1ドル紙幣に隠された秘密。1話目。

バレンタインデー明けの金曜日となりました。
酒丸です。
まずは…
大阪店と名古屋店にてお会い出来たお客様、ありがとうございました!
タイミングがズレて会えなかったお客様、ゴメンナサイ!
また近々「行脚」しますので、よろしくです。
さて、本日は最近スッカリハマってる内容を書こうと思います。
1日ではとてもじゃないけれど書き切れないので、
一応「1話目。」という言葉をタイトルに入れてみました。
ブログなのに「連載」になります(初の試み)。
都市伝説的な内容をオイラなりに面白おかしく分析。
この内容を書いた後、オイラがもし「消される」様な事があったら、
「その筋の者」が動いた、と捉えてください(笑)
タイトルは「1ドル札に隠された秘密。」
まずは手っ取り早く写真をアップ。
dry130215take_1.JPG
スキャナーでスキャンしようと思ったらダメだった(汗)
皆さん、不正使用はしないように。
これは1ドル札の裏側。
この中にたくさんの「暗号」というか「メッセージ」
書き込まれている事を、皆さんはご存知か?
それは追々説明していくとして…
「1話目。」としてはまず代表的な物を紹介。
まずは左側。
dry130215take_2.jpg
有名なピラミッドと、その上の「万物の目」。
これは秘密結社フリーメイソンのマークと言われている。
ポイントなのは「ピラミッドは正三角形」で表現されているという部分。
そして右側の鷹の上には…
dry130215take_3.jpg
13個の星が規則正しく並んでいる。
この13という数字にも意味があるのだが…
取り急ぎ「1話目。」ではスルーしておく。
ポイントは、この星の並び方。
写真の左側に描いた様に、
正三角形が上下で2つ重なる様になっている。
この図形の事を「六芒星」といい、
イスラエル国旗にも使用されたりしている。
また、日本では「籠目紋」といって、魔除けになると信じられており、
伊勢神宮を始め、様々な神社等で見つける事ができる。
フリーメイソンはプロテスタント
イスラエルはユダヤ教
籠目紋は神道
そしてこのサーティーンスターの下にいる鷹は、リボンを加えている。
そこには「E PLURIBUS UNUM」とラテン語が書かれており、
これは「多から一」という意味。
アメリカという多民族国家を統一する、という意味合いにもとれる。
まず、1ドル札の「13」についてもここから説明。
dry130215take_4.jpg
コレは今年、ドライボーンズのボルステッドレーベルで発売したワークジャケット
dry130215take_5.jpgdry130215take_6.jpg
左胸には六芒星の形に並ぶ13スター
背中の描いたピラミッドは13段
他にも…
右下のポケットには13本のラインが入った紋章
左袖には鷹が持つ13本の矢
右袖には、やはり鷹が持つ13枚の葉を持つ13個のオリーヴ
1ドル紙幣には他にも「13」を意味するモノがいくつか描かれている。
緊急情報:このジャケット、このブログを書いている時点で完売した模様。どこからかの圧力がかかっているのか?
でもご安心を。
実は同じプリントを入れたシャンブレーワークシャツも作っており。
もうすぐ入荷予定
陰謀に巻き込まれないうちに購入を!(笑)
そのサーティーンスターは、実はこんなところにも。
dry130215take_7.jpg
1920年代を意識して作った、ボルステッドレーベルのカバーオール
この頃のカバーオールは工業が発展し始めた頃のワークジャケットなので、
様々な職種に対応した「ヘンテコなポケットがついた」物が多かった。
dry130215take_8.jpgdry130215take_9.jpg
ボタンに六芒星サーティーンスターを使用。
当時は洗濯機が出来始めた頃で、すぐにボタンで生地を傷めてしまった。
なので取り外しが出来る様になっていた。
逆を言えば「六芒星サーティーンスター以外のボタンと変更する」事が出来たのだ。
フリーメイソンは秘密結社として有名だが、
1920年代頃には友愛団体として、また労働組合的な意味合いも持つ様になってきた。
つまり「所属意識」を植え付ける事で社会に馴染む事が出来る様になってきた時代なのだ。
こんな話をもっと膨らませたいのだが…
実は早く次の章を書きたいのである程度端折っておく。
もう一度この写真を改めてアップ。
dry130215take_10.jpg
もう一度書いておく。
六芒星とは三角形が二つ、上下で重なった図形。
上向きの三角形は「能動的原理」を表し、
下向きの三角形は「受動的原理」を表す、と言われている。
これは森羅万象に当てはまり、
陰と陽、男と女、火と水、創造と破壊、天と地…。
そして。
実はココにもこんなメッセージが隠されていた!
dry130215take_11.jpg
続きはまた来週!
色々と勉強しておく様に!!

Leave a Reply