1ドル紙幣。第56話。

5月も後半の金曜日となりました。
酒丸です。
先週の日曜日はマッハ仲間がツーリングに行くとの事だったので…
前日土曜日の飲み会がトリプルバッティングしていたにも拘らず、
全てをキャンセルして日曜のツーリングに賭けました!
飲み会やらイベントやらに誘ってくれた人、申し訳ない
実は前日に飲んでしまうと、朝が早いツーリングはキツいお年頃。
お蔭様で快晴!最高に気持ちよくツーリングを楽しめた!
なので、取りあえずその報告から。
まずは皆でアクアラインの海ほたるに集合。
ところが、恐ろしく混んでる(汗)
なのでもうちょっと空いてる場所に移動しようという事で、
君津PAへ。
dry140523take_1.jpg
マッハだけで走っていると、もの凄く目立つ!
ハーレー軍団やレーサーレプリカ軍団も多く走っていたが、
皆さん遠巻きに見ているだけ。
やっぱり、タールを飛ばされるのがイヤなのか?(汗)
そして、今回の目的地のひとつであるピザ屋さんへ。
dry140523take_2.jpg
オイラの高校の先輩が営んでいる、
薪釜でピザを焼くINDY’S PIZZAさん。
激美味い〜!
そしてこの千倉の碧い空と、
真っ赤な建物のコントラストが素晴らしい!
この店で食事をしながらSNSに書き込みをしていたら…
都内在住マッハ乗りから連絡が入り…
「オレも合流したい!」との事。
なのでその彼を待って合流し、
メインの峠道走破へ!
オイラの生まれ故郷なのに、
新しく道が出来ていたりするので意外と知らない道路が多い。
なので地元の友人に聞きながら何となくルートを定めて…
いざ、全員でRUN,RUN,RUN!!
直線あり、農道あり、急カーブあり、
ヘアピンあり、アップダウンあり。
モノスゴク楽しい山道。
しかも、けっこうな距離があるのでヘトヘト。
dry140523take_3.jpg
終盤の「もみじロード」と呼ばれる一角で記念撮影。
途中、休憩出来る箇所がこの自販機の一角のみというハードコース。
今回は1台の離脱者も無く、全員が完走!
楽しかった〜!


ではここで、
この日のツーリングに参加したマッハ仲間の車体を紹介。
dry140523take_4.jpgdry140523take_5.jpg
左側がオイラのマッハ、750SS、H2A。1973年モデル。
右はN君の車輌で、色違いの同級生。
でも微妙にフレームの強化の仕方が違う。
輸出国の違いなのかも。
dry140523take_6.jpgdry140523take_7.jpg
左は皆から「オトーサン」の愛称で親しまれている人の、1972年の750SS、H2。
オイラの車輌の1年前に発売されたもの。
レストア&リペイントされて、新品同様!
右は皆から「じいじ」の愛称で親しまれている人の、1972年の500SS、H1B。
恐ろしく速い!
途中の高速道路で、
ナナハンのオイラが◯◯◯km/hで走っているところを余裕で抜いていく。
たぶん、◯◯◯km/hくらい出てるんじゃないか?
(とてもじゃないけど書けない数値なので、伏せ字対応
さすが伝説の雷マッハ!
dry140523take_8.jpgdry140523take_9.jpg
左は盟友Y君の、1970年の500SS、H1。
なんとオリジナルカラー!
彼は1972年のH2も持っているため、
マッハ2台持ち。完全に変態(笑)
そして右が、後から参戦してきたKさんの1972年の750SS、H2。
ちなみにスペックは合ってないかも。
なにせ全てに手が入っており、猛烈に速い。
そしてこの日初御披露目の「乾式クラッチ」!
キュルルンウンウン、カランカランカンカンカンカン…
という音がクラッチから聞こえてきて、
まるでサーキットにいる様な感じ。
この6台で房総半島南側の山道を攻めてきてみた。
トリプル最高〜!
と、これだけ引っ張っておいての…
先週からの続き。
先週はイタリアの秘密結社について書いてみた。
なので本日は日本の秘密結社を。
まずは有名なこの映画から。
dry140523take_10.jpeg
ご存知「仁義なき戦い」のワンシーン。
映画上の設定では、
広能が所属する金守組は土建屋上がりの博徒となっている。
この設定を正しく理解していかないと、
この先の理解が難しい。
そもそも日本のヤクザとは…
江戸時代の前期頃から始まったといわれている。
17世紀に入って日本は戦国時代に終止符を打ち、
徳川幕府が治める江戸時代となった。
つまり、各地方の大名は、
今までの様に多くの武士を抱える必要が無くなったのだ。
という事は、一種の「武士の失業」を意味していた。
今まで戦に明け暮れていた者が、
急に失業してしまったのである。
才覚がある者は寺子屋を開いたり、
商売人になったりしていった。
が…一部の者は浪人となり、
やがて賭博場や遊郭の用心棒等に就くようになっていった。
その後、祭礼の屋台や場所決め等の仕切りを商う者も出てきた。
戦前までのヤクザとは、
大きく2種類に分かれていた。
ひとつは神農系と呼ばれる…
dry140523take_11.jpg
「的屋(てきや)」を稼業とする者達。
彼らは敗戦後の無法地帯と化した闇市の仕切りも行い、
徐々に勢力を伸ばしていった。
そしてもう一方は…
dry140523take_12.jpg
「博徒(ばくと)」と呼ばれる賭け事を稼業にする者達。
ヤクザの語源とは…
おいちょかぶの「8」「9」「3」と言われている。
元々、8はオイチョ、9はカブと呼ばれる事から名前が付いたこのゲーム。
配られた2枚、
もしくは3枚の札の合計値の1の位の数値が9に近ければ近いほど勝ち
8と9が配られれば合計で17なので、1の位は7(ナキ)。
ここでもう1枚引いて2以下を狙うのがギャンブラー。
ところが、3を引いてしまって合計値は20、1の位は0(ブタ、もしくはドボン)。
これが語源の893、つまりヤクザなのだ。
この的屋と博徒の2種類の者達が、戦後にどのように変化していったのか?
改めてまた来週。
ああ、新入荷商品を紹介しなきゃ!(汗)
ジャーン!
dry140523take_13.jpg
プリントスエットショーツ!
30番手の表糸に、
10番手の裏糸を使用。
その裏糸を起毛させて、
更に染み込みプリントで「万物の目」。
ボディ色はアッシュグレーとネイビーの2色。
人手不足でネットショップへのアップが非常に遅れており(汗)
アップまでもうちょっと時間を下さい(大汗)
新作は大量に入荷中なので、是非直接店頭へ!
そして!
この週末は…
dry140523take_14.JPG
ドライボーンズ福岡店にてフリーマーケット!
dry140523take_15.jpg
あ、こんなポップも出来てた(汗)
夏物のビンテージウェアを、破格値で出品!
九州エリアの皆様、お待ちしております!
では本日はこの辺で!

Leave a Reply