Mad Hatters

こんばんは、マッキー極細です。
今日はハットに関する事を述べます。
僕は帽子が好きです。
昔から色々な型を試しては、
その時の自分のスタイルに合う物を模索してきました。
その中でも一番の衝撃に出くわしたのは
21歳の時に買った古物のソフトフェルトハット。
それからハットに傾倒し、型、色、素材、生産国、年代等を
気にし始め、買いあさり、被り倒してきました。
自分にはどのかたちが合うのか?
また、どれがしっくりくるのかを探求してきました。
特に自分は身長も高い方ではないのでバランスも大事でした。
そんなこんなでハットへの執着心を抱く自分から、
もうすぐリリースする予定のハット達をご紹介。
もちろんそのこだわりも色々と散りばめられております。
まずはこちら。
2014931.jpg
20149322.JPG
・DCH-390 Wool Fedora Hat ¥13,800
新型になります。
素材はウールフェルト。
ブリム先の始末は折りべり(裁ち切りのまま)にして高級感を。
内側5mmの位置に同色ステッチをたたいて補強をしてます。
クラウンの高さ 10.3cm、ブリム長さは6cm。
ブリムが広いものは全身のバランスが取りづらいところですが、
クラウンを低くしたことでハットの主張を抑えめにする事ができました。
ブリムとクラウンのバランスは絶妙ではないかと思います。
また、カジュアルとの相性も懸念されがちなんですが
そういう方は是非一度試してみて下さい。
特にワークスタイルには相性◎ですから。
色 : GRAY , CAMEL , BLACK
リボン:レーヨングログラン
帽体 :ウールフェルト
革スベリ:ヤンピー革
続いてこちら。
2014933.jpg
2014934.jpg
(こちらはサンプルです。製品は別配置でデザインが入ります)
・DCH-391 Teardrop Hat “SHRINER GIRL” ¥13,800
Rockin’ Jelly Bean 氏とのコラボで
今夏も騒がせたデザイン、 “SHRINER GIRL” をハット裏地に用いて製作。
リボンにはベロア地を使用し、エロチックな雰囲気を。
クラウンの高さ9.5cm、ブリム長さ4cm。
通常(当社比)よりクラウンを低く設定。
面長の方や丸顔の方などは特に相性が良いと思います。
小顔効果あり笑
色: CHARCOAL MIX 、BLACK
リボン:レーヨンベロア
帽体 :ウールミックスフェルト
革スベリ:ヤンピー革
そして、
2014935.jpg
(画像奥のワインとグレーはサンプル帽体です。
あんなカタチでも無ければふにゃふにゃでもありません。)
2014936.jpg
・DCH-392 Wool Velour Hat ¥19,800
こちらはチェコ製のウールベロアを使用してます。
通常のウールフェルトよりもやや毛足が長く起毛感があるので
表面の糊付けも甘くし、少し柔らかめの仕上げになります。
ブリム先の始末は折りべり(裁ち切りのまま)にし、
内側5mmの位置にステッチをたたいて補強をしてます。
クラウンの高さは10.3cm、ブリム長さは4cm。
ハット裏地にはウール帽体の中でもトップクラスの
生産国 “Czech Republic” と印が入ってます。
飾りでリボンと一緒にエラスティックロープを巻きつけてあります。
実際にも1920年頃からこういったアクセサリーは使われていて、
コートやジャケットのフラワーホールにロープ先のボタンを留めて
ハットを風で飛ばないようにする様にしてました。
またはワークジャケットのウォッチチェーンホールに
留めたりするのも良いのじゃないかと思います。
色:GRAY , WINE , BLACK
リボン:レーヨングログラン
帽体 :ウールベロア(Czech Republic)
革スベリ:ヤンピー革
2014937.jpg
20149388.JPG
・DCH-353 Felt Gambler Hat  ¥13,800
こちらの型は皆さんもご存知、
夏物のストローハットで使っているものと同型になるタイプです。
ロングラン商品になります。
今回ブラック以外は新色を製作。
ブリムの先にはリボンと同色(ブラック)のリボンが施されます。
特にアイボリーは良い色で出来たなと気に入っております。
クラウンの高さ11cm、ブリム長さ4cm。
ブリムにはリボン同様レーヨングログランが巻いてあります。
色 : IVORY , GRAY , MOSS GREEN , BLACK
リボン:レーヨングログラン
帽体 :ウールフェルト
革スベリ:ヤンピー革
最後に、
2014939.jpg
・DCH-389 Homburg Hat   ¥18,800
クラウンの型は昨年製作したものよりアップデートされてます。
ポーランド製のウールフェルトを使用。
毛並み具合や色の加減は他では表せないと思います。
海外製のホンブルグハットよりもクラウンはやや低くしてあり、
幅広い服装に合わせやすくしてます。
トップはセンタークリースになりますが、くぼみは浅く
被ったときに天井が突っかかる感は無く、フィットします。
クラウンの高さは10.3cm、ブリム長さ5cm(巻き分も含む)
こちらもハット裏地にはウール帽体の生産国
“poland” の意匠が入ります。
ブリムにはリボン同様レーヨングログランが巻いてあります。
色 :ANTIQUE , BLACK
リボン:レーヨングログラン
帽体 :ウールフェルト(poland)
革スベリ:ヤンピー革
という5型を紹介してきましたが、
実はもう一型、ボーラーハットも作ってます。
画像が無いのですが、
昨年の型からアップデートしており、
新しくなって帰ってきます。
こちらも乞うご期待。
それでは是非店頭で被り比べて、
自分にあったハットを見つけてください。
このへんで失礼します。

Leave a Reply