夏の準備はお早めに。

こんにちは。
福岡店のリリーです。
先日は、英国の60年代Modsカルチャーの祭典『MODS MAYDAY』に、DJとして初めて参加してきました。
最近では似た他ジャンルの参加も多く、各地で自分のような50年代のDJも加わりワイワイした楽しいイベントになっています。
とは言いながらも、アウェイだったらどうしよう?と内心びびって行ってきました。
また、今回は偶然にも本社勤務のレモンさんがボーカルを務める『WACK WACK RHYTHM BAND』の出演もあり、昨年以上の盛り上がりを見せました。
先ずはワック・ワック・リズム・バンドの写真から。
waka6.302.jpg
途中レモンさんがステージから降りて、お客さんの盛り上がりも最高潮へ。
waka6.301.jpg
その後は、最後まで大盛り上がり。
自分のDJで踊ってくれた方も多く、楽しい思い出ができました。
 
最後にヒョウ柄の様なステージ衣装を着ていたレモンさんと記念撮影。
waka6.303.jpg
こうやって二人並ぶとかなり派手ですね…
自分が着ているヒョウ柄のシャツは、あっという間に残り僅かになりました。
気になる方はお早めに!
DC-609 S/S Leopard Italian Collar Shirt ¥9,800 + tax
そして、 
ワック・ワック・リズム・バンドが気になった方は、こちらのオフィシャルサイトからスケジュールをチェックして下さいね。
http://www.wwrb.net
  
 
 
さて、
前書きが長くなりましたが、
本日は夏に向けてのオススメをご紹介します。
 
こちら。
waka6.308.jpg
リングやブレスレット等のアクセサリー類。
意外に付けた事がないというお客様も多いと思います。
ちょっとした仕草でチラッと見えるアクセサリーは、お洒落に対しての拘りが伝わってくるアイテムでもあります。
今日はそんな中から自分のオススメを数点ご紹介したいと思います。
 
 
先ずはスカル(髑髏)をモチーフにしたリング。
waka6.306.jpg
 
人差し指。
メキシカンリングを思わせるゴツっとした仕上がり。
DAS-277 Brass Ring”SKULL” ¥14,800+tax
 
中指。
こちらも存在感のあるゴツっとした仕上がり。
中からうっすら見えるスカルが不気味で格好いい。
DAS-310 Brass Skull Frame Ring ¥12,800+tax
 
薬指。
スカルの目玉部分にはジルコニアが埋め込まれ、ヴィンテージの「スパークル アイズ」を再現したリング。
DAS-305 Sparkle Eyes Skull Ring “SILVER” ¥16,800+tax
 
小指。
江戸時代末期に活躍した浮世絵師「歌川 国芳」の得意とする猫の寄せ絵を立体的に表現したリング。
DAS-224 よし リング “猫髑髏” Lady’s ¥21,800+tax
 
 
次は、昔から不動の人気を誇るツーフェイスリング(Comedy and Tragedy)。
waka6.307.jpg
今から約2500年ほど前、ギリシャのアテネで世界初の演劇用劇場が出来たときまで遡ります。
世界で初めての演劇ということで、一人の役者が顔に面を付けて複数の役を演じました。
それが起源となってデザインとして使われるようになったと云われています。
1950年代にアメリカで流行し、現在でも根強い人気を誇っています。
 
人差し指。
DAS-307 Two Face Ring ¥7,900+tax
ヴィンテージのリングを基にデザインした大きめのリング。
身につけるだけでインパクトも大。
 
中指。
シルバー素材を台座に、ゴールドのツーフェイスが浮かびます。
シンプルですが、存在感のあるリングです。
DAS-220 TWO FACE FRAME RING (GOLD) ¥16,800+tax
 
気になる方は、ぜひ色々と店頭で試着してみて下さいね。
 
またホームページからも下の写真のように、まとめて見る事が出来ますのでこちらからチェックして下さいね!
ここをクリック!
waka6.305.jpg 
 
それではこの辺で。

Leave a Reply