ライトニング誌掲載情報&イベント情報!!

 金曜日になりました、酒丸です。
どうやら今週末からかなり涼しくなるとの予報
単純に嬉しい!
セーターやらアウターやらの出番も、もうすぐ!
という訳で本日は雑誌掲載情報から。
ちょっとサーバーのメンテナンスが入ってしまい、右往左往しておりましたが…(汗)
1週間も遅れて雑誌掲載ファイルを更新したのでよろしく。
最新雑誌掲載ファイル
いつも掲載してくれて、あざーすっ!という気持ちも込めて表紙をどーん。dry120907take_1.jpg
今月号は「原点に戻る」かの様な、デニムイラストの表紙。
コンビニでもこれが目印(もちろん、ドライボーンズ各店でも取扱中)。
そしてジーンズに合うアイテムとして、37pには当方のボタンダウンシャツも掲載。
dry120907take_2.jpg
1950年代後半〜60年代初期に流行した、
小紋柄(ペイズリー)ボタンダウンシャツ。
シングルニードル(本縫い仕立て)でプリントオックスフォード。
プレッピーの王道。
そして更に45pにはデニムにはローファーが合うとして…
dry120907take_3.jpg
今年発売の新型、通称「サメローファー」が掲載。
1950年代特有の面構え、ヴィンテージではもうほとんど出ないレアアイテム!
ウチの在庫もかなり減ってきた。欲しい方は急ぎましょう。
そして次ページの46pにはどーんとジョニーと共にウチのジーンズが!
dry120907take_9.jpg
向かって右側はちょっと特殊なデニム生地を使ったジーンズ
猛烈な霜降り具合の17オンスデニム!
シルエットもかなり古臭く、太くて微妙にテーパードしており。
履いていくと、早い段階で縦落ちしていくヘヴィーオンス
そして向かって左側のジーンズは、当方定番の寿司耳デニム。
DP-560は一番スタンダードなシルエット。
おそらく一番、万人に似合うシルエットになっており。
そして掲載写真はスタッフが約1年履いたもの。
ヴィンテージの様な縦落ちをお約束。
そして52Pはヘンリーネックの紹介。
dry120907take_5.jpg
この秋の新作、ストライプ鹿の子生地のヘンリーネック
ブラックとホワイトの2色展開、
前立てには布帛生地&猫目釦でクラシックに。
肩部分は別生地で二重にしてあり、洗濯して干す際に伸びない様に作ってある
ヘンリーネックの場合、天巾(頭が入る部分)が広がってしまうとだらしなく見えるが、
この肩の補強で防げる。
1940年代くらいまでのミリタリー物に見られるディテール
そして最後はヴェストが59pに掲載。
dry120907take_6.jpg
これも秋の新作、プリーツポケットヴェスト
アッシュグレーとアッシュブラウンの2色展開。
コレは1920〜30年代を意識して製作
大きめのナット釦、ボールチェーンのチェンジポケット、
総パイピング始末、後ろのシンチバックル、
そしてネーミングにもなったプリーツ入りポケット。
特にT-S等ポケットがない服に羽織ると重宝。
実は私も1着購入、すでにヘビーローテーション。
とまぁ、こんな感じで掲載されとります。
編集の皆様、いつもありがとうね〜!
実は9/7の本日は…
もう9月末売りライトニングの撮影。
連載「傾奇物」も、今日の撮影で何と65回目!
なんともう12年の連載!長いなぁ。継続は力なり。
9月末売りは久しぶりのバイクネタ。お楽しみに。
そしてイベント情報!
チラシが出来上がってきた!
これが表。
dry120907take_7.jpg
そして裏。
dry120907take_8.jpg
今回のブラックレザーライオットは、
ROLL率いる馬場さんと、ドライボーンズ23周年という、
「夢の様なコラボ企画」!
蒼々たるメンバーが出演してくれる事になっており!
しかも!
実はココに掲載されていない「隠し球」もあります(まだ内緒)!
早目に前売りチケットの購入を!
PC用URL
携帯用URL
id=NULLGWDOCOMO
ではまた!

Leave a Reply