今日のおすすめ〜♪

どーも!東京店のすどんです。
今日の東京は最高気温19℃の予報が出ており、朝から暖かいですね〜。
街中でも上着を脱いでシャツやカットソー1枚で歩いている方もちらほら….。

といったわけで、今回はこんな陽気の日にオススメの商品と入荷したてホヤホヤの新作をご紹介致します!


まずはこちら〜
su_22_1.png
DC-590 Round-collar 七分袖 T-Shirt ?9,975
しっかりした素材感のコットン天竺を使用したカットソーです。
私も今日着ていますが、1枚で着ても様になるので重宝しています!
また、七分袖なので腕時計やブレスレット等、腕回りのお洒落もしやすいです。



su_22_2.png
DC-589 Border Henley Neck T-Shirt ?9,975
上記と同じ生地を使用したヘンリーネックシャツです。
こちらはロングスリーブなのでシャツやデニムジャケット等のインナーとしても着やすいです。台襟シャツの上に着たレイヤードスタイルもオススメです!


太過ぎず細すぎずな絶妙なピッチのボーダー柄なので、50’sスタイルやワークスタイル、アメカジスタイル等々、
スタイル問わずコーディネートできるので本当にオススメです!
がっ!!!!もの凄く在庫が少なくなってきました、
気になる方はご来店またはお問い合わせ下さいね。

ここからは新作のご紹介!
su_22_3.jpg
DJ-641 Volstead name Work Jacket “ONE DOLLAR” ?24,990
1920年代のワークジャケットを基にデザインしました。
ヴィンテージ市場でも人気のあるワークアイテムですが、
その中でもキャラクターやバンド名、解読不明な物等、落書きされた物が近年、高値で取引されています。今回はそれらをモチーフにプリントを施しました。
SU_22_3.1.png
プリントのモチーフは全て1ドル札に印刷されているもので、
秘密結社”フリーメーソン”との関係や全て数量が”13″という点で様々な逸話が多く語られています。

生地はコットンクロスを使しているので、程よいハリ感と柔らかい肌触りなので、真夏以外のスリーシーズン着用できます。

su_22_4.jpg
後ろ身頃の腰ベルトや襞は、元々ゴルフやハンティングをする際に着られていた
スポーツジャケットに見られるディテールで、この仕様が1920年中頃から1930年代に流行し、スーツやジャケットに用いられる様になりました。
色は明るめのサンドなのでデニムやチノパン、柄物のパンツにも合わせられます。

毎度のことながら生産数が少ないです!
だって、サイズ36(S)は…………………………………………….




















東京店に入荷した1着しかないんです!!!


ほんのちょっとでも気になっちゃった方はお近くの直営店までお問い合わせ下さいね!
では、また〜♪

Leave a Reply