New Product -古くて新しいもの-

こんばんは、マッキー極細です。
8月16日土曜日、代官山UNITで行なわれた
THE COLTS のライヴを観てきました。
自分が20代の頃に観て衝撃を受けたバンドです。
90年代なのであれから20年近くになるんですね。
久々に観るCOLTSは鳥肌が立ちました。
201481900.JPG
ライヴに来ていたお客さんの中で
久々にお会いできた方も大勢おり、
そのうち自分が代官山のショップに立っていた時に
知り合えた方々と再び逢えた事が更にライヴを楽しくさせてくれました。
けど、自分を知っている方はご存知だとは思いますが、
弊社サイトの通販カタログページに商品着用画像で自分が載っている為に
「あまり久々感が無い」などと言われる事もよくある話で、
双方での感動の温度差が生じてしまうのはとても残念です、、。
ですが、逆にサイトをよく観てくれているという何よりの証拠なので
どちらにしても感謝感動の思いでいっぱいです。ハイ。
また、Dry Bonesのアイテムを身につけている方々が多く、
これまた嬉しかった。
シャツやハットが目立ち、拳を上げればリングやブレスレット、
すれ違うとボトムや靴まで、、、。
そしていよいよ掲題の話に移るのですが、
まさにTHE COLTSが結成した当初から作り続けている
商品のひとつ、キャスケットの紹介を。
キャスケットは今やメジャーな被り物となり
多くのブランドでも見かけるようになりましたが、
当時の国内ブランドではなかなか見かけなかったと思います。
その頃、THE COLTSは
ウエストがくびれたダブルブレストのジャケットに
インタックの入ったワイドなパンツ、
コンビのウイングチップにブリムの広いハットやキャスケット
を合わせてステージに立っていましたね〜
それを観たファンはよく真似をしたと思うのですが、
自分もその1人。
ジェントルマンをあざけ笑うかの如く、崩した感じがまた不良だった笑
そのコーディネイトに古臭いキャスケットは欠かせません。
2014819394.JPG
DCH-394 Herringbone Casquette NAVY ¥7,500+tax
2014819395.JPG
DCH-395 Tweed Casquette BROWN ¥7,500+tax
2014819397.JPG
DCH-397 Tweed Casquette ¥7,500+tax
2014819398.JPG
DCH-398 Herringbone Casquette ¥7,500+tax
2014819399.JPG
DCH-399 Hound’s-Tooth Casquette ¥7,500+tax
これであなたもBank Robber!
それではこの辺で。

Leave a Reply