漢のシャンブレーシャツ!

こんにちは、名古屋店のプラムです。
先週末、お客様にもご参加頂いてイッキー君の送別会をしてきました!
ume01.jpeg
ume02.jpeg
ume03.jpeg
ume04.jpeg
お話とお酒に夢中でまともな写真がなくて申し訳ありません。。。
幹事のワタクシが言うのもおかしいのですが、笑いの絶えない素敵な送別会になったと思います♪
ご参加頂いた皆様、二次会、三次会と遅くまでどうもありがとうございました〜!

最後は何故か路上で胴上げ!w
ume05.jpeg
イッキーが名古屋店にいるのも、残りあと7日間。
今週末の10/13(月・祝)までです。
ぜひぜひ最後にイッキーに会いに来て下さいね〜!

さて、ブログでもご紹介している様に、新作の入荷が連日続いております。
その中でも、本日ワタクシがおすすめするのはこちらのアイテム!
ume06.jpeg
じゃーん!
そう、シャンブレーシャツ3型です!
自分もシャンブレーシャツは大好きでよく愛用しています。
新品の状態ももちろん良いですが、ワークウェアは着込んで色落ちしてアジが出てきたくらいの方がかっこいいですよね!

因みにこちらがワタクシが愛用しているシャンブレーシャツ。
ume07.jpeg
もういつ買ったのか覚えていないくらい、長いことお気に入りで着用しております。
折角なので、現在店頭にある新作のシャンブレーシャツと比べてみました。
(同じシャンブレーでも、生地が別物なので一概に比較は出来ませんが、、、)
ume08.jpeg
【上:プラム私物、下:新作】
よ〜く見てみると、肩線の縫い合わせ部分にパッカリングが出来ているのがわかります。
襟先も色落ちによって凹凸感が出ており、表情がありますね。
ume09.jpeg
【左:プラム私物、右:新作】
袖口も良い感じに擦れてきて、深みと貫禄があります。
こちらもやはりステッチ付近にはパッカリングが出ていますね。
デニムと同じように、こうやって着込んでいくことで魅力が増していくのがシャンブレーの良いところだと思います。

それでは話を本題に戻して、おすすめの新作シャンブレーシャツをご紹介!
まずはこちら!
ume10.jpeg
DS-2103 Elbow Padded Work Shirt ¥15,800+tax
1920〜30年代のヴィンテージを基にしたワークシャツ。
ややハリのある生地感なので、着込んだ後の経年変化も出やすいかと思います。
商品名にあるように、肘〜カフスに掛けて生地が二重になっており、擦れやすい部分に強度を持たせた仕様になっています。
ume11.jpeg
見た目のアクセントにもなっていて良いですよね。
色も濃いので ↓画像の様に淡色のサスペンダーと合わせると相性ばっちり。
ume12.jpeg
ワークの粗野なスタイリングも、サスペンダーを合わせる事で男らしい色気を演出することが出来るのでおすすめです。

お次はこちら!
ume13.jpeg
DS-2102 Chambray Bosom Shirt ¥16,800+tax
ドレスシャツのディテールを取り入れており、シャンブレーなのにドレッシー。
プリーテッド・ブザムにする事で、ワークウェアにはない繊細さと華やかさをプラス。
ume14.jpeg
このようにボウタイやクラシックなハットを合わせると、いつものカバーオールもグッと上品な印象にすることが出来ますよ。

ラストはこちら!
ume15.jpeg
DS-2101 Printed Work Shirt ¥16,800+tax
型は最初に紹介した物と同じなのですが、こちらは何といっても背面がポイント!
ume16.jpeg
そう、全て「工具」で構成されたスカル&クロスボーンが大きくプリントされております。
まさにワークウェアですね!
こちらはバイク乗りの方にもおすすめなので、あえてこんなコーディネイトにしてみました↓。
ume17.jpeg
デニムのオールインワンのインナーとして着用。
バイクの整備を終えて上半分を脱いだ時にプリントが覗くようにしてみました。
もちろん、シャツを一番上に着用すればライディング時のバックスタイルにインパクトを持たせることが出来ますよ。

いかがでしたでしょうか。
皆様もぜひドライボーンズのシャンブレーシャツを手に入れて、自分だけの1着に育ててみませんか?
今日ご紹介したシャツはどれも生産枚数に限りがありますので、気になった方はお早めに見にいらして下さいね!
それでは、今週もご来店お待ちしております〜♪

Leave a Reply