1ドル紙幣外伝、その5。

あけましておめでとうございます。
2015年になって初めてのブログ、酒丸でございます。
年末年始は千葉県館山市に帰省しておりました。
取りあえずは元気な両親と無事を祝い、
相変わらず元気な地元の友人達と酒を酌み交わし、
いきなり数キロ太ってしまい…。
しかも、寒い寒いと言われるこの冬も、
館山は早くも春を感じる気候。dry150109take_1.JPG
河津桜と呼ばれる品種は、もう咲き始めてた。
一番早い桜ではあるが、例年よりも早い。
ひょっとしたら、今年は春が早いかも!
それでは昨年末からの続き、
「1ドル紙幣外伝」を書いてみる。


昨年末に書いた「1ドル紙幣外伝 その4」では…
幕末には倒幕派、幕府側、そして開国を迫るアメリカ側と
3つの勢力全てにフリーメイソンの影がちらついていた事を明らかにしてみた。
なのでこれからはちょっと倒幕派、
つまり坂本龍馬の動きを追ってみたい。
実は「とんでもない事実」にブチ当たるのだ。
1853年、ペリーが浦賀に来航。
dry150109take_2.jpg
以前にも書いた通り、ゴリゴリのフリーメイソンリー
1819年にニューヨークのホーランドNo.8ロッジに入会、
この時には入会歴すでに34年、筋金入りである。
そして同じ年の3月。
弱冠19歳の坂本龍馬は、
江戸神田にあった剣道場に通い始める。
北辰一刀流の千葉道場。
dry150109take_3.jpg
この道場は、剣術としては非常に由緒正しい道場。
北辰一刀流の元祖は、かの有名な伊藤一刀斎。
そう、宮本武蔵ともやりあった戦国時代の剣豪である。
戦国時代とは、南北朝時代の後のことを言う。
両方ひっくるめて室町時代というが、
実はこの時代からの遺恨が明治、大正、昭和まで延びるとは…(汗)
まぁ追ってこの事は書いていこうと思う。
上の図を見てもらっても判る様に、
土佐藩出身の坂本龍馬は、千葉周作の弟子に当たる。
そして違う流派の鏡新明智流の道場には、
同じ土佐藩出身の先輩に当たる武市半平太が通っていた。
dry150109take_4.jpg
そしてこの二人は、同じ郷里という事で意気投合。
武市は「土佐勤王党」という秘密結社を立ち上げ
そこに龍馬を加える事になっていった。
dry150109take_5.jpg
写真に書いていある「血盟者」とは、
血判を押して忠誠を誓う事を意味している。
幕府にも藩にも内緒だから、秘密結社
さて、ここでコマーシャル。
冒頭で「今年は春が来るのが早いかも」とか書いたが…
今年は1/6が小寒で1/20が大寒、2/4が立春。
二十四節気では、小寒から大寒までが一番寒い時期。
なので、現在3サイズ揃っているアウターを御紹介。
じゃーん。
dry150109take_6.jpgdry150109take_7.jpg
ヘビーゾーンフライトジャケットの銘品であるB-9を、
ドライボーンズなりの解釈で製作!

厚手のコットン素材で、中にはダウンを使用。
これは1940年代当時のエディ・バウワー製と同じ。
違う部分は2色の生地を使って「目立つ仕様」にしてみたところ。
目立つという事は軍服ではあってはならない。
つまり「反戦」を意識した作り。
dry150109take_8.jpgdry150109take_9.jpg
フードにピッタリと付いたチンストラップは、
防寒用に頭頂から外してアゴに持ってくる事が出来る。
これで全く風が入って来ない
dry150109take_10.jpgdry150109take_11.jpg
フロントジッパーは当時の物と同様に「コの字止め」ジッパーを採用。
袖口には段付き和編み、つまり当時物と同じ完全防寒仕様。
おそらくこの週末の3連休で、
確実にサイズ欠けしてしまうアイテム。
早い者勝ち!

さて。
武市半平太と坂元龍馬は、
なぜ秘密結社化してまで土佐勤王党を作ったのか?
これは推測なのだが…
おそらく二人とも、土佐藩の隠密だったのだと思う。
dry150109take_12.jpg
隠密とは…
藩や大名等の命令を受けて、他の藩や幕府の内偵を行なう職業の事。
この二人の場合は、土佐藩から密命を帯びていた筈
遠い四国から江戸にまで「剣術を学ぶ」為にきた訳では無い筈だからだ。
何故なら、時は幕末で今更剣術を磨いても大砲や鉄砲には敵わない
開国を迫る外国勢や、それにビビる幕府の動きを知っておかなければ、
藩そのものが危うくなってしまうからだ。
そこで土佐藩としては若僧の下級武士である武市や龍馬を、
「使い捨ての手駒のひとつ」として江戸に送り、
状況を把握させて藩に持ち帰らせていたのだろう。
幸い、二人とも寺子屋に通っていたので読み書きは出来た。
しかも、上級武士ではないから、
何かあっても家族から藩に文句が出る事は無い。
(当時の上級武士は隠密にならなかった)
そして隠密として情報収集していった結果…
幕府は日和っていてもう駄目だ、という判断を下したのではないだろうか?
そして土佐藩にも疑問を抱いたからこそ、
二人は結託して秘密結社化したのではないだろうか?
この続きは、また来週!
あ、そうそう!
dry150109take_13.jpg
年末にやっと全ての原稿を書き終えたバンドワゴンVol.4
やっと表紙のデザインが出来上がってきたので、先に御披露目しておこうかと。
発売はおそらく、1月下旬(最終週くらいかな)。
そして更に!表紙で使っているジャケットがこれ!
dry150109take_14.JPG
数年振りに作った、リバーシブルのスカジャン。
これは裏面に当たる。
表紙で使われた商品は早々に完売しているので、
今回も足が速い筈。
気になった方は、早目にお店に連絡を下さいまし!

Leave a Reply