楽しむのもオススメです。

 

 

 

最後に!

サマーセールも残り1週間を切りました。
まだご利用されていない方は、ぜひこのチャンスをお見逃しなく!

Leave a Reply