ファブリック色々♪

皆さん、こんにちは!
名古屋店のイッキーです。

以前ブログで、名古屋は街をブラブラしているだけで面白いものが沢山見つかると書いたのですが、またもや気になるものが!
K00.jpg
世田谷ベースならぬ「SO-DAGAYA BASE」!
「そうだがや」とは名古屋の方言で「そうだよ」という意味があるのですが、何とも名古屋愛溢れるネーミングセンスですね笑
残念ながらこの日はお店は開いていなかったのですが、また近いうちに覗いてみたいと思います♪

さて、僕の名古屋探索の話はこの辺にして、本日のおすすめ商品のご紹介致します☆
K17.jpg
Dry Bonesの人気アイテムの1つであるファブリックです。
1950年代のアメリカで流行ったテキスタイルパターンを再現しており、当時はカーテンやソファー等の家具からジャケットやネクタイ等の身の回りのファッションアイテムまで幅広く用いられていました。

それでは1つずつご紹介していきます。
◎DZK-015 Fabric “Abstract” ¥2,500-+tax(最小販売1m〜)
K2.jpg
WHITE
K3.jpeg
OFF-WHITE
K4.jpeg
YEELOW
K13.jpg
BROWN
『アブストラクト』とはアブストラクト・アートの略で、また抽象的な、観念的なという意味を持っています。
その言葉が意味する通り現実の対象を直接再現せず、色、形、質感など造形要素それ自体が持つ可能性を抽象的に表現している芸術のことを指します。
不思議な形をした図形が何とも可愛らしいですよね。

◎DZK-026 Fabric “Free Form” ¥2,500-+tax(最小販売1m〜)
K5.jpg
GRAY
K14.jpg
KHAKI
K15.jpeg
BROWN
『フリーフォーム』とは『自由形式』のことを指し、型に囚われないダイナミックなデザインが多く、こちらのファブリックも曲線を大胆に使ったインパクトのあるデザインとなっています。

◎DZK-022 Fabric “Rectangle Bubble” ¥2,500-+tax(最小販売1m〜)
K11.jpeg
WHITE
K9.jpeg
MINT
K10.jpeg
RED
K8.jpeg
BLACK
『レクタングル バブル』とは『長方形の泡』の意で、まるで南国にいるようなエキゾチックな雰囲気を感じさせてくれます。
新色のブラックも加わり、カラーバリエーションが更に豊富になりました。
以前別のカラーを購入された方も色違いでいかがでしょうか?

◎DZK-029 Fabric “Kidney Shape” ¥2,500-+tax(最小販売1m〜)
K16.jpg
BEIGE
K7.jpeg
PINK
K6.jpeg
BLACK
『キドニーシェイプ』とは直訳すると『腎臓の形』となり、その訳の通りまるで腎臓のような形をしていることからそう呼ばれるようになりました。
このデザインはファブリックのみならず、灰皿や鏡等にも使用され、当時の生活を彩ったデザインの1つです。

いかがでしたでしょうか?
デザイン、カラー共に豊富なのでインテリアや気分に合わせてお選び頂けますよ♪

因みに、僕は先日こちらのファブリックを使ってカーテンを作りました。
K12.jpeg
部屋には木製の家具が多いので色味を合わせて今回はブラウンをチョイス。
これからの季節を意識してホワイトの購入も計画中です。
季節によってカーテン等を変更するとお部屋の中でも四季を感じられておすすめですよ〜

少し生地が余ったのでスカーフやブックカバーなんかも作れないかなぁと考えています。
色々なアイテムをお好みの柄で統一するのもいいですよね♪

それでは今日はこの辺で。

Leave a Reply