雀百まで踊り忘れず。酒丸記。

今週は週末に「稲妻フェスティバルWEST」に出店のため、
木曜日にブログをアップする事になっていた酒丸です。
先週からの続き(メイソン系の都市伝説)を書こうと思っていたのですが…
個人的に「大変な喪失感を受ける事態」が起こってしまいました。
なので本日は哀悼の意を込めつつ、
今まで沢山の事を与えてくれた大先輩の事を書いておきます。
私がそもそもこういった洋服屋を始めたキッカケは、確実にこの方の影響。
クリームソーダの社長、山崎さん。
当時、田舎の十代だった私に「色々な外界」を見せてくれた方だった。
最初の入り口は当時の唯一の情報源である雑誌。
未だに取っておいてある。
dry130328take_1.JPG
下の雑誌は1982年のホットドッグプレス、
上の雑誌は1981年のブルータス。
どちらもフィフティーズ特集の雑誌。
どちらの雑誌も「穴が空くほど」読んだ。
そして、ブルータスに掲載されていた記事は数年後、
洋書の中で再会。
dry130328take_2.JPGdry130328take_3.jpg
MID-CENTURY MODERNの最後の章は、山崎さんの部屋が掲載されていた。
今でも私のバイブル
当時のクリームソーダでは、服や雑貨以外にも多くの本も売っていた。
また、スタッフがやっていたバンドのレコードもあった。
高校生の時に、ガレッジの前でたむろしていたら、地方から出てきたらしい親子連れに
「ここは入場料が要るんですか?」と聞かれた事もあった。
当時から購入したものは、未だに殆ど持っている。
dry130328take_4.JPG
中でも「クリームソーダ物語」が一番のお気に入り。
dry130328take_5.JPG
この本のデザインをした人が、中山泰さん。
今でも仲良くさせていただいている。
ドライボーンズの原点。
中身はこんな感じ。
dry130328take_6.jpg
こんなページがあったから、毎年新作のハットや新作のソックスを作る。dry130328take_7.jpgdry130328take_8.jpg
紳士用ハットはあくまでもエレガントに。
ソックスは当時の物のようにイレギュラーなアーガイルで。
こんなページもある。
dry130328take_9.jpg
リゾーティな、幅広のプリントタイ。
dry130328take_10.jpgdry130328take_11.jpg
だからやっぱり作ってしまう。
アトミックなプリントイレギュラーなアーガイルのプリントタイ。
そして一番のショッキングなページはこれだった。
dry130328take_12.jpg
このページのせいで、進学校に通っていた私は「靴屋」になりたい、と思ってしまった。
高卒後、靴屋で1年働いてからアメリカ古着を扱う店に転職。
その後、夜間のコックのアルバイトをやって金を貯めてアメリカにいった。
当時、まだアメリカに行くにはビザが必要だった。
不法移民に見られないように、通帳のコピーも必要だった。
そしてアメリカで、山崎さんが見せてくれた「外界」を勉強した。
23歳で古着屋を始めた。
そんな時に出会った、この靴!
dry130328take_13.jpgdry130328take_15.jpg
うわっ、あの本に載ってた靴と同じ柄だ!
ずっと大切に取っておいた。
古着屋からオリジナルを展開する服屋になり、靴も作るルートも出来た。
なので当然、作る。
dry130328take_16.jpgdry130328take_17.jpg
型押しのデザインも完璧な、ウエスタンモックスシューズ
ちょっと今は在庫が切れちゃっているけれど(汗)、
個人的にはドライボーンズの「存在意義」に近い商品。
それくらいの「熱くて長い思い入れがある靴」なのでちゃんと今後も作る予定。
金具も探さなきゃ(汗)。
直営店舗にて予約も承ります。たぶん、年内には作れる筈。
山崎さんを始め、クリームソーダのスタッフ全員に憧れた。
怪人二十面相からのワカさんやトシちゃん、
ガレッジにいたエグリンやガドさん。
並木さんには古物を良く買ってもらったし、
伴さんや修さんには納入業者としても可愛がってもらった。
はっつぁんの結婚式にも呼んでもらった。
他にも沢山、想い出がある人達ばかり。
そして店舗にも憧れた。
屋上にプール、一度夜に見せてもらった事があるけれど…
30年前にあの場所で、最上階にプールがある店舗兼自宅。
「想定外」の価値観を持ち、実現させていく人。
どんな背景で育ったのか?を知りたくて、
北海道の赤平まで行った事もあった(ストーカー状態:汗)
「洋服屋」として、あんな風にお客さんと付き合える店を作りたかった。
一昨年の震災や、昨年までのデフレなど、経営者としてかなり追い込まれたけれど、
スタッフや家族に助けられた。
山崎さんのいう「宝はいつも足元に」は本当だ。
今はただ…喪失感があるけれど、乗り越えていきたい。
指針がいきなり前触れも無くなってしまったような感覚だけど、
代表として「足元の宝」を大切にしていきたい。
そして経営者として「絶えず仕掛ける側の人間」でいたい。
企画をする立場として「お客さんに夢を分ける事が出来る品」を作りたい。
余りに多くのモノを学ばせてくれた大先輩。
ご冥福をお祈りいたします。
三つ子の魂、百まで。
雀百まで踊り忘れず。
アッチ側では、きっと伴さんと新しく何か仕掛けようとすると思います。
その時はまた、勉強させて下さい。

実はこの動画に、ワタクシ映っております。
撮影2時間。映ってるのは0.5秒くらいだけど(汗)

Leave a Reply