1ドル紙幣に隠された秘密。第4話。

啓蟄である3/5を越しての金曜となりました。酒丸です。
もうかなり暖かくなりましたね。
今の時期は三寒四温、急に寒くなったりはしますが、
確実に春が近付いてきています。
フェイスブックではドライボーンズの「いいね!」が
なんと1000人を超しました
なので3/10までイベントを臨時開催中。
この機会をお見逃し無く!
さて、もう4回目となった「1ドル紙幣に隠された秘密」。
今日は正にその本質を突く話を。
ではこの写真から。
drt130308take_1.JPG
第1話でも説明した様に、1ドル紙幣にはプラミッドが描かれている。
このピラミッドは13段
そしてそのピラミッドの上には、
ラテン語で「ANNUIT COEPTIS」と書かれている。
これは「神は我らの企てに与したまえ」という意味。
そしてこの言葉も13文字
下にも13文字で「NOVUS ORDO SECLORUM」と
書かれており、意味は「時代の新秩序」だ。
そして反対側の絵がコレ。
drt130308take_2.JPG
右足には13個の実と13枚の葉を持つオリーヴの枝
左足には13本の矢を持っている。
オリーヴと矢は「平和と戦争」を象徴している。
そして鷲がくわえているリボンには、
やはり13文字で「E PLURIBUS UNUM」とあり、
これは「多から一」という意味なのだ。
そしてドライボーンズでは、前回あっという間に完売してしまったジャケットに続き…
新たにワークシャツでもこのプリントを使用。
drt130308take_3.jpg
正面から見れば1920年代調のシャンブレーシャツ
drt130308take_4.jpg
背面には13段のピラミッドと、万物の目。
drt130308take_5.jpgdrt130308take_6.jpg
左右の袖にはそれぞれオリーヴと矢を配置。
あ、ちなみに…
drt130308take_7.jpg
このシャツで使われている釦は、
1920年頃まで使われていた金属製釦。
アンブレイカブル釦と言って、
洗濯していると焼き付け塗装が剥げて経年変化が楽しめる。
あ、ここでまたしても緊急速報が!
なんと、このシャツはこのブログを書いている時点で、
残り4着になってしまったらしい(しかも40のみ)!
絶対に何かの陰謀が…(消されるのか、オイラ:汗)
そんな事もあろうかと、実はT-Sも作ってみた!
drt130308take_8.jpgdrt130308take_9.jpg
現時点ではまだネットショップにはアップされていないのだが…
もうすでに店頭には並んでいるプリントT-S”PYRAMID”!
ブラウンにカーキ色のプリントと、
ブラックにオリーヴ色のプリントの2色!
どうだ、コレだけ作ればいくら秘密結社とはいえ、
全部を買い占める事は出来まい(完売したらどうしよう:汗)
そして改めて13段のピラミッドを見てみる。
北斎の時にも書いた六芒星をこの絵に当てはめてみると…
drt130308take_10.jpg
三角形の頂点が5つのアルファベットを指している事が判る。
上から「A」、「S」、
下の文字の「N」、「O」、「M」。
この5文字を並び替えてみると…
“MASON”となる。
そう、アメリカ建国にはフリーメイソンが深く関わっていた。
drt130308take_11.jpgdrt130308take_12.jpg
コレも新作のプリントT-S”WORK TOOL”。
(これもまだネットショップには並んでいません。もうしばらくお待ちを)
直営店舗の店頭には並んでいるので確認してみて欲しい。
コンパス、L型定規、万物の目、六芒星、13という数字、そして髑髏
NOVUS ORDO SECLORUM、時代の新秩序。
これからは、これらが「何を意味するのか?」を紐解いていってみたい。
お楽しみに!

Leave a Reply