冬のコーディネート、マンネリ回避!

どーも!東京店のすどんです。


Amazonという物を知ってから、CDは殆どネットで購入していましたが、
先日久しぶりにお店に行って購入しました。


ケチ臭い私は値段が安い輸入版をよく買うのですが、
久しぶりに”輸入版あるある”に遭遇しました。


su_123_000.jpeg


!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


ツメが殆ど折れてる!
CDしまっても納まり悪くて不安です。
でも気にしません。大人ですから…….。


他にもありますよ、”輸入版あるある”。

ビニールの開け口が分からず、初めて手にする人かの様にくるくる回したり、
色々な所を観察する。


ビニールでギッチギチに包まれているが故に力ずくでやったらケースにヒビが入る。


この他にもありますね、何かあったら教えて下さい(笑)



そんなこんなで寒いですね。
今年は例年より寒いそうで、寒さに強い私も今年は負けそうです。
冬場はどんなにお洒落してもアウターを着るので、
場合によってはいつも同じ格好していると思われがちですよね。
例えば、ライダースジャケットでもダブル、シングル等、色々な型がありますが、
興味がない方から見ると『レザー』って時点で同じ物に見えるそうです。悲しいですね……。


なので、今回はマフラーの巻き方で冬のコーディネートマンネリ回避!術をご紹介致します。
こちらのドンキージャケットを使います!
SU_123_20.jpg
DJ-618 Donky Jacket ¥49,140


まずはこちら〜。
SU_123_0000.jpg
定番中の定番。
超簡単でお手軽、どんなマフラーでも出来るので年齢性別問わずこの巻き方をしている方をよく見ますね。
(使用マフラーDN-208 School Muffler ¥6,195


巻き方おさらい↓
1 半分に折った状態で首にかけます。
 折り目が内側にくるようにしましょう。
SU_123_01.jpg

2 輪っかに端を入れれば完成!超簡単!
SU_123_02.jpg

【アレンジ】
SU_123_4.jpg
外に出すか、中にしまうかで印象が変わります。
出せばマフラーが主役級に、シンプルにまとめたい時はしまいましょう。
コートの着丈や全体の色の分量でアレンジすると良いと思います。

次!
SU_123_005.jpg
首元にボリュームが出て小顔効果抜群!
縦ラインが強調されて痩せて見える効果もあり!
全体的に長く、上の方にボリュームが出るのでゴージャスな雰囲気にもなります。
(使用マフラーDN-232 LEOPARD Muffler ¥14,490

巻き方↓
1 マフラーを縦に2、3回折り細くします。
 折り畳んだ状態で片方が短くなる様に首にかける。
SU_123_05.jpg

2 長い方が上になるように交差させる。
SU_123_06.jpg

3 長い方を短い方に1回ひっかけます。
SU_123_07.jpg

4 そのまま長い方を手前にもってきて、3と反対の方向へもっていく。
SU_123_08.jpg

5 反対方向へもってきた端を首の輪っかの下から差し込み引っ張り出す。
SU_123_09.jpg

6 5で引っ張り出した先を、手前の輪っかの中に上から差し込みます。
 端を下から引っ張り出せば完成!
SU_123_10.jpg

ネクタイのプレーンノットと同じ巻き方ですね。
ちょっと大人な雰囲気になるので、トレンチコートやロングコートにもおすすめ。


次!
SU_123_010.jpg
この巻き方はすきま風が入りにくいので寒がりさん、女性にもおすすめです。
(使用マフラーDN-207 2Tone School Stripe Muffler ¥7,875

巻き方↓
1 マフラーを縦半分に折って首に1回巻く。
 左右の長さは同じに揃える。
SU_123_11.jpg


2 首の手前の輪っかをねじって、輪を作ります。
 この後、左右に垂れている端を差し込むので2本差し込めるくらいの大きさに調節して下さい。
SU_123_12.jpg


3 片方を差し込んだ状態
SU_123_13.jpg


4 もう片方も上から差し込めば完成!
SU_123_14.jpg


こちらのマフラーはリバーシブル仕様になっているので、
所々裏面が見える様にすると違った表情が楽しめます。
SU_123_015.jpg


最後!
SU_123_016.jpg
1個前に紹介した巻き方と似ていますが、こちらはちょっと簡単バージョンです。
薄手で長いストールを使うとあの”ねじねじ”に似た形になります!
(使用マフラーDN-237 Fair isle Knit Muffler ¥14,490


巻き方↓
1 半分に折った状態で首にかけます。
  折り目が内側にくるようにしましょう。
SU_123_16.jpg


2 輪っかに端を入れます。
SU_123_17.jpg


3 輪っかを1回ねじります。
SU_123_18.jpg
4 ねじった輪っかの中に端を両方差し込めば完成!
SU_123_19.jpg


この方法だとほどけにくく首にフィットするのでより防寒できます!


いかがでしたか??
今回ご紹介した巻き方はマフラー以外に、ストールにもお使い頂けますので、
『買ってはみたものの、巻き方が分からない・マンネリしてきた』等のお悩みをお持ちの方はお試し下さいませ。


この他の巻き方はスタッフに聞いてみて下さいね。
それではまた!
★おまけ★
マフラーと言えば、これです。
歌詞がステキ!胸キュンソングですね?。

Leave a Reply