1ドル紙幣外伝その2。

十一月、霜月最終週の金曜日、酒丸です。
晴れているとはいえ、もうすっかり寒い
dry141128take_0.jpg
会社近所の一枚だけ残った桜の葉も、真っ赤。
空の青色とのコントラストが綺麗。
さて、先週の続き。
明治維新の裏側を、平成の今から覗いてみる。


では先週もアップした、
長崎の出島の絵をよく見てみよう。
dry141128take_1.jpg
島の右側に、旗が立っている。
これはまぎれも無くオランダ国旗
当時の江戸幕府は鎖国令を敷いていたとはいえ、
オランダとは貿易をしていたのである。
その国旗の麓には西洋的な建物が二棟立っている。
これが有名なオランダ東インド会社の倉庫。
元々出島とは、
幕府がポルトガル人を管理する目的で作られた。
その後オランダ人が幕府と交渉し、
宗教活動や武装を制限されつつもオランダ人が使用していた。
一八五九年、長崎に辿り着いたのがこの人。
dry141128take_3.jpg
トーマス・ブレイク・グラバー
この写真は年老いてからの写真だが、
到着当時は弱冠二十一歳
この若きオランダ青年は、
長崎に到着後すぐに、
ジャーディン・マセソン商会の代理業を始める。
ジャーディン・マセソン商会とは、
清国のアヘンを売って財を成した巨大な英国商社
(今でも存在している会社である)。
アヘン戦争の張本人でもあり、
東インド会社の後を引き継いだ会社なのだ。
彼は貿易で莫大な富を作り、
長崎県の郊外に邸宅を持った。
dry141128take_4.jpg
日本の素材を使いつつ、
実に見事な西洋建築。
そして夜な夜な、
この建物には若き武士達が出入りする様になった。

さて、ここで新作商品の紹介。
そんな時代から二十世紀初頭まで使われていたのが懐中時計
その懐中時計を懐から守ったのが、フォブチェーンというモノ。
ドライボーンズでも数年の構想と準備期間を経て、
やっと完成!
dry141128take_5.jpg
このフォブチェーンは、多くのパーツから成り立っている。
まずオリジナルで型から作成したのが、
マンテルと呼ばれるボタンホールに通す棒状のパーツ
ブランドとして判り易く、骨(ドライボーンズだけに)の形
そして3つのチェーンが交差する部分の和環にも、
ツイストを入れて燻したブラスの環を作成。
フォブ(飾り)部分は現時点では四択できるようにしてみた。
大きめのロケットを選ぶなら写真を入れておいても良いし、
常備薬や秘密のメモくらい入れられる。
十字架は二種類。
ブラスの無地と、ダイキャストのキリスト像。
キリスト教徒で無くても、
クリスマスを祝う習慣がある人なら「アリ」でしょう。
もうひとつはブラスのクリップ。
このパーツならば、ポケットに引っ掛けたりも出来る。
そして先端のフックは二択。
キーホルダータイプとナスカンタイプ。
お好みに合わせて決めて下さいまし。
dry141128take_6.jpgdry141128take_7.jpg
左側は、ダイキャストキリストにキーホルダー。
右側はロケットにナスカンを付けてみた。
現時点では店頭でのオーダーのみ、受け付けております
ネットショップでの購入をお考えのお客様、しばらくお待ちを。
(オーダーメイドできるシステムじゃないので)
そして、一部のお客様からは「どう使ったら良いのか?」という質問。
なので、判り易い「拾いもの写真」で説明。
dry141128take_8.PNG
これは正統派の使い方。
ボタンホールにマンテルを通し、
フォブをぶら下げて、
フック部分に懐中時計を付けてポケットイン。
dry141128take_9.PNG
この人のチェーンはフォブが付いていないバージョンだと考えられる。
ジャケットのフラワーホールにマンテル(この人の場合はリング)を通し、
懐中時計を胸ポケットに仕舞っている。
奇抜な例としては…
dry141128take_10.PNG
この女性の様に、ネックレスとして使うのもカッコいい!
この人の場合は、フォブとマンテルを同じチェーンに移動させて、
フック(この場合はリング)をチェーンに付けている。
しかも二連にする事でゴージャス感が出ている(しかもブラックパール!)。
そんな色々な使い方が出来る。
なので私も自分用をひとつ作ってみた。
dry141128take_11.jpg
ドライボーンズで作っているワーク系アイテムには、
大抵の場合フォブチェーン用ボタンホールがある。
なのでそこに裏からマンテルを通し(骨が見える様に)、
懐中時計は胸ポケットへ。
そしてフォブ部分には、コレクションのチャームを。
一九二◯年代の、秘密結社オッドフェローズのアイテム。
こんな「隠れた裏技」も、アリ。
ちなみに、着用しているヘリンボーンのワークベストもドライボーンズ製。
残り僅か。
さて。
江戸後期に長崎に家を構えたグラバー。
そこに夜な夜な集う武士達は…
実はこの部屋に通されていた。
dry141128take_12.jpg
廊下の天井にあいた穴。
ここからはハシゴが出て来る様になっており、
上にある隠し屋根裏部屋に通されていたのだ。
それはなぜか?
長崎奉行に見られてはマズいメンバーが、
聞かれてはマズい話(商談)をしていたからなのだ。
全ての事は「秘密」裏に事を運ばねばならないから。
グラバー邸の石で出来た門柱には、こんなマークが彫られていた。
dry141128take_13.jpg
直角定規にコンパスのマーク
そう、グラバーは秘密結社フリーメイソンのメンバーだったのだ。
詳しくはまた来週!

Leave a Reply