ぬくぬくメルトンコート☆

こんにちは〜!名古屋店ANNAです。
去年の12月にドライボーンズ名古屋店に入って、一年が経ちました。
こちらちょうど1年前の写真。
AN12191.jpg
まだ写真を撮られるのにも慣れておらず、かなり恥ずかしかった覚えがあります。
AN12192.jpg
こちら最新の写真。ポーズを取るのも少しは成長したかな?
ポーズはさておき、表情にも自信がついて来た様な気がします!(自分で)
少しずつお客様にも顔を覚えて頂いて
「ブログ読んでるよ」「Facebookでいつも見てるよ」と、
お声をかけてもらえる機会が増えて本当に嬉しい限りです。
これからもドライボーンズの良さを沢山の人に知って頂ける様に、
そして沢山のお客様との良い出会いがある様に、
精進していきますので名古屋店共々宜しくお願い致します!
さて本日は寒〜い今の季節にぴったりの
暖か〜いメルトン素材のコート達をご紹介します。
最初はコチラのドンキージャケット!
AN12193.jpg
私はバンドをやっているので音楽関係の友人が多いのですが、
中でもスキンズ(イギリス発祥の音楽やファッションのジャンル)が好んで着ているのがドンキージャケット!
元々は炭鉱で働く人が着ていた物なので、当時の物は簡素な作りだったりするのですが、
Drybonesのドンキージャケットはカウレザーや厚手のウールメルトン使用で高級感たっぷり!
正に「大人のドンキージャケット」といった感じです。
おすすめの着こなしはスキンズスタイルのように、ロールアップしたデニムと編み上げブーツ。
写真の様なショートブリムハットを被れば完璧です☆
裏地は深紅のサテンキルティングで脱いだ時も大人の色気を見せられますよ♪
本当にカッコよくて私のイチオシです!
AN12194.jpg
お次はコチラのダッフルコート
AN12195.jpg
ダッフルコートは元々北欧の漁師の仕事着で、その後第二次世界大戦でイギリスの海軍が着て一般に広まりました。
そういう起源を知って着ると歴史を感じられて楽しめますよね。
Dry Bonesのダッフルコートは肩や肘に付けられたパッドや
ボールチェーンのジッパーポケットなど、バイカーテイストを取り入れたクールで男らしいデザイン!
一度着て頂いたら分かるのですが、とにかくすごーく暖かいんです!正に最強の防寒着!
こちらもドンキージャケットと同じく色気たっぷりの深紅の裏地です。
フードの赤いパイピングとフロントポケットからチラリとのぞく赤もポイントです。
AN12196.jpgAN12197.jpg
最後にピーコート!
AN12198.jpg
こちらも元々はイギリス海軍の艦上用の軍服でした。
実は、ピーコートは左右どちらにも上前(ボタンをとめる部分)を変えることが出来るって知っていました?
それは海の上で風向きが変わった時に、風の侵入を防ぐ為にそのように作られているんだそう。
もちろんドライボーンズのピーコートも、右合わせ左合わせと変えることが出来ます。
AN12199.jpg
気になるコチラの裏地は赤いチェックのサテン!
さらに袖部分はクールなストライプ地を使用しています。
AN121910.jpg
軍物のピーコートをテーラードジャケットの様に仕上げた
唯一無二のピーコートです!
最後に・・・ピーコートを着ているかっこいい写真。
AN121911.jpg
映画監督、俳優、作曲家として有名なセルジュ・ゲンスブール!
色気がありすぎて見ているだけで妊娠しそう・・・
そんな感じで今日ご紹介した大人のメルトンコート達。
皆様も色気たっぷりに着こなして下さいね☆
それではまた〜!

Leave a Reply