短靴が履きたくなる季節。

 
 
こんにちは、福岡店のリリーです。
先日お客さんに勧められた寿司屋に行ってきました。
実は数日前にも行ったのですが、
12時30分頃に店に到着したにも関わらず、
既にランチタイムはネタ切れのため終了。
そんな悔しい思いをしたので再来店してみました。
220waka.jpeg
コスパも良くランチタイムが終了する前にネタが無くなるのに納得。
とりあえずブックマークに登録です。
福岡に越してきて10年以上経ちますが、
知らない店もまだまだ沢山あるなぁと実感させられました。
ここの飯は旨いよ、ここ行っとけよ、
的な店がありましたら誰か教えて下さいませ!
随時情報募集しております♪
 
 
さて、ここからは本題です。
暖かい日が続き春も近づいてきましたので、
足元にも春らしさを取入れていきたいところですね。
そこで春先にオススメの短靴をご紹介したいと思います。
先ずはこちら。
220waka1.jpeg
ドライボーンズの靴の中でも抜群の存在感があります。
DSHC-003 Western Moccs Monk Strap Shoes
http://www.dry-bones.com/netshop/black/DSHC003/dshc003.php
拡大すると…
220waka2.jpeg
アッパー部分の牛の型押しやその縫製、
ダブルコバの部分の深緑と白のステッチ。
220waka3.jpeg
水牛の型押しバックル。
220waka4.jpeg
履き口の縁にも水牛の型抜きが施されています。
1950年代のヴィンテージを基に製作した靴で、
どの部分を見ても拘りが伝わってきます。
自分も好んで良く履いてますが、
足元のアクセントになる事間違いなしの一足。
3色ともコーディネイトに使いやすい色展開です。
次はこちら。
220waka5.jpeg
DSHC-042 Gore Slip-on Shoes
http://www.dry-bones.com/netshop/black/DSHC042/dshc042.php
こちらも1950年代のヴィンテージを基に製作した一足です。
履き口の甲部分。
220waka6.jpeg
このステッチがアクセントになっています。
  
220waka7.jpeg
タンにあたるこの部分にゴアを配置し、
とにかく脱履しやすいのが特徴です。
 
220waka8.jpeg
こちらもダブルコバ部分に深緑と白のステッチが入ります。
 
1950年代のロックスター”エルビス プレスリー”も違うタイプですが、
似た様な2トーンデザインのスリッポンを履いています。 
220waka9.jpeg
足元に存在感が出ていますね♪
ロックンロールがお好きな方にも一押しのアイテムです。
  
是非これからのコーディネイトに短靴を取入れて下さいね!
それではこの辺で。

Leave a Reply