1ドル紙幣。第71話。

2014年9月12日の金曜日。
惜しい。またしても1日違い(どっちに?:笑)
さて、ワタクシは今日から大阪出張。
このブログを公開させた後、
速攻で新幹線に飛び乗って新大阪へ向かうなり。
明日のドライボーンズ大阪店16周年振舞酒で会いましょ!
と言う訳で…
まずは雑誌掲載のお知らせから。
9月11日には、この雑誌が発売!
dry140912take_1.jpg
アグネス・ラム、どーん!
こんな表紙の雑誌、
買わないなんてあり得ない!
(昭和40年生まれのプロパガンダ)
個人的には…
アンドレ・ザ・ジャイアントの記事が良かったなぁ…。
そして、この雑誌の中には私の連載も掲載。
dry140912take_2.jpg
敢えて文字はモザイク仕様。
このブログとは全く別の、
陰謀論的な内容を執筆してみた。
なので、まずは本屋(もしくはアマゾン)へ、ゴー!
さて、では先週の続き。


先週は、この写真で「続く」となった。
dry140912take_6.jpg
これは…
あまり日本人には知られていない団体かもしれない。
「CLUB B1LDERBERG」、
通称「ビルダ-バ-グ会議」。
第二次世界大戦も終わり、
朝鮮戦争も一段落付いた時期である1954年。
つまりゴールデンフィフティーズまっただ中の年の5月末。
オランダにあるビルダ-バ-グホテルに、
欧米各国のスーパーエリートが集まって会合が行われた。
内容は全く外部に漏れず、非公式。
報道される事も無く、今後も無い。
その後、毎年場所を変えて会合は行われている。
1955年にはフランスで、
1956年にはデンマークで、
というような感じ。
場所はすべてヨーロッパかアメリカ。
そしてやっぱり内容は非公式なので、
具体的なミーティング内容は分からない。
1954年とはどんな年だったのだろう?
私はこの「フィフティーズ」という年代が大好き。
なので、明るくて表面的な話題を拾ってみる。
ジョー・ディマジオとマリリン・モンロー夫妻が来日した年
日本で初めてのプロレス中継が始まった年
実はこのフィフティーズと言われるキラキラした時代の理由、
それは第二次世界大戦によって、
「富の再分配」が為されたからだ、
という意見がある。
18世紀頃までは…
一般市民全体の富が「1」だとすると、
一部の特権階級(貴族や王族等)の富は「7〜8」だったらしい。
当然、一般市民とは全体の99%を占めている。
と言う事は、たった1%が富の大部分を持っていたのだ。
それが…
欧州の植民地政策、
産業革命、
アメリカ建国、
移民の増大、
二度の世界大戦等を経て、
1950年代中期には…
一般市民全体の富が「1」だとすると、
一部の特権階級(政治家や企業のトップ)の富が「2〜3」くらいまで平均化した。
やはり、一般市民とは全体の99%を占めている。
これが「富の再分配」と言う事だ。
「昭和40年男」内でも紹介しておいたBANDWAGON Vol.2
dry140912take_3.JPG
その中の10ページに、
こんな写真を掲載しておいた。
dry140912take_4.jpg
こんな大胆なアーガイルのジャケットが、
アメリカで大流行し始めたのも、この頃。
レーヨンベネシャンという高級素材に
惜しげも無く抜染プリント。
裏地は高級なキュプラ素材、しかも織り柄が入っていたり、
リバーシブルだったりしていた。
一般市民がこんな服を多く消費出来た時代。
これこそ「富の再分配」が為された結果なのだ。
ドライボーンズの2014年の秋物も、やっと入荷!
そして色展開も初披露。
dry140912take_5.jpg
ピンク、チャコール、ブラックの全3色。
本日各店舗に入荷予定(福岡店のみ1日遅れ)!
(ネットショップへの掲載はもうちょっと時間が掛かります)
そんな風に、
表面上はキラキラに輝いていた時代に、
この会議は始まった。
dry140912take_7.jpg
内容?全く分からない。
なので皆様、自分達なりに調べてみよう。
このビルダーバーグ会議の支配下には…
アメリカ政府、
EC(欧州共同体)、
WHO(世界保健機関)、
UN(国際連合)、
IMF(国際通貨基金)…等々。
ちなみに過去60年間、日本人は一人も参加していないらしい。
1960年代以降、世界は大きく変化した。
ベトナム戦争や中東戦争、
原子力の開発と発展、
そして9.11もあった。
そして21世紀も10年以上経った今。
一般市民全体の富が「1」だとすると、
一部の特権階級の富は「7〜8」に戻ったらしい。
ちなみに…
18世紀の全世界の人口は10億人、
1950年代は約25億人。
そして現在は約70億人。
割合で考えてみると、凄い
dry140912take_8.jpg
(会議場近くで反対運動を繰り広げる、99%の皆さん)
さて、聡明なこのブログの読者ならば…
ここまで71話も書いてきたら分かるよね?
来週は、私なりの「1ドル紙幣」についての見解を。
ではまた!

Leave a Reply