Light 30’s Style

 

こんばんは、牧野です。

 

今日は既にオンラインショップでアップされてる新作、

「Drapers Suit」 をご紹介。

 

 

まず書き添えておきたい事は、このジャケット、
30’sスタイルのイングリッシュドレープスーツをモデルにしておりますが、
アンコン仕様にしており、芯地やショルダーパッドなどを省いております。
なので画像でもお分かりになる様に、コーンケーブショルダーではありません。

この商品の狙いとしては、Dry Bonesらしく、より広い着方を提案したいと考えました。

なのでスーツとしてセット売りではなく、ジャケット、ベスト、トラウザーズと別売りになります。

サイズを選べる、単品で楽しむ、こういったテーマのもとこの様な仕様となりました。

ですが、しっかり着用すると結構30’sスタイルとして楽しめます。

 

 

 

 

上着はタイト目に、それに対しトラウザーズは

ゆったりとしたシルエットでドレープ感を楽しむのが特徴。

 

 

 

この頃のジャケットはノーベントが主流。
フロントボタンを留めるとウエストはシェイプされ、

背中の大きさが誇張されて男らしく優雅なシルエットが出来ます。

 

ラペルは広く、ゴージラインは高めに。

ラペルから第一ボタンに差し掛かるロールも美しく、

フロントボタンは一つ掛けで楽しんでも良いと思います。

 

1930年代は「ワークウエア」の枠を越えて、

いよいよスーツが、美しさや華やかさを取り入れ始めた時代。

ぜひ、一度試着してみて下さい。

それではお待ちしております。

Leave a Reply