自慢の靴のラインナップ!

こんにちは!ガリガリでも食欲は人一倍、名古屋店ANNAです!
前回の私のブログで書いた様に大阪ライブに行ってきました〜!
1104an01.JPG
1個食べた後でごめんなさい。ライブ前にたこ焼き屋をハシゴして1人で20個くらい食べました。
名古屋の醤油味のたこ焼きとは違って王道な感じが美味しかったです!
1104an02.JPG
そしてこちらが私がボーカルを務めるBORSTAL BOYSです。
1104an03.jpg
大阪でのライブすごーく楽しかったです!
また貴方の街にもライブに行くかもしれないのでその時は宜しくお願いします!
BORSTAL BOYSの曲に「俺のイカしたブーツはピカピカでかっこいいんだぜ!(ANNA訳)」
という様な歌詞があるのですが、お気に入りの靴を履いて出掛けるとテンションがあがりますよね!
もうお分かりですね?本日は靴をご紹介します!
こちら名古屋店のシューズコーナー。
1104an04.jpg
さながら靴屋さんの様な品揃えです。
服のブランドでここまでシューズの品揃えが良いのは珍しく、ドライボーンズの自慢でもあります!
そして靴の専門店に劣らない、いえいえ、勝るほどの品質の良さと細かなこだわり。
本日はそんなドライボーンズ自慢のシューズ達を徹底比較してみたいと思います。
1104an05.jpg
1. Gore Slip-on Shoes ¥38,000 + tax
2. Western Moccs MonkStrap Shoes ¥39,800 + tax
3. Postman Shoes ¥34,800 + tax
4. Saddle Oxford ¥33,200 + tax
5. Full Brogues Derby Shoes ¥34,800 + tax
6. Gillie Half Boots ¥37,800 + tax
7. Studs Boots “CHALLENGER” ¥42,000 + tax
8. Ankle Boots ¥43,800 + tax
こちら今店頭に並んでいる分のシューズのラインナップです。
見た目だけでも魅力的なシューズ達です。
まずは高さ比較。
1104an06.jpg
さっきの写真と色が変わってるじゃないか、というツッコミが聞こえそうですが、
カラーの豊富なところも魅力なんです。
短靴からブーツまで。つま先が上向き設計の物が多く、つまづきにくく足運びが楽なのです。
見た目だけではなくドライボーンズの靴は機能性も高いのです。
機能性と言えば注目して欲しいところはここ!
1104an07.jpg
ソールへのこだわりです。
雨やオイルで滑りにくいVibram社のオイルレジストソール(5,7)を使用したものや、
ハンドペイントされた、通気性の良いレザーソール(1,2,8)使用の物、
軽くて長時間歩行しても疲れないフラットソール(3)、
バイクの運転にも適した、グリップの利いたクレープソール(6)など、
目的に合わせた靴選びも出来ます!
そして全てマッケイ製法で作られており、軽量で履き心地が良いんです!
それぞれの靴に魅力的なポイントが沢山ありますが、一つだけ選んでおすすめします!
1104an08.jpg
1.Gore Slip-on Shoes
その名の通り履き口の両サイドに”ゴア(マチ部分)”がついており、裏側がゴムになっていて足にフィットしてくれます。靴の脱ぎ履きがしやすく、スーツスタイルにピッタリです。
2. Western Moccs MonkStrap Shoes
何といってもアッパーの型押しです!こんなに美しいウエスタン調の型押しが施されたシューズは他に無いです!1950年代にあった子供靴をモチーフに、拘りが詰め込まれた大人気のストラップシューズです。
3. Postman Shoes
疲れにくいフラットソールも魅力ですが、このつるんと美しいプレーントゥ。シンプルなのでワークスタイルやスーツスタイルなど色々なコーディネイトに合わせやすいです。グリーンのステッチのダブルコパも拘りの一つ。
4. Saddle Oxford 50’sスタイルやロカビリーファッションには欠かせないサドルシューズは、ホワイトの鳩目とホワイトの靴ひもが当時のトラディショナルな雰囲気を出しています。紐で縛って甲にぴったりとフィットしてくれますよ!
5. Full Brogues Derby Shoes 全体的にリザードの型押しが施されたダービーシューズ。やはりこの美しいウィングチップとメダリオンの飾り穴。この穴には飾りだけではなく通気性を良くする機能も。足が蒸れやすい人や夏場にもおすすめです!
6. Gillie Half Boots
こちらも5と同じくウィングチップが魅力ですが、私が注目して欲しいところは靴ひもを結ぶ上部がホックになっているところ。これにより時間のかかるブーツの脱ぎ履きがとても楽チンなのです!
7. Studs Boots “CHALLENGER”
スタッヅブーツの名の通り、ステッチ上に打ち込まれたスタッヅが特徴!こちらはなんと1920年代に実在したブーツを再現しています。古臭い加工を施したスタッヅが当時の雰囲気を醸し出しています。
8. Ankle Boots
こちらは映画「ゴッドファーザー」にも登場する19世紀に実在したブーツを基に作られた逸品。当時はボタンで脱ぎ履きしていましたが、当時には無かったジッパーを付ける事で スムーズに着脱出来るのが魅力!渋すぎる見た目にやられちゃいますよね!
ざっと一気にご紹介しましたが、本当に語り尽くせないくらいの拘りがドライボーンズの靴達には詰まっています!
ぜひ店頭でスタッフから詳しく聞いて下さいね!
本日ご紹介したシューズ達の他にもまだまだ魅力的な靴達の入荷予定が沢山御座います!
店頭では細かいディティールのご説明やご予約も承っておりますのでぜひぜひご来店下さい♪
さて最後に恒例になって来たドライボーンズのうたのおねえさんことANNAの次のライブ!
1104an09.jpg
11/8(土)名古屋TINY7
OPEN 17:30/START 18:00
ADV ?2300/DOOR ?2800(別途ドリンク代)
(PERFORMERS)
MOSQUITO SPIRAL
THE COOL JAM
FATES
the Hi-Hat whisky
VOIDD
漲-MI・NA・GI-
今週土曜日11/8に久しぶりに地元名古屋でのライブでーす!
名古屋の皆様応援に来て下さ〜い!
ではまた〜!

Leave a Reply