新作ワークジャケットが入荷、早い者勝ちです!!

こんにちは!

大阪店トミーです。

先日、お客様が主催されているイベント、『OSAKA TWIST&SHOUT』にお仕事終わりにお邪魔してきました♪
50’s60’sのロックンロールに合わせて皆さん踊ったり、お酒を飲んだり、とても楽しかったです☆

昨年ドライボーンズの23周年イベントにも出演されたTHE TRAVELERS!
FUKI01.JPG
約1年ぶりに見る事が出来ました!かっこよかった〜☆

そして会場内、たくさんの人で賑わっていた中にはドライボーンズの洋服を着てご参加の方も!
その模様を少しご紹介します。
FUKI02.JPG
こちらが主催のO様。
タイドアップしたサスペンダースタイルがクラシックな雰囲気で素敵です!
FUKI03.jpg
ティッシュで顔を隠す恥ずかしがり屋さんのY様。
トミーも便乗しました(笑)
この夏大人気だったワークシャツを着ていただいてます!
(ビールご馳走さまでした♪)

そしてほろ酔い気分での帰り道、駅の前でもバッタリ!
FUKI04.jpg
神戸で理髪店をされているW様。
さすが!髪型もビシッと決まってますね☆
先日ご購入いただいたおろしたてのジェットジーンズを穿いてこれから向かわれるとの事でした!
裾丈も気に入っていただけた様で嬉しいです!
それにしても僕、顔が真っ赤・・・(笑)
お誘いいただいたO様、快く撮影させて下さった皆様ありがとうございました!
また次回もぜひ遊びに行きますね!

さて、楽かったイベントレポの後は、入荷前から大注目のワークジャケットのお披露目!
お待たせ致しました!
OSAKA01.JPG
DJ-658 Hickory Railroader Jacket ¥22,890-
ランダムに配されたヒッコリーストライプが特徴のワークジャケットです。
ヒッコリーストライプ柄は、汚れが目立ちにくい、危険な場所での作業時にも目立つ様にといった理由から、古くより鉄道員たちに親しまれてきた柄です。
また、左右比対称の胸ポケットは当時着る人の使い勝手が良い様に取り付けられていた1920年代頃のワークジャケットのディテールを再現しています。

OSAKA02.JPG
しっかりとした生地感ながら薄手で軽い着心地なので、涼しくなってきた今時期、サラッと羽織れるアウターとしてピッタリの一着です。

そして商品名の”レイルローダー(鉄道員)”の雰囲気をさらに引き立てているのが、メタル素材のボタンです。
アップで見てみましょう。
OSAKA03.JPG
Unknown.jpeg
OSAKA05.JPG
機関車の模様が施されたボタンは見た目にも楽しく、細かい部分にも拘りが見えますね☆
取り外し可能なチェンジボタンも、当時は高価だったボタンを無くしてしまわない様考案されたディテールです。
ボタンを通す菊穴も丁寧に縫製されています。

オーバーオールやペインターパンツと合わせた当時の鉄道員を思わせるワークスタイルにばっちりはまりますよ♪
OSAKA04.JPG
昼夜の気温差がある季節の変わり目、何を着ようか迷う事の多いこの時期には特にオススメ☆
コチラすでに残りが少なくなっていますので、気になられた方はぜひお早めにお近くのドライボーンズへご来店、またはお問い合わせ下さい!
お待ちしております♪

それでは本日はこの辺で失礼します。

Leave a Reply