1ドルではなく、1%erの話。

10月最初の金曜となりました。酒丸です。
考えてみれば、この2014年も残すところ後3ヶ月あまり。
月日が経つのは早い。
先日、とても良いイベントに行ってきたので、
今日はいつもの「1ドル紙幣」の話はお休みにして、
そのイベントレポートを書いてみようかな、と。
秋なので、たまにはバイクネタも良いでしょう。


と言う訳で…
9月の最終日曜日。
久しぶりにマッハ仲間でお出かけ。
dry141003take_1.JPG
一番手前がオイラのマッハ、H2A。
隣は初期型のナナハン、H2。
その奥はオイラと色違いのH2A。
一番奥はBANDWAGON Vol.2のKSS連載に書いたH1。
まずはこの4台で東名港北PAに集合し、
イベント会場である大和市へ。
カレースピードクラブ主催のバイクミーティング。
dry141003take_2.JPG
カレースピードクラブとは、
アニマルボートの武笠君や、
カメラマンのちん君も所属しているバイクチーム。
かなり面白いバイクに乗っている人たちが多いので、
この2回目の集まりにはなるべく行きたいと思っていた。
行ってみたら案の定…
エキゾティックで「1%ER」なバイクがズラリ!
こんな集合体、滅多に見られないと思うので御紹介。
(所有者の皆様、勝手に載せてゴメンナサイ。
問題があったら連絡下さい。すぐに削除します)
まずは「怪しく古い外国車」シリーズ。
dry141003take_3.jpgdry141003take_4.jpgdry141003take_5.JPG
左から…
おそらく30〜40年代のモトグッチ。
フェンダーナンバーやホーン、革のトランク等小物も大充実。
中央は、
初めて見た、アメリカンタイプのアメリカンバイク(笑)
確かタンクには「マスタング」と描かれていた様な。
配色から考えて、おそらく50年代。かわいい。
右は、
二つ目が珍しいマーチンVA。
えげつない造型がひと際目を惹いた。
ハンドルの形やヘッドランプケースがあり得ない!
続いて「怪しい国産車」シリーズ。
dry141003take_6.jpgdry141003take_7.jpgdry141003take_8.jpg
左は、
ブリヂストンのGTR…かな?
ツーストのツイン、素晴らしい排気音で入場してきた。
中央は、
HONDAが誇る銘車、CBX6気筒!
カウルやリアケースも大充実、しかもパーフェクトコンディション。
右は…
原型が何だか分からなかった(汗)
聞いてみたかったんだけど、
このバイクの周りには人だかりが凄くて。
エンジンはカブなんだけど、シートは木!
そしてお次は「怪しいカブ」シリーズ。
dry141003take_9.jpgdry141003take_10.jpgdry141003take_11.jpg
左。
フェンダーやカバー等をアルミで別途製作したと思われる、C100。
ここまで手をかけてもらえる半世紀以上前の50CC、かなり幸せ者。
中央。
これは…カブかな?メイトかな?
バイザーやアップハンドル、チャンバー等かなりエグイ!
右。
これは…CT、ハンターカブかな?
グリーンの色が綺麗だった。車体に合わせて風防も緑。
変な角度のミラーもエグくて好み。
そして最後は、最も感動した「怪しい国産スクーター」シリーズ。
dry141003take_12.jpgdry141003take_13.jpgdry141003take_14.jpg
まずは左。
おそらく、三菱シルバーピジョン ピーターデラックス。
確か200CC。
1950年代末期頃の筈なので、
現存していて自走出来ることそのものが凄い。
中央。
アンビリーバブルコンディションの、
1957年富士重工ラビット ジュニア。
もの凄く金が掛かっているんだろうけれど、
それを感じさせない「タイムスリップ感」。
右。
アイネバーシーンの、
1962年ホンダジュノオ!
あまりの美しさに、しばし見とれてしまい…。
いや〜、ホントに素晴らしい企画!!!
勿論バイクが好きな人達企画の、
バイクが好きな人達に向けたイベント
なのだが…
もし今後、こんなイベントを考えている人がいるのなら、
「バイクに興味がない99%の人達」に向けて開催してみてはどうだろうか?
我々のような「変態的にエグいバイクを愛してしまった1%ER」は、
これらのモーターサイクル文化を全面的に肯定してる。
でも今の世の中は…
バイクに興味が無い、
もっと言えば「乗物を所有する行為」そのものに興味を持たない若者が多い。
そういった人達に、
この集まりを見せることが出来たら…
1%が2%くらいには増えるかも!
さて。
この日曜日はけっこう暑かった。
走っているときは気持ちいいんだけど、
バイクを降りていると汗ばむ程。
そういった時に便利なアウターが、
実はデニムジャケット。
コットン素材なので汗を吸収してくれるし、
革ジャン程暑くないし、
シャツ程寒くない。
そこで新作の御紹介。
dry141003take_15.jpgdry141003take_16.jpg
ドライボーンズの新しいデニムライン、
“JEAN ENGINEERING”から出した、
サードタイプデニムジャケット。

前から見るとサードタイプながら、
背面から見るとクラシックなスポーツジャケット。
ポイントはここ!
dry141003take_17.jpg
後身頃を内側から撮影。
肩周りのアクションプリーツには平ゴムを装着、
これがあるお蔭で、ハンドル操作も楽々なのだ!
しかも、チェッカーフラッグ柄はオリジナル!
ちなみに、襟はバタつかない様に隠しボタンダウンになっており。
さて、この集まりの後。
せっかくなので、近くにある宮ヶ瀬ダム湖までショートツーリング。
dry141003take_18.jpg
ダム湖なだけに、けっこう標高が高い。
そして周りでは、早くも紅葉が始まりつつあった。
金木犀の香りも漂っていて、
久しぶりに開放感溢れる日曜日となった。
さて。
先週から書くと言っていたピラミッドの話…
dry141003take_19.jpg
来週はかならず書きます!
乞うご期待!

Leave a Reply