DryBonesのCinch Buckle Overalls

こんにちは!名古屋店KARINです。

卒業式が終わり、桜が咲く頃には入学式と。お客様が選ばれるお洋服にしみじみと春を感じています。

気候も少しずつ暖かくなってきて、お店の服のラインナップにも春を感じる物が増えてきました。

そしてやっぱり春はお花見!🌸
外で美味しい物を食べながら見る桜は格別ですよね♪

本日はそんな春のレジャーに着て行きたいオーバーオールをご紹介したいと思います。

まずは、何にでも合わせやすいデニム地のオーバーオール!

Cinch Buckle Overalls

1919年~33年まで施行された禁酒法時代の当時のディテールを取り入れたオーバーオールです。

綿100%の柔らかな履き心地で、レジャー等で汚れても自宅で簡単にお手入れ出来るので、夏場も快適に着用して頂けます。

DryBonesのオーバーオールの特徴としては、左右比対称にデザインされた胸部分のウォッチポケットや細めの肩紐、2本爪タイプの真鍮製シンチバックル等細部まで当時のディテールを踏襲し作製しています。

また、独自に
ウエスト部分にループを装備しており、ウォレットチェーンやキーホルダーなどを引っ掛ける事が出来る仕様になっているのですが、これがとっても便利なんです。

今日は春らしい明るい色の新作ネップシャツと合わせてみました。

DryBonesのオーバーオールは男女関係なく着用出来るので、女性にもとても人気が高い商品なんです。

Nep Print Open Shirt

鮮やかな色味はデニムとの相性抜群です!

男性スタッフのスタイリング。

ブーツやワークシャツ。デニム同士での合わせも渋くてかっこいいです。

色落ちの比較画像。

右側は約3年着用したオーバーオールです。

同じオーバーオールでも、ここまで印象が違います。

自分だけの色落ちを楽しめるのがデニムの魅力だと思います。

DryBones直営店の女性スタッフのスタイリング。

女性スタッフもよく着用しています♪

当時の着こなし。

1920年代の広告によく似たオーバーオールが載っていました。

次はヒッコリーストライプ!

Hickory Stripe Cinch Buckle Overalls

ヒッコリーの柄は汚れが目立ちにくく、古くからワークウエアとして親しまれてきました。
古臭いワークスタイルやアメカジスタイルには欠かせない柄の一つです。

ヒッコリーストライプにはデニムジャケットが良く合います。

胸元にはフォブチェーンを掛ける為のホールが設けられており、

懐中時計等を取り入れるとより一層クラシカルな着こなしを楽しむ事ができます。

最後は

White Cinch Buckle Overalls

生成りのコットンを使用しており、綿カスの残った自然な風合いの柔らかく優しい生地です。

涼しげで、これからの季節に気持ちよく着れます。

過去にこのオーバーオールが女性ファッション誌でも取り上げられたりと、女性にも人気があるホワイト。


女性が着るととても可愛らしい雰囲気になりますよ。

オーバーオールはインナーやアウター次第で年中着用可能なアイテムなので、1着持っておくと重宝します。

気になった方は是非一度試着してみて下さいね。

それでは週末もご来店お待ちしております。

またお会いしましょう!

Leave a Reply