インナーorアウター?

皆様こんにちは!
昨今ようやく日照時間が伸びて春に向かっているのを感じますね。
毎年の事ですが今年の桜はどこで見ようかと思案中のガーヒーです。


どうも地元の沖縄では桜祭りはもう終わったところもあるそうな。。。
さすが南国。もう分厚いアウターが無くても過ごせる日も増えて来ているらしいですよ!


そんな勢いにあやかってお洋服も春の準備を始めていきましょう。
しかーし!急にアウターを仕舞い込んでは風邪をひくほど寒いので、
調節のしやすい便利な羽織ものをご紹介致します。


今の時期、インナーにも使えて春にはアウターとして活躍する物と言えば、、、
そうですデニムジャケット!しかも上からアウターを来ても裾が気にならないショートタイプ!
まずはコチラ↓
130210_higa5.jpg
130210_higa6.jpg130210_higa7.jpg
DJ-407 3rd.Type Sports Denim JK ¥28,140-


デニムジャケットと言えばコレを連想する人が多いのではないでしょうか?
ドライボーンズオリジナル14ozの生地を使用した3rdタイプのジャケット。
細いシルエットで様々なコーディネートに取り入れやすい一着です。
袖も細くスタイリッシュな印象。


130210_higa8.jpg130210_higa15.jpg
ヴィンテージのディテールを踏襲しつつ左袖にはチケットポケット、
襟にはバタツキを抑える為にドットボタンが仕込まれており、
バイク乗りの方にもオススメなデザインとなっております。



お次はコチラ↓
130210_higa1.jpg
130210_higa2.jpg130210_higa3.jpg
DJ-564 2nd Type Denim Jacket ¥29,190-


1950年代に登場した2ndタイプを踏襲したジャケット。
こちらも生地はオリジナルで3rdタイプよりも少し厚手の14.5oz。
数字で見るとちょっとした差ですが、実際に触ってみるとかなりガシッとした感じです。
アームホールもヴィンテージ等に比べると細くなっていますが、3rdよりも太く無骨な感じがGOOD!!
130210_higa16.jpg130210_higa4.jpg
2ndの特徴である胸のプリーツとフラップポケット。
プリーツの閂止めやこの時代から見られるようになった2つのフラップポケットが古臭さ満点で良い感じですね☆
個人的には同生地のパンツ、DP-560W 寿司耳 Denim 5Pocket Pantsと一緒にセットアップで土臭いイメージでコーディネートするのがオススメです!

最後はコチラ↓
130210_higa9.jpg
130210_higa10.jpg130210_higa11.jpg
DJ-634 Volstead Label Pleats Denim Jacket ¥23,940-
1930年代の古着を基に製作した1st風のワークジャケット。
生地は10ozの物を使用しており、柔らかく馴染みが早く着心地抜群です。
ガーヒーも即購入しました♪

130210_higa12.jpg130210_higa17.jpg
背面にはブラス製のシンチバックルが付いており、ウエスト周りのサイズ調整が可能。
真鍮は長く使う事で経年変化を起こして、色が変色してきた時がまたカッコいいんです!
130210_higa13.jpg130210_higa14.jpg
細かなディテールを見てみると、
画像左はフロントボタン。始めから錆が入ったように加工されているのでヴィンテージの様な風合いが楽しめます。

画像右は各所のリベット。2本爪タイプの物は40年代以前の衣料に付けられていたらしいですね。
こういった細かい部分がしっかり作り込まれている事で、全体からいい雰囲気が出るように感じます。
とても大事です。

上記の3つのジャケットは各直営店で見られますので、
春の準備を〜とお考えの方は試しにそれぞれ着てみて下さいね!
シルエットが全て違うので選ぶ楽しさも3倍です!

さあ一週間も早いもので、今日でガーヒーの社接担当も終わりです。
明日からは直営店最年少の大阪店店長”トミー”の登場です!

Leave a Reply