インナーにチェック柄を。

こんにちは、福岡店のリリーです。
連日かなり冷え込んできましたね。
皆さん冬の支度はもうできていますか?
私も先日よりかなり重厚なジャケットを着ていますが、冬場のジャケットといえばどうしてもダークトーンの物が多くなりませんか?
そういった時はインナーに明るい色の服を選びたいもの。
ですので、本日は冬場のインナーを彩るチェックシャツをご紹介したいと思います。
丁度ホームページでチェックシャツを特集していますので、そちらからご紹介したいと思います。
先ずは『やじるし』をクリック。
wakasugi1116-1.jpg
すると下の写真の様にチェックシャツが特集されています。
wakasugi1116-2.jpg
オープンシャツ、ワークシャツ、ボタンダウンシャツ等、種類も様々。
ここからお好みを選ぶ事ができます。
こちらからでも見れます↓
http://www.dry-bones.com/netshop/feature/onlineshop_feature_2.html
そして、更にそのシャツを全色ご紹介すると。。。
wakasugi1116-3.jpg
写真の様にグラデーションが出来るほど、そのカラーバリエーションも充実!
こうやってみるとチェック柄にも一つ一つ種類もあり、その表情も様々。
これだけ種類があれば選び甲斐もありますね!
今日はその中でも私のオススメを一点ご紹介したいと思います。
そのシャツはこちら。
ホームページのチェック柄のアイコンにもなっていたシャツです。
wakasugi1116-4.jpg
イエローとブラックの糸で織られた古臭いチェックシャツ。
DS-2020  L/S Flannel Check Work Shirt  ¥14, 490-
折角ですので、オススメコーディネイトもご紹介したいと思います。
wakasugi1116-5.jpg
秋頃までは上の写真の様にジーンズにタックアウトしての着用が多いですが、
冬場は腰も冷える為タックインができるサスペンダー対応のジーンズを使用したいと思います。
wakasugi1116-7.jpg
DP-467 Volstead Label Selvedge Jeans ¥16,590-
DSH-038 Rabbit Ear Suspender ¥7,875-
DSHC-034 Studs Boots “CHALLENGER” ¥44,100-
DCH-308 Soft Felt Hat ¥14,490
古臭いシャツのイメージを活かし、ワークスタイルに。
こうして見ると、やはり被り物も必要ですね!
また、ハットを合わせると更に古臭い雰囲気が増します。
 
このままジャケットを羽織っても良いのですが、
冬場は寒さが厳しくなりますので、更に防寒対策としてベストもオススメです。
wakasugi1116-8.jpg
腕と襟元のみチェック柄が見えるスタイル。
日中はこのスタイルでもカッコいいですね!
DV-050 Brown Work Vest ¥17,640
 
更に個人的にお気に入りのフィールドジャケットを合わせます。
wakasugi1116-9.jpg
DJ-661 Field Jacket ¥44,940-
インナーのチェックをチラ見せして着るとこんな感じに。
チェック柄がしっかりアクセントになっていますね!
wakasugi1116-10.jpg
ベストの釦を留めるとシックな感じにまとまります。
シンプルなシャンブレー素材を合わせがちなワークスタイルですが、
Vゾーンから覗くチェック柄がアクセントになってお洒落に見えます。
そして、ベストにもチェック柄を使用した物がありましたので
一緒にコーディネイトしてみました。
wakasugi1116-11.jpg
ジーンズのトーンに合わせグレー系の落ち着いたベストを選んだので、チェック オン チェックですが統一感が出ます。
DV-044 Check Tweed Vest ¥24,990-
 
そして今期大好評のハンティングジャケットを羽織らせてみました。
wakasugi1116-12.jpg
DJ-662 Hunting Jacket “THOMPSON” ¥33,600-
日中はこの前空きスタイルで。
こちらもチェック オン チェックがアクセントになっています。
wakasugi1116-13.jpg
ベストの釦を留めてもベストのチェック柄がしっかりアクセントに。
 
今回は1つのチェック柄を取り上げて2通りのコーディネイトをしてみましたが、
チェックは柄や色使いで様々なコーディネイトが楽しめます。
その合わせ方はあなた次第!
枠にはまることなく、色々とコーディネイトに取入れてみて下さいね。
 
冬場のインナーは、アクセントになるチェック柄をぜひインナーに!
 
本日はこの辺で〜

Leave a Reply