1ドル紙幣。第50話。

春分の日の金曜日となりました。酒丸です。
世間的には3連休、嬉しいですな!
そういう私は…11時現在、未だ都内本社におります(汗)
これから速攻で飛行機に乗り、一路福岡店へ向かいます!
dry140321take_0.jpg
オイラのコレクションであるギャバジャンを中心に、
1950年代の軽めアウターを一挙に展示・販売。
見せびらかしから実用本意なものまで並べますので、
この3連休は福岡店へ!
さて、では先週からの続き。
江戸の徳川家が忍者を嫌った為に現在の日本の状況がある、
という辺りの話を書いて見ようかと。
もう全然1ドル紙幣から離れていますが、
この話も今後に繋がるので、
ちゃんと書いておかないと(汗)


では本編。
戦乱の日本を初めて統一した武将は徳川家。
この人。
dry140321take_1.jpg
徳川家康。
その勝ち方も、正攻法で勝ち続けたのではなく…
実は多くの「忍びの者」達を使っての勝利だった。
だからこそ…
彼は次の敵対勢力が、
逆に忍を使って逆襲に出てくる事を過度に恐れた。
そこで彼は「ひとつの陰謀」を企てた。
それが「忍の使う戦術は卑怯である」と喧伝し、
忍という職業を世の中から消してしまう事だった。
そしてその煽動(つまりBANDWAGON)に使われたのが…
この人だった。
dry140321take_2.jpg
宮本武蔵。
彼が残した実績を元に、
「武士の心得」なるモノを構築、
それを家臣達に落とし込んでいったのだ。
宮本武蔵が残した有名な著「五輪の書」は…
dry140321take_3.jpg
実は忍者の「遁術」にも通じているものだったのに。
さて、5輪といえば…
こんなアイテムも入荷。
dry140321take_4.jpgdry140321take_5.jpgdry140321take_6.jpg
フォーミングドット ギャバディーンジャケット
フォーミングドットとは「発泡した水玉」という意味
dry140321take_8.jpg
1950年代当時、
最先端だった発泡プリント技術を駆使して作られた名作のひとつ。
5輪とは何の関係が?
dry140321take_7.jpg
ほら、よく見ると背中に5つの輪が(笑)
このギャバジャンの柄の様なこんな物語も、
江戸時代後期には大流行。
dry140321take_9.jpg
滝沢馬琴が書いた「南総里見八犬伝」。
里見城のお嬢様「伏姫(ふせひめ)」が愛玩していた「八房(やつふさ)」という犬には
8つの玉が付いた首飾りがあった。
その玉にはそれぞれ「文字」が浮き出る様になっており、
その玉の持ち主と伏姫が次々に出会い、敵と戦っていく物語。
dry140321take_10.jpeg
当時爆発的に売れたこの読本は重版に継ぐ重版となった。
オイラの「心の師匠」である国芳も描いていたりした。
物語は…
愛玩犬「八房」の玉が飛び散り、全国の勇者の手元に届いた。
それを伏姫が探すのだが…
勇者は全員「犬」という文字が名字に入っている。
犬塚信乃、犬川荘助、犬山道節、犬飼現八、
犬田小文吾、犬江親兵衛、犬坂毛野、犬村大角。
そしてその8つの玉には…
「仁」「義」「礼」「智」「忠」「信」「孝」「梯」
と彫り込まれていた。
この物語そのものは、非常に面白い。
さすが、馬琴が何十年もかけて書いた超大作。
が…「犬の忠実さ」は、
イコール「家臣は殿に忠実であれ」という内容にも取れる。
更には…「伏姫」の「伏」という文字は…「人偏に犬」と書き、
「人(殿)に忠実な犬(家臣)」という意味にも取れる。
また、8つの玉の言葉も全てが「家臣から殿への想い」な訳だ。
ここには「陰謀」「暗殺」「謀略」などの
「汚い戦い方」は存在していない。
こういった「脱・忍者」的な考え方を江戸幕府の家臣や町民に刷り込んだのは、
やはり徳川家の功績であろう。
そしてこういった思想を、
明治時代に海外で文章にして紹介した書物が…
dry140321take_11.jpg
「武士道」なのだ。
鎖国状態だった日本の文化が海外でも知られる様になった時、
ヨーロッパやアメリカの人達は、
日本にちゃんとした宗教観が無い事に驚いた。
なぜならば、ヨーロッパのそれまでの戦いは、
宗教観の違いから起こる事が多かった訳だし、
フリーメイソンという存在そのものも、
言わば「脱・カトリック」から来ているからだ。
そこで新渡戸稲造は、日本人が持つ独特の宗教観を
「武士道」という言葉で表現
したのだ。
dry140321take_12.JPG
時代は多少前後するが…
幕末に、幕府軍側について京都所司代預かりとなった集団「新撰組」。
dry140321take_13.jpg
局長になった近藤勇は剣術道場にも通い、
幼少期から盗人を退治したりする正義感の強い人物だったという。
彼らが幕府側に付いた時に揃えた旗がこれ。
dry140321take_14.jpg
「誠」の文字。
明治維新後、
幕府側にいた彼らはいわゆる「匪賊」として扱われた時期があった。
そんな彼らと同じ文字を打ち立てたのが、陸軍中野学校であり、
「謀略は誠なり」なのだ。
この様に…
徳川幕府、宮本武蔵と五輪の書、里見八犬伝、新撰組、明治維新…
第二次世界大戦前の300年間を「違う視点」から見てみると、
やはり「陰謀」の匂いがするのだ。
「違う視点」、とても重要。
あ、ちなみに…
「五輪の書」の5と、「八犬伝」の8を足して「13」になる…
とかは考え過ぎ。それは陰謀論の類い(笑)
dry140321take_15.jpg
こんなシルバーのリングも入荷。
ALL SEEING EYE。神は全て見ている。
こんな「違う目」を持って世の中を見てみては?
来週は…
そういった幕末〜明治を経ての昭和を「違う視点」で見てみようと思う。
やっと秘密結社の話に戻る事になります!
ではまた来週!

Leave a Reply