絶滅危惧種「グランパ シャツ」。

金曜日になりました。酒丸です。
1月の小寒と大寒に挟まれたこの時期、一番寒い。
逆に言えばココを過ぎてしまえば、この先は暖かくなる一方。
後少しの辛抱ですな。
なので後少しを乗り切る為に、
このところのドライボーンズの傾向と対策を(笑)
グランパシャツというモノをご存知?
正確には”GRAND PAPA(グランパパ)SHIRT”とか、
“GRAND DAD(グランダッド)SHIRT”とか、
“GRAND FATHER(グランドファーザー)SHIRT”とか
呼ばれる類いのもの。
いわゆる「ウチのお爺さんが着てたシャツ」という…
「微妙なネーミング」のシャツの事なのだ。
最近、この手を復活させていく事が楽しみのひとつ。
以前は古着屋さんでもほとんど見かける事が無かった。
なので、私はヨーロッパに出張に行った際に購入する事が多かった。
ところがこのところ、ヴィンテージショップでも
「なかなかの高額商品」になりつつある。
1900〜1930年代頃くらいまでのモノが多い様だ。
もう100年位昔の物、という事であり、
文化的にも「絶滅危惧種」である。
例えばこんな感じの物。
dry130118take_1.jpg
特徴としては…
着丈が長く、裾の前合わせがラウンドしたカットになっており、
プルオーバーのものも多い。
そしてスタンドカラーか、別襟が付くものもある。
なので襟のアップ。
dry130118take_2.jpgdry130118take_3.jpg
左はクレリックカラーの様に白い別生地になり、
セパレートの襟にはダブルボタン。
右は共地の襟に金具のドットが付くタイプ。
どちらも20年ほど前に、イギリスで購入。
おそらく1920〜30年代くらいのもの。
これに倣って色々と商品を展開してみた。
まずは…
dry130118take_4.jpg
セパレートの別襟が付くシャツ
身頃と同じ襟と、クレリックカラーになる白地の襟、
2つの襟が付く
裾の前合わせもラウンドさせて、クラシックな雰囲気。
ストライプも敢えて古臭い柄を選んでみた。
そして…
dry130118take_5.jpg
スタンドカラーを活かした、その名も「グランダッドシャツ」
正確にはスタンドカラーよりも細く、寝かせる様なパターン。
なので変に格式張っていない。
よりクラシックなワークスタイルに近い。
更に…
dry130118take_6.jpg
クラシックなラウンドカラーシャツ
1910〜20年代のワークシャツに見られる、
小さなラウンドカラーを装備。
裾の前合わせもラウンドさせて、
敢えて重厚な真鍮ボタンを使ってオールド感を演出。
ヴィンテージではこんなものも見つかる時が有る。
dry130118take_7.jpg
これも一種のグランパシャツ。
スタンドカラーで前身とカフスのみシャツ地を使っている。
身頃はなんとカットソー。
dry130118take_8.jpg
ストライプのシャツ地が、ブザム(イカ胸)状態で貼り付けてある
スランドカラーではあるが、おそらく別襟が付いていた筈。
グランパシャツはイカ胸仕様のものも多い。
なのでこれはお勧め。
dry130118take_9.jpg
プリーテッド グランダッドシャツ
プリーツの入ったイカ胸を付けた、プルオーバータイプ
私も既に購入したが、かなり着回しが効く万能タイプ。
ブリーンラベルでも…
dry130118take_10.jpg
ドビー織りを使用したブザムシャツ
プリーツは無く、ただ単に切り替えてあるので着易い。
グリーンラベルなのでちょっとシャープなシルエット
プルオーパーにも見える前開きがクラシック。
他にワインカラーもあり。
同じくグリーンラベルで…
dry130118take_11.jpg
ホワイトの生地を使ったブザムシャツもある。
ホワイトなので清涼感もあるが、
敢えてワークテイストに気崩すと、白シャツはカッコいい
素材もコットンドビーで表情が有るので、カジュアルにも着られる。
変わり種では…
dry130118take_12.jpg
ブザム部分を大きく裾まで切り替えてみた、
プリントブザムシャツ
デッドストックの生地だった為、いかに効率良く使うか?を考えて切替。
プリントそのものはゴージャスだが、
ブラックのみの展開でちょっとラテン調な感じ。
グランパシャツの中には、
“GRAND PAPA SINGLET”と呼ばれるアイテムも存在する。
dry130118take_13.jpg
シングレットとは、直訳すると「肌着」という意味。
後ろの2つはウール混のメリヤス、
手前はミリタリー物。なんとカフスが付く。
総称するとプルオーバータイプのヘンリーネックの事で、
イギリスでは「WOOLEN VEST(ウーレンベスト)」とも呼ばれる。
dry130118take_14.jpg
ネームにもしっかりと「50% WOOL,50% COTTON」と表示。
これ等のシリーズ、当時は暖かさを追求すればウール混になったのだろうが…
着ているとチクチクして痒くなってくるのだ(これが苦手な日本人は多い筈)。
なので…
dry130118take_15.jpg
見た目のイメージだけ貰い、
クラシックなストライプの鹿の子地のヘンリーネック
前立てにのみ布帛を使う事で、クラシックな感じが出る。
長袖で鹿の子素材、全シーズン対応
もう1種類は…
dry130118take_16.jpg
アシンメトリーな顔をしたヘンリーネック
コチラの素材はコットンのミニ裏毛という素材。
非常に暖かく、伸縮性に優れている
残り僅か(ワタクシは両色とも購入)。
この寒さ、今年はコレでしのいでおり。
そしてこの人も購入してくれた。
dry130118take_17.JPG
ライトニングやクラッチを出版しているエイ出版社の、
今や「お偉いさん」になってしまった松島くん。
まいどあり〜!
1921年のシアーズにはこんなページもあった。
dry130118take_18.jpg
当時はセパレートカラーの襟だけも販売されていた。
当時の襟は芯の部分にセルロイドを使用していたので、
劣化も早かったのだ。
意外な歴史が面白かったりもする。
ではまた来週!

Leave a Reply