ジーンズの顔と言えば!

皆さん、こんにちは!
名古屋店イッキーです。

実は僕、名古屋に来てから珈琲を自分で淹れることにハマっています。
名古屋は喫茶店やカフェの数が全国でもトップクラスなので珈琲を飲む機会も多く、自分でも美味しい珈琲を淹れてみたい!
という単純な思考回路からきているのですが…。笑
何事も形から入るタイプの僕はミルやら細口ポットなどを順調に揃えていき、先日遂にずっと欲しかった『Fire-King』
のマグカップを購入しました!
K01.jpg
定番のジェダイDハンドルマグ。
でもボトムの部分が平らになっているフラットボトムタイプで、レギュラーの物よりほんのちょっとレアみたいです♪
これから少しずつ集めていきたいなぁと思います。
もしおすすめの物があったら是非教えて下さい☆

さて、僕の趣味の話はこの辺にしておきまして、本日のおすすめアイテムをご紹介したいと思います!
K02.jpg
新シリーズであるJEAN ENGINEERING(ジーン・エンジニアリング)も加わり、新たな動きを見せるジーンズです!
1年中お使い頂け、様々なスタイルに取り入れることが出来る定番中の定番アイテム!
そんなジーンズの顔とも言えるバックポケットのステッチについて今日は書いていきたいと思います。

元々このジーンズに付けられたバックポケットのステッチは1873年にリーバイス社が施したアーキュエット・ステッチが始まりで、バックポケットを補強する布を留めるという機能的な役割を持ち、それと同時に自社ブランドの広告として一面も持っていたそうです。
今では当たり前の様に付いているこういったステッチですが当時としてはそれはもう画期的なアイデアであり、他社ブランドはこぞってこの仕様を取り入れました。(それも現在の様なオリジナリティ溢れるものではなく似た様な物が多かった様です)
そこでリーバイス社は1942年にこのアーキュエット・ステッチを商標登録し、これによって他社ブランドも新たなデザインを考えざる得なくなったという訳です。
けれど、そのおかげで今現在に至まで多くの趣向を凝らしたステッチが誕生した訳ですから、このリーバイス社の特許取得はジーンズのその後のあり方に大きな変化をもたらしたということですね。

と、バックポケットのステッチの歴史を頭の片隅に置いておいて早速Dry Bonesのジーンズを見ていきましょう♪
まずはこちら。
K03.jpg
葛飾北斎先生も富嶽三十六景のうちの1図甲州三坂水面で描いている『逆さ富士』をイメージしたステッチ。
その美しい姿は古来より日本の人たちに愛されてきました。
元々輸出戦略用として始まったシリーズなので一目で日本製だと分かる『逆さ富士』をステッチにしたという訳ですね☆
海外に向けてという目的もはっきりした正に『広告』的なデザインです!
そんな日本美溢れる寿司耳ジーンズも残り僅か!
購入をお考えの方はお早めに!

お次はこちら。
K04.jpg
ギターウルフのセイジ氏とコラボレーションした”JET G” Jeans。
ギターウルフのイメージであるサンダーボルトをイメージした躍動感のあるステッチはインパクト抜群!
ボーリングシャツやライダースジャケット等と合わせたロックテイストなスタイルと好相性です!
この鋭角的なステッチが後ろ姿をクールに演出してくれること間違い無しですよ☆

そして最後はこちら。
K05.jpg
Dry Bonesの新たなデニムシリーズであるJEAN ENGINEERING(ジーン・エンジニアリング)。
セルヴィッジラインにヴィンテージデニムに見られる代表的なディテールである『赤耳』を採用。
JEAN ENGINEERINGはGENE ENGINEERING(遺伝子工学)と掛けられており、古き良き物の遺伝子を継承していくという意味を込めた『DNAの二重螺旋図』をイメージしたステッチが施されています。
こういった深い意味が込められた物や、歴史・ストーリー性のある物はその真意を知って持つとより愛着が湧きますよね☆
更にこのステッチ、経年変化の過程でこういう風に擦り切れていけば…!
なんていう経年変化した後のことまで見越したデザインな訳です♪
育てていくのが楽しみな1本ですね。
K06.jpg
ステッチ以外にも沢山のこだわりが詰まっていますので、まだお持ちでない方は是非一度Dry Bonesのジーンズを履かれてみて下さい☆
既にお持ちの方はステッチ違いでもう1本いかがでしょうか?☆

最後に、先日パソコンの写真を整理していたらニューヨークへ行ったときの写真を発見。
K07.jpg
雰囲気の良いお店だなぁと思い何となくフラッと入ったのですが、そこにはなんとDry Bonesの寿司耳ジーンズが!
スタッフに話を聞いてみると、アメリカにも沢山の根強いファンがいるそうです!
こだわりを持って作った良い物には国境は関係ないんですね♪
しかし言葉には国境がありましたので、次回行く機会があったときに熱く語り合える様に英語の勉強をしておかねば…!笑
それでは今日はこの辺で。

Leave a Reply